手塚治虫氏の『火の鳥』のモデルの鳥は
ケツァールだと言われていますが、その
ことを証明できる資料等がありましたら
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

手塚治虫氏の「火の鳥」の姿のモデルは「鳳凰」だとばかり思っていまして、ケツァール説があると聞いてびっくりです。

フェニックス伝説を基にしているのは間違いないと思いますが。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~DGP/hou-01.html

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~motomiya/page031.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を寄せて頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 16:09

中南米にはケツァールのような輝く緑の羽を持つ蛇の姿をした神が出てくる神話があります。

地域によりケツァルコアトル、ククルカンなど様々な呼び名があり、神話に登場する神々の中でも強い力を持っているとされます。世界創造とか、自ら炎に飛び込み金星になったとか、「火の鳥」に近いと思われる神話もあります。ただ、先にも書きましたとおり、その姿は翼を持つ蛇、あるいは白い肌に黒髪黒髭の人間で表され、現存するケツァールの姿の方が「火の鳥」のイメージにはるかに近いです。この神様の名前で資料をお探しになってはいかがでしょうか。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を寄せて頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 16:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火の鳥 -鳳凰編

主人公は我王ですが、モデルはいるのでしょうか?
良弁は実在していたらしいですし、
太陽編の主人公も余豊ショウですから。

大宅世継・夏山繁樹みたいな架空のモデルでもいいんですけど。

Aベストアンサー

良弁僧正はおっしゃるとおり歴史上実在の人物とされていますが、我王は完全に手塚治虫が描き出した人物で、モデルに当たる人はいません。

シリーズを通してお読みであればご存知かと思いますが、この人物は黎明編の猿田彦で、永遠の生命を生きる火の鳥とは対照的な存在として登場します。あるときは生命の美しさを苦悩の中から見出し、またあるときには生命を軽んじたため罰を受けるというように、ある意味では限りある生を生きる人間の代表選手といえるでしょう。

なお、「猿田彦」という人物は古事記にも登場し、こちらのほうはモデルありといえます(確か黎明編に説明があったように記憶しています)。

さらに脱線すると、このキャラクターのおおもとは「鉄腕アトム」の育ての親、お茶の水博士です(手塚キャラを見ていくと途中で別キャラに進化(?)したようです)。さらに、お茶の水博士のモデルとなったのは、手塚治虫が卒業した高校の化学担当教師であったKさんという方だといわれています。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q手塚 治虫氏の作品に毎回登場する、豚のようなキャラは?

 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジャック、etc…
手塚氏の手がけた作品の多く(全作品ではどうかわかりませんが)で、
豚のような顔につぎはぎがあり、ひょうたんのような形をしたボディの
キャラクターがちょい役でしばしば出てくるのが気になります。

 手塚プロダクションのHP(http://www.tezuka.co.jp/)にアクセスし、
トップを飾るフラッシュを読み込む際にもいきなり上記のキャラクターが現れるのですが、
あの豚の顔をしたキャラクターの正式名称は、公式では一体なんていうのでしょうか?
(正式名称に関する設定がないようでしたら、通称でも構いませんが)

 小さい頃からこのキャラクターの存在がとても気になって仕方ないのですが
何か特別な意味があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

「なにか」というと諸説あるようで・・・
研究ページ見つけちゃいました。

手塚さんの漫画の作り方というのは「スターシステム」といって、
頭の中に「劇団」みたいなものがあって、
ロック(黒サングラスの悪役専門の青年)やヒゲオヤジ、アセチレン・ランプ、ハム・エッグ、スカンクといった「俳優」に作品ごとに「役」を与える・・・といったものだそうです。

ヒョウタンツギもその「団員」の一人(?)ですね。
小説で、ヒョウタンツギが主役を張っているものもあるとか・・・
私も未見ですが、読んでみたいですね。

参考URL:http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm,http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/star01.html

Qファミコンソフト「火の鳥我王の冒険」の音楽について

すごく昔に発売された、ファミコンソフトの『火の鳥我王の冒険』というのがあるのですが、
そのゲームの音楽が好きで聴きたくなって探してます。
そこで質問です。

1・火の鳥のゲームサントラ集みたいなCDはあるのでしょうか?
プレイ中の各場面の音楽がどれも好きで、特にお気に入りなのが、クリア後の最後のエンディング曲なのですが、確か『火の鳥鳳凰編』というアニメでも流れてた記憶があります。(その曲は歌付き)
ですが、題名もわからずで、困ってます。

ネットで探して、『火の鳥鳳凰編-音楽集』というのを見つけたのですが、視聴ができないので、確認できなかたのですが、
2・その中にゲームのクリア後のエンディング曲は入ってるのでしょうか?

