6月にイギリス旅行の予定です。
ロンドンでのルイ・ヴィトン、グッチなどの価格は日本価格と比べてあまり安くはないと聞きますが、実際はどの程度なのでしょうか?
ご存知の方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


去年ロンドンに行きましたが、ヴィトンもグッチも、どれも、日本と同じ様な価格でした。
それよりも日本の質屋やオークション、ショッピングなどで買った方が安いというの実情でした。
期待していっただけにちょっとショックでしたが。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
う~ん、やっぱり日本と変わらないのですか…
それじゃあ貴重な時間を買い物に費やさずに観光に精を出します!

お礼日時:2005/04/22 22:24

こんばんは。



ここ数年ポンドが強いですからねぇ。
グッチに関しては数年前に行った時は、TAXの払い戻しをしなくても日本より安かったと記憶していますが、最近では大差ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですねーイギリスというと物価が高いイメージがありますが、ヨーロッパなのでヴィトンはともかく、グッチあたりならお安く買えたりするのかな、と勝手に思ってました。ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/22 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故いまごろロンドン同時多発テロ?

ロンドンで爆発物による同時多発テロが発生しました。
アルカイダによる犯行声明も出ているようです。
疑問なのは、何故いまごろになってテロをするのかということです。
イラク戦争のときイギリスはまっさきに賛成しました。
そのときイギリスはテロの標的になるなと思っていましたが、そういうことはありませんでした。
イラクでのほとぼりが冷めかかったこの時期にテロを行ったのは何故でしょうか?
これまでやろうと思ってもできなかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>イラクでのほとぼりが冷めかかったこの時期にテロを行ったのは何故でしょうか?
>これまでやろうと思ってもできなかったのでしょうか?

1.UKは、USAの次にイラク攻撃に積極的だったから
2.この手の爆破は十分計画してからでないと実行できない。
  実行に1年かかるとして、今から1年前ならイラク戦争の
  ほとぼりは全くさめていませんよね。
3.G8のタイミングというのは、半分賛成半分反対。なぜなら、G8には
  イラクに同情的な国も多い(フランス、イタリア、ロシア、等)のに、
  その首相、大統領が集合しているすぐそばで爆弾事件だと、それらの
  国から指示がなくなる可能性もある
4.オリンピックのタイミングはちょっと違うと思う。
  2.で書いたように実行
  まで時間かかるので、1日前に決まったオリンピックのタイミングで
  行動は起こさない。

  また、UKに影響与えたいなら、オリンピック投票前に爆弾テロした
  方がよかった。(ロンドンは危険安全な他国(フランス)へと考えられ
  るから)

Qロンドン ヒースロー空港

こんにちは。
教えて下さい。

今度イギリスへ行くのにヒースロー空港を使います。アシアナ航空なのでターミナル4に着くようですが、ターミナル4は現在地下鉄が閉鎖中でバスによる輸送をしており、通常より時間がかかると聞きました。

そこで教えて頂きたいのですが、どのくらい時間がかかるのでしょうか?また、ヒースローは入国審査が非常に厳しいと聞きますが、それにはどの位の時間がかかりますか?

非常に漠然とした質問で恐縮ですが、つまりはロンドン市内までどの位かかってしまうのかを知りたいので
す。実際に利用された方の感想等お伺いできれば幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでにご存知かと思いますが、ターミナル4からは連絡バスでHatton Cross sta.まで連絡があります。
Hatton Crossからはチューブで市内まで遅くとも1時間でつきます。ですから、入国の諸々を済ませて、連絡バスに乗り込んでから、1時間半は見ておいても良いと思います。

さて、問題の入国審査ですが、結論から言うと、「下手な小細工はせずに、聞かれたこと<だけ>を短く答える」に尽きます。
よくされる質問が、滞在日数(帰りの日の確認)と、滞在目的です。
また、イギリスに親族がいるかという質問もされますが、いないなら「いない」と正直に。

うまくいけば10分もかからずに通過できますが、運悪く列の前の人が引っかかると、30分以上は軽くまたされます。
入国審査の列の見極めは、経験がモノをいいますから、運に頼るしかないでしょう。

ということで、なんだかんだで2時間以上は見ておいても良いでしょうね。

アシアナが17:00着ですから、着いた日は少し遅いディナーとなりそうですね。

良いご旅行を。

Qロンドン、アメリカのテロ

これは許されるべきだと思います
でもアメリカやイギリスがイラクの一般市民を殺した事は、テロとも言われないし正しい行動ってなってます。
事前に爆撃するって事前に言ってたら、当然テロ集団は逃げると思います
でもそれでも一般市民がいるところに爆撃して、一般市民だけを殺しました
なんでロンドンとかアメリカとか日本が襲撃されると問題になるのに
イラクでは何もなかったんでしょうか?
ロンドンのテロに怒ってる人はイラクには関心がないんでしょうか?
私は恥ずかしながらどちらもあまり気になりませんでした。子供のケンカみたいで…

ちょっと人のblogでこのようなことが書いてあったので質問してみました

みなさんどう思われますか?

