忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

SQLserver2000について御質問します。

既にSQLserver2000をインストールしてあるPCのコンピュータ名を変更すると、SQLserverが起動しなくなります。
まず再起動した地点で画面上に
「Your SQL Server installation is either corrupt or has been tampered with(unknown package id).Please rerun Setup.」
と表示されます。再セットアップしても状況は改善されません。
幸いXPでしたのでシステム復元をしたら基に戻りましたが、このままではコンピュータ名を変更できません。解決方法をご存知でしたら御教授御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1 でご指示のコマンド後、エンタープライズマネージャで


1. 旧コンピュータ名の削除
2. 新コンピュータ名の追加
を行う必要があるようです。

参考URL:http://www.casupport.jp/resources/tng/tecdoc/031 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

回答いただいたコンピュータ名の追加と削除ですが、エンタープライズマネージャでどのように設定するのか教えて頂ければ助かります。
又、”local又はremote”の部分はどのような状況で使い分けるのでしょうか?もしくは入力する必要があるのでしょうか?

お礼日時:2005/06/06 16:22

すみません。

回答遅くなりました。

>1.上記のクエリは変更前のコンピュータで実行すればよろしいのでしょうか?
>変更後だとSQLserverに接続できない為実行できません。

変更後に行います。
master.sysserversテーブルにサーバ名が保存されており、
その内容を更新するストアドプロシージャになります。

>2.クエリ部分に打ち込むのは、USE master~go迄の
>5行でよろしいのでしょうか?

はい、それで大丈夫です。

ストアド自体の補足ですが、以下を参照してみてください。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/defa …
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/defa …

それと同じエラー事象がありますので、ここも参考になるかも知れません。
http://www.casupport.jp/resources/tng/tecdoc/031 …
    • good
    • 0

自宅からなので自信は無いのですが。

。。
#会社であれば、ノウハウを記述しているで必ず分かるんですが。

確か以下だったと思います。

クエリアナライザで、
USE master
sp_dropserver 変更前コンピュータ名
go
sp_addserver 変更後コンピュータ名,local又はremote
go

試してみてください。
#不安であれば上記ストアドを調べれば分かると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

SQLserverについて詳しくない為、よく分からなかったのですが上記のクエリを実行してみました。しかしながらエラーが表示されコードが実行されません。よろしければ補足を御願いしたいのですが…質問事項を下記に記載します。

1.上記のクエリは変更前のコンピュータで実行すればよろしいのでしょうか?変更後だとSQLserverに接続できない為実行できません。
2.クエリ部分に打ち込むのは、USE master~go迄の5行でよろしいのでしょうか?

お礼日時:2005/06/02 09:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSQLServer機のホスト名IPアドレスの変更

初心者です。
おそらく初歩的な事だと思いますが、どなたか教えて下さい。

SQLServerが動作しているサーバ機のホスト名・IPアドレス・管理者のパスワード変更を行うことになりました。
サーバ機:Windows2000:SQL Server2000

ホスト名を修正したところ、SQLServerへの接続が出来なくなってしまいました。

現象:
SQL Server Enterprise Managerにて
コンソールルート
 SQLServerグループ
  旧ホスト名(DB名?)をクリックすると以下メッセージ
****(旧ホスト名)への接続を確立できませんでした。
理由:指定されたSQLServerが見つかりません。
ConnectionOpen(Connect0)。
SQLServerが実行されているか確認し、
****(旧ホスト名)ノードをマウス右ボタンでクリックし、
SQLServerの登録プロパティを調べた後、再試行してください

(右クリックできませんでした)

ちなみに、SQLServerサービスマネージャでは
サーバーの欄には新ホスト名が入っており、起動状態でした。

管理環境が悪く、マニュアルや環境設定書等無いので、非常に困っています。
また、今後IPアドレス・管理者のパスワード変更をした場合は別の設定作業があるものなのでしょうか?
どうかよろしくお願い致します。

初心者です。
おそらく初歩的な事だと思いますが、どなたか教えて下さい。

SQLServerが動作しているサーバ機のホスト名・IPアドレス・管理者のパスワード変更を行うことになりました。
サーバ機:Windows2000:SQL Server2000

ホスト名を修正したところ、SQLServerへの接続が出来なくなってしまいました。

現象:
SQL Server Enterprise Managerにて
コンソールルート
 SQLServerグループ
  旧ホスト名(DB名?)をクリックすると以下メッセージ
****(旧...続きを読む

Aベストアンサー

>SQLServerグループ

右クリック→SQLServerを新規登録

>旧ホスト名(DB名?)

