もう30年近く前になると思います。

新田たつお(『静かなるドン』の作者)に
『ガクエン遊び人』という作品があります。
少年マガジンで、その連載が始まるときに、

「二つのマンガを何回か交互に掲載して、
読者投票で上回った方を本格的に連載させる」

という試みがありました。
で、『ガクエン遊び人』が勝って、連載になったのですが、
その負けた方の作品はなんと言ったでしょうか?
たしか、マッドサイエンティストの博士が出てきて、
それに学生がからんでなんたらかんたらというギャグマンガで、
個人的にはけっこう好きでした。

その作者はその後「なんとかキホーテ」という、
やはりマッドサイエンティストマンガを描いたような気がします。

最近ふと思い出して、検索掛けてみましたが、わかりません。
作者名だけでも、覚えている方はいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

少年マガジン1977年2号の表紙写真(参考URL)に「大型ギャグ新人が燃える対決!」と見出しが見えます。


ということで、坂本しゅうじ「ドチョンボ軍団」ですね。

>その作者はその後「なんとかキホーテ」という、やはりマッドサイエンティストマンガを描いたような気がします。
「スーパーキホーテ」のことですね。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b59 …

参考URL:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b54 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、懐かしい。これです。
しかし、
「ドチョンボ軍団」
というタイトルでは、負けるのも仕方なしの介という感じですね。

実は、こんなすみっこの質問には誰も答えてくれないかな…と、
閉めようかと思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/22 09:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q必須脂肪酸の定義と代謝

必須脂肪酸の定義と代謝に伝の質問です。
必須脂肪酸の種類が本によってあいまいです。
リノール酸、αリノレン酸、アラキドン酸と書かれていることもあれば、これにEPAやDHA加えられていることがあります。
ヒトにとっての必須脂肪酸は正確にいえば何が当てはまるのでしょうか。


また、脂肪酸の代謝を調べてみたのですが、よくわかりませんでした。
ある本では、多価不飽和脂肪酸の代謝は
ω6系ではリノール酸、γリノレン酸、ジホモγリノレン酸、アラキドン酸、
ω3系ではαリノレン酸、EPA、DHA
また、リノール酸(ω6)からαリノレン酸(ω3)
と変化すると書かれていました。ヒトでは、どこまで当てはまるのでしょうか。


ご回答よろしくお願いします。加えて、さらに詳しい脂肪酸の代謝経路をご存知であれば、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

動物の体内ではリノール酸、αリノレン酸は作れませんので、この二つは必須脂肪酸です。
アラキドン酸はリノール酸からつくることができるので、一応、必須脂肪酸ではありません。EPAやDHAも、αリノレン酸からつくれるのだと思います。ただしアラキドン酸も、エイコサペンタエン酸も、ドコサヘキサエン酸も、十分な量ができるかどうかは、申し訳ありませんが、よく知りません。
ω6系でリノール酸→γリノレン酸→ホモγリノレン酸→アラキドン酸、
ω3系ではαリノレン酸→→→EPA→→DHA という二系統の産生過程は正しいと思いますが(後者は五段階の反応らしい)、ω6系からω3系はつくれませんから、リノール酸(ω6)からαリノレン酸(ω3)はできないはずです。

Q10数年前コミックボンボンで連載していた作品の題名お分かりの方いらっしゃいましたらお答え願います。

主にゲームで遊ぶという話なのですが、覚えているのは「ストリートファイター」で、主人公の友達の使うザンギエフがスクリューラリアットをするのを、主人公あやつるリュウ(多分)がザンギは頭が弱点だ、と言ってジャンプパンチで撃墜する話です。そしてその後、以前ザンギを操っていた友達が洗脳されて、違うキャラで主人公に戦いを挑むのですが、主人公はザンギを使い、ラリアットをします。洗脳されている相手はジャンプパンチで楽勝に返り討ちするのですが、主人公はそれでもラリアットを続け、友達の洗脳をとこうとする、そんな話です。
最終回近くでは、なんかでかいゴリラがでてきて敵のでっかいロボットと戦ってた気がします。
補足:「ウルトラマン超闘士激伝」と同じころやっていたと思います。

Aベストアンサー

ゲームウルフ隼人 きのした昭司

のことだと思います。単行本化もされてるようなので古本屋で探せば見つかるかと思います。

QレガシィBHのATモード別の燃費について

先週、中古でレガシィのBHのE-tuneIIを買いました。
ATは通常NORMALモードで別でPOWERモードがあります。
NORMALモードでは出だしがギクシャクする感じがあったのですが、
POWERモードは燃費が悪いと思い、NORMALモードで我慢していました。
ネットで様々な情報を得ようとしていると、POWERモードもNORMALモードも回転域が変わるだけで、通常の出だしだけで使用するならば、燃費は変わらないという情報がありました。

