昔の人は形見などに髪の毛を取って置いたりしたけれど、それについての本またはそれにまつわるお話の本どなたかご存知でしょうか?

A 回答 (2件)

形見の毛髪についての単独の本があるとは思えません。

文学に現れるものをひとつひとつ拾って自らそのような参考書を作っては如何ですか。「赤毛のアン」に西欧の習慣として毛髪を形見にする話しがあるようですが、確認していません。

下記の二件のURLはヒントになるかも知れません。


http://member.nifty.ne.jp/office-matsumoto/annot …

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/2467 …
    • good
    • 0

故人の髪の毛でブローチを作って身に付けるのは


19世紀の英国では広く行われた風習のようですね。

ディケンズの
「大いなる遺産」にもちらっと出てきました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBNDまたはドイツの情報機関についての本をどなたかしりませんか?

BNDまたはドイツの情報機関についての本をどなたかしりませんか?もう3ヵ月も探しているのですが、見つかりません。

西ドイツの情報員が東ドイツに潜入して、任務を成功させて帰る途中にちょっとしたヘマから捕まってしまい、過酷な取調べ&拷問を受けるも、なんとか釈放され、命からがら帰国する話です。
小説ではなく、情報員が自身の体験を基にして書いた本だったと記憶しているのですが、立ち読みだったため、著者名はおろか書名や出版社名すら覚えておりません。
もう一度読んでみたいのですが、探している本でなくとも、どなたかBNDまたはドイツの情報機関の本についてご存知でしたら、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

実際に読んではいないので詳細は分かりませんが、トーマス・サンダース著「プレイグラウンド」と言う本ではないですか?「実在の元西ドイツ秘密特殊部隊隊員が書いた実録ノンフィクション」だそうです。でも、情報員とは違うかなぁ...


あと、BND関連の本では下記のものがありました。ご参考まで。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061492675/qid%3D1124524277/249-5023822-1370762

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093564213/ref=pd_ecc_rvi_3/249-5023822-1370762

Q日本の神々にまつわる本

先日、友人からの強い勧めで映画「もののけ姫」を見、そして強く心動かされるものがありました。
しかし一度見ただけでは全てを理解しきることは難しく、
それには日本の神々の話や戦国時代の民の生き方などが背景知識として
必要であると感じ、またそれについて単純に興味をも持ちました。

なので日本の神々のあり方(別にもののけ姫とはまた違う傾向でもかまいません)
について書いてある本を読んでみたいのですがお勧めのものがあったら
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひとことにもののけ姫の背景にある日本の神々のあり方を物語ることができる本というのは、No1さんのお勧めの本以外には難しいかもしれません。
民話、昔物語に基づいた基盤も必要かも。八百万の神に対する、あるいは未知に対する日本人の畏怖という観念でお勧めするのは
・古事記
・日本書紀
においてはは日本の神の話が、

・小泉八雲ことラフカディオハーンの著書(雨月物語など)
・遠野物語
においては日本の民俗文化がうかがい知れるのではないかと。

また少し興味がおありでしたら
・アイヌ民話
・仏教民話
などもお勧めします。
もののけ姫の背景がぼんやりみえるかもしれません。

Q面白いタイムトラベル(時間にまつわる)の本ってありますか?

タイムトラベルに関わる記述はもちろんの事、それに絡めた奥深いストーリーが好きです。
個人的に古くとも、H・G・ウェルズの「タイムマシン」なんかも現代ではストーリーがやや薄味に感じましたが(ただし、タイムマシン・タイムトラベルの構造は非常に面白かったです)考えさせられる内容で、面白かったです。