こちらは削除

Q既定のインスタンスと名前付きインスタンス

Microsoft SQL Server 2012 をインストールしたいのですが、
既定のインスタンスと名前付きインスタンスのどちらを選べばいいのでしょうか?
SQLサーバーは初心者です。

Aベストアンサー

SQL Server は同一マシン上にいくつもインストールすることができる。
SQL Server は DB を管理するサービス (DBMS) なので、同一マシンに複数インストールすれば、同一マシンで複数の DBMS が稼動することになる。
1つめの DBMS で管理されている DB-A という DB があったとして、さらに 2つ目の DBMS にも DB-A という DB があったとしても、1つ目の DBMS で管理している DB-A と 2つ目の DBMS で管理している DB-A は別物である。

これは Windows のフォルダーで考えればわかりやすい。
1つのマシン上には複数のドライブ (C とか D とか) をマウントできる。
各ドライブには当然ながらフォルダーがあるが、C:\hoge と D:\hoge という 2つの同じ名前のフォルダーはドライブが違うので別物である。

で、本題。
同一マシン上に複数の DBMS をインストールする場合、それぞれの DBMS のインスタンスに名前をつけて区別する。
ただし 1つの DBMS しか稼動させない場合は名前をつける必要がない。これを 「既定のインスタンス」 と呼ぶ。
既定のインスタンスが稼動しているマシンに 2つ目の DBMS をインストールする場合、すでに稼動している既定のインスタンスと区別するために何か名前をつける必要がある。これが 「名前付きインスタンス」 である。

ただし DBMS を 1つしか稼動させない場合でも、何が何でも既定のインスタンスにしなくてはならないわけじゃなく、名前をつけてやってもかまわない。

例外として、SQL Server の無償版である Express Edition は、通常は名前付きインスタンスとしてインストールされる。
名前付きインスタンスを指定せずにインストールした場合は、既定の名前付きインスタンスである SQLExpress が使用される。

SQL Server は同一マシン上にいくつもインストールすることができる。
SQL Server は DB を管理するサービス (DBMS) なので、同一マシンに複数インストールすれば、同一マシンで複数の DBMS が稼動することになる。
1つめの DBMS で管理されている DB-A という DB があったとして、さらに 2つ目の DBMS にも DB-A という DB があったとしても、1つ目の DBMS で管理している DB-A と 2つ目の DBMS で管理している DB-A は別物である。

これは Windows のフォルダーで考えればわかりやすい。
1つのマシン上には複数...続きを読む

QSQLServer2012の復元ができない

いつも楽しく勉強させていただいております。

環境はSQLServer2012のExpressでOSはWindowsServer2008です。

Test1というデータベースのバックアップを取ってTest2という名前で復元しようとしましたが、なぜか失敗してしまいます。
どなたか原因を教えていただけませんか。

次の手順でバックアップを取り、復元をしています。


○バックアップのフェーズ

1.データベースのバックアップのダイアログボックスを開く。
2.ソースにTest1、バックアップの種類に完全を指定する。
3.バックアップ先は以下のファイルに

 C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SQLEXPRESS\MSSQL\Backup\Test1.bak

4.OKをクリックし、「データベース'Test1'のバックアップが正常に完了しました」を確認。

○復元のフェーズ

5.データベースの復元のダイアログボックスを開く。
6.ソースはデバイスにする。
7.ファイル名に上記3.のファイル名を指定
8.転送先データベースはTest2とする。
9.OKをクリック(ここでエラーとなる)。

エラーメッセージは以下の通りです。

------------------------------------------
データベース'Test2'の復元に失敗しました。(Microsoft.SqlServer.Mangement.RelationalEngineTasks)
追加情報:

System.Data.SqlClient.SQLError:ファイル'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA\Test1.mdf'に上書きできません。
データベースTest1が使用中です。(Microsoft.SqlServer.SmoExtended)
------------------------------------------