実際に、乗られている方で、実感された方・試された事のある方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

レガシーに乗っています(合計4台)

どちらのモードも燃費は実感できるほど変わりません。
燃費の良し悪しはドライバーの乗り方ですから^^モード切替しても変わるのは変速時の回転数ですのでアクセルを微調整しまがら乗れば燃費は良くなります。走行状況によってはpawerモードの方が燃費良かったりします(あくまでもアクセルワークによる)

キックダウンなどのタイミングが変わりますから追い抜き時などはpawerの方がスムーズに加速しますしnormalですと登り坂などで何時まで経ってもキックダウンしなくて車速が落ち、結局またアクセルを踏み込む事になって燃費の悪化なんて事もあります、このボタンは「ギア」の一つと認識して状況によって切り替える事も「運転」だと思います。

燃費はドライバーしだいです^^

Q10年ほど前のジャンプ連載作品

ある作品のタイトルと作者名を教えてください。多分10年ほど前に週刊少年ジャンプで連載していたもので、ストーリーはあまり憶えてないんですが…。

中学生くらいの女の子と、スキンヘッドで大柄な男の人(父親)が車に花を乗せて、町で花を売っている。その女の子は実は体は成長しないで精神だけ大人になってる…。

って感じです。そんなに長い連載期間ではなかったと思います。心当たりのある方はお願いします。

Aベストアンサー

連載だったら、北条司さんの「こもれ陽の下で…」だと思います。それの前に「桜の花 咲くころ」という短編もありました。
植物と交流できる不思議な少女のお話です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8C%E9%99%BD%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%A7%E2%80%A6

Q意味を研究する事って

こんばんは。
今、授業で「認知意味論」を学んでいます。私は「意味を研究する事に意味があるか」という質問に答える事になったのですが、意味が無いと言ってしまうと授業が成り立たないので意味があると答えるべきだと思いました。
しかし、その根拠となる事柄がなかなか思いつきません。「どんな語にも意味があり、言語活動は意味を伝達する事であるから」ということだけでは、意味を研究する意味の根拠としては乏しいと思うのです(語の持つ意味が重要だとしても、言語によって意味は違い、その全てを網羅するのは不可能に近く、また、ある一つの言語に限っても、類似した意味の区別をつけることは困難、つまり意味というものは曖昧なものだから。)
そのような訳で、意味を研究する事の意味はどこにあるのか、皆様の考えをお聞かせ願いたく、質問しました。
また、私は専門家ではないので難しいことは分かりません。もし上の私の考え方でおかしなところがあれば訂正頂ければ助かります。

Aベストアンサー

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられた意味が重要だからです。逆にいえば、ある駒を見つめていてもその駒の持つ意味というものは決して理解できません。

これと同様に、意味というものは全体の関係性の中で言葉に付与されるものですから、孤立した単語を眺めていても決して浮かびあがってくるものではありません。言葉の持つ意味とは、他の単語との関係の中に捉えられる、ある体系内の価値である、という風に認識できるでしょう。言語とは網のようなもので、意味とはその中の流動的なひとつのマスに過ぎません。これが意味論の根本的なスタンスと言って良いでしょう。
そう考えると、ご質問にある「言葉の意味を考える」ことは、すなわち社会制度としての言語の意味のネットワークを考える、ということに直結するわけですから、文化・社会・歴史全般にわたる広がりを持つという意義もわかるでしょう。裾野が大変に広いわけです。

言葉がご指摘のように曖昧な意味を担っていて、周辺のぼやけというかある幅を有することも事実ですが、先の意味から考えればこれは逆に、意味が他律的に周囲との関係の中で定まるものであるがゆえに、意味の中心が存在せず、せいぜい最大公約数的なものしか認識できない、という風に言えるでしょう。

要するに、明快な意味が定義できないから駄目なのでなく、そこをスタートとして、それなのに曲がりなりにも意味が通じ合うのはどういうことなのか、という風に意味の意義を求めてみてはどうでしょうか。
「言葉はモノの名称リストではなく、我々の世界認識の結果である」というのが、現在の言語観の基本です。

