「教えて!ピックアップ」リリース!

最近の曲って何で反社会的で暗い曲ばかりなんですかね?うっせぇわとかセカオワのホビットとかオーバードウズとか。どれも何か社会に訴えかける様な感じですよね。平成の頃の様な陽気でウェイっとした曲の方が気分上がりませんかね?

A 回答 (7件)

チンコ大演舞!!


わっしょい、わっしょい!どんどんどんどん!
    • good
    • 0

若い世代に病んでることが流行りであると、世間の流行が作られているから。

いつの時代も流行りには仕掛け人がいるのです。
↓素顔 地雷メイク顔 女の子の場合、病み可愛いとなるそうです。なんだか暗いですね、、
「最近の曲って何で反社会的で暗い曲ばかりな」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気持ち悪い文化ですね

お礼日時:2022/09/20 21:12

昭和に市民権を得てた演歌もめちゃめちゃウジウジしてて暗いです。


そういう意味では、しみったれた音楽を好むのは戦中戦後の日本人のアイデンティティなのでしょう。

近年10代にウケてる音楽の特徴としては、「反抗期」的で僻みっぽいということなんだと思いますが、まぁ「反抗」というのはロックを始めとしたビートルズ時代から変わらない若者向け音楽のテーマなので、ここも昔ながらだと思います。
じゃあ今の若者向け音楽ならではの要素はってなるとやはり、「妬み・嫉み・僻み」の部分になるのだと思います。

若者はいまいち自覚出来ていないようですが、「陰キャ」というのが今の若者の代弁者であり、トレンドだと思います。
例えばエヴァから今に至るアニメの主人公も陰キャ。若者に人気のYouTuberやインフルエンサーも、一見異性ウケ良さそうな見た目でもやはり「コミュ障」感漂う陰キャ。バラエティの頂点と言えるマツコも、アナウンサーの頂点の安住アナも、陰キャ。お笑い芸人も、冴えない根暗オタクが青春時代に書き溜めてきた皮肉っぽいネタを武器に、華やかな芸能界の一躍人気者になるというシンデレラストーリーが主流と言っていい。ついには、空気階段のかたまりみたいに、イケてる組で生きてきたのにわざわざ隠して陰キャ感をアピールするようなタイプの芸人まで現れています。
パリピや陽キャと見なされるタイプは、基本的に若者に支持されない時代のようです。それどころか妬まれたり距離感感じられたりする。だから、芸能人やYouTuberとしてやっていこうとすると、パリピ・陽キャ要素を排除するところから始める。それが主流で、それ以外が亜流。

景気良かった時代の「パヤパヤした」生き方に現実味や価値を感じなくなったことも大きいと思います。「ウェイ」系なんて以ての外で、嫌悪感すら感じる。根暗でちょっと僻みっぽいくらいが心地いい。これは今の若者もそうですし、今の大人達もそうでしょうね。

…というような時代であることが、音楽にも表れてると思います。
    • good
    • 1

明るい歌も沢山ありますよッ!



「365歩のマーチ」とかッ!
    • good
    • 1

下ネタ大喜利ばかりやってるからじゃない?

    • good
    • 1

アーティスト側も別に訴えたいことがあるわけじゃなく、世の中の流れに乗った歌詞の方が売れるという判断のもと作成しています。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

暗い曲が流行っているんですか?

お礼日時:2022/09/20 18:07

「暗い曲ばかり」という事実はありません


逆に平成の歌でも暗い歌はありました

気のせいだと思われます
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング