僕の大切なギター(ファイヤーバード)を
誤って倒してしまい、
頭の裏(ぺグの裏、正式名称わかりません…)に
ひびが入ってしまいました(涙。
このギターってボディとネックが分かれてないような
気がするので直すのは無理かと思われます。
でも、でも!
何とかなりませんかねぇ…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ワタシ、『専門家』と称しておりますが弦楽器デザイナですのでリペアの経験はそれほどなく、御回答からリペアの自信が溢れているshiro02様の後のカキコはちょっと恥ずかしいですが・・・・補足です。



 ネックが折れたりフィンガーボードが剥がれたりすると「修復不能」と判断される方が多い様ですが、所詮人間が作ったモノ、基本的に直せない故障など存在しません。勿論、相手は材質的な安定性が皆無と言ってよい単板か少ないプライ数の合板が多いので、完全に元通り、とはいきませんが。

1.木製部品のトラブルは、どんなにウマく修復してもどぅしてもトーンが変わってしまいます。
 但し、通常考え得るレベルのリペアが施された場合、トーンの変化は決して悪い方向にはいきませんし、弾きこんでいくとまた違った魅力のトーンへ発展していく場合が多いです。

2.問題はコストです。木製部品の修復は、どぅしても高価になってしまいます。
 ガッキ自体があまり高価でなく、思い入れも大してない場合、この値段の為に修理を断念する御客様が結構多いです(プロのリペアマンの方々は、多少手を抜いても、或いは思い切って構造を変えても安く修理しよう、とはなかなかしたがらないので・・・・当然と言えば至極当然の話ですが)。

 で、貴殿の場合ですが・・・・ガッキは、特にソリッド・エレクトリックギターは、決して値段だけでその価値が決まるワケではありませんが、ギブソンであれば修理しながら長く使用される価値は十分にありますし、そもそもかなり思い入れもおありの御様子・・・・やはり1度はリペア・ショップをお訪ねになられる事をお勧め致します。
    • good
    • 1

大丈夫です。

直すことはできますよ。
通常修理に出すと最低2ヶ月はかかると思います。
ヒビの間に接着剤を入れて、ぎゅーっと固定させるんですよ。

で、ギブソンのファイヤーバードですよね?
ってことは、ラッカー塗装ですね。
ヒビの周辺の塗装をはがして、くっついたらまた塗装する感じになって、
そうすると価格的にも5~6万はかかるんじゃないでしょうか?
(ラッカー塗装は高いですから・・)
今まで扱ってきたネック折れはそのくらいが相場でした。

そのまま使うとなるとヒビが悪化することになると思います。
弦の力に耐えられなくなって、チューニングが狂いやすくなります。

しばらくの間は使えなくなるでしょうが、きちんと楽器屋さんに持っていってリペアしてもらうことをオススメします。
ちゃんと直るので大丈夫ですよ。
    • good
    • 0

んー・・・ひびですかぁ いたいですねぇ


ひびはどの程度ですか?
ファイヤーバードってネック交換できないタイプなのかな
まじまじと見たことないのでよくわからないけど・・・
ネックの裏の付け根はネジでとまってませんか?とまっていたら交換できますよ
うちにある借物のベース、ヘッドもボディもひび入ってますけどまだまだいけますよ
心配なら楽器屋に持っていくのが一番いいっす。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターの弦の巻き方、ヘッドのキズ

 こんにちは22歳のギター初心者です。2週間前からアコースティックギターをはじめ、そろそろギターの弦の交換もやってみようと(練習のつもりで)、交換を自分でやってみたんですが、どうもお店で売っているときのようなきれいな巻き方が出来ません。それにヘッドの部分を、弦の交換するときに思わず弦の先の部分で、かき傷をつけてしまいました。
 そこでなのですが、こういった場合うまく弦を巻く方法はないでしょうか。それとエピフォンのギターを持っており黒い色のヘッドなのですが、そういった再塗装の修理なんかは出来るんでしょうか?

