最新閲覧日:

当番表(A列に当番の種別、B1~W1に時間、Y列、Z列、AA列に当番に従事した回数の合計)を作りたいと思います。

この時、COUNTIF関数を使って数えようと思いましたが、2人で担当した時間の場合(下表の「C2」「C3」)Y~AAに回数をそれぞれ振り分けるには、どうすればよいのでしょうか。教えて下さい。お願いします。

できれば関数でお願いしたいのですが、これに代わるもの例えばマクロでも結構です。

A | B | C | … | Y | Z | AA |
--------------------------
1|種別|10:30 |11:30 | … | a | b  |  c |
---------------------------
2|清掃| a  | bc | … | 1 | 1  | 1  |
---------------------------
3|受付| b  | ab | … | 1 | 2  | … |

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rondoさん 再び こんばんは(^^;



>早速試してみまると…。で、できました。うれし~!
よかたですね! 喜んで頂きなによりです!

>更に解説までお願いしてよろしいでしょうか。
説明下手ですが・・・少々!
(意味が不明の箇所がありましたら追記下さい)

ご質問にも記載があるので 関数 COUNTIF() はご存知
のようですから構文自体は簡単に!

 COUNTIF(範囲, 検索条件)

ご存知の様に検索条件に合致するデータの個数を返す関数です。

 問題は検索条件の記載ですが、これには

1.数値を検索する場合 符合付きの記載が可能
2.文字列を検索する場合 ワイルドカードの記載が可能

です。
今回の場合、対象が文字列ですから2番の方法を利用しています。

=COUNTIF($B2:$W2,"*"&Y$1&"*")

この式の検索条件部分は "*"&Y$1&"*" の数式ですが
この数式結果は、文字"*" と Y1 と "*" を繋げた
ものですから "*a*" となります。
(文字と文字を繋げる数式は & を使います)

結果、数式は =COUNTIF($B2:$W2,"*a*") と読み替えられます!

ワイルドカードの意味ですが
「*」文字数0を含む全ての文字列

 *a は 文字列末に a が含まれている ba ○ ab × a ○
 a* は 文字列頭に a が含まれている ba × ab ○ a ○
*a* は 文字列の何処かに a が含まれている ba ○ ab ○ a ○

 となります。Z列やAA列の bやcについても同じです

今回は使いませんが、「?」というワイルドカードもあります
 これは「?」一つで1文字を示しています。
 a? は 文字列頭に a が含まれaの次に1文字ある
 ba × ab ○ a × abc ×

これらを組み合わせると様々な検索が可能で
 住所録から 東京都*区* で検索すれば東京都の23区の住所だけが検索されます。
 ???県* とすれば3文字の県名だけが検索されます。 

詳しくは、ヘルプでワールドカードと入力して表示された
[文字列または数値の検索に使用できるワイルドカード文字]
を見てみて下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。comvさん。
詳細な、しかも分かりやすい解説までしていただきありがとうございます。
直ぐに当番表に使いたいと思います。(^^)/~~~

お礼日時:2001/08/29 09:51

こんにちは!



セルY2に
 =COUNTIF($B2:$W2,"*"&Y$1&"*")

AA2まで複写 及び必要行まで複写

でどうでしょうか!

この回答への補足

早速試してみまると…。で、できました。うれし~! ありがとうございました。ところが、初心者の私には、その意味がよく分かりません。更に解説までお願いしてよろしいでしょうか。

補足日時:2001/08/29 00:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速試してみます。

お礼日時:2001/08/28 23:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報