12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

30代になったばかりですが、最近着物に目覚めまして、
ちょっとしたお出かけに古着の小紋やお召しなどを着ています。
また、近々結婚を控えております。

もう30を超えたにも関わらず、最後の機会だし両家顔合わせの時には振袖を着たいと思っていたところ、
リサイクル店で格安の振袖を見つけました。
薄紫系のちょっと昔の着物で、見える部分はさほど汚れはなく、身丈や裄も問題なし。
お店の方が、その振袖に合うかしらと
銀色系の袋帯を見せてくださいました。(振袖と帯合計2万円以下)
また、白地にピンク&紫系の古典柄の訪問着を既に持っているのですが
銀色系の袋帯はその訪問着にも使えそうです。
(訪問着向けの帯は気長に用意しようと、
袋帯は1本も持っていませんでした)

さて、紫系×銀色帯のコーディネートがほぼ固まりつつある今、
礼装用の草履とバッグも買わねば!ということに気がつきました。
ネット通販などで、格安の草履・バッグセットなどを見つけたのですが
金色系がほとんどでした。

ここでご質問なのですが、
上記のようなコーディネートの場合、
バッグや草履だけ金色ではおかしいでしょうか?
着物通の方のご意見をお聞かせください。

(振袖はたぶん顔合わせ1回きりでその後袖を切って訪問着にするかもしれません。
訪問着は今後友人の結婚式などで数回は着る機会があると思います。
格のある着物は今のところこの2枚だけで
色無地くらいは買うかもしれませんが
訪問着等をたくさん買うことは(欲しくはなるでしょうが)当面はたぶんないと思います。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんわ。

ご婚約おめでとうございます。
両家の顔合わせにお振り袖ですか。
最近はそのような習慣も少なくなってるだけに嬉しいですね。
ご結納というわけではないのですね?
それなら無理に礼装用という事でなくてもたとえばお手持ちの洋服用のフォーマルなバッグを合わせてもいいと思いますよ。

今後のために揃えておきたいなら、金色のセットというのは使いづらいかも知れません。
帯とバッグを必ず揃える必要はありませんが銀と金ではいかにもちぐはぐではあります。
また帯が銀だからバッグや草履も銀で…。あるいはバッグと草履はセットでなくてはいけない、などという決まりも全くありません。
売る側の都合であたかも決まり事のように浸透した常識が多いのです。

そこでおすすめしたいのはいかにも礼装用のバッグではなくて刺繍や組み織り、佐賀錦や唐織りと言った物で金糸銀糸を少し使ったタイプです。
ほんの一例としてHPを挙げておきます。
ご予算的にはかなりオーバーしてしまわれるかも知れませんがイメージとしてこんな物をお探しになってはいかがでしょうか。

着物に興味をお持ちでこれからご結婚という事ですから将来は色留め袖などを揃える時がくるかと思いますし、お茶を習ったりもされるかも知れませんね。
あまりキラキラとした物でなく抑えた色調の物を選んでおかれると用途も広まると思いますよ。

また草履は白っぽいエナメルの台に金糸銀糸を控えめに使った鼻緒の物を揃えておかれるとバッグ同様に用途が広いと思います。
特に振り袖や訪問着ではあまり金銀にこだわる必要はありません。
少々予算オーバーしても流行のあるものではありませんし、いい物を揃えておかれる方が結局はお得だと思いますよ。
実際に店頭などでも見て歩かれてよく吟味してお選びください。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/ginza-zenya/295925/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深夜にも関わらず、アドバイスをいただきありがとうございます。

振袖や訪問着には礼装用=金色の草履バッグのセット!
と思っていたので、必ずしもそうではないというご意見は
とても参考になりました。

正式に結納にするのか、顔合わせ程度なのかはまだ決まっていないのですが
せっかくの機会なので振袖を着たい・・・と思っています。
状況によっては却下されてしまうかもしれないのですが;;。

ボストンタイプのバッグは、
金糸銀糸が多くなければお呼ばれ程度でも充分活用できそうですね。
お値段でびっくりしてしまいましたが
そう買い替えるものでもないので
おっしゃるように、気に入ったものをひとつ持とうかな、という気もします。
(このボストンタイプが洋装でもOKなら言うことないですが難しいですよね)

たいへん参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/07/12 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q訪問着着用の際の草履・バッグについて