メッセージの内容で引っかかるのはTest1.mdfに上書きできませんというところです。
上書きでなくTest2という新規データベースに書き込みたいのですが。

ためしにTest2というデータベースを作成しておいて「既存のデータベースに上書きする」をチェックしてやってみましたが、やはり失敗。
メッセージは上と同じです。
SQLServerを再起動して試してもやはり結果は同じです。

何が悪いのでしょう。

いつも楽しく勉強させていただいております。

環境はSQLServer2012のExpressでOSはWindowsServer2008です。

Test1というデータベースのバックアップを取ってTest2という名前で復元しようとしましたが、なぜか失敗してしまいます。
どなたか原因を教えていただけませんか。

次の手順でバックアップを取り、復元をしています。


○バックアップのフェーズ

1.データベースのバックアップのダイアログボックスを開く。
2.ソースにTest1、バックアップの種類に完全を指定する。
3.バックアップ先は以下のファイルに...続きを読む

Aベストアンサー

復元時にデータファイルとログファイルの格納先を指定して変更する必要があります。

QSQLについてのエラーメッセージがでます

会社のPCが急に起動しなくなり,WINDOWSXPを再セットアップしました。
自力でなんとかインターネットとメール設定ができたのですが、社内のネットワークが使えません。
システムのプロパティからコンピュータ名やワークグループ名など変更してみました。
再起動したところ、アカウントを入れる画面になるときに、下記のようなエラーメッセージがでます。
これってどういう内容ですか?
どうすれば、ネットワークにつながるでしょうか?コンピュータ名が間違っているのでしょうか?

Your SQL Server installation is either corrupt or has been tampered with (unknown package id).
Please rerun Setup.

Aベストアンサー

「社内のネットワークが使えません」というのは
もっと具体的な症状を示してもらわないと
手がかりが少なくて答えづらいです。

エラーメッセージは
「インストールされているSQLサーバーの設定が壊れとるで。もう一度セットアップし直してください」
という意味ですが、SQLサーバーなどをPCにインストールされたのでしょうか?

ソフトによっては(特にサーバー向けの大規模なソフトの場合)、マシン名の変更を不用意に行うと設定が壊れてしまうものがあります。こういった場合はそのソフトウェアをアンインストールしてインストールすると直ることがあります。
原則としては、先にOSセットアップ→ホスト名変更を行い、最後にアプリケーションをインストールした方がトラブルが少ないです。

参考URL:http://www.fiberbit.net/user/valhell/bbs0401-0500.html

Qバッチファイルで昨日の日付を取得

すみません、どなたか教えて下さい。

バッチファイルの記述で、昨日の日付を取得する方法を教えて下さい。
今日の日付は下記のように取得しています。

rem 日時変数の取得
for /f "tokens=1-3 delims=/" %%a in ('echo %date:~-10%') do (set YYYYMMDD=%%a%%b%%c
)

Aベストアンサー

:: ----- prevdate.bat はじめ -----
@echo off
::今日の日付を取得
set yy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
echo 今日は、%yy%年%mm%月%dd%日です。

::1日前の日付を計算する
set /a dd=%dd%-1
set dd=00%dd%
set dd=%dd:~-2%
set /a ymod=%yy% %% 4
if %dd%==00 (
if %mm%==01 (set mm=12&& set dd=31&& set /a yy=%yy%-1)
if %mm%==02 (set mm=01&& set dd=31)
if %mm%==03 (set mm=02&& set dd=28&& if %ymod%==0 (set dd=29))
if %mm%==04 (set mm=03&& set dd=31)
if %mm%==05 (set mm=04&& set dd=30)
if %mm%==06 (set mm=05&& set dd=31)
if %mm%==07 (set mm=06&& set dd=30)
if %mm%==08 (set mm=07&& set dd=31)
if %mm%==09 (set mm=08&& set dd=31)
if %mm%==10 (set mm=09&& set dd=30)
if %mm%==11 (set mm=10&& set dd=31)
if %mm%==12 (set mm=11&& set dd=30)
)
echo 昨日は、%yy%年%mm%月%dd%日です。

echo.
pause
:: ----- prevdate.bat おわり -----

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/419batchdate/batchdate.html

:: ----- prevdate.bat はじめ -----
@echo off
::今日の日付を取得
set yy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
echo 今日は、%yy%年%mm%月%dd%日です。

