明カン後の嶺上開花はカンさせた人が責任払いというルールについて質問です。
大三元や大四喜のパオは納得できるのですが、これについては合点がいきません。
このルールは、日本プロ麻雀連盟でも採用されているようなので、結構広い範囲で適用されて、知ってる人も多いと思います。
このルールのもつ意味や、カンさせた人の「責任」について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 理由は「慣習」だと思います。

 意味は「トップが絶望になる場にされたくないという勝手な思い」が具現化したからで、責任など確定できるはずもないと思います。 この辺は、鳴きで荒らされたくないという身勝手から生まれたのであろう「完先」と似たところがありますね。

 論理的に考えれば、途中に運とか敵の恣意が介在してるのに責任払いなんてオカシな話であることは明白でしょう。 こんな馬鹿な論理を認めたら、喰いずらされた牌でツモ上がった人が出た時は、喰った者の責任払いということになります。 論外ですね。

 リンシャン(ツモ)を1ハンUPにするのは、ハイテイや一発と同じ単なるご祝儀であって、責任も何も無いと思いますし当然、私の周囲ではツモ払い以外認めていません。

 なお、私はパオも認めていません。 こんなものを認めるのならドラポンさせた人も4ハン分払うべきでしょう。ハン牌でも然り、役の確定ですから。
 役満祝儀をパオ流に分割する-というのならまだ納得できるのですが。 役満だけ特別に「点数を」曲げるというのは理解不能です。

 とはいえ、不合理な慣習なのに市民権がある、ということは即ち面白い側面があるからとも言えます。 ですから「不合理な慣習だが面白いからやる」ということで「決めごと」と考えて導入するのはアリだと思います。 所詮ゲームですから、面白ければ良いのも一理。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「慣習から発生した」ものなら、それを受け入れるかどうか、という問題だけですね。
多種多様なルールの取捨選択も麻雀の面白さの一つですから。

KOMOCHAさんのようなストイックな場ならともかく、一発やカン裏、オープンリーチ振り込み役満払いまなども採用している私の仲間内では厳密さを求めることはタブーなのかもしれません。
もともと、私自身は仲間内で楽しめればいいや、という考えで打っているのですが、質問した件だけは引っかかっていたんです。

・昔よく打った面子ではこのルールは無く、ルールの存在自体知らなかったのが、ここ数年打つようになった仲間内では、当然のように採用されていた。
・「責任」という言葉にどうしても不条理さを感じてしまう。
などが理由でしょうか。

リンシャンカイホウのように、何かしら役として認められていれば(そんなことありえないけど)、すんなりと受け入れていたのかもしれません。

お礼日時:2001/09/07 15:57

これはカンさせてから嶺上牌をつもるまでを一連の動作として考えるからだと解釈しております。

ですから、暗カンや加カンの場合はツモからの一連動作のため、ツモと同じ扱いをします。ただ、リーチ後のカンは一発が消えます。ですからカンさせた人は当然、振り込みと同じ扱いになります。昔、麻雀漫画でこれと同じ場面で責任払いをして逆転してトップをとったというのがあったと記憶しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答No.1のお礼のところでも書いたのですが、カンとリンシャンツモは必ずセットになっているから、と考えるわけですね。

お礼日時:2001/09/07 16:05

私が知っているルールでは、カンさせた人の責任払いは


ありません。
理由は、リンシャン牌を引いた人が「その牌であがる」か
「あがらない」かを選択できるからです。
以上の理由から、私はずっとこの件については責任払いは
発生しないと解釈していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ただ、「あがる」か「あがらない」かの選択は、
どんな時でも(たとえオープンリーチ後でも)できるのではないでしょうか。
明カン後のみならず、他にも責任払いが一切無いという決まりでなら、
この考えにも一理あると思います。

お礼日時:2001/09/07 14:47

ichizoです。

はじめまして。
これは単純に明カンをさせることにより、通常なら山に眠ってるはずのあがり牌を引かせる事になってしまったので、責任が生じていると思います。
逆説的にいえば、明カンさせた人がその牌さえカンさせなければ嶺上開花されることも無かったという事です。
だから責任は生じると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
カンすれば必ずリンシャンをし、かつ他力でできるカンは明カンのみということを考えれば、この考えで納得いきますね。
仲間内で話したときは、コンビ打ちで得させないためじゃないか、というような意見が出たのですが、それもichizoさんの考えに近いのかなと思います。

お礼日時:2001/09/07 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q嶺上開花について

ネット麻雀MJで

嶺上開花であがりましたが

嶺上開花 ドラ2で満貫8000点でした。

嶺上開花1翻、ドラ2翻で3翻ではなく、なぜ満貫ですか?