いつもお世話になっております。

こちらで質問してよいのか悩ましいのですが、カテ違いであれば
ご指摘ください。

今度友人の結婚式に出席するのですが、訪問着で出席をすることにしました。

草履とバッグは母が貸してくれるということで購入しなかったのですが、
母が持ってきたそれは金色のビカビカした相当派手目のものでした。
私の訪問着は少し暗めのピンクに小花の柄という至ってシンプルなものです。
帯は金色なんですが、そんなに明るめではないです。
母の草履やバックはいかにも金キラの明るいものでして…黒留袖着用の際に母が使っているものと聞きました。

そこで質問なのですが、訪問着にはそれに合った草履を購入すべきでしょうか?
草履には黒留袖用などと種類があるのでしょうか…
イメージ的には白やらクリーム色みたいな感じの草履やバッグをイメージしてしまうのですが、お祝いの席にはふさわしくないのでしょうか。

わからなくてもう大変です。
どなたか詳しい方、こんなド素人にどうか教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。

こちらで質問してよいのか悩ましいのですが、カテ違いであれば
ご指摘ください。

今度友人の結婚式に出席するのですが、訪問着で出席をすることにしました。

草履とバッグは母が貸してくれるということで購入しなかったのですが、
母が持ってきたそれは金色のビカビカした相当派手目のものでした。
私の訪問着は少し暗めのピンクに小花の柄という至ってシンプルなものです。
帯は金色なんですが、そんなに明るめではないです。
母の草履やバックはいかにも金キラの...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。着物には長年親しんでいる者です。
回答が出揃っている通り、ピカピカのバッグ、草履(おそらく佐賀錦)を訪問着に合わせて結婚式に用いても問題はありません。
けれどokmamanさんはきっとちぐはぐに感じてらっしゃるのだろうと思います。
実は私は佐賀錦の派手さが苦手でして、昔は礼装用と言えばそれ一辺倒でしたのでとても難渋致しました。
何とか地味めの物を見つけては使ったりしていましたが、今は佐賀錦ばかりという事はありません。
イメージしておられるような白やクリーム等の上品な物がたくさんあります。
ポイントは鼻緒です。
鼻緒に金糸、銀糸等をあしらった物や豪華な刺繍入り等、フォーマル向きの物をすげれば十分に結婚式に通用しますし、結婚式オンリーな佐賀錦と違って普段のちょっとしたよそ行きに使えます。
また、エナメルでもツヤを押さえた上品な金や銀の台もあり、訪問着から留袖まで広く使用できます。
黒等の濃い色目は結婚式にはやや不向きです。パール調の加工が施されたエナメル台や砂子に金を散らしたエナメル台もフォーマルにはおすすめです。
留袖用にはお母様の物を使うとしたら普段~フォーマル向きの白や淡い色のエナメル台の物を買っておけばお茶会や子供さんの行事にも向きます。
訪問着にはむしろエナメルの方が向いていると思いますよ。
一番いいのはエナメル台に佐賀錦の鼻緒をすげてもらえば文句ないでしょう。
と言うわけで、もしも、どうしても納得が行かなければ用途の広いタイプの物をお求めになってもいいかと思います。
あまりイメージする物が探せなかったのですがほんのご参考までに↓
http://www.rakuten.co.jp/ginza-zenya/295932/305629/
http://item.rakuten.co.jp/ms-machi/gm-zb8-geometricgold/
http://item.rakuten.co.jp/ms-machi/gm-zb2-silver/
http://blog.kimonofukushima.com/category/79528-1.html

ところでかなり通向きな話になると思いますが、畳表の草履は実は最上級に格が高いものです。
http://www.kimono-shop.co.jp/shop_slc/tatami/index.htm
白無垢の花嫁さんはこれを履きます。今のようにいろいろな履き物がなかった時代には参列者も皆これを履いたのです。

そしてバッグですが草履とお揃いが正式と思ってらっしゃる方も多いのですがそんな事はありません。
佐賀錦や西陣織り以外ではビーズやモール刺繍等、また着物にさえ合えば洋装用の中から探してもいいのです。
http://erishin.com/erishin/9.3/28220/
http://erishin.com/erishin/9.3/28347/

こんばんは。着物には長年親しんでいる者です。
回答が出揃っている通り、ピカピカのバッグ、草履(おそらく佐賀錦)を訪問着に合わせて結婚式に用いても問題はありません。
けれどokmamanさんはきっとちぐはぐに感じてらっしゃるのだろうと思います。
実は私は佐賀錦の派手さが苦手でして、昔は礼装用と言えばそれ一辺倒でしたのでとても難渋致しました。
何とか地味めの物を見つけては使ったりしていましたが、今は佐賀錦ばかりという事はありません。
イメージしておられるような白やクリーム等の上品な物...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q金糸銀糸の入った帯について