::1日前の日付を計算する
set /a dd=%dd%-1
set dd=00%dd%
set dd=%dd:~-2%
set /a ymod=%yy% %% 4
if %dd%==00 (
if %mm%==01 (set mm=12&& set dd=31&& set /a yy=%yy%-1)
if %mm%==02 (set mm=01&& set dd=31)
if %mm%==03 (set mm=02&& set dd=28&& if %ymod%==0 (set dd=29))
if %mm%==04 (set mm=03&& set dd=31)
if...続きを読む

Qコンピュータ名を変更するとPCA会計が起動しなくなった。

昨日、PCA会計が入っているパソコンのコンピュータ名を変更すると、PCA会計の起動時にエラーが出てしまい立ち上がらなくなりました。

前のコンピュータ名も忘れてしまい、困っています。元に戻せば正常に起動するのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

たしかにサポートセンターは電話がつながらずいらいらしますね。私も嫌になります。

ところで、質問の件ですが多分SQLServer(MSDE)が上手く動かなくなっているのではないかと思います。
トレイの中のサービスマネージャー(冷蔵庫?みたいなアイコン)は動いていますか。
三角のマークが付いていれば可、四角だったら止まっています。
コンピュタ名を戻せば直りそうですが、分からなければ、SQLServerをアンインストールして再度インストールすれば直ります。(経験済みです。)
くれぐれもSQLServer内のバックアップは忘れずに

Q別のDBからテーブルをコピーする方法

SQL Server2005 Express Edition を使っています。
異なるDB間(同じコンピュータ内)で、テーブルをコピーしたいの
ですが・・・
コピー元DB名:DB_A
コピー元テーブル名:dbo.顧客
コピー先DB名:DB_B

テーブルのコピーは select * into ・・・ from ・・・ を使えばできそうですが、別DBの場合の方法がわかりません。
お教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

別のDBでも同じインスタンス内ならば同じです。

SELECT * INTO DB_B.dbo.顧客 FROM DB_A.dbo.顧客

QSQL Server時間切れについて

初めまして。SQL初心者です。
あるシステムにおいて、SQLサーバが無応答?になり、システムがダウンしてしまい、困っています。

Windows2000Server、SQL Server2000、VB6を用いてDBに定期的にRead&Write、及び各種のデータ表示を行っています。
ADOを使用して、接続や各コマンドを実行しているのですが、ごくたまに以下のエラーが出てしまいます。
Code:-2147217871,Description:時間切れになりました。Source:Microsoft OLE DB Provider for SQL Server,SQL State:HYT00,NativeError:0
過去ログや他サイトを調べた結果、コネクションのCommandTimeoutの秒数を延長させる、とあったので60秒に変更しました。
が、不定期(大体1週間~10日前後で夜中や朝方などにもあり)にこのエラーが出てしまい、約1時間~1時間半もダウンしています(この間のエラーをOn Errorではじいてログファイルに保存しています)。
毎分必ず実行しているストアド(20装置分のデータをUPDATEするので1分に20回実行する)があるのですが、必ずと言っていいほどこのストアド実行中に落ちています。
このストアドに5~6個のパラメータを渡し、複数のテーブルに対してUPDATE処理を行っています。
正常に動作している時は、数日間全く問題無いので、ストアドやVBのコードに間違いは無いと思います。

そこで、SQL Serverの設定等を見直したところ、1つ気になったところが。データベースファイル
\Microsoft SQL Server\MSSQL\Data\aaa.MDF
のサイズが14Gになっていました・・・。
このファイルにアクセスする時にSQL Serverで高負荷になってしまい、無応答のような状態になってしまうのでは?と思っていますがどうでしょう?