どなたか知ってる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

火の鳥、懐かしいですね^^。
私も大好きでしたよ。

直接の回答では無いのですが、昔のファミコン等の曲を探す場合、大抵はMIDIで誰かが作成してくれてますよ。
「ゲーム名 MIDI」で検索すればHITすると思います。

ちなみに火の鳥を例にすれば、

http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori

http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

で、ダウンロードできます。

参考URL:http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori,http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

Q手塚治虫の火の鳥

手塚治虫の「火の鳥」のなに編かは忘れましたが、ストーリーは以下の通りです。
若いカップルが地球を脱出し、へんぴな星を買いそこで結ばれるのですが、女性が妊娠した後、男性は事故により死んでしまう。悲観した女性は子供を生み(男の子)、子孫を残すため子供が大人になった時に目を覚ますようにコールドスリープをする。
コールドスリープから目を覚ました女性は、大人になった子供と結ばれるが、男の子しか生まれず、再びコールドスリープに入る。その繰り返しが続いた後、子孫の男の一人が異星人(ムーピーだったかな?)と結ばれ女の子の子孫が残される。それで子孫が沢山生まれていく。
コールドスリープから目を覚ました女性は「女王様」と呼ばれ、幸せなはずだが地球に対しホームシックとなり、異星人との混血の子供と一緒にその星を離れ宇宙の端から端まで漂うこととなる。
質問としては、宇宙の旅の途中、ある星で雌雄同体の異星人が加わるのですが、最近の火の鳥ではその異星人の存在自体がカットされてます。どうしてでしょうか?やはり差別となるからでしょうか?

Aベストアンサー

こんな解説がありました。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~takeboh/hinotori/4nostalgia.html

Qあなたが一番好きな「火の鳥」は何編ですか?

手塚治虫氏のライフワーク作品、「火の鳥」。
何度読み返しても、どの作品も素晴らしいです。
あなたが一番好きなお話は、どれですか?あなたの年齢・性別、理由もお願いします。
選びきれないファンの方はベスト3まで挙げて頂いて結構です。
年齢やその時生きている状況によって自分は好きな作品が変わるのですが、他の方はどうなのかな?というのも興味深いので、昔と今で好きな作品が変わった方はそのことも書いて頂けると嬉しいです。

黎明編
エジプト編
ギリシャ編
ローマ編
未来編
ヤマト編
宇宙編
鳳凰編
復活編
羽衣編
望郷編
乱世編
生命編
異形編
太陽編

自分は今、2~3年前から鳳凰編がヘビロテです。
小学生の頃初めて読んだヤマト編も風刺の効いたギャグ満載で面白かったし、異形編は短いお話ですが身につまされるホラー感覚もあり好きでした。
ロビタやチヒロの優しさが切なかったり、ムーピーの優しさに感涙したこともありますが、鳳凰編や生命編のように悪人然とした主人公が変わっていくお話が今はマイブームです(^^)

皆さんは今、どうですか?
漫画・コミックのカテゴリーと迷いましたが、あまり読まない人でも印象に残っている作品があれば教えて頂きたいのでアンケートにしました。
難しく考えずたくさんのご回答があれば幸いです。
よろしくお願いします。

手塚治虫氏のライフワーク作品、「火の鳥」。
何度読み返しても、どの作品も素晴らしいです。
あなたが一番好きなお話は、どれですか?あなたの年齢・性別、理由もお願いします。
選びきれないファンの方はベスト3まで挙げて頂いて結構です。
年齢やその時生きている状況によって自分は好きな作品が変わるのですが、他の方はどうなのかな?というのも興味深いので、昔と今で好きな作品が変わった方はそのことも書いて頂けると嬉しいです。