締め切りは2週間程度で締め切ろうと思っています

Aベストアンサー

どっちも人殺しには違いないと思いますが、正当な軍事行動とテロに違いがあるとすれば、それは法や政府による裏づけがあるかどうか、国家国民によって選ばれて戦っているかどうか、といったところでしょうか
米軍は曲がりなりにもアメリカの法や国際法、イラク政府の要請といった体裁を整えて行動していますが、テロリストはそんな裏づけは持たない(そんなものがあれば、選挙に打って出ればいいわけです)私兵で、私憤を晴らすため、我を通すために行動する犯罪者に過ぎないと思います

> 事前に爆撃するって事前に言ってたら、当然テロ集団は逃げると思います
> でもそれでも一般市民がいるところに爆撃して、一般市民だけを殺しました

これについて言えば、むしろ、テロリストに逃げられる可能性があったとしても一般市民の巻き添えを(物理的に退去できない市民もいるでしょうから、完全に無くすことは無理だとしても)できるだけ減らそうとしたゆえの事前通告だったろうと思います
一般市民の余計な被害を増やした責任は、テロリストの投降を求めずに、米軍/イラク軍の自粛を求めることによって、一般市民の危機感を削ぎ、退去を躊躇わせた国連や一部の国々の首脳、メディアにもあるでしょう

どっちも人殺しには違いないと思いますが、正当な軍事行動とテロに違いがあるとすれば、それは法や政府による裏づけがあるかどうか、国家国民によって選ばれて戦っているかどうか、といったところでしょうか
米軍は曲がりなりにもアメリカの法や国際法、イラク政府の要請といった体裁を整えて行動していますが、テロリストはそんな裏づけは持たない(そんなものがあれば、選挙に打って出ればいいわけです)私兵で、私憤を晴らすため、我を通すために行動する犯罪者に過ぎないと思います

> 事前に爆撃するって事...続きを読む

Q今のロンドンの気候は?

もうすぐロンドンに2週間程語学研修で行くのですが、あちらの気候は8月下旬はどの程度なんでしょうか?天気予報とかをみると最高気温19度とかで、結構涼しいのかなと思いますが、半袖でなく長袖メインの方がよいでしょうか?日本だと何月くらいの気候ですか?日本の夏とは違いますよね??雨なんかも多いでしょうか。どなたか8月にロンドンに滞在経験がある方特に教えて下さい。お願いします!!!

Aベストアンサー

以前ロンドンに数年住んでいて、昨年も8月にロンドンへ行きました。

8月のロンドンの気候は日によってかなり寒暖の差があります。日本の7~8月のような暑い日もあれば、雨の日なんかは日本でいえば11月くらいの、セーターを着たいような気温になることもあります。昨年行ったときはうっかり長袖を持っていくのを忘れたため、朝から雨が降っていた日は半袖シャツと7分袖のカーディガンでは寒すぎてとても外を歩けなくなってしまい、目に付いた店に飛び込んで長袖のジャケットを急遽買うハメになってしまいました。

半袖メインか長袖メインかと聞かれればやっぱり半袖メインでよいと思いますが、寒い日に着られるような長袖の上着はかならず必要だと思います。それに夜は冷えることが多いですし、夜の外出にも重宝すると思います。

雨も多いですよ。傘も必需品です。パラパラ小雨が降るだけでなく、どしゃ降りになることも決して少なくありません。(そしてどしゃ降りになるととっても寒いです。)

Qロンドンの同時多発テロの被害者の安否

ロンドンの同時多発テロが起きて
以前、ロンドンにホームステイしていた時の方の
安否がとても気になっています。
相手が引っ越してしまい、連絡先がわからなくなって
しまい。連絡の取りようがありません。
どこかのサイトでテロの被害者の氏名を確認できる
所はないでしょうか。
大変お世話になった&沢山の楽しい思い出を与えてくれた人なので、無事でいてくれますようにとただ祈るだけで
心配でたまりません。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プライバシーに配慮しているのか、そうしたサイトは見当たりませんね
ホットラインはspecial police hotline on 0870 156 6344だそうです