不定期に発生し、かつ再現性が無く、原因が掴めずに本当に困っています。
先輩方、何でも良いのでアドバイスをお願い致します。

初めまして。SQL初心者です。
あるシステムにおいて、SQLサーバが無応答?になり、システムがダウンしてしまい、困っています。

Windows2000Server、SQL Server2000、VB6を用いてDBに定期的にRead&Write、及び各種のデータ表示を行っています。
ADOを使用して、接続や各コマンドを実行しているのですが、ごくたまに以下のエラーが出てしまいます。
Code:-2147217871,Description:時間切れになりました。Source:Microsoft OLE DB Provider for SQL Server,SQL State:HYT00,NativeError:0
過去ログや他サイ...続きを読む

Aベストアンサー

14Gですか・・・大きいですね。
データの構造がどうなのか解らないので、
容量的に妥当かどうかはわかりませんが、
一度インデックスの再構築と圧縮を掛けてはどうでしょうか


CREATE PROCEDURE SP_COMPRESS AS

DECLARE @name varchar(30)

DECLARE tnames_cursor CURSOR FOR
SELECT name FROM sysobjects
WHERE type = 'U'
OPEN tnames_cursor

FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
WHILE (@@fetch_status <> -1)
BEGIN
PRINT @name + 'のDBREINDEX...'
EXEC ('DBCC DBREINDEX ('+ @name + ')' )
FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
END
DEALLOCATE tnames_cursor

dbcc SHRINKFILE("SampleDb_Log",1)
DBCC SHRINKDATABASE("SampleDb",1)
GO


データベース名は自分の環境に合わせてください。
また、バックアップは必ず取っておいてください。
14Gもあれば結構時間がかかると思いますが・・・

とりあえず参考程度に・・・

14Gですか・・・大きいですね。
データの構造がどうなのか解らないので、
容量的に妥当かどうかはわかりませんが、
一度インデックスの再構築と圧縮を掛けてはどうでしょうか


CREATE PROCEDURE SP_COMPRESS AS

DECLARE @name varchar(30)

DECLARE tnames_cursor CURSOR FOR
SELECT name FROM sysobjects
WHERE type = 'U'
OPEN tnames_cursor

FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
WHILE (@@fetch_status <> -1)
BEGIN
PRINT @name + 'のDBREINDEX...'
EXEC ('DBCC DBREINDEX (...続きを読む

Qアプリケーション終了時例外エラー(アクセス違反)の調査方法について

大変困っています。

アプリケーションが終了するときに「アクセス違反」がワトソン博士によって取得されています。
当方アプリケーションなどに弱く、解決策の想像が付きません。どなたかご教授お願いいたします。

<解決策例>
・どういったスキルを持った人にどの様な調査を進めさせれば良いのか。。。
・以前同様な事があり原因は○○だった
・恐らく○○だろう
 など、お願いいたします。

<ユーザ報告>
処理終了し、画面が消えたところでワトソン博士のメッセージが表示された

<ログ抜粋>
例外番号c0000005(アクセス違反)

ファンクション:RtlDestroyHeap
~略~
フォールト → 77f6d672 8908 mov [eax],ecx ds:09000001=00000000

<備考>
開発環境:MSVC6.0
動作環境:Windows NT4.0 SP6a
発生頻度:2回/年
使用頻度:2~3回/(平日)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発生頻度が年2回というのはなかなか厳しい条件ですね。

さて・・・

「私であれば、次の手順で調査を行います。」という書き始めで延々とデバッグ方法を書いていたのですが、書き終わってからちょっとGoogleで検索したら、ひょっとするとちょうど質問者さんのトラブルと同じかもしれない現象がMicrosoftのKBにありました。

場所はここです: http://support.microsoft.com/kb/168006/ja

要点をかいつまんで書くと、MSVCRT/MFCのDLLのバージョン不整合でエラーが発生することがある、という内容です。KB自体は特定のアプリケーションについて書かれていますが、記述されている現象と原因の関係から考えるに、他のアプリケーションでも同様の現象が発生すると思われます。

さてさて。

せっかく書いた文章を捨てるのがもったいないので(貧乏性)、邪魔かもしれませんが下に続けることにします。もし上のKBの内容がそれらしいようであれば、読み飛ばしてください。

========

私であれば、次の手順で調査を行います。

1. MAPファイル、CODファイル作成

「ワトソン博士のログを取得した際に実行していたEXEファイル」をビルドした際、一緒にMAPファイルやCODファイル(リスティングファイル)を作成していれば、そのファイルを用意しておきます。

もし作成していない場合は、「ワトソン博士のログを取得したEXEファイル」と、バイナリレベルで全く同じEXEファイル(バイト単位で比較すると、ファイルに埋め込まれたタイムスタンプ・チェックサム以外は一致する)が作成可能かどうか調べます。(ビルドに必要なソースファイルやビルドオプションに変更を加えていなければ作成可能です。)