また、意味というものは意外と動的なもので、単純なものではありません。意味論の初歩でデノテーションとコノテーションを学ばれることと思いますが、例えば『ユダヤ人は所詮ユダヤ人さ』というせいりふの意味を考えてみると、最初のユダヤ人は「ユダヤ民族に属する人」という外示的意味(デノテーション)を指すのに対し、あとの方のユダヤ人とは「狡猾でずるいやつ」という共示的意味(コノテーション)を担っています。

これはひとつの些細な例にすぎないのですが、コノテーションを深く知れば、表現を通じて人間の意識というものを知ることにもつながります。言葉の意味は一定しないもので、常に既成の意味体系に限定されていく人間の意識が、言語の表現作用を通じて解放されていく様がコノテーションには見られるからです。
意味というのは世界の分節化であり限定性を本質的にもつものですが、それに抗って新しい意味生産を行うこと、つまり、言語の網の目の改変、という点で言葉の意味をたどることは人間の意識や思考方法そのものを見つめることに直結します。無意識のレベルで言葉の音と意味がどのように関わりひとつの語として紡がれるのか、というプロセスを研究する人達もいます。

さらに、認知意味論というのは特に人間が意味を認識する過程を問題にするわけですから、意味を考えること、ひいてはどうやってその意味が認識されているのか、ということは人工知能や認知哲学など広い分野に活用されるべき知識です。
例えば、海に浮いているメッセージボトルを見たとき、我々はすぐにそこに何らかの意味があることがわかるのですが、これはなかなか容易なことではありません。内部情報(中の紙に書かれている意味)を理解する以前に、外部情報(例えば「この文章が日本語で書かれている」といったこと)、さらにフレーム情報(つまり「このボトルの中には意味のある情報が入っている」ということ)が適確に理解されなければなりません。
「これは意味のあるモノである」という情報それ自体もメタ情報として意味を担っているわけで、実は語やモノの意味を理解することはそれ以前に多くの意味の解釈を必要としているのです。我々にとっては無意識の作業ですが、そういった事柄が我々の頭の中でどのように認識し処理されているのか、大変興味深い研究テーマだと思います。その困難さは、人工知能にこれらの行為を代替させようとした時にどれほどの困難が伴うことかを想像してみればわかることでしょう。

※少しご質問の内容とはずれがあるかもしれませんが、あまり意味論を理解していない回答が多いようなので、敢えて考え方のヒントとして書いてみました。ご参考までに。

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられ...続きを読む

Q月刊少年ジャンプで15年ほど前に連載していた作品

月刊少年ジャンプで15年ほど前に連載していた作品


現在24歳です。小学4年生(10才)ごろに月刊少年ジャンプで連載していたマンガのタイトルが思い出せません。


覚えている内容は以下のとおりです

・主人公は男のラブコメ
・若干エッチな内容(I's的な)
・胸やお尻におそらくハート型のシミ(もしくはホクロみたいなもの?)がある女性が数名登場
・その女性たちが主人公の男といい感じになる・・・みたいな内容


そのハート型・・・星型だった気もしますが、それが物語の中で重要な位置づけだったと思います。
『あの胸にあるアレは伝説の●●(不明)だー』みたいなことを主人公の父親が言っていたことを覚えています。

おそらく月刊少年ジャンプだったんですが、なにせ幼い頃に立ち読みでよく見ていた程度なのでうろ覚えです。ガンガンやコロコロコミックのように分厚かったのは覚えています。


どなたか分かる方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

「ショッキングBOY」とか、どうでしょう。
読んだことないのでわかりませんが…。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/darkmist_k/20060917/p1

Qポッカレモンのレモンの形をした容器に入った果汁100%の液体を直接舐めてみたら生のレモンを絞ったとき

ポッカレモンのレモンの形をした容器に入った果汁100%の液体を直接舐めてみたら生のレモンを絞ったときのあの味がしなかったんですけど本当にレモン100%の果汁なんですか?

どちらかというとビタミンC味のあの酸っぱい味がしなくてポッカレモンの飲み物の人工的に作り出された甘いポッカレモンの缶ジュースの味がしました。

で、もう一度見るとレモン果汁100%と記載はなく、果汁100%という記載でした。

こっちの消費者側が勝手にレモンの形をした容器にポッカレモンの社名入りで果汁100%と書かれているだけで消費者が勝手にレモンの果汁だと思ってる詐欺商品なのでしょうか?

どう考えてもレモンの味がしないし、98円であの斬新な一滴ずつ出る専用容器にレモン果汁100%を入れたら採算が合わない気がします。

さらに防腐剤が入ってなかってもレモン果汁は腐らないのでしょうか?