Aベストアンサー

あなたがヤミテンをしていたら四つ目の牌を引いてカンをしたら上がっちゃった。
または
あなたの手がイーシャンテンでした。そこへ待っていた牌を引きテンパイの格好になりましたので前からあった四つの牌を見せてアンカンをして王牌から一つもっていたところ上がっちゃった。

この場合はメンゼンですからツモの一翻がつきます。
リンシャン+ドラ二つ+メンゼンツモでマンガンです。

もし泣いていたらツモはつきませんからマンガンにはなりませんが、しかし、1ピンなどをアンカンしたら32符つきますし、基本点の20符を加えると合計で52符。切り上げると60符です。60符三翻というのは30符の四翻と同じですからメンタンピンドラ1と同じでマンガンになります。

ですから泣いていた場合でも1、9、字牌のアンカンであればやはりマンガンになるのです。

Q海底撈月と嶺上開花での和了について

先日Yahoo麻雀にてプレイしていたところ、海底・嶺上という役ができました。
海底牌では槓できないので、海底牌一個手前で槓し嶺上牌で和了りました。

Yahoo麻雀ではこの場合、海底牌の上の牌を海底牌と見ているようなのですが、
ちょっと調べてみたところ、これと同じく「嶺上開花時は海底牌の上の牌を海底牌として扱う」と記述しているサイトと、
「実際の海底牌を自摸していないため海底撈月と嶺上開花の混合はない」と記述しているサイトがありました。

Yahoo麻雀でプレイする場合はこれに従うため問題ないのですが、どちらの方が一般的なのでしょうか?
個人的には前者の方が浪漫があっていいのですが。

Aベストアンサー

海底というのは正確には「海底摸月」といって「海の底に沈む月を救い上げる」という意味です。

また、「嶺上開花」は「高嶺の花を掴み取る」という意味。

それぞれが情緒・浪漫のある役。よって、この2つが重複するというのは変な気がします。

統計は取っていませんが、重複しない方が一般的だと思います。
雀荘のルールでも、今まで重複するルールに出会ったことはありません。

Q麻雀の日本国内における「標準的ルール」と「ローカルルール」の境界線は?

 麻雀には、「公式ルール」といっても団体、雀荘ごとに様々な取り決めがあります。
更にローカルルールとなると実に様々な役・考え方があります。他のゲームに比べて多くの解釈が生じる、それが麻雀の魅力の1つだと思うのですが…。

 そこでふと疑問に思いました。
麻雀の「標準ルール」と「ローカルルール」との境界線を引く時は、どこに拠ればよいのでしょうか?

 例えば「タンヤオ」は「2~8の数牌のみで作る役」。これは現在の日本国内の麻雀においては絶対的なルールですよね。
 これに対して「オープン立直」は多くの方が知っているけれども「ローカルルール」扱い。
この違いはどこで生じるのでしょうか?

 そもそも、「1翻縛り」は標準的なルールなのでしょうか?

 現在の日本国内の麻雀における絶対的な、憲法的(?)ルールは何を参照すればよいのでしょうか?麻雀牌を買った際についてくるガイドブックがそれと解釈してよいのでしょうか?
そうであれば、それはいつ、どのように生まれたのでしょうか?

 質問をまとめさせていただきますと、
1.日本国内の麻雀における絶対的なルールとは何か
2.それはいつ、どのようしてに生まれたのか
3.標準ルールとは、何を参照すれば良いか
4.「標準的なルール」と「ローカルルール」との境界線はどこにあるのか

 下らない、且つ漠然とした質問かとは思いますが、上記の1つでもご教授願えればと思い、質問させて戴きました。
どうぞよろしくお願いします。

 麻雀には、「公式ルール」といっても団体、雀荘ごとに様々な取り決めがあります。
更にローカルルールとなると実に様々な役・考え方があります。他のゲームに比べて多くの解釈が生じる、それが麻雀の魅力の1つだと思うのですが…。

 そこでふと疑問に思いました。
麻雀の「標準ルール」と「ローカルルール」との境界線を引く時は、どこに拠ればよいのでしょうか?