作成可能であれば、コンパイルオプションに「リスティングファイルタイプ:マシン語コードとソースを含む」、リンクオプションに「MAPファイル作成」を追加してEXEを再作成してください。これで、「ワトソン博士のログを取得した際に実行していたEXEファイル」に対応するMAPファイルとCODファイルが得られます。

2. エラー発生行を特定

ワトソン博士のログがどれだけ取れているかにもよりますが、スタックダンプが含まれていればたいていエラー発生行を特定できます。

まず「フォールト->」が含まれる逆アセンブルリストを探します。次に、その下にある「スタックバックトレース」を探します。

スタックバックトレースを上から下に順にたどっていくと、そのうち「ReturnAd」(リターンアドレス)がアプリケーションのアドレス範囲(VC++6の標準オプション設定を変更していなければ0x00400000~)に入るところが出てきます。見つかったら、そのアドレスの直前にあるcall命令が例外を発生させたAPIを直接呼び出している場所です。

さて、仮にリターンアドレスが0x00401234だったとします。そうしたら、次はMAPファイルを見てこのアドレスがどの関数に属しているか探します。ちょうど0x00401234というアドレスは見つからないでしょうけれども、これに近いアドレスは見つかるはずです。そのアドレスに対応する関数名もMAPファイルにあります。

次はその関数名をCODファイルから探します。見つかったら、MAPファイルにあるアドレスがCODファイルにあるマシン語コードの先頭アドレスになるので、そこからリターンアドレス0x00401234に対応するはずの場所まで順番にアドレスを辿っていきます。関数の先頭アドレスが0x00401200であれば、0x34バイト先を探すわけです。

そうすると、その探した場所にある命令の直前の命令がcall命令になっているはずです。CODファイルには、その場所のC++ソースでの行番号とソース文もコメントとして入っているはずなので、あとは対応するソースをよーく見てエラーの見当をつけてください。

アセンブラの知識があれば、そこでcallを使った(他の関数を呼び出した)ときの引数の内容もある程度分かります。(ポインタ渡しだと、そのポインタの先の内容までは分かりませんが。)

3. 置き換え用EXEファイルと対応するMAPファイル作成

これ以降は将来への備えです。

コンパイルオプションでデバッグ情報を「プログラムデータベースを使用」、リスティングファイルタイプを「マシン語コードとソースを含む」、リンクオプションで「MAPファイルを作成する」、デバッグ情報「他の種類」を追加してビルドし、出来たEXEファイルを本番用として使用します。同時に作成されるMAPファイル、CODファイル、PDBファイルは保管しておきます。

MAPファイル、CODファイルの使い方は上記2.のとおりです。PDBファイルは、もし完全なクラッシュダンプが取得できればWinDbgを使って事後ソースレベルデバッグが可能になりデバッグ作業が非常に楽になるので、念のため取っておきます。

4. ワトソン博士のオプション変更

drwtsn32.exeを起動し、「クラッシュダンプファイルの作成」をチェックします。(デフォルトは、チェックが入っています。)

クラッシュダンプファイルとEXEとPDBがあればWinDbgで事後ソースレベルデバッグができます。(いわゆるポストモーテムデバッグです。UNIX系でコアダンプしたコアをデバッガで読み込んでデバッグするのと同じ種類のものです。)


普段何とも思わずに行っていることでも、文章にすると長いですね・・・

えーと、「どういうスキルを持った人に調査させればいいか」については、上記の内容を読んで『なるほど!』と言える人でしょうか。

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/168006/ja

発生頻度が年2回というのはなかなか厳しい条件ですね。

さて・・・

「私であれば、次の手順で調査を行います。」という書き始めで延々とデバッグ方法を書いていたのですが、書き終わってからちょっとGoogleで検索したら、ひょっとするとちょうど質問者さんのトラブルと同じかもしれない現象がMicrosoftのKBにありました。

場所はここです: http://support.microsoft.com/kb/168006/ja

要点をかいつまんで書くと、MSVCRT/MFCのDLLのバージョン不整合でエラーが発生することがある、という内容です。KB...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


人気Q&Aランキング