Aベストアンサー

・ペグの弦を通す穴をナット側に向け弦を通す。(通した後でも弦はまっすぐになるように)
・弦の端を軽く引っ張ったあと、1フレット分ボディ側に戻す。(指をナットの上において、弦と一緒に1フレットまで戻すようにする)
・1フレットで弦を押えたままペグを半回転させる。(つまみではなく、弦を通す穴が半回転です。当然押えた指の下で弦を滑らせながら)
・ボディ側の弦を強く引っ張りペグ穴の部分で折り目をつけ、引っ張ったままペグを回転させて巻き取っていく。(ネック上で、小指で引き上げ、人差し指で押し下げるように引っ張ると良いかも)
・巻き取る弦は余った側の弦の下側に巻いていく。
・ほぼ巻き取ったら、余った弦をペグから1cmくらいのところでニッパで切る。
・チューニング

大体以上の方法できれいにできると思います。実際には戻す弦の量は弦の太さによっても違いますし、巻き取り方にはいろいろな方法がありますが、何度か交換をしながら工夫してみてください。

ヘッドの傷は、浅ければコンパウンドなどで磨けば目立たなくなるかもしれません。リペアに出せば再塗装も可能です。
でもギターは持ち運ぶ機会も多いですし、演奏すればそれなりに傷も増えます。あまり気にしないで、逆に増えていく傷を歴史だと思っておおらかに構えたほうがよろしいかと思います。
演奏傷も間違ってぶつけてできた傷も、年月が経てば歴戦の勇士みたいな貫禄に変わりますよ。きっと。

・ペグの弦を通す穴をナット側に向け弦を通す。(通した後でも弦はまっすぐになるように)
・弦の端を軽く引っ張ったあと、1フレット分ボディ側に戻す。(指をナットの上において、弦と一緒に1フレットまで戻すようにする)
・1フレットで弦を押えたままペグを半回転させる。(つまみではなく、弦を通す穴が半回転です。当然押えた指の下で弦を滑らせながら)
・ボディ側の弦を強く引っ張りペグ穴の部分で折り目をつけ、引っ張ったままペグを回転させて巻き取っていく。(ネック上で、小指で引き上げ、人差し指...続きを読む

Qギターを始めて3ヶ月でハミングバードかJ-45か

ギターを始めて3ヶ月で、やっと1曲弾けるようになりました(^-^;
秦基博さんのアイを暗譜で原曲に合わせてアルペジオで手元を見ずに弾き語れるようになった状態です。
これから弾ける曲を増やして来年にはストリートで弾き語りをしたいという目標を持っています。
基本的に一人でアコギでの弾き語りになります。(アルペジオが主になると思います。)

いまはS.YairiのYD-42を使用しておりますが、現在Gibson ハミングバード 2000年代かGibson J-45の中古を購入したいと思っております。
楽器屋にて近い値段の両方の中古を引き比べてみましたが、違いが分かりませんでしたので悩んでおります。

そこで質問です。
(1)ハミングバードとJ-45の性能の違いとはなんでしょうか?
(2)私の用途(一人で弾き語り・アルペジオが主)ではどちらのギターの方が合っているでしょうか?
(3)ギターの管理方法にあまり詳しくない為、勉強してから購入した方が良いのでしょうか?
(4)そもそもこんな私にはまだGibsonは必要ないと思いますか?

ちなみにYD-42の音色にも不満はありませんが、Gibsonを購入したら下取りに出す事になると思います。
少し前まではもっと上手くなってから買換えをしようと思っておりましたが、楽器屋で試奏してどちらも気に入ってしまいました。
今回購入したギターは一生使っていきたいとかんがえておりますので、すごく悩んでいます。

よろしくお願い致します。

ギターを始めて3ヶ月で、やっと1曲弾けるようになりました(^-^;
秦基博さんのアイを暗譜で原曲に合わせてアルペジオで手元を見ずに弾き語れるようになった状態です。
これから弾ける曲を増やして来年にはストリートで弾き語りをしたいという目標を持っています。
基本的に一人でアコギでの弾き語りになります。(アルペジオが主になると思います。)

