【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

「ローマ字入力とカナ入力のどちら派ですか?」という質問(アンケート)がよくありますが、「どちらか片方しかできない」「慣れているから」ということで選んでいる人が多いように思います。
そうではなくて、両方を熟知した上でどちらの方がオススメか、理由も添えて教えてください。

ちなみにわたしはどちらもできますが、カナ入力の方が慣れているので今はカナ入力をしています。カナ入力は居眠りしててもできます(笑)
でもローマ字入力の方が利点が多いのならば、訓練して変えようと思っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。


仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されていますが、
私の場合は入力内容とその文字列を変換するタイミングの関係もあって、
「入力途中や変換途中に表示されている内容が打鍵内容と一対一で対応する」
点に注目しています。
特に、入力内容に英単語が混在した時にそれが分かります。
仕事の関係で、使用するマシンがローマ字入力しか受け付けない場合に
英単語が混在する日本語文を入力していると、

・入力文字を頭でローマ字に変換する。
・変換したローマ字に対応するキーを打鍵する。
 (頭はカナ状態なのに指は英字打鍵状態なので、
  頭の負荷がここでちょっと上がる。(笑))
・画面に表示された入力内容を認識する。

この時・・・英単語混在した部分の場合、ローマ字入力モードだと

「英単語部分なのに日本語の文字で表示されている」

という部分が発生します。するんです。してるんです。(爆)
するとその時、

「視覚デバイスが認識した文字列がどういう文字列になるべきか」

という処理が頭の中で実行され、また頭の負荷が上がります。
言葉変えましょう。

「入力したのと違う文字(ひらがな、英字)が変換前に表示されている」

という違和感が・・・嫌なんです。はぃ。(笑)
入力(打鍵)しているその時でも常に頭の中の別スレッドで
「全く関係ないことなど」を考えている私には
そういう「余計な処理で負荷をかけたくない」って事ですね。(爆)

Windowsだとショートカットもバリバリに使っている私は、
その操作内容に対して画面の表示内容が追いついていない
(正しくは「目で追えない」)場面も発生するところから
「ブラインドタッチ」の拡張用語(?)として
「フライングタッチ」なんていう造語を使っています。

ちょっと話を戻して、
「入力内容とその最初の表示内容が一致するような入力形式」
をどうしてとるようになったのかをお話しておしまいにします。

一太郎Ver3の頃は、現在のWindowsのようなIMEではなく
FEPと呼ばれるものでした。
その漢字変換処理は現在のモノと比べるとスバラシク時間のかかる処理でした。
そこで「変換受付可能限界」まで一気に入力して変換処理開始。
そして変換処理の間にトイレなど・・・。
そのような状態の中で、文章を考えながら入力するには
思考処理に集中するため「頭に余計な負荷をかけない」方法が必要でした。
その結果、その環境に合わせて頭とシステムの間の最適化を行った結果
導かれた答えが「カナ入力派」なのです。

そんな私がもしローマ字入力に寝返る理由が必要だとするならば、
それはおそらく
「英語キーボードしか世の中に存在しなくなった」
というような物理的制限が発生したような場合でしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても詳しく楽しく説明してくださり、感謝しています。
わたしの知りたかったことが満載でした。

居眠り状態でも混乱せず打てるのは、やはりカナ入力ですね。
作業の途中のことなど、状況がとてもよくわかりました。

カナ入力機能がなくなってしまうことがとても心配なのです。
その時期が遅ければ遅いほど、わたしの適応能力も衰えているでしょうから(*^▽^*)

やはりカナ入力主体で、ローマ字入力も苦もなくできる状態にしておこうと思っています。

お礼日時:2005/12/28 20:06

8ビットパソコンが主流のころ、つまり日本語=半角カナのみが当たり前だった頃は、日本語をタイプするときは皆当然カナ入力でした。


その名残りで今も「やれ」と言われればカナ入力もできる、という程度なので熟知まではしてませんが…。

経験からいうと、カナ入力が出来る人はカナの配列と英数字の配列の両方を覚えているので、わざわざローマ字入力を主にする必要はないんじゃないかと思います。
タイプ数は増えるわ、カナの配列を忘れがちになるわでいいことはあんまりなさそうですし。
ローマ字だと「"ゐ"とか"デュ"ってどうタイプするんだっけ?」なんてまごつくことがよくありますが、カナ入力ならそのまんまなので混乱もクソもないですし。