あまり詳しくはないので教えて下さい。

1:半幅帯や名古屋帯はカジュアルの部類に入るそうですが、では半幅帯や名古屋帯に金糸銀糸が入った物ってカジュアルなんでしょうか?フォーマルなんでしょうか?
最近着付教室に通い始め、練習用にリサイクル着物屋などからいろいろ購入してくるのですが、名古屋帯に金糸銀糸を使った帯が多くどういう時に使うのか悩んでしまいます。
(持っている着物は小紋やかすりなど、普段着ばかりです)

2:あまり派手好みではないので無地の着物を着たいのですが、普段着に色無地はおかしいのでしょうか?

3:私の身長は152cmなのですが、長襦袢は何cmがちょうどよいのでしょうか?

いろいろ聞いてスミマセン。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

1:いわゆる礼装用の金糸銀糸使いのもの、というのは、生地に金糸(銀糸)がびっしりと織り込まれている、というか、金の帯地(銀の帯地、例えは悪いですが、金でできたアルミホイルを体に巻きつけるような帯、という感じに見えますよね。。。文字だけで表現しているので、極端すぎる例ですが)に、色のついた糸で模様が織り込まれている、という感じに見えますよね。それが、格の高い礼装用の帯、ということです。
名古屋帯や半幅帯では、せいぜい刺繍に金糸を使っていたり、模様に一部金箔が使われている程度で、キンキンキラキラ、ではなく、帯の布地部分の面積が圧倒的に広い(お太鼓部分だけ、あるいは一部の模様に金糸銀糸が見える)という状態になっていると思います。
そのような帯は、やはりお祝いの席に用います。
半幅や名古屋は小紋か色無地(紋無しのもの)に合わせます。小紋の中でも、古典の総柄など、格のある模様のものや色無地を着て、ジャケット着用程度の気軽なパーティ(お友達のレストランウエディングやお誕生日会など)や、歌舞伎などの観劇(おめでたい出し物なんかのときはいいかも、ですね)、初詣など、お正月のおでかけなんかでちょっとおめでたい気分のとき、子供の発表会やお披露目、などでもお使いになるといいと思います。
普段のお買い物やちょっとしたランチ、お食事などには向かないかもしれません。
小紋や色無地を、やや改まってきたいときにはいいと思います。

2:紋がついていなければ、小紋と同格で着ることができます。ただし、紋無し色無地には豪華な袋帯をあわせることはできません。(というか、ちょっとちぐはぐな印象になると思います)なので、帯も名古屋帯、ということになるので、地味すぎて制服っぽくてイヤだ、と思う人もいるかもしれません。でも、それは好みの問題だと思います。

3:私は身長155cmですが、安いプレタのものや下着などで、S/M/Lなどのサイズ表示のものを購入する場合は、Lサイズを購入しています。
襦袢の丈(縦の長さ)は、腰紐でしばったり、裾を自分で好みの長さになるように縫い上げてしまうことはできますが、裄(ゆき、と読みます。腕の長さのことです。正確には、首の付け根の背骨のぐりぐりから手のくるぶしくらいまでの長さのことですが)は、長さが合わないと、着物の袖口からはみ出したり、足りなくて着物の袖口を汚してしまい、また自分で調節するのはかなり難しいので、身丈よりも裄のあうものを探されるとよいと思います。
最近の人は手足が長いので、背が低くてもLサイズ、ということは充分ありえます。
将来的にはネットで買うにしても、普通の呉服屋さんで出来合いの(誂えではない、ポリエステルなどのもの)襦袢が、ネットと同じような金額で売っていますので(数千円程度)、ご自分の裄の長さがわからないなら、一度目はお店で裄の長さを測ってもらってから、どのサイズ表示に合うかを確かめて購入されてはいかがでしょうか。

はじめまして。

1:いわゆる礼装用の金糸銀糸使いのもの、というのは、生地に金糸(銀糸)がびっしりと織り込まれている、というか、金の帯地(銀の帯地、例えは悪いですが、金でできたアルミホイルを体に巻きつけるような帯、という感じに見えますよね。。。文字だけで表現しているので、極端すぎる例ですが)に、色のついた糸で模様が織り込まれている、という感じに見えますよね。それが、格の高い礼装用の帯、ということです。
名古屋帯や半幅帯では、せいぜい刺繍に金糸を使っていたり、模様に一部金箔...続きを読む