 例えば「タンヤオ」は「2~8の数牌のみで作る役」。これは現在の日本国内の麻雀においては絶対的なルールですよね。
 これに対して「...続きを読む

Aベストアンサー

まず「報知ルール」でリーチを含めた標準的なルールが提示され、それを基にした「新報知ルール」が現在の標準ルールとして定まったといえるようです。
「新報知ルール」はそれだけで一冊の本としてまとめられて出版され、ほとんどのプロ麻雀タイトル戦に採用され、さらに麻雀団体のプロ認定試験にも出題(「新報知ルールに人和が採用されなかった理由を説明せよ」など)されるなどしています。

「新報知ルール」の制定までの経緯は↓こちら。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215961152

日本独自のルールが固まってくるまでの様子は↓こちら。
http://www.h-eba.com/heba/majan/japan.html

また↓こちらのページを見ると「報知ルール」が、新聞で数日に分けて発表するほど細かい点まで定めていたものであることもわかります。
http://wiki.livedoor.jp/mind_extream/d/%ca%f3%c3%ce%a5%eb%a1%bc%a5%eb

まず「報知ルール」でリーチを含めた標準的なルールが提示され、それを基にした「新報知ルール」が現在の標準ルールとして定まったといえるようです。
「新報知ルール」はそれだけで一冊の本としてまとめられて出版され、ほとんどのプロ麻雀タイトル戦に採用され、さらに麻雀団体のプロ認定試験にも出題(「新報知ルールに人和が採用されなかった理由を説明せよ」など)されるなどしています。

「新報知ルール」の制定までの経緯は↓こちら。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159...続きを読む

Q大三元時のリーチの責任について

Aが白と発を鳴いており、しかも手のうちは中を2つ持っていて、てんぱっているとします。
その場面でBがリーチをかけ、その後、不幸にも中を持ってきて振込み、Aの大三元が確定いたしました。
この場合、Bは責任払いとなるのでしょうか?
それとも、リーチ後は手をかえられないため、ふりこんでも責任払いにはならないのでしょうか?
ぜひ、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

責任払いも何も、大三元を中と他の牌とのシャボ待ちテンパイしてるなら、中を河に捨て牌した時点で大三元の振り込みになります。

麻雀の責任払いとは、役満を確定させた牌を鳴かせた者が「役満をツモられた場合に限り責任を取って」1人で役満分の点棒を払う事です。

従って、役満テンパイを確定させたとしても他家の者が役満のあがり牌を振り込んだら、振り込み者の責任で鳴かせた者の責任ではありません。

質問内容の意図は、リーチを掛けた後の捨て牌(中)で大三元テンパイを確定させた後に他のあがり牌でツモられた場合の責任払いと言う事ではないでしょうか?
それだとしたら、リーチを掛ける前には役満は確定してないのでリーチ後の捨て牌に責任はないですから責任払いの対象にはならないです。

Q明カンの扱いについて

いわゆる「ナシナシ」(後付、食いタン無し)ルールにて、2副露目に役牌を「明カン」し、それのみであがった人がいました。

地方ルール等もあるかと思いますが、これって「ナシナシ」の場合、通常ありでしょうか?

ちなみに私の中では完璧に無しだったので、店員さんまで呼んで確認をしました。そのときは多数決で(というか私以外)「あり」となり、私もあきらめました。
やった本人も、「ドラを増やすためにやった」って言うくらい、本音はそんな汚いこと認めたくないです!

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大方の見解は出ていますし、取り決めによるものでしょうからなんともいいにくいですが、私たちの仲間内での見解は『ナシ(ダメ)』ですね。
役牌(のみ)でアガるなら1フーロ目か暗刻のときです。
役牌のシャボ待ちもNGです。
間チャンでの三色や一通はアリですが、両面ではダメ(コレは基本でしょう。)と同じです。

完全先付けにするのは鳴きの頻度を減らし、初心者(鳴いて手を作ることに長けていない)と経験者(上級者)との差を縮めるために行うルールといわれています。
現在ではアリアリルールのほうが浸透しつつありますので、時にトラブルになりますが、あらかじめ確認をしていたほうがよいでしょうね。

今後も楽しい麻雀を打たれてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報