黎明編
エジプト編
ギリシャ編
ローマ編
未来編
ヤマト編
宇宙編
鳳凰編
...続きを読む

Aベストアンサー

43歳男性です

私はヤマト編が好きですね
親の命により、川上タケル抹殺を命じられるも、カジカと恋に落ち
父の命に従うか、カジカを取るかとで悩む心の葛藤

国に帰ってからは殉死を止めさせる為に、自らの命をなげうっての抵抗
そして最後、力尽きる寸前でのカジカとの儚い恋
どれも素晴らしい内容です

ただ、ヤマト編はアニメ版、コミック版、両方見たのですが
超シリアスなアニメ版に対し、所々ギャグが入るコミック版とのギャップに違和感が…

もっとも、コミック版がダメと言っている訳では無く、あくまでギャップについてです
(私もコミック版のギャグは好きです)

Q手塚治虫「火の鳥」未来都市メガロポリスについて

今、ちょと皮肉引用したくて、web版全集でぱらぱらすべて探して見たのですが、
どうも記憶のシーンを探し出せません。

昔読んだ時の印象でかなり記憶に刻み込まれた確実な記憶なのですが↓

現在の大都市の進行形の果てのように、どんどん集積化・高層・巨大化して、最後にまるで蟻塚のような
http://bit.ly/1aWwl1b 
◆超巨大なひとつのタワー都市に集積された黒いサグラダファミリア的搭状建物のシーン。

現在の各主要国の首都国家的な、人口の全てがその建造物の中に住み、そこ以外の周辺は人類自ら人も住めない汚染環境に化した荒野。

マザーコンピューターにすべて制御を委ね切り、共産国家都市を暗示するマザーコンピューター同士が相容れなくケンカして核戦争起こして地球が滅ぶというストーリーつながりだったと思いますが。

そういうストーリーつながりの巻で今読み返したら、それが煙突出した地下都市に変わってしまっていて、巨大な搭状集積都市として描かれていません。。

私の記憶違いなのでしょうか?

全集的編纂で入れ替わったのでしょうか?

マニアックファンの方、ぜひ教えてくださいませm(__)m

今、ちょと皮肉引用したくて、web版全集でぱらぱらすべて探して見たのですが、
どうも記憶のシーンを探し出せません。

昔読んだ時の印象でかなり記憶に刻み込まれた確実な記憶なのですが↓

現在の大都市の進行形の果てのように、どんどん集積化・高層・巨大化して、最後にまるで蟻塚のような
http://bit.ly/1aWwl1b 
◆超巨大なひとつのタワー都市に集積された黒いサグラダファミリア的搭状建物のシーン。

現在の各主要国の首都国家的な、人口の全てがその建造物の中に住み、そこ以外の周辺は人類自ら人も住めな...続きを読む

Aベストアンサー

>私の記憶違いなのでしょうか?

>全集的編纂で入れ替わったのでしょうか?

故手塚治虫は増刷などの度にどこかしら手を入れるので有名です。
極論すれば連載と単行本ではカットが変わっていたり大幅に改鋳したりがまかり通ったり・・・

御大がそうだからと真似して後から手を加える漫画家も多い。

火の鳥も古いのは分かりませんが、望郷編なんかもラストが大幅に変更されています。
その辺も楽しむマニアは変更点を洗い出すのが楽しみにさえなっている感があります。

個人的に最悪なのは鉄腕アトムですね。
月刊誌「少年」で鉄腕アトムは唐突に始まっていますが、その前に「アトム大使」連載があってアトムが人気がでたので完全に主人公にしたという流れです。
ですからアニメのアトム誕生などは後から追加されました。アトム大使ではさらっと1ページ位身の上話的に説明。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E8%85%95%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A0
その事実は手塚治虫氏逝去まで秘匿されていてタブーでした。
20年ほど前の復刻ブームで初めて明るみに出ました。

参考資料

手塚治虫研究
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/tezuka/

問題のシーンが雑誌連載なのか単行本なのかは分かりませんが確実に手が加わった結果の記憶の齟齬だと思います。
じゃあ該当のカットは特定できるかといえば火の鳥未来編を全て閲覧するしかないかもしれません。
国会図書館でなら可能かもしれませんが現実的にはね。

参考程度

>私の記憶違いなのでしょうか?

