最新閲覧日:

私は耳の中が湿っています。何か問題ですか?
みんなは乾燥しているそうです。
負け組なのでしょうか?

A 回答 (8件)

耳の穴のネバネバ体質は優勢遺伝します。

つまり両親のどちらかがネバネバなら、子供はこの体質を受け継ぎます。3人子供がいたら、1人くらいはネバネバになるそうです。私はこの優性遺伝を「優秀だから遺伝するのだ」と長い間思い込んでいましたが、そうではなく、「単に遺伝しやすい」というだけだそうです。つまり優秀か(勝ち組み)か、そうでないか(負け組み)というのはまったく関係ありません。
そこで提案!!私もネバネバですが、我々の子供は、ネバネバの優性遺伝をうけてネバネバ耳の子供が生まれる可能性が高くなりますので、乾燥耳の多い日本人を凌駕するように、子供を一杯作りませんか?少子化対策にもなりますし....。
仮称「ネバネバ・ネットワークで日本を良くする会」の結成。話がだいぶ外れてしまいました。ネバネバ体質の人からの沢山の回答を読んで、嬉しくなり、バカなことを書いてしみました。それじゃ、どうも。
    • good
    • 0

補足で、負け組みの意味がはっきりしました。



で、その後どうなったんでしょうか?本当に負けてしまってTHE_ENDでしょうか?
私も「耳がネバネバ汁が出るなんて信じられない」だけで引いてしまったなら、貴方同様に、動揺は隠せません。何か複雑な気持ちですね。く(^^;
身体的な違いというか、あなたが仮に日ごろから気にしていたことを、ズバリ言われたときには帰す言葉もないでしょう。
 勝手に憶測だけで申し訳ありませんが、チャンスがあるならこの質問と回答を見せて、言い訳をしているわけでないということ、遺伝としてこのような方が現にいること、さらに、この言葉で不快な思いをしたことを理解してもらうことが先決と思います。
では・・。
    • good
    • 0

私も父親譲りで やに耳ですよ


日本人には少ない(3割程)そうなんですが
実際こうやってたくさんの方がいるので ご安心ください!

今は綿棒という便利なものがあるけど
私が子どもの頃はありませんでした
父親がマッチ棒に綿をくるくるっと巻いて耳掃除をしているのを
伝授しました
    • good
    • 0

私の家系も湿っています。


当初は持病だと思っていましたけど、
けっこう多いので普通なんだということで片つきました。
親家族の出身は、鹿児島です。(関係ないですかね)
親戚の人に聴いたことがありますが、湿っています。

綿棒や耳かきが何本も要ります。
膝枕で耳掃除なんて、恥ずかしくて頼めないですね(失礼)
    • good
    • 0

私の父親・私・私の子供(男)3人とも、あなたと同様です。


遺伝です。直ることはありません。
負け組みでもありません。
清潔にしていれば、気にする必要もありません。
だから、あまり気にされない方がいいと思います。
意外と沢山いますので・・。少なくとも、あなたと4名。

この回答への補足

ありがとうございます。先日彼女から、耳をなめてもらっていたら「耳がネバネバ汁が出るなんて信じられない」と言われて、自分が負け組で有ることが判明しました。ショックでした。

補足日時:2001/07/27 12:01
    • good
    • 0

遺伝のようです,ネバ耳は外国人に多いそうです


日本人は3~4割だそうです

もっと詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.health-net.or.jp/kenkonet/html/catego …

生まれつきでない場合耳の病気もあります
http://www2.hotweb.or.jp/shirato/eard.html#ekcema

参考URL:http://www.health-net.or.jp/kenkonet/html/category/02/data/k570.html,http://www2.hotweb.or.jp/shirato/eard.html#ekcema
    • good
    • 0

 日本人はほとんど乾いてますよ。


 だから「耳かき」なんです。
 湿っていることが多いヨーロッパ系の人は、耳かきではやりづらいので綿棒を使います。

 とはいえ日本でも中部以北は割と湿ってる人多いみたいですけどね。
 「耳垢をピンセットで取る」つったら、取れるわけがないと言われたことがありますよ(笑) 湿ってるとピンセットでは絶対に無理ですから。
    • good
    • 0

湿っているほうが、優性遺伝だったような気がします。


だからお父さんか、お母さんも湿ってるはず。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