他に何か御座いますでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「マイナス・ゼロ「戦」広瀬正
この作家さんは48歳という若さで亡くなってしまっのと、寡作家で作品数が少ないので世間的には無名に近いのですが、日本SFの歴史に残る傑作をたくさん書いています。特にタイムトラベル物に並々ならぬ愛着心と執着心を持っていて、書いた作品の大半がタイムトラベル物です。
紹介する「マイナス・ゼロ」はその作品群の中でも傑出した作品で映画「バック・トウ・ザ・フューチャー」にも通ずるタイムトラベルのカタルシスを味わうことが出来ます。集英社から広瀬正小説全集として文庫で出版されていましたが、残念ながら、今は絶版のようです。くどいようですが、とにかく、凄い小説です。是非、読んでみて下さい。

「ふりだしに戻る」ジャック・フィニィ
フィニィはSF、ファンタジー、ミステリと多ジャンルに渡って書いている作家で、この作品はその最高傑作です。舞台はアメリカ。時代は現代(といっても1960年代ですが)から1882年のニューヨークへと旅立つというものです。絶対にフィニィにしか書く事の出来ない素晴らしい作品です。「ゲイルズバーグの春を愛す」も、また、お奨めです。

上記の広瀬正もフィニィも、そうですが、失われた過去への限りない愛情とノスタルジーを持っっていて、作品の全編にそれが溢れています。

「リプレイ」ケン・グリムウッド
何度も、何度も、人生を繰り返すことになってしまう人たちの物語。#4さんが紹介されている北村薫の作品は実はこの「リプレイ」の影響を受けているのではないか、と思います。元ネタにしているという意味ではありませんよ。念のため。

「戦国自衛隊」半村良
最近、「戦国自衛隊1549」という映画がありましたが、その元ネタです。「戦国自衛隊1549」は、確か福井晴敏が原案だったような気がします。昔の角川映画にも「戦国自衛隊」というのがありましたが、そっちの原作が半村良の書いたもので、映画「戦国自衛隊1549」と「戦国自衛隊」は厳密に言うと違う作品です。話がややこしいですが。ストーリーは単純で自衛隊が戦国時代にタイムスリップする話。

以上、今、思いつくのはこれ位です。

「マイナス・ゼロ「戦」広瀬正
この作家さんは48歳という若さで亡くなってしまっのと、寡作家で作品数が少ないので世間的には無名に近いのですが、日本SFの歴史に残る傑作をたくさん書いています。特にタイムトラベル物に並々ならぬ愛着心と執着心を持っていて、書いた作品の大半がタイムトラベル物です。
紹介する「マイナス・ゼロ」はその作品群の中でも傑出した作品で映画「バック・トウ・ザ・フューチャー」にも通ずるタイムトラベルのカタルシスを味わうことが出来ます。集英社から広瀬正小説全集とし...続きを読む

Q昔の人が書いた本で涙が止まらない本

昔の人が書いた本で、涙が止まらないような本ありませんか?
今生きている人ではなく、すでにお亡くなりになられている方のものが良いです。
ノンフィクションや、自伝などだと更に良いです。

先日、金子みすずさんの半生をテレビで見て、こういう過去に生きた方々の生きざまを知りたいと思うようになりました。

そのほか、ノインフィクションではなくても、過去の方が書いたもので涙が止まらないような小説があったら教えてください。

Aベストアンサー

「涙が止まらない」というのは人によって感じ方が異なるので、お勧めするのは難しいですが、私が最近読んだものでは最も「涙が止まらなかった」本としてご参考までに。

昔の人ではなく、今も現役の作家さんで小檜山 博さんという方をご存知でしょうか。
この方の書いたエッセイで「人生という旅」という本があります。小檜山さんの貧しかった少年時代から、作家になって苦労した時代などご本人の体験が書かれたもので、私にとっては、それこそ涙無くして読めないエッセイでした。

すでにお持ちかもしれませんが、もしまだお読みになっていないのであればと思い、ご参考までに回答させていただきました。

Q唯川恵さんの本名、どなたかご存知ありませんか

今年直木賞を受賞された、唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

hakusan さん、こんばんは~☆♪

> 唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

宮武泰子(たいこ)ですね。
下記URLをご参考にして下さいませ。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml


人気Q&Aランキング

おすすめ情報