まだ配列を覚えていない人になら「とりあえず英数の配列を覚えたらいいだけだから」という理由でローマ字入力を薦めますが、すでにマスターしているのならばオススメはカナ入力ですね。
ローマ字入力を主としている僕が言うのもなんですが(笑)

この回答への補足

こちらの補足の欄をお借りして皆さんにお礼を書かせていただきます。

ローマ字入力の練習を始めました。
e-typingの腕だめしでは上級レベルでしたが、まだまだ頭の中でローマ字に変換しているので、集中しないとだめです。
ぼーっとしていても打てるようになりたいので、もっと頑張りたいと思います。

みなさんのご意見がとても参考になりました。
ありがとうございました。

ポイントをつけないといけないんですよね。
みなさんにポイントをあげたいのですが。。。
なんとか選ぼうと思います。
あげられない方、ごめんなさい。

補足日時:2005/12/28 19:25
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。埋もれてしまってもうご回答はもらえないかもしれないと思っていたのでうれしいです。

> タイプ数は増えるわ、カナの配列を忘れがちになるわでいいことはあんまりなさそうですし。

そうなんです。今からローマ字入力をカナ入力と同じように鍛えると、途中で混乱して両方共できなくなるような不安があってなかなか踏み込めずにいたのです。
その不安を吹き消すほどの魅力がローマ字入力にあるなら、変える決意をしようと質問したのですが。。。
その混乱の壁を突破すれば両方の達人になれそうで、若い今のうちに(カナ入力がなくってしまったら困るので)ローマ字入力も鍛えておこうと思っています。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/25 16:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
でも。。。
質問&補足を読んでくださいましたか?
期待していたお答えではないので残念です。
ACTは知っています。

お礼日時:2005/12/21 17:17

アルファベットの配列は世界共通なので、アルファベットを基本にタイピングができるというのは必須でしょう。



そもそもカナ入力がいまだに存在すること自体ふしぎです。

たとえ海外へ行かない人であっても、国内にいても、これからは(恐らく今まででも十分に)英単語を入力する機会がある(あった)と思います。

たとえば今の時期だとMerry Christmas!と英語で書いてみたりすることもありますでしょ。(^-^)
またIDやパスワードなどもたいていアルファベットに限られていますよね。

ということで、結論はローマ字入力を基本とすることをお勧め致します。

この回答への補足

質問の仕方が悪かったのかもしれませんが、これから覚えるにはどちらがいいかではなく、両方できるわたし向けにアドバイスをお願いします。
なぜローマ字入力がいいのか、カナ入力がいいのか、具体的な例を挙げてお答えいただけるとうれしいです。
もう少し待たせてください。

補足日時:2005/12/21 10:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> そもそもカナ入力がいまだに存在すること自体ふしぎです。

このご意見はちょっと驚きでした。ローマ字入力しかできない方ならわかるのですが、私の質問に答えてくださったのですから、カナ入力も上手な方なんですよね?(否定しているのではありません^^念のため)

他の回答者の方からのアドバイスを読んで、ローマ字入力にもカナ入力にも利点があり、使い分けができればベストかなぁと思いました。
どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 10:08

こんにちは。


私はローマ字・カナ・英字・テンキー(数字) 全てブラインドタッチできる秘書です。
(自分がプロかどうかはよくわかんないけど^^;)

私が実務で便利なのはやっぱりローマ字よりカナですね。学生時代に勉強した時は、4種類も覚えるの大変!と思いましたが、やっぱり実務をバリバリこなすには便利なので、やっておいてよかったと思います。やっぱり打つ速度はカナのほうが早いですし…ローマ字は指の動く範囲が少ないので間違いにくいようですが、どうもまどろっこしく感じてしまいます。

例えば、「インターネット」という単語。
 英語だと「internet」8キー、
 ローマ字だと「innta-netto」11キー
 カナだと「インターネット」7キ-

まどろっこしいだけではなく、疲れて眠かったりするとうっかり英文中に「innta-netto」と書いてしまったり、逆にローマ字なのにブラインドタッチで画面を確認せずに「internet」と打ってしまい「いんてrねt」になっていたりします^^; 

英語の単語は指が覚えているので、勝手に指が打ってくれますが、ローマ字だとカタカナ英語を打つ時、一瞬打つ前に頭の中で変換する作業をしてしまいます。それもまどろっこしいの一因…
ただ、SEさんなど、職種によってはローマ字の方が効率がいい人もいますし、どちらも慣れれば同じようなものの気もします。