>全集的編纂で入れ替わったのでしょうか?

故手塚治虫は増刷などの度にどこかしら手を入れるので有名です。
極論すれば連載と単行本ではカットが変わっていたり大幅に改鋳したりがまかり通ったり・・・

御大がそうだからと真似して後から手を加える漫画家も多い。

火の鳥も古いのは分かりませんが、望郷編なんかもラストが大幅に変更されています。
その辺も楽しむマニアは変更点を洗い出すのが楽しみにさえなっている感があります。

個人的に最悪なのは鉄腕アトムですね。
...続きを読む

Q火の鳥?

最近、手塚治虫の火の鳥というアニメを見たのですが、どうやら私が過去に知り合いから聞いてた話が違うようで驚きました。

私が見た火の鳥は話しが「○○編」とその話ごとに区切られていてそれぞれ主人公、年代なども変わり火の鳥は神様(?)のような存在で人間世界を傍観してる感じなのですが、知り合いから過去に聞いた火の鳥はうろおぼえですが、主人公と火の鳥(?)が恋におちて主人公は最終的にその火の鳥(?)を裏切ってしまい、怒った火の鳥(?)は主人公に永遠の命を与えて一生しねない孤独な体にしてしまうという話だと聞いたと思うのですが、私の勘違いっぽいようで、火の鳥と知り合いの言ってたことがぴんときません。
知りあいのいってたアニメは火の鳥ではないとおもうのですが、何のアニメなのか心当たりがある方は教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

火の鳥 宇宙編ではないですか?
僕も子供の頃見てしばらくトラウマになって肉食ができなくなった作品で、再見していないのでうろ覚えですが、

鳥が進化した知性体が住む惑星に不時着した主人公が、その星の住人と恋仲になります。しかし地球に焦がれる主人公を引きとめようと通信機を破壊したヒロインを撃ち殺しその肉を食べ、惑星の住人を次々と皆殺しにしてしまいます。その主人公に火の鳥が与えた罰がが永遠に死ねない体にしてしまうことです。

子供の頃一度っきり見ただけなので細部は間違ってるかもしれません。

Q「火の鳥風太郎」と「火の鳥」

石森章太郎の「火の鳥風太郎」手塚治虫の「火の鳥」はどのような関係にあるのでしょうか?絵や設定が酷似していると思うのですが。
どなたかご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

多分石森章太郎の黒歴史、もしくはファンにとっての禁則事項です。

動機はどうしても欲しかったオーディオセットがあった。
さてどうするか?
漫画の原稿料で買おうって事で自身唯一の書き下ろしの原稿料を全て注ぎ込んだそうです。

確かにこの話自体は割と有名です。

ttp://www.chestjp.com/isimorisyoutarou.htm

(まぁ、昔の単行本の表紙が載っているから直リンクはしない方向で。最近は事務局が神経質だからね)

ついでに当時珍しかった海外旅行も出版社から多額の借金をしてなんて事もしていますね。

プロ意識に目覚めたのは少年キングに連載した「サイボーグ009」がヒットしてから。
それ故に人気があるのに編集長の独断で打ち切りにされて本人の思い入れも並大抵でなくなった。

>絵や設定が酷似していると思うのですが。

元々、手塚治虫を師と仰いでいる師とし、その頃はまだアマチュア意識が強いし・・・
なによりも創作意欲よりも物欲の為なんだから。
内容の考察なんかスルーが妥当でしょう。

Q火の鳥の存在について

世界にそれらしい存在の伝奇がありますよね。

不死鳥(ヨーロッパ?)だったり、
鳳凰(中国?)だったり、
火の鳥(ロシア、日本?)だったり。

日本だと他に、ガッチャ・・・これは違いますね。


これらは、すべて本当に火の鳥を指すのでしょうか?
それぞれ、違う何かなのでしょうか?