いまはS.YairiのYD-42を使用しておりますが、現在Gibson ハミングバード 2000年代かGibson J-45の中古を購入したいと思っております。
楽器屋にて近い値段の両...続きを読む

Aベストアンサー

1の人の回答は間違っています
J45もハミングバードも サイドバックともにマホガニーです
J45と同じ材です。
ついでに時代的にJ45も1975年頃は、なで肩ではなく、ハミングバードと同じボディシェイプです
その後オールドのコピーになり、ラウンドショルダーに戻りました

ブリッジが古いハミングバードは違ったりしますが、現在は同じ
2つの楽器は似た様なもんです。色が違って絵が書いてあるか?程度の違いです

Qギターの弦の巻き方

こんばんは。

初めて買ったギターですが、週末に弦を変えようと思っています。
※エレキでアイバニーズ社製です

ただなにぶん初めてなもので、やり方が良くわからず・・

参考本などの写真を見ながら、自分でやった方が良いでしょうか?。
オススメの本やサイトがありましたら教えて頂けると助かります。

それとも楽器屋に持っていけば、やってもらえたりするのでしょうか?。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

弦の巻き方のどういうところがわからないのか、理解できないのですが・・・
いま巻いてある弦の巻き方をよく見ておき、そのとおりに巻けば簡単ですよ。
楽器屋でもやってくれるでしょうが、これからもしょっちゅう弦を換えることになるでしょうから、この機会に覚えておいたほうがいいと思います。
まったくの初心者でも簡単に換えられますから。

Qネック裏の塗装(フィニッシュ)と弾き心地について

ネック裏の塗装に、グロスフィニッシュとサテンフィニッシュがありますが
それぞれの実際に使ってみての長所、短所や使用感などを教えてください

それと下の質問にも答えてもらえるとありがたいです
・グロスフィニッシュは汗などで少しべたついて手を動かすときに引っかかる感じがあったのですが、きちんと手入れすれば無くなるのか?
 また、サテンフィニッシュだとこの感じはグロスに比べてほとんどないのか
・それぞれのネックの塗装の耐久性について
・グロスからサテンにしたり、サテンからグロスにしたりは安価で簡単にできるのか

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

QNo.3686904 で書き込みをしようと思っていたら、締め切られてしまいましたので、こちらで書きます。
エントリー価格のギターでは、コストを押さえるために、蜜蝋仕上げとか米ヌカワックス仕上げがしてあります。
最初のうちは、高級品のセラックニスのグロス仕上げのように見えますが、経年変化(経験で6年以上)でサテンフィニッシュ風に艶が消えます。
ただ、安価でもワックス仕上げは、高級品のオイルフィニッシュの汚れ染み込みや、ニス仕上げやウレタン系で汗で引っかかる感じが少なく、使用感が良好で、剥げたら素人でも簡単に再コーティングができます。
エントリー製品のウレタン系グロス仕上げは、皮膜が薄いため、削ってサテン仕上げ風にすると、部分的に剥げて木材の地がでてしまいます。
高級品のウレタン塗装は、着色用のウレタン(ステイン)にクリアウレタンが塗ってあるため、相当に厚みがあるので、出来ないことはありません。(高級品は、いじる気しない)
サテン仕上げをグロス仕上げにするには、塗装・研磨技術と専用工具・材料が必要です。
高級品のセラックニス仕上げは、長年の使用で剥げてきても、味となるので、直す気にはならないと思います。

QNo.3686904 で書き込みをしようと思っていたら、締め切られてしまいましたので、こちらで書きます。
エントリー価格のギターでは、コストを押さえるために、蜜蝋仕上げとか米ヌカワックス仕上げがしてあります。
最初のうちは、高級品のセラックニスのグロス仕上げのように見えますが、経年変化(経験で6年以上)でサテンフィニッシュ風に艶が消えます。
ただ、安価でもワックス仕上げは、高級品のオイルフィニッシュの汚れ染み込みや、ニス仕上げやウレタン系で汗で引っかかる感じが少なく、使用感が良好で、...続きを読む