今からブラインドタッチを覚える人にはローマ字がてっとり早いでしょうから、そっちをオススメしちゃいます。(教えるのも楽だし^^;)
今大変でも将来的に使い分けをしたい、と希望する人には「カナ」と「英字」を教えています。
さらに意欲がある人は、テンキーのブラインドタッチ(計算機を使うときに数字だけ見ればいいので便利)も覚えたがりますね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日お礼を書こうと思ったら混雑していてつながらなかったので、遅くなってごめんなさい。

わたしが一番最初に覚えたのは英文タイプでした。
大学の授業でやったのですが、楽しくてすぐに覚えてしまいました。その流れで日本語もローマ字入力をしていました。
仕事で雑誌や本の文字入力をするため、カナ入力を1週間で覚え(こちらも楽しみながらです^^)、現在に至っています。

確かにカナ入力に比べるとローマ字入力はまどろっこしいですね^^
この時代に頑なにカナ入力を貫いてきたのも、そのまどろっこしさのためです。

ローマ字入力もカナ入力も、どちらもいいところがありますね。場面によって使い分けができればベストかなと思います。
どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 09:45

回答はプロでないとダメでしょうか^^;


初めてキーボードを叩いたのは20年前です。

最初はローマ字入力でした。結構早くなりましたが、
どうしても頭の中の文章作成思考に指がついていけませんでした。
数年後カナ入力に切り替えました。
苦労の末、1年ほどでローマ字入力と同等のスピードになりました。
その頃は頭でちょっと「ローマ字」「カナ」と意識するだけで
使い分けできました。

それ以降ほとんどカナを使ってて
今では頭の思考と同じ速度で指が動くようになりました。
最近はあまりローマ字入力を使わないので
以前よりも意識しないと頭の切り替えができないですね。

でも文章を入力する時はアルファベットも多く使用するので
ローマ字入力から始めて良かったと思ってます。
カナもアルファベットもどちらも手元を見なくて入力できますから。

文章作成スピードは断然カナの方が早くなると思いますよ。
だってタイピング回数が少ないですから。

ローマ字入力は指の移動が少ないですから疲労が少なく、タイプミスも少ないですね。
でもカナも慣れればミスらなくなりますよね。

ちなみに家族兼用のパソコンは私以外はみなローマ字入力しかできないので
Alt+カナで切り替えるのが面倒な時とか
カナ入力に切り替えたままにしてると怒られるので
長い文章を作るとか以外はローマ字のまま使ってます。

私の考えとしては趣味でパソコンを使ってるだけなら
最初はローマ字で中級レベルまで早くなったらカナに切り替えると
後々文章の作成は早く楽になると思いますよ。

この回答への補足

ローマ字入力、カナ入力、両方を熟知している方ならプロじゃなくても結構です(*^▽^*)

補足日時:2005/12/20 15:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日お礼を書こうと思ったら混雑していてつながらなかったので、遅くなってごめんなさい。
わたしが一番最初に覚えたのは英文タイプでした。
大学の授業でやったのですが、楽しくてすぐに覚えてしまいました。その流れで日本語もローマ字入力をしていました。
仕事で雑誌や本の文字入力をするため、カナ入力を1週間で覚え(こちらも楽しみながらです^^)、現在に至っています。
ローマ字入力もカナ入力も、どちらもいいところがありますね。場面によって使い分けができればベストかなと思います。
どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 09:38

カナ打ちを使うメリットは、


単純にひらがな1文字に対するキータッチの数が1回ですむ。
ってところだと思います。
単純に検定などの日本語のみの入力でスピードを要求されるものに関しては、
カナ打ちがいいでしょう。

ローマ字打ちは、覚えるキーの数が少なくてすむ&英文(英単語)にもすぐ対応できる。というのがメリットでしょうね。
ひらがな1文字に対して2キー押さなければならない。ていうデメリットはあります。

ビジネスにおいては、英文・単語・型番等の英文字利用の機会がある上、
商品名やらなにやらで英文字が多く使われている現在では、
ローマ字打ちのほうがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日お礼を書こうと思ったら混雑していてつながらなかったので、遅くなってごめんなさい。

> ビジネスにおいては、英文・単語・型番等の英文字利用の機会がある上、商品名やらなにやらで英文字が多く使われている現在では、ローマ字打ちのほうがよろしいかと思います。