QロンドンのSIMPSON'Sについて

ロンドンにある有名なレストランのSIMPSON'S-IN-THE-STRANDに行きたいのですが、フォーマルな格好でなければダメですか?また、予算はおいくらくらいでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

私の持っている地球の歩き方には 
ジャケット、ネクタイ着用で。 とあります。
ジーンズ、トレーナーは不可。

値段は40pounds~とあります。(ローストディナー)

Qロンドンのテロの犯人

 ロンドンでテロが発生し、多くの死傷者が出ました。実に悲しむべきことですが、驚いたことにテロの実行犯は既に特定されています。その際に役だったのは町のいたるところに設置されている防犯カメラだとか。
 そこで質問なのですが、カメラに写っていただけで、どうしてこんなに早く犯人の名前まで分かってしまうのですか。日本の銀行強盗等の犯罪でも写真が公表されることがありますが、名前が分かるまで時間がかかっていますよね。不思議です。

Aベストアンサー

確かに犯人特定は早かったですね。

4人の爆破犯人(容疑者?)は英国籍パキスタン人だとか?
カメラ以外にも、切符100万人分の指紋採取もしたとのことです。

で、後は想像ですが、

・イギリス国籍外国人のデータベースがしっかりしている。(当局がファイルし、潜在容疑者、もしくは容疑者予備軍?として監視対象としていた)。

・切符の指紋採取と照合を行った。(コンピュータを使用すれば短時間で照合はできます)

・バスの自爆犯人の遺留物などから、バス自爆犯を特定した。

・バス自爆犯から、交友関係を洗い出した。

・カメラに映った「怪しげなグループ」を検討した。(爆発の時間から逆算し、特定の時刻に映った映像のチェックだから、そんなに時間はかかりません)

など、など、マージとソートをコンピュータを利用し効率的に行い、犯人特定に至ったと思います。

Qロンドン・コッツウォルズ地方の気候

こんばんわ♪
来週より、ロンドン・コッツウォルズ地方へ旅行へ行きます。
その際の服装についてお聞きしたく、質問させて頂きました。。。
ロンドンは日本よりも寒いと聞きましたが、実際、現地ではどの様な服装をされているのでしょうか?
コートやダウンジャケットなど、冬の服装が良いのか。
ジャケットのような薄手のものが良いのか。
お教え頂ければ、嬉しいです♪
宜しくお願い致します。。。

Aベストアンサー

日によっても違いますが、今はダウンジャケットまでは必要ないです。
セーターと上着があれば夜でも大丈夫です。
たぶん東京の11月中旬ぐらいの気温だと思います。
気温の差が日によってあるのと、雨がよく降るので着替えは臨機応変に対応できるようにしたほうがいいです。
コッツウォルズはロンドンと気温がほとんど変わらないのでインターネットでロンドンの気温をチェックしてみてください。

Q「テロ」とはどんな人たちの事を呼ぶのでしょうか?

今回、ロンドンで同時テロがありましたが、よくニュースなどで聞くこの「テロ」とはどんな人たちの事を呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

テロとは、攻撃手段の名称であって特定の人のグループの呼び名ではありません。
テロとはテロルを語源としていて、恐怖を政治的な手段に用いることです。正規戦やゲリラ戦を実施するほどの戦力がない場合に用います。直接的な破壊を行う場合が多いのですが、それよりもその恐怖を用いるのです。
また、正規戦やゲリラ戦の支作戦に用いたり、時に権力側が統治のために用いる場合もあります。本来は正当な権力の裏付けによるものもテロなのです。警察力も暴力ですから、それで治安を維持するということを考えればテロの一種と言えなくもありません。

テロを用いる人を、テロリストと言います。

Qロンドンのビッグベン修復工事について

 旅行とは少々違うかもですけど、ビッグベンの修復工事がいつからいつまで行われていたか、ご記憶の方いらっしゃいましたら教えて下さい。さらに、タワーブリッジが塗られたのはいつか。ウォータールー橋は、いつ架け替えられたのか。ロンドンの街の変貌についていろいろ知りたいと思っています。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「History of Big Ben」

●http://www.towerbridge.org.uk/bhintro.asp
(HISTORY OF THE BRIDGE)


●http://www.bbc.co.uk/history/society_culture/architecture/architecture_01.shtml
(A History of British Architecture)

ご参考まで。

参考URL:http://www.bigben.freeservers.com/history.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報