きょうの「みんな昔は子どもだった」第一回目で、
村の生徒の父親役で出演していた陣内孝則さんですが、
もの凄く痩せて、やつれたイメージがあって驚きました。
なにか、体調を大きく崩すとかがあったのでしょうか・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昨日1/25付、朝日新聞の夕刊(関東版?)


に陣内さんのインタビューが載ってました。
去年の11月に腹膜炎を患って
今回のドラマの撮影は管を通したまま撮影していたそうです。
    • good
    • 0

私もまったく同じ印象で、どうしたんだろうと思って


いたところでした。
今日、いいともに出演されていましたが、そのときも
同じ印象でした。
役作りの関係で、痩せられたのならば問題ないとは
思うのですが、何か元気がないようにも見えてきて。
あまり暗いイメージではない俳優さんなので、とても
驚いていました。
    • good
    • 0

以前、テレビ朝日ので放送した、『菊次郎とさき』で


陣内孝則さんは北野武さんの実父『北野菊次郎』さんを演じました。
貫禄を出すために、大分太ったそうです。
それから、体重を元に戻すためにダイエットをしたそうです。
奥様が料理を工夫して出してくれると何かのインタビューで答えていました。

それにしても、あそこまでダイエットできるなんて、
陣内孝則さんも凄いですが、立派な奥様ですね。
羨ましい限りです。
    • good
    • 0

今日の午後、そのドラマのメイキングなどのプロモ番組があり、


その中でのインタビューに答えていたのですが、
声も細く、かすれていて私も何かただならぬものを感じました。
役作りにしては、ちょっと・・・・な感じでした。
回答になってなくて申し訳ありませんでした。
同じ疑問を持ってたので・・・・。
    • good
    • 0

役作りでやせただけでしょうね。


以前、徹子の部屋に出ていた時に、
20Kg(多分)くらい太ってしまいましてね
なんて言っていました。
やせたというより、太ってしまったと言っていたので
今の方がどちらかというと
本来の状態なのではないでしょうか。
ドラマがあるので、元に戻したというだけだと
思いますよ。
    • good
    • 0

推測ですが、ダイエットしたのだと思います。


ロッカーズでビジュアル系のバンドをやってた頃はもっと痩せていましたから・・・。

去年、ロッカーズの自伝的な映画を作ってましたから、それに刺激されて、このままおじさんになってしまうことに危機感をもったのじゃないかな、と思ったのですが、深読みしすぎかな・・・?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QどちらもダウンタウンDXによく出てる「大友康平と陣内孝則」

顔は度外視して、私的にかなりイメージがカブります

元ロックバンドボーカルで、かなりおっちょこちょいで、まっすぐな自分をできるだけ演出するのに必死で、面白いことをやや誇張して言おう言おうとしてる・・・ おまけに、一旦しゃべりだすと長そうなのも

見たまんまなので好き嫌いはないんですが、カブりません?

Aベストアンサー

カブらないですね。


あえて、誰とカブるか考えると・・・

大友康平 → 高橋ジョージ
陣内孝則 → 唐沢寿明・沢村一樹

辺りでしょうか?

Q陣内孝則さんの事務所

陣内孝則さんにファンレターを出したいんですが
所属事務所(個人事務所だと思います)の住所がわかる方教えてください!

※俳優の陣内孝則さんです。藤原紀香さんの旦那さんではありません。

Aベストアンサー

こんにちは

ジェイ・オフィス
住所までは分かりませんでした

Q陣内孝則って何で頻繁に出てくるんでしょう?

陣内孝則ファンの方、ごめんなさい。
陣内孝則って演技が上手いわけじゃないし、
それほど人気があると思えないんですが、
ドラマ、映画、テレビ、CMと何かと出てきますよね。

「陣内孝則主演」の映画がヒットすると思えないし、
「陣内孝則主演」のドラマの視聴率が高くなるとも思えない。
CHINTAIのCMに陣内孝則を使って効果があるとは思えないんです。

でも、彼って頻繁にメディアに出てきますよね。
何ででしょう?
事務所の力なんでしょうか?

Aベストアンサー

私は陣内孝則さんのファンではありませんので、やはり同じような疑問を感じることがあります。陣内さん以外にも・・・。ただ演技が上手とか魅力的とかっていうのは人によって感じ方が違うからホントのところわかりませんけど、何かの番組でドラマのメイキングみたいのを見たとき
陣内さんがいるだけでそこが楽しい雰囲気になる、そんな感じがしました。人柄というのか、とても感じがいい人だな、と思ったので、やはり周りが一緒に仕事をして楽しい人ではないのでしょうか?また一緒に仕事がしたい、と感じさせる人だと、演技力もあればいうこと無いですもんね。私の勝手な想像ですが。いくら演技がすばらしくても一緒に仕事をしたくない俳優がいるって聞いたことあります。その逆とまではいかなくてもきっととてもいい人だと思います。

Q陣内智則さん出演って・・・

友達が陣内智則さんが今度NHKのドラマに出演するらしいって言ってたんですけどほんとですか??共演者は石田ひかりさんとTOKIOの山口くんとかって聞いたんですけど。ほんとやったらすごいですよね!!本当なのか、もし本当だったらいつから始まるのか、ドラマの内容など知ってるかた教えてください!!

Aベストアンサー

「カルタクイーン」というタイトルで、来年1月スタートのドラマのようですよ。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報