そうですね。アルファベットや数字がたくさん混ざっている文を打つ時はローマ字入力の方が断然楽ですね。
打つ内容によって使い分けられることができればいいなと思います。
どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 09:26

居眠りしていても入力できるとは! 素晴らしいですね。



当初は私もカナ入力でした。でも、現在の会社に転職してローマ字入力に切り替えました。理由は英文の入力もするようになり、両方を使い分ける自信が無かったためです。切り替えは、ちょっと大変でしたが、慣れてみるとローマ字入力のほうが指の運動量が少なく、動き方のパターンも限られているような印象が有ります。でも、これは特段言い立てるような利点でもないですね。質問者さんが現在超絶技巧をお持ちなのを無理無理切り替える程の理由にはなりませんね。 あまり参考にはなりませんね。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日お礼を書こうと思ったら混雑していてつながらなかったので、遅くなってごめんなさい。

> ローマ字入力のほうが指の運動量が少なく、動き方のパターンも限られているような印象が有ります。でも、これは特段言い立てるような利点でもないですね。

いえいえ、こういうご回答を待っていました。
運動量が少なく動き方のパターンが限られているというのはかなりの利点です。疲労も少ないですから。
ローマ字入力に慣れてしまえば、やはり頭の中でいちいちローマ字に置き換えなくても指が動きますか?
まだわたしはその域には達していないので。。。

どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 09:12

ローマ字のほうが実務においては有利だと感じます。



これは実感ですが、かな入力はかな入力だけでなく
結局ローマ字入力も覚えなくてはならないからです。
切り替えも煩雑です。
むりやりF10などでローマ字変換はできますが
それができる場面とできない場面(直接入力でないとだめ)
とがあるので理解すること含め煩雑。

その辺理解が進んでいるのなら、ローマ字入力を
覚えて(カナウチにしてもローマ字配列をどっちみち覚えないと実務では早く打てません)
いたほうがいいでしょう。そして
自分のつかいやすいほうを選択するのがいいでしょう。

最初からならローマ字だけ覚えればいい
ローマ字入力がいいのですけれど。

いかがですか?
ちなみに私は場面によって使い分けていますが
パソコンの用語(タグなど)の入力増加に伴い
最近ローマ字うちが増えてきたような気がします。

この回答への補足

ローマ字入力もブラインドタッチでできます。
ただ頭の中で(普段はカナ入力なので)ローマ字に一度変換しているため、今の段階ではこちらは居眠りしていてはできない状態です。
ただ訓練次第では、頭の中でローマ字に変換しなくても指が覚えると思っていますので、どちらが慣れているかということは気にせず、アドバイスをお願いします。

補足日時:2005/12/20 14:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日お礼を書こうと思ったら混雑していてつながらなかったので、遅くなってごめんなさい。
場面によって使い分け、いいですね。
どちらも同じように速く打てれば、悩む必要もなく、臨機応変に使い分けができそうです。
ローマ字入力も、達人の域まであと一息というところなので、こちらの腕も磨いて、両方を使いこなせるようにしようと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/21 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかな入力とローマ字入力の両方できる方

現在、少しでも早いタイピングがしたいと思い、かな入力練習をしています。
しかし、ローマ字入力に慣れてしまっているせいか、練習になかなか苦労しています。
そこで両方使いができる方へお聞きしたく、質問させていただきます。

質問1>
普段は、かなとローマ字のどちらの入力がメインですか?

質問2>
一般的にかな入力の方がローマ字入力より入力スピードが速いといいますが、どれくらいの速さの差があると実感されますか?

質問3>
かなとローマ字入力のそれぞれ良い点・悪い点があれば教えてください。

質問4>
かな入力を習得するのに、どれくらいの時間がかかりましたか?