Q二胡の弦の巻き方

木軸二胡の弦の巻き方についてお尋ねします。
木軸には、弦を通す穴が空いており、その穴に弦を通してから木軸に巻きつけて行きます。今回、弦を交換する際に、気付いたのですが、私の二胡では弦は穴から木軸の先端に向かって巻かれていました。穴から木軸の先端までは、5ミリしかないため、巻きつける途中で弦がすぐ外れてしまい、なかなか困難でした。
そこで、二胡教本や、教本DVDで調べてみると、6件中、先端に向かって巻くものが3件、木軸の根元(棹のある方向)に巻くものが3件で同数でした。私は、根元に向かって巻くほうが、合理的であると思いますが、いかがでしょうか。ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

糸巻き(木軸)の根元に向かって巻くのが正しいです。

理由は、先端側が短いからというよりも、
巻いていた弦が何かの拍子に緩んだときに抜けてしまわないようにするためです。
根元側に向かって巻けば先に巻いた弦がストッパーの役割を果たして
緩んでも抜けにくいですよね。

ちなみにギターなども同じ理由で根元側に巻きます。

Qエレキギター ネック スカーフジョイント ネックのスカーフジョイントについての質問です。 何ヶ月か前

エレキギター ネック スカーフジョイント



ネックのスカーフジョイントについての質問です。

何ヶ月か前に似たような質問を
させていただきましたが
また質問させていただきます。

自分が所有するギター
DEAN ML79なのですが

ネック裏のスカーフジョイントの部分が
亀裂?が入ってるような気がします。

以前質問した際よりも
亀裂というか引っかかる感じが
強く感じられるようになりました。

傷になっているので
気にしすぎてそのように
思っているのかもしれませんが笑

実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

一応ネック裏には塗装がしてありますが
塗装の浮き?なのでしょうか……

アドバイスと言うか、慰めというか
わかる方いらっしゃいましたら
回答の方よろしくお願いします...泣

Aベストアンサー

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協してああいう繊維の方向になっているワケですが、それでも特に薄く削られている`60年代初期のネックでは、ヘッド折れはもはや風物詩の域ですよね。ギブソン社は、後にナット裏にボリュートを設けてネッド強度を上げる様に設計変更しましたが、しかし木取りに問題がある以上、根本的な解決にはなっていません。この種の問題を一気に解決するには、機械強度が高くネバリのあるメイプル材などでヘッド角度を付けずに削りだすか~フェンダー社のネックがまさにコレ~、或いはヘッド、ネックそれぞれで最大の強度が得られる方向に木目を通した材を別々に作り、それを貼り合わせて使うか~これがスカーフジョイント~です。)

 またスカーフ部の接着強度に関しては、接着していないワンピースの木部よりも丈夫なぐらいです。
 ギターに限らずバイオリンやチェロやウッドベースなどで、高価なモデルでは将来的にバラバラにしてリペアが出来る様、分解可能な接着剤(具体的には水蒸気で温めると緩むアニマルグルー)を使って全てを組み立てますが、相当高価なギターでさえ、スカーフ部だけは事実上非分解となる強力な合成樹脂系の接着剤を使います。

 っというワケでスカーフジョイントは本来、強度的には有利な設計とされています。

 問題は設計・製造時に予測が困難な、木材の経年変化です。
 繊維の方向が全く違うスカーフジョイントでは、木材の収縮による段差が発生し易いのと、繊維の方向が違うということは塗料の吸収性が違うので、塗膜の乾燥が進むと引っ張られて塗膜の表面にヒビが入り易いということです。

 で、長くなりましたがここからが回答です。

>アドバイスと言うか、慰めというか

 ヘッドが起きてきた、サスティンがおかしい、チューニングが安定しなくなった、ヘッドをつかんで少し動かすとミシミシ音がするなどの自覚症状が出ていなければ、接合部に段差が出来てもスカーフ部の接合強度自体は十分保たれていると考えられます。
 対策としては№1様ご回答の通りで、

※接着部面が損傷していないなら、ヘタに修正しない方がよいでしょう。(スカーフに限らず例えばアコギのブリッジの接着面などでも、スキマが出来た→しかしトーンやチューニングには影響が見られない・・・という状態では特に修理せず、トーンを保ったまま50年間も放置されている例も沢山あります。)

