ふときがついたのですが有名な「黒田節」。
これは、短調ですが、
長調にすると有名な邦楽「越天楽」になるんですが!!
どなたか理由をおしえてくださいますか。
ふときがついてびっくりしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

  


  おはようざいます! kouraさん!

   雅楽の 『 越天楽 』 民謡の 『 黒田節 』 は関係があります!

   お急ぎのようなので下記の参考URLを見てください!
   私がお祝いの時に事務所でBGMとして流す時に良く使いますサイトで


               【 日本の伝統音楽 】

           http://jtrad.denon.co.jp/index.html
.

   このサイトに掲載されてます解説文を抜粋しましたのでどうぞ!


   福岡県の民謡。かつては『 筑前今様 』とよばれ、現在の福岡県を中心に
   黒田藩の武士によってうたわれていた。雅楽『 越天楽 』の旋律に様々な
   歌詞をはめこんで歌う『 越天楽今様 』がもとの形。日本中で愛唱される
   この曲の歌詞は福島正則が豊臣秀吉から贈られた名槍 『 日本号 』 を
   黒田藩士母里太兵衛が大盃の酒を飲み干して持ち帰ったという勇壮な
   故事もとにつくられたもの。
   昭和初期ラジオで放送されると日本全国に広まった!


   とあります!

   下記の参考URLは雅楽 『 越天楽 』と民謡 『 黒田節 』 の
   解説と試聴ができます!


   kouraさん!

   お久しぶりです!
   お急ぎなのは 「 お昼から結婚式 」 でもあるのでしょうか?
   雅楽の 『 越天楽 』 民謡の 『 黒田節 』 どちらも結婚式には
   欠かせませんからね! でも、最近は 『 黒田節 』を舞う年配の方は
   見かけませんが、数年前にはよく見せてもらったんですが ・・・・・ 。

   kouraさん!
   今日は暑いですけど、良い天気( 滋賀県では(*^▽^*)♪ ) ですし
   今日も1日子供さんと楽しんで下さい!

 では! (*^▽^*)♪ (*^◇^*)♪ (*^◯^*)♪ (*^0^*)♪ (*^□^*)♪
   

参考URL:http://jtrad.denon.co.jp/summary.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったのですか。
よくよくいわかりました。
きょう、確かに「お式」があるのよくわかりましたねー(仰天!)。
早速にありがとうございます。お忙しいところをありがとうございます。

お礼日時:2001/08/05 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハ調 = ハ長調 + イ短調?

「ハ調で弾く ホニャララ」というタイトルのピアノ譜をよく見かけますが、
この「ハ調」には「イ短調」も含まれるのでしょうか?

ちなみに私の周りでは「イ短調」でも「ハ長調」と言っちゃいます。
黒鍵が少ないことが伝わればいいので、私もとくに気にしてきませんでした。
ところが洋風に「キーは?」なんて聞かれると「Am」と返したくなるような。

それでついに調べてみると、意外にハッキリしません。
固いこと言いっこなしなのか、ほんとはちゃんと決まりがあるのか……

Aベストアンサー

こちらもrappachoさんの御質問でしたか。気が付きませんでした。
今さら追加回答? と思われるかもしれませんが、まだ何となくすっきりしていらっしゃらないようなので、その点を御説明します。
長調と短調については、rappachoさんなら理解済みと思いますので省略します。

まず基本的なことですが、「調」というのは、その曲の中心になる音、つまり主音(トニック)が何であるかを表示するものです。ですから、「調」の前には、必ずその曲の主音の名前が書かれます。イ短調ならば主音は「イ」なので、「ハ調」という言い方で「イ短調」も意味させる、というのは、「調」という語の概念上「本来は」不可能です。ただ、そういう厳密な音楽理論の定義は、すべての人が知っているわけではないので、誤用している人は少なからずいるでしょうし、うるさいことを言うと嫌がる人もいるでしょうからあまり申しません。

では、「ハ調」という言い方はあるかというと、ちゃんとあります。これは、20世紀以降のクラシック音楽がだんだん複雑なものへ発展する段階で、中心になる音は一応あっても、長調とも短調とも言えない、場合によってはその二つが同居する、というような曲の場合、作曲者自身がそのように表記しています。たとえば英語なら、ハ長調ならin C major、ハ短調ならin C minorと書きますが、in Cとだけしか書いていないものがたくさんあります。「ハ調」は、そういう場合の「in C」を翻訳したものです。具体的に例を挙げるなら、ストラヴィンスキーのConcerto in D(協奏曲ニ調)とかヒンデミットのSinfonietta in E(シンフォニエッタ ホ調)などです。聞けば分かりますが、長調なのか短調なのかよくわからないでしょう。