質問5>
オススメのタイピングソフトなどあれば教えてください。


新下駄配列というタイピング方式もあるようですが、こちらはなんだか難しそうで早々に諦めました。
もし、新下駄配列についてもご存知であれば是非教えていただければ幸いです。
回答は一部だけの答えでも構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。ホームポジションはご存知のようですね。失礼しました。
実を言うと、私も学生時代の癖が抜け切れず半分我流ですが(他の方の書き込みのように、当時は日本語変換はできなかったが、私は英字もカタカナも片手で打っていた)、最近になって指を大きく動かすこと自体が億劫になってきたし、我流だと手首から先の動きも大きくなるので、キーボードが変わったときなど特に打ち間違いも多くなります。
しかしホームポジションを意識すると、手首の動きも指の動きも少なくなって、結局は入力が楽になるので、基本の大事さを再認識しているところです。

理想的には、手首または掌の付け根の部分を、机またはパームレストに軽く固定し、指だけを動かして全てのキーを打つことですが、私は指が短いこともあって、JISキーボードでは全てのキーを、手首を固定したままで打つことは不可能です。
なので手首は軽く浮かせ、「へ」や「ぬ」などホームポジションから遠い位置のキーを叩くときには、手のひら全体を軽く平行移動するようにして打つようにしています。
「ホームポジション」はあくまで指が「帰る」位置であり、固定する位置ではありません。
慣れるまでは、例えば人差し指を支点として手首を少し回転させるようにすれば、遠くのキーからも元の位置にも戻りやすいでしょう。
各指が確実に目的地に飛び、確実に家に帰れるように練習することをお勧めします。
基本ができれば、後は好きな文章をガンガン打ち込んで練習するだけです。

尚、ご存知かもしれませんが、腕を完全に浮かせた状態で長時間のタイピングを続けると肩を痛めますので、肘から手首までのどこかは、机に軽く当ててタイプすることを強くお勧めします。
また姿勢が悪いと腰や目も痛めますのでご注意を!

とはいうものの、私も少し「親指シフト」に興味が沸いたので調べてみましたが、テンキーなしのキーボードで1万5千円くらい、テンキーつきなら3万円くらいと、結構高いですね。
また定番だったエミュレーションフリーソフトも今は配布されていないようだし、気軽に試してみるという訳にはいかないようなので、私はあきらめました。

No.2です。ホームポジションはご存知のようですね。失礼しました。
実を言うと、私も学生時代の癖が抜け切れず半分我流ですが(他の方の書き込みのように、当時は日本語変換はできなかったが、私は英字もカタカナも片手で打っていた)、最近になって指を大きく動かすこと自体が億劫になってきたし、我流だと手首から先の動きも大きくなるので、キーボードが変わったときなど特に打ち間違いも多くなります。
しかしホームポジションを意識すると、手首の動きも指の動きも少なくなって、結局は入力が楽になるので、基...続きを読む

Qキーボードのかな文字の配列はどういう理由で決められたのか?

キーボードの英字配列は「押しにくいように」配列されたという話(*)はウェブで調べて分かりましたが、では、かな文字の配列はどういう理由で決められたのでしょうか?

*英語圏で、タイプライタの時代に、1個1個のアルファベットについたアームどうしが、速く打ちすぎて絡まないように作られたということ(つまり日本語ローマ字入力では何の合理性もない配列であるということ)

Aベストアンサー

最初は山下芳太郎という外交官によって合理的に設計されたものが、氏の没後、
後の人によって勝手にデタラメな配列に改悪されてしまったという事らしいです。

詳細は以下を。

今のキー配列は誰がいつ、つくったか?
http://www.sd-naracom.com/naracode/code_konkyo4.html

Qローマ字入力それともかな入力?

実はずっと疑問に思っていたことがあります。

私はふだん、文書を作成したり、もちろんこの投稿を入力している今も「かな入力」で入力しています。
英語を入力する場合は「英数字入力」をしますが、日本語を「ローマ字入力」で入力することはありません。

しかしまわりを見回すと、ほとんどの人が「ローマ字入力」で、「かな入力」は私くらいなものです。

ある質問で、小学生にキーボード入力を教える場合も「ローマ字入力」が基本とあったのですが、プログラマでもない限り、パソコンに入力する内容は大半が日本語だと思います。それを考えると「かな入力」のほうがよいと思うのですが。

ちなみに私は以前プログラマをしていまして、設計書を書くときは「かな入力」、コーディングするときは「英数字入力」でした。日本語を入力するときは、「ローマ字入力」よりも「かな入力」のほうが数倍速いからです。

現在、「ローマ字入力」が主流なのはなぜなんでしょう? しかもまだ、「ローマ字」を習っていない子供にまで「ローマ字入力」させるのはいったいなぜなんでしょう?

Aベストアンサー

>現在、「ローマ字入力」が主流なのはなぜなんでしょう?