Q半襟と伊達襟のあわせ方、選び方のポイントなどを教えて下さい。

訪問着を一式、姉から借りました。(襦袢、帯、帯揚げ、帯締めです)
友人の結婚披露宴に出席する為です。
友人から「華やかにして来てね」といわれています。
そこで半襟と伊達襟を着物に合わせて購入しようと思っています。

質問ですが、半襟と伊達襟のあわせ方、選び方のポイントなどを教えて下さい。
着物を購入した店とは別の呉服屋さんに、着物を持ち込んで合わせて見ることは、マナー違反でしょうか?歓迎はされませんよね?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マナー違反ではありませんよ。
現物を合わせてのコーディネートが一番間違いがありませんから、むしろ歓迎されます。
ただしお店をよく吟味してから持ち込んで下さいね。
いったん持ち込んで合わせてもらって「気に入らない」とは言いづらくなりますから。
できるだけ小物が充実してそうなお店をリサーチしてください。

半襟は白地に刺繍のものがやはりいいでしょう。
着物の色柄、雰囲気に合う図案のものを選んで。
松竹梅や四君子文様(蘭、菊、梅、竹)などの季節を選ばない草花模様などが数も多いでしょうし無難でしょう。
しかしたとえばお着物が色無地などですとうんと華やかな刺繍半襟を合わせてみると大変映えますが、着物自体が華やかなものでしたら半襟の色数は抑える方が品よくまとまるでしょう。
重ね衿の色は他の小物との兼ね合いをよく見て、とにかくあまり色数を増やさない事がフォーマルのポイントです。
着物と同系色か反対色か、色のバランスを見てお選びください。

参考URL:http://www.rindo.com/105/kimono/data/culture/gusyo.html

マナー違反ではありませんよ。
現物を合わせてのコーディネートが一番間違いがありませんから、むしろ歓迎されます。
ただしお店をよく吟味してから持ち込んで下さいね。
いったん持ち込んで合わせてもらって「気に入らない」とは言いづらくなりますから。
できるだけ小物が充実してそうなお店をリサーチしてください。

半襟は白地に刺繍のものがやはりいいでしょう。
着物の色柄、雰囲気に合う図案のものを選んで。
松竹梅や四君子文様(蘭、菊、梅、竹)などの季節を選ばない草花模様などが数も多いで...続きを読む

Q友人の結婚式に紫の色無地を着ていこうと思っていますが・・・

2月に仲の良い友人が結婚することになり、呉服の問屋さんで働いていた時に購入した濃い紫色の色無地の着物を着ていこうかと考えているのですが、相談させてください。紋は一つ、花紋というのを同期の刺繍屋さんにいれてもらいました。
購入したメーカーのおじさんは長くいろいろと使えるものだよ、一着買うならと勧めてくれたのですが、女性の大先輩の方は仕立て上がったものをみて、「こんなん勧められたの・・・こんなんおばあさんが着るものやで」っとぼそっと言われてしまいました。とても気に入って買ったはずなのに、何だかその言葉が気になってしまってまだ一度も袖を通していません。紫の色無地は慶事にも大丈夫といろんな所に書いているとはいえ、実際は避ける方がよいのでしょうか?
帯は着物と同時に購入し、淡いピンクと若草色と金がうねうねと波打ってるような感じになっています。
このままではもったいないと思い、着たいなと思うのですが、衿、帯締め帯揚げなどを華やかな感じにすれば大丈夫でしょうか?もし大丈夫だとすると、どのようなものを選べば良いのでしょうか?
年齢31歳、既婚者です。身長152センチ、やせ形、童顔です。
経理部門だったためか?はずかしながらあまり詳しく着物のことがわかりません・・・詳しい方、どうか率直なご意見お聞かせいただけないでしょうか。

2月に仲の良い友人が結婚することになり、呉服の問屋さんで働いていた時に購入した濃い紫色の色無地の着物を着ていこうかと考えているのですが、相談させてください。紋は一つ、花紋というのを同期の刺繍屋さんにいれてもらいました。
購入したメーカーのおじさんは長くいろいろと使えるものだよ、一着買うならと勧めてくれたのですが、女性の大先輩の方は仕立て上がったものをみて、「こんなん勧められたの・・・こんなんおばあさんが着るものやで」っとぼそっと言われてしまいました。とても気に入って買った...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
無地の着物は、色が何色であっても、「年寄りの着物」という人はいます。それは、柄がないからです。(だから色無地というのですが)