手塚治虫氏の火の鳥は日本では有名ですし、その物語の中には、
世界各国での火の鳥が登場します。

火の鳥(または、違う何かであってもその名称を使うもの)は、
存在するのでしょうか?存在したのでしょうか?
また、それは何でしょうか?

Aベストアンサー

不死鳥(フェニックス)はギリシャ神話ですね。
鳳凰、朱雀などとも同一視されています。
不死鳥のルーツはエジプト神話のベンヌに由来しているそうです。
ベンヌの姿はエジプトの壁画や書物に残されていて、鷺や朱鷺のような姿で描かれています。
ベンヌはエジプトの神話上での古代王にして死者の世界の王:オシリスの魂の姿とも言われ、またオシリスの息子ホルスは頭部がハヤブサになっています。

その他、巨鳥伝説・伝承はアジアを中心に様々な姿になって世界中に分布しています。
ガルーダやシムルグ(インド)、ロック鳥やルフ(マダガスカルなど)など。
ちなみにガルーダは仏教に取り込まれ、八部衆の迦楼羅天として日本にも伝わっています。
また南米では、ナスカの地上絵が有名ですが、ケツァールコアトルなど蛇や竜も、翼は龍であったりします。
ですので、巨鳥・蛇・龍の伝承などには、一定の共通性が見られるかもしれません。

どれがルーツ、と定めることはできないと思いますが、特に太陽崇拝が強い国・地方では、珍しい鳥を神格化して祀るような習慣があったのでしょう。
特に、鳥は空を飛びますし、世界には鳥葬(亡骸を鳥に食べさせる)の風習や生贄の儀式もあるので、鳥に、天高くにいる神とのメッセンジャーのような意味合いを持たせていたのかもしれません。


火の鳥はさすがに実在しない、または実在の鳥を誇張したものと思いますが、鳥を神格化する人の心理は世界中にある、ということでしょう。
日本で、ガッチャマンというヒーローが生まれるのも正しい…かどうかは分かりませんが、空を飛ぶ、というのは、人にとって憧れや畏怖の対象であったのは確かでしょう。


ちなみに、姿形は火の鳥とまったく違い、空を飛べない地上性のダチョウに近い鳥ですが、インドネシアやパプアニューギニア、ニュージーランドに「ヒクイドリ(火食い鳥、食火鶏)」という鳥が分布しています。
本当に火を食べるわけではなく、果物が主食のようですが、全長2m弱にも達する巨体で、時速50kmで走り、肉食動物などを相手に戦ってしまうほど気性の荒い、世界で一番危険な鳥と言われています。
世界で一番危険…なのは、ある意味で、手塚治虫の火の鳥と似ているかもしれませんね。

不死鳥(フェニックス)はギリシャ神話ですね。
鳳凰、朱雀などとも同一視されています。
不死鳥のルーツはエジプト神話のベンヌに由来しているそうです。
ベンヌの姿はエジプトの壁画や書物に残されていて、鷺や朱鷺のような姿で描かれています。
ベンヌはエジプトの神話上での古代王にして死者の世界の王:オシリスの魂の姿とも言われ、またオシリスの息子ホルスは頭部がハヤブサになっています。

その他、巨鳥伝説・伝承はアジアを中心に様々な姿になって世界中に分布しています。
ガルーダやシムルグ(インド...続きを読む

Q手塚治の「火の鳥」とは未完なのか?

 手塚治の「火の鳥」って未完なんですか?

Aベストアンサー

まず…皆さんがおっしゃってる通り未完です。

超過去(1)→過去(3)→現代(5)←未来(4)←超未来(2)を舞台にしていくこの話、展開が進む順番は○数字の順に交互に現代へと続いていきます。(異形編、太陽編最高!)

本当、未完なのが惜しまれるのですが、続いていれば次の舞台は戦前(だったかな?)の中国で『大地編』だったらしい…。

で、近未来へと進んでいき、最終話の舞台は2003年の現代。そう、2003年と言えば、アトムが生まれた年!主役はアトムなのでは…という説があるそうです。

手塚治虫氏が生きていたら、今の現代をどう感じていたのでしょうね…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報