ひとつの可能性としては、歴史的経緯があるかもしれません。
現在主流のいわゆるPC/AT互換機ははじめ(1990年代前半ごろ?)、PC98シリーズ全盛の時代にあって日本ではほとんど売られていませんでした。
しかし、PC98パソコンより安価で高いスペックが得られるということで、一部のユーザーがアメリカで販売されているPC/AT互換機を個人輸入などで日本に持ち込み、使っていました。
当然PCキーボードは英語圏で使うことを想定しており、カナ表示はありません。ということで必然的にローマ字入力ということになります(アルファベットだけで世界中の言語を入力できるというアイデア)。
その後、PC/AT互換機が市場を占有するようになって、日本のメーカーがカナ表示のキーボードを販売するようになってもその習慣が残ったということかもしれません。

>日本語を入力するときは、「ローマ字入力」よりも「かな入力」のほうが数倍速いからです。
たしかに、プロとして大量の文字を入力する場合はカナ入力のほうが高速に入力できますね。ただし一般人にはかなキー配列を新たに憶えねばならないのが難点です。

>現在、「ローマ字入力」が主流なのはなぜなんでしょう?

ひとつの可能性としては、歴史的経緯があるかもしれません。
現在主流のいわゆるPC/AT互換機ははじめ(1990年代前半ごろ?)、PC98シリーズ全盛の時代にあって日本ではほとんど売られていませんでした。
しかし、PC98パソコンより安価で高いスペックが得られるということで、一部のユーザーがアメリカで販売されているPC/AT互換機を個人輸入などで日本に持ち込み、使っていました。
当然PCキーボードは英語圏で使うことを想定しており、カナ表示はあり...続きを読む

Qパソコンのかな入力を習得したいです。どうやって覚え

パソコンのかな入力を習得したいです。どうやって覚えると良いのか教えてください。かな入力に規則性はありますか?

Aベストアンサー

先の方も言われているようにローマ字入力を覚えた方がいいです。

その方が、日本語も打てるし英文や英数字も打てますから。

各キーを打つ指は定められていて、それ以外のキーでは絶対に打たない。またその際、キーボードを見てはいけません。見ないで打つ。これを守ることです。

タイピング練習のソフト等が販売されているから、それでやるのが一番早道です。

毎日1時間、一ヶ月欠かさずやればマスターできます。

Q50歳の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?

これからパソコンを始める50歳の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?
私は、今、48歳で1986年にワープロ専用機でとかな入力を覚えたので・・パソコンになってもとかな入力でやっています。

でも、私の会社ではほとんどローマ字入力です。若い人は全員ローマ字入力です。
私は、これからパソコンを始める子供達には私はーマ字入力をすすめていますが・・50歳の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?
これからパソコンを始める人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?

Aベストアンサー

わたしも51歳。仮名入力です。仮名入力ならブラインドタッチできますが、アルファベットは完全にブラインドタッチできません。どうもローマ字入力をする気になれません。頭の中でひらがなをローマ字に換える作業、このことが無駄なのが、どう考えても納得出来ないからです。ずーっとそんな事をしなくてはならないことを考えるととたかだか20数個多くキーを覚えるほうがずっと楽です。「ひょんなことでとっ散らかった」なんていうのをローマ字で、と考えるだけでとっ散らかってしまいます。アドレス入力はその為に便利なフリーソフトを利用しています。下にURL入れます。おいおいアルファベットもブラインドタッチできるように練習してます。それでもなかなか身につかないのはそれを使う機会がないからです。という事はさして不自由してないってことじゃないのかナァ。おそらくお知りあいの方は、頭の中でローマ字に組み立てなおす、という作業がキーを覚える以上に負担になると思いますが。年齢に関係なくそうじゃないかと思うのですが、世間ではそうじゃないんですよねぇ。
よく説明してご覧になればいかがでしょう。

参考URL:http://www08.u-page.so-net.ne.jp/jb3/kmx/lazy.htm

わたしも51歳。仮名入力です。仮名入力ならブラインドタッチできますが、アルファベットは完全にブラインドタッチできません。どうもローマ字入力をする気になれません。頭の中でひらがなをローマ字に換える作業、このことが無駄なのが、どう考えても納得出来ないからです。ずーっとそんな事をしなくてはならないことを考えるととたかだか20数個多くキーを覚えるほうがずっと楽です。「ひょんなことでとっ散らかった」なんていうのをローマ字で、と考えるだけでとっ散らかってしまいます。アドレス入力はその為に...続きを読む

Qワープロ上級者の入力速度はどれくらい?