ヒンデミット シンフォニエッタ ホ調
https://www.youtube.com/watch?v=kaN534I-mJE

ストラヴィンスキー 協奏曲 ニ調
https://www.youtube.com/watch?v=KLLIfC8YmXg

しかし、今回御質問の「ハ調で弾くなんとか~」という楽譜のタイトルは、上に説明したこととは関係がありません。これはごく単純に、「調号が何も付いていない」という意味でしかないです。実際に「ハ調で弾くなんとか~」という楽譜の収録曲を見てみると、短調の曲も収録されているので、それらは間違いなくイ短調です。でもそれは、イ短調は「ハ調」とも呼べる、という意味でそういうタイトルになっているのではありません。商業的効果を狙っただけのものです。やっと楽譜が読めるくらいの人には、調号が何もない楽譜はありがたいものです。ハ長調ならやさしい。イ短調ならやさしい。「調号なしで弾けるなんとか~」というタイトルよりも、「ハ調で弾けるなんとか~」の方が買い手にアピールしやすいんですよ。多くの人を混乱させたようですが、商戦なのですからしかたありません(笑)。

こちらもrappachoさんの御質問でしたか。気が付きませんでした。
今さら追加回答? と思われるかもしれませんが、まだ何となくすっきりしていらっしゃらないようなので、その点を御説明します。
長調と短調については、rappachoさんなら理解済みと思いますので省略します。

まず基本的なことですが、「調」というのは、その曲の中心になる音、つまり主音(トニック)が何であるかを表示するものです。ですから、「調」の前には、必ずその曲の主音の名前が書かれます。イ短調ならば主音は「イ」なので、「ハ調」...続きを読む

Q長調と短調の見分け方

長調と短調の見分け方を詳しく教えてください。


曲を聞いた感じ…以外でお願いします。

Aベストアンサー

音楽理論を文字で説明すると非常に長くなるのでこんなところで「詳しく」説明しきれるほど簡単な話じゃないってことはまず理解してますか?してないなら何を教えても意味がないんですが。

たとえば、VがシャープしてV#になりVImをImとしたときにV7の和音が存在するかどうかとか、メロディやコード進行の終止がマイナーであるかとか、そういった条件で短調と判断します。
極端に言えば「曲を聞いた感じ」です。冗談抜きで。

まあ、きちんと知りたいならこんなところで人に聞くより自分で調べたほうが確実ですよ。
それか、本当に知りたいのはどんなことなのかもっと具体的に言ってくれば回答するほうも方針が立てやすいんですけどね。

Q短調のメロディを長調で演奏してくれるソフト

短調のメロディを長調で演奏してくれる、またはその逆を演奏してくれるソフトってありますか??

Aベストアンサー

私の持っている楽譜作成ソフト(購入価格は1万円台の前半)では次のことが出来ますがこれでよいのでしょうか。
何れも楽譜をその調に書き直してからの演奏になりますがーーー

元の旋律をイ短調として、
1.ハ長調:楽譜の書き直しを含め数秒で演奏可能です。
2.ハ長調以外:楽譜の書き直しを含め10秒程度で演奏可能です。

この逆も全く同じです。

Q調判定 [長調か?短調か?]

音楽理論 楽典の中にある「旋律調判定」又は「スコア調判定」で
いくら練習してもつまづきっぱなしで行き詰まっています。
状態は下記の通りです。

楽典問題集 調判定において調号は用いられておらず、旋律・スコアから
「この譜面の調は何調か?」と求めるというものなのですが、
よく長調/短調を逆に解釈してしまい悔しい思いをしています....

簡単な譜面なら(理論・感覚両面から)解るのですが、調号無しの臨時記号のみで
大量のフラットやナチュラルが付き、例えば平行調Ges dur/es mollが
導き出せたとします。そこで「曲調からして長調っぽいな~」と判断すると
大抵短調だったりで、「これは私の勘には頼らない方が良いのでは」という結論に至りました。

そこでとにかくお尋ねしたいことは、問題を解きたいだけの為、
「曲の終わりの音を観れば良い」というのは無しで御願い致します....
楽譜が最後まで乗せられていない(途中で切られている)問題しか解いていません。

感覚的回答ではなく、理論的に長調か/短調かを判別する方法をどなたか御教え下さい..
ちなみに楽典の教科書は黄色い本(楽典―理論と実習)と「新版 楽典―音楽家を志す人のための」、
問題集は「音大受験生のためのパーフェクト楽典・問題集」を持っております。

宜しく御願いします。

音楽理論 楽典の中にある「旋律調判定」又は「スコア調判定」で
いくら練習してもつまづきっぱなしで行き詰まっています。
状態は下記の通りです。

楽典問題集 調判定において調号は用いられておらず、旋律・スコアから
「この譜面の調は何調か?」と求めるというものなのですが、
よく長調/短調を逆に解釈してしまい悔しい思いをしています....