で、そういう人は、色無地をそのように解釈しているので、自分が年寄りになっても色無地は着ません。
ようは、「好き・嫌い」の問題です。

洋服でも、花柄のワンピースが好き、とかストライプがいい、というのと同じですから、ご自分が気に入っていられるなら気にすることはありません。

色無地は、帯が映えますので冠婚葬祭の席でも充分に華やかに着ることが可能です。
ただ、刺繍の花紋は、いわゆる「一つ紋」というのとは違って、「紋付」の部類には入りません。お洒落な柄がついている、と考えてください。
ですので、紫の無地は法事に着用も可能ですが、冠婚葬祭の「葬」の場合、特にお通夜や49日法要などの場合には着られないと思います。
紋付、という場合には、染め抜き紋で家紋を入れる必要があります。
同じ理由で、親族の結婚式にも「紋付の着物」とは認識されませんので、近い親族(兄弟姉妹など)の結婚式には格が低い、と認識されると思います。

ですが、花紋入りの色無地は帯を代えることでお友達やいとこなどの結婚式、年末年始や会社などの会合から、美術館めぐり・ホテルでお食事、お子さんがいらっしゃる場合には入学式や卒業式・七五三などいろいろに着用の機会があります。

略礼装ですので、襟や足袋が色柄物はそぐわないと思いますが、帯が最も美しく見える着物です。品良く綺麗に着られるよいお着物だと思います。
参考にしていただけましたら幸いです。

こんにちは。
無地の着物は、色が何色であっても、「年寄りの着物」という人はいます。それは、柄がないからです。(だから色無地というのですが)

で、そういう人は、色無地をそのように解釈しているので、自分が年寄りになっても色無地は着ません。
ようは、「好き・嫌い」の問題です。

洋服でも、花柄のワンピースが好き、とかストライプがいい、というのと同じですから、ご自分が気に入っていられるなら気にすることはありません。

色無地は、帯が映えますので冠婚葬祭の席でも充分に華やかに着る...続きを読む

Q母親の黒留袖の選び方を教えてください

遠方に住んでいる両家の母に頼まれ、
挙式に着て貰う黒留袖を選んでいます
式場のレンタル店を利用しますが、
式場から30分かかる本店で一月前に選んで、
予約を入れないといけないそうです
当日の変更は無理です

どう選んでいいのか分かりません
身長や手の長さなどを母の言うままにメモを取り、
お店に行って、年齢とともに伝えました
3万円くらいの留袖を出してもらったのですが・・・

分かりません
着た事もないし、選び方が分かりませんん
義母の分も頼まれており、金額を合わせる予定ですが・・・

どうやって選んでいいのか
叱られない金額か
教えていただけないでしょうか?

※黒留袖は、母も義母の分もレンタル代は二人で持ちます
 二人に金額は知らせたくないです
 金額を知らせると母たちが気を遣って払うと思うので・・・

Aベストアンサー

こんばんは。
私も先日母の留袖を決めてきました
勿論式場提携のお店でレンタルです。

そのときに思ったのですが、背丈・肩幅・おなか周りなども問題ですが、会場の雰囲気とその人の持ち前の雰囲気が大切だとおもいます。
柄が大きいもの、小さく割と散らばっているもの、赤系、金系、青系などなど。。。。 金額もそのお店によってかと思いますが、かなりの幅があります。

お二人ともあわせることが出来ないのは困るものですね。
お義母さんのことも良くご存知ですか?
会場に来ていて浮かない柄で、身長によって柄の配分を考えるといいですよ。
(大柄な方に大きな柄の着物だと横綱のまわしみたいになっちゃいますよ。。。。。 あ、私の個人的意見ですが。)

金額はお店によって相場がことなりますので、なんともいえませんが、カタログ等で相場金額がわかるはず。。
そんな悪いものはおいてないとおもいますので、お相手にあった柄などを選んであげれば金額云々は問題にならないと思いますよ。

ふぁいとぉ~~!!

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q着物と帯の素材合わせ

着物と帯の素材について、合わせるのにNGな素材というのはありますか?
(正装ではなく、普段着の場合)

例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。

色々なサイトをめぐり、季節・柄・着用の場面でのルールは書かれていたのですが、
特に素材の合わせについて言及されていないという事は、夏物なら夏物、
冬物なら冬物であれば、着物や帯の素材は問わないという事でよいのでしょうか?