※手触りで段差があるのは精神衛生上?よろしくないので、塗装の修正はアリです。
 スカーフジョイントの境界線に沿って段差が発生しているのであれば、塗装を修正してもやがてまた段差が発生することが多いですが、しかししばらくは段差を意識しないで済みます。

・・・スカーフの接着面が剥がれるとネック剛性が急に低下し、トーンやチューニングに明確な影響が出ます。そういう影響が出るまでは、スカーフ自体の段差そのものは放置でよい様に思われますが・・・但し。
 ワタシは現物を見ていないので、実際のところワタシの判断が正解かどうかは判りません。塗装の修正の為にリペアショップにギターを持ちこむ時、クラックの有無や、クラックが入っている場合はその成長の状態などをチェックしてもらえば安心出来るでしょう。

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協して...続きを読む

Qマフラー 両端を前に下ろす巻き方

男です。マフラーの巻き方なんですが、マフラーの両端を前に下ろす巻き方で良い巻き方は無いでしょうか。
その巻き方が載っているサイトを教えていただく感じでも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イメージ
http://store.yahoo.co.jp/increase/a5dea5d5a5.html

巻き方
http://www.sca-rf.com/2006/08/post_34.html

Qダフト・パンクのダブルネックギター

ダフト・パンク「ROBOT ROCK ~ロボット・ロック」のPVで
ダブルネックのギターが出てきますが、
あれは市販されたモデルがあるんでしょうか。
フィギュアを手に入れたのでミニチュアのギターを作って持たせたいと思うのですが、
ギターの知識が無いためさっぱりわかりません。
どのカテゴリか迷いましたが、ギターに詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

PVは以下の公式サイト(音が出ます)で確認できます。
https://webform.toshiba-emi.co.jp/daftpunk/links/index_j-ssl.htm
ちなみに「TECHNOLOGIC」のPVに出るギターの情報も頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

再び失礼します。 返信でご紹介いただいたURLからTechnologicのPVの方も拝見しました。
そちらのPVで出てくるギターについては、スタインバーガーのヘッドレスギターのように見えます。
http://www.steinberger.com/
ネックの先にヘッドがない特徴的なデザインで有名で、こちらも最近では広く市販されているギターになります。

Qボヘミアン・アフガンストールの巻き方

この前、アフガンストールというものを買いました。でも、どうやって巻けばイイのかいまいち分かりません。基本的な巻き方を教えて下さい。首に巻く巻き方と、腰に巻く巻き方を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは!

私も持ってます♪ボリュームがあるので適当に巻いただけでもいい感じになると思います。
とりあえず三角に折って、出す三角の大きさを調整して、腰(サイドで結ぶ)や首に
巻くと云った感じでしょうか…(^^;)

検索エンジンにて『ストール 巻き方 アフガン』や『ストール 巻き方 アラビアン』で検索してみて下さい。
巻いている人の画像等ありましたので、参考になるかと思います。

ストールを扱っている通販会社HPにも巻き方の大まかな説明がありました。
http://www.rakuten.co.jp/jamjam/img1045168477.jpeg
http://www.rakuten.co.jp/jamjam/forum/b00160.html

また、同様の質問が先日ありました。(参考URL)こちらの方も参考にしてみてはいかがでしょう(*^_^*)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=231465

Qネック裏のラインは?

フェンダー系のネック裏にラインのように埋め込まれたものがありますが、
あれは、どういう意味、効果等があるのでしょうか?

http://www.digimart.net/images/1121/DS00136095_3.jpg

Aベストアンサー

トラスロッドという、ネックの反りを修正するための鉄の棒を埋める溝を埋めた跡です。

フェンダー系のギターの中でもメイプル指盤のものにしかこれはありません。
ローズウッド指盤のネックの場合は、2種類の木材を張り合わせるため指盤がこの溝のふた代わりになっているので見ることができません。
メイプル指盤の場合は、ネックの素材自体が指盤となっているので裏側から掘ったあとが残っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報