簡単な譜面なら(理論・感覚両面から)解るのですが、調号無しの臨時記号のみで
大量のフラットやナチュラルが付き、例えば平行調Ges dur/es mollが
導き...続きを読む

Aベストアンサー

問題を見ていないのでなんとも言えませんが、出てくる臨時記号をすべて音部記号のスグ右にまとめて書き、本来の変化記号or臨時記号かを分析し、その結果から本来の調号の判定までは出来るが、さらにC-durかa-mollかの判定ができないということでしょうか?
 もちろん歌えばスグに判るのですが、譜面をよく見ても判ります。

仮にC-durかa-mollということだけはハッキリしているなら、
Cを「ド」と読んで、課題の旋律の上行きの部分の「ファ」と「ソ」に#があって、下行きのときには両方ともナチュラルに戻っていれば、99%a-mollです。
これは絶対の法則なので、ぜひ覚えてください。キーが変わればもちろんスライドして考えなければいけません。
いいでしょうか!「上行きで2ヶ臨時の#が付いて、下行きのときにそれらがナチュラルなら99%はマイナーキー」です。あと1%というのは、半音上下する装飾的な音の可能性と部分転調の可能性が捨てきれないからです。試験問題ならこのテの引っ掛けの可能性が0とは言えません。
上行きの「ファ」と「ソ」に#があって、下行きも両方#ならC-dur、a-mollの可能性は0%です。(その場合は、9割がた#3ケのA-durかFis-mollです。)
上行きの「ソ」に#があって、下行きにもおなじく「ソ」が#でも99%a-mollですが、この課題はまず無いと思います。
臨時記号がまったく無ければ、本来は80%以上がC-durですが、試験問題なら逆に引っ掛けもありそうです。
見当もつかないなら、
小節線の右側の音が、「ラ」「ミ」が多い印象ならmollに賭ける。強拍部分や長い音に「ラ」「ミ」が多く来ていればやはりmollに賭ける。
同じく、「ソ」が多い印象ならdurに賭ける。これでも正答率は7割以上でしょう。もちろんキーが変わったらスライドして考えてください。

また、スコアでの出題なら、最低音のベースのパートをよく見ることです。
見方は、1拍目か長い音に「ラ」の音があれば90%以上moll プラス「ミ」も結構あるという場合は、99%がmoll。逆に「ソ」があれば、mollの可能性は非常に低い。
「ざっとスコアを見て、ベースの強拍・長い音に注目せよ!」この判定での正答率は8割以上あるでしょう。

あと1ヶ月で試験かぁ・・・ ウ~ン、心配だなぁ
ご健闘を祈ります。

問題を見ていないのでなんとも言えませんが、出てくる臨時記号をすべて音部記号のスグ右にまとめて書き、本来の変化記号or臨時記号かを分析し、その結果から本来の調号の判定までは出来るが、さらにC-durかa-mollかの判定ができないということでしょうか?
 もちろん歌えばスグに判るのですが、譜面をよく見ても判ります。

仮にC-durかa-mollということだけはハッキリしているなら、
Cを「ド」と読んで、課題の旋律の上行きの部分の「ファ」と「ソ」に#があって、下行きのときには両方ともナチュラルに...続きを読む

Qクロマチックハーモニカの音階について(例:ト長調のドは?イ長調のドは?)教えて下さい。

最近、クロマチックハーモニカ(HOHNER クロモニカ270)を購入し、挑戦しているロートル
ですが、苦戦しています。教えて下さい。
過去に複音ハーモニカを楽しんでいました。複音の場合は、「ゴッドファーザー」はG管、「ロミオとジュリエット」はA管、「大きな古時計」はC管、、、、、と使い分けていました。
これをクロマチックで演奏するには、どのようにしたらよいのでしょうか?
「ゴッドファーザー」をGナチュラルスケールだと高音になるし、どうも分かりません。
ト長調のドは?イ長調のドは? 困っています。ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ト長調のドは?イ長調のドは?
私も昔は同じようなことを言っていましたが、最近は、ドではなくルート(root:根)音て言うようになりました。日本語でいうハニホハトイロは、CDEFGABに対応し、この音階(並び)を、ハ長調(Cメジャースケール)といいます(ちなみに音を上げる時と下げる時とで音が変わる音階(スケール)もあります。したがって、ト長調のドと言われているのはG、イ長調のドはAということになります。
>Gナチュラルスケールだと高音になるし
楽器によって音域・音程が違うので、出したい絶対音程(音の高さ)がその楽器でだせるかどうかと音域の問題になります。試しに、1オクターブ下げてみてください。複音ハーモニカ風に言うと、ドの下の低いソから、ドレミファソラ シドって言うのかな? 固定ド読み(ハ長調読み)だと、ソラシドレミ ファ# ソになります。
勝手の違いは、クロマチックの場合ひとつ穴で吹く・吸う(例えば吹くとド、吸うとレ)、キーを押して吹く・吸う(例えばキーを押して吹くとド#、吸うとレ#)の4つの音が出るからだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報