また、こういう素材の組み合わせは良くない、というものがあったら教えて下さい。
初心者なので、質問として適切でなかったらすみません。

Aベストアンサー

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や柄ゆきや質感の調和は考えてくださいね。
小紋の着物となると紬よりも一段よそ行きになりますが、縞や格子柄などごく普段着向きの物なら木綿の帯も合うでしょう。
型染めの帯など趣味的でよいと思います。

また、麻の帯は夏専用と思われがちですが、平織りでとくに夏用に織られたものでなければ4月くらいから9月いっぱいくらい着用できます。
もちろん夏用の柄ゆきでないものに限られますが。

年中締められる万能帯としては絹芭蕉があります。
絹の帯ですが芭蕉布に似せて織られたもので、軽い質感です。
これも季節を問わない柄であれば袷にも単衣にも、夏でも締められるものも多いです。
ただ芯を入れてあると盛夏には少々暑いかも知れませんが。
これに対して櫛織りという透けのある織りの帯がありますが、夏用に見えるのにそうではないんですね。
単衣に最適とされていますが袷の着物にも締めます。

難しく考えないで見た目の印象で決めればたいてい大丈夫です。
木綿の着物に絹の帯でもいいし、絹の着物に麻の帯でもいいわけです。
たっぷりとシボの立ったちりめんの帯はやはり冬場に向きますし、つるりとした塩瀬なら初秋から晩春まで長く締められます。
絽目の入ったものや透け感のある素材ならやはり夏用です。

フォーマルな帯を普段着に締めるというような事をしなければ、とくに取り決めはないのですが相性というのはあります。
自分の目と感性をたよりに、着物との相性や季節、着て行く場所等を考えて決めてください。ポイントは色柄と質感になると思います。

また、どんな場合でもポリエステルの帯だけはおすすめできません。
合わないとかおかしいとかの問題でなく、ゆるんできて使いにくいからです。
それと木綿は絹より重いです。長時間の着用になるとずいぶん違いますからその点もお気をつけください。
すり切れやすいのもシワになるのも木綿のほうですね。
というわけで結局、正絹の帯が最も重宝はしますよ。
そうそう、変わったところでは紙布の帯というのがあります。
和紙を撚って糸にして織った八寸帯で、これも年中使える素材です。とても軽くて締めやすく麻や木綿同様に水に強いので重宝です。
ちょっととりとめなくなりましたが、参考になれば幸いです。

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や...続きを読む

Q黒留袖(フォーマル用)の長襦袢、地紋について。

結婚式にて黒留袖を着用する事になりました。
そこで、長襦袢を新しくあつらえる事になったのですが、
大久保信子さん監修の本によると、
留袖、喪服には必ず、”白の無地”の長襦袢着用との事。
オンラインショッピングサイトで、フォーマル向けの長襦袢で検索したところ、
霞、まんじ、花などの地紋入りのものしか、見当たりませんでした。
”白の無地”であれば、地紋が入っていても問題が無いのでしょうか。
留袖着用経験のございます方、お着物に詳しい方、
どうぞ私をすっきりさせてください。

Aベストアンサー

着物の世界での「無地」というのは、先染めの糸で模様を織りだしていない、後染めで柄を描き出していない、ことです。
洋服の感覚で考えると、「え?」と思いますが、地紋は模様に入りません。
したがいまして、地紋入りの長襦袢で何の問題もありません。

黒留袖とは別にご用意されるなら、袖の長さにご注意くださいね。
少しでしたら、500円玉程度の、ちょっとした重石を入れることでごまかせますが、あまり違うと、飛び出してきたりします。できれば、留袖のサイズを測って合わせてもらうと安心です。

もし、喪服と共用にされるおつもりでしたら、地紋の柄にご注意ください。慶弔両方に使えるものと、片方にしか使えないものがあります。
たとえば、「花」は蓮であれば弔事用、それ以外なら慶事用になります。文字も多いですが、「喜」「寿」なら慶事用、「夢」なら弔事用です。「卍」は微妙です。慶弔両用と仰る方もいらっしゃいますが、お寺のイメージからか弔事用と考えるという方もいらっしゃいます。
無難なのは、波、雲、雪輪、流水といった自然物のものですね。


人気Q&Aランキング