謎の人口甘味料のレモン味にレモン果汁100%を1滴垂らしても果汁100%と名乗れるのでしょうか?

本当にポッカレモンのレモン容器に入ってる果汁100%がレモンの果汁100%なのか教えてください。

分析できる暇な化学者いませんか?

98円なんで買って来て実験してブログかYouTubeにアップしたら実験代は回収出来ると思う。

それか消費者団体で化学実験装置を持ってる検証機関があったらテストして欲しいです。

ポッカレモンのレモンの形をした容器に入った果汁100%の液体を直接舐めてみたら生のレモンを絞ったときのあの味がしなかったんですけど本当にレモン100%の果汁なんですか?

どちらかというとビタミンC味のあの酸っぱい味がしなくてポッカレモンの飲み物の人工的に作り出された甘いポッカレモンの缶ジュースの味がしました。

で、もう一度見るとレモン果汁100%と記載はなく、果汁100%という記載でした。

こっちの消費者側が勝手にレモンの形をした容器にポッカレモンの社名入りで果汁100%と書かれているだけで消...続きを読む

Aベストアンサー

濃縮還元されたものですから、生のレモンとは味が異なりますね。

Q盗用問題で出版停止の新田祐克の作品「春を抱いていた」などについて

盗用問題で出版停止処分となった、
新田祐克の作品「春を抱いていた」などの作品なのですが、
たとえば「春を抱いていた」は、コミックは13巻まで出ていますが、続きは何で読めるでしょうか?
「●●雑誌の何月号に掲載されていた」等を、教えてほしいです。

ほかにも、今後コミックでは読めないと思われる
新田祐克さんの漫画が載っている雑誌などを
知っていらっしゃいましたら、教えてほしいです。

とても大好きな作家さんで、コミックを全巻集めていたのですが、
コミックでしか読んでいなかったので、
もう、コミックが出版されないのかと思うと、ショックです。

今からでも、掲載雑誌を探して、せめて発表された作品だけでも、
読みたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も今同じように探しています。
見つけたのについて・・・・

13巻の続きは雑誌BE・BOY GOLD 2008年4・6・8号に掲載されていたそうです。
岩城さんの事務所騒動の話でこれ以降はないみたいです><。
復帰・・・は難しいみたいですね。
盗用の件知ったときはセンスいいじゃん、くらいに思っていたのですが、やっぱりいろいろ問題あるみたいです。

ファンとしては続きが見たいので何年後でもいいので同人誌でも出して欲しいです。

Q【重曹について】手作りで化粧品を作られている方 

手作りで化粧品を作られてる方にお聞きします。
重曹クリーム(重曹+精油など)というのを本で見つけました。

重曹って正直、掃除に使う使い方しか知らなかったのですが、
化粧品(クリーム)での重曹の働き(効能)ってなんなのででしょうか?

その本はレシピ本って感じの本ではなく、
効果や詳細が書かれておらず、ネットで調べても、
たまに重曹で化粧水を作るというのはあるのですが、
化粧品での重曹の働き(効果)がよくわかりません。

教えてください。

Aベストアンサー

重曹でパックをすると、皮脂や毛穴の汚れを落とす働きがあると言われています。

しかし、重曹は研磨剤としてキッチン他で使っているくらいですし、
個人的にはスクラブ剤と同じだと感じるので、
肌に直接使うのはダメージが大きいような気がします…

ちなみに私は入浴剤と歯磨き粉として重曹を使用していました。
「重曹パック」で検索すると記事が沢山ヒットします。

Q10年位前のジャンプに連載されていた漫画について。

ずいぶん昔に読んだのであまり覚えていないのですが、10年位前に(多分)ジャンプで連載されていた漫画を探しています。
刑事モノのギャグで、墓から出てきたゾンビ(?)の刑事が主人公でした。
「腹を割って話そうぜ」と言ってチェーンソーで自分のお腹を切ったりする話でした。
あと、逃走中の犯人ともぐらたたきのようなことを自分たちでしたりしていました。

少ない情報なので検索しようにも出来ない状況です・・・。
知ってる方がいらしたら是非タイトル、作者名等教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

検索をかけてみたら「はらわた刑事チクロくん」というのが出てきました。
作者は苅部 誠さんです。
わたしも覚えてないのでこれかどうか分かりませんが、何かの手がかりになれば。

参考URL:http://aqua.pure.cc/~gctc/jump/r1997.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報