ワープロ上級者の入力速度を教えてください。検定試験の基準ではなく、実際に上級者が仕事などで打っている、または打つことが可能な速さを教えてください。

(条件)
・日本語の漢字かな混じり文の入力とします。
・ローマ字入力、連文節変換で考えてください。カナ入力や、もっと効率が良いという入力方式がありますが、それは考えません。

・字数は10分間で打てる字数です。
・漢字かな混じり文のそのままの字数とします。打鍵数や打った英字の数ではありません。
・文書の内容は、一般的な新聞記事や事務文書を考えます。

・変換の候補はたいてい正しいものが一発で出るものとし、変換の難しい語は含まないものとします。
・短文やよく使う表現を登録しているなどは考えません。

・キーボードは普通のデスクトップパソコンのもの。特殊な配置・配列のキーボードは考えません。

(質問)
・究極(人間の限界)で10分何字ぐらいですか。
・達人の域に達した方で10分何字ぐらいですか。
・一般に熟練者といわれる方で10分何字ぐらいですか。

達人、熟練者という言い方はあいまいですが、一般的なイメージで結構です。
数字は大体でいいです。

ワープロ上級者の入力速度を教えてください。検定試験の基準ではなく、実際に上級者が仕事などで打っている、または打つことが可能な速さを教えてください。

(条件)
・日本語の漢字かな混じり文の入力とします。
・ローマ字入力、連文節変換で考えてください。カナ入力や、もっと効率が良いという入力方式がありますが、それは考えません。

・字数は10分間で打てる字数です。
・漢字かな混じり文のそのままの字数とします。打鍵数や打った英字の数ではありません。
・文書の内容は、一般的な新聞記...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、ビジネスではどんな業種でも最低10分あたり600字は打てないと厳しいと言われているらしいので、熟練などはそれ以上ということになります。確かにこれくらいなら、周りを見渡してもどうしても届かない、という人は見ません。なので、1,000字以上で大体熟練と言えるのではないでしょうか。

達人といえば、以前テレビで打つのが速い人が紹介されてて、その人は確か大体2,400字とか、多くても2,800字くらいでした。なので2,000字以上くらいの認識が妥当だと思います。

究極はやはり秒間に打てる回数×時間ではないでしょうか。高橋名人の連打回数が秒間16回なのでこれに60(秒)をかけ、10(分)をかけると9,600回。日本語ローマ字入力なのでそこから2で割って、4,600字。漢字で微妙に文字数が減るので4,000~4,200字くらいが本当に究極でしょうか。

個人的な感覚としては、これはタイピングをやってれば必ず熟練していく、というものでもなく、人によって限界の速さに結構差があるような気がします。実際、友人で同じくらいの文字を打ってる人でも、遅い人は600字、速い人は1,500字くらい打てます。自分は1,000字程度ですが。
差が付く理由はいろいろと考えられますが、目の動かし方、読むスピード、瞬間記憶できる量、頭の回転の速さなど、タイピング以外の基礎能力部分でそれだけの差がついてしまうのではないでしょうか。

こんにちは。

まず、ビジネスではどんな業種でも最低10分あたり600字は打てないと厳しいと言われているらしいので、熟練などはそれ以上ということになります。確かにこれくらいなら、周りを見渡してもどうしても届かない、という人は見ません。なので、1,000字以上で大体熟練と言えるのではないでしょうか。

達人といえば、以前テレビで打つのが速い人が紹介されてて、その人は確か大体2,400字とか、多くても2,800字くらいでした。なので2,000字以上くらいの認識が妥当だと思います。

究極はやはり秒間に...続きを読む

Q「無変換」キーと「変換」キーの役割はなんでしょう?(いつ使うのでしょう?)

パソコンを10年近く使っていながら、
ほとんど「無変換」キーと「変換」キーを使っていません。
(無変換キーは、押すとWindowsキーを押すことになるようにカスタマイズしてしまいました)

私の認識では、「無変換」キーは、うった文字をそのまま入力。
「変換キー」はうった文字を変換して入力、と思っていたのですが、
違いますでしょうか?

「無変換」キーを押さずに、Enterをおせば、うった文字をそのまま入力できますし、
「変換」キーは押さずともスペースバーで変換できるし・・・

この2つのキーの存在価値が分かりません。

どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/kb_collection/index.html

漢字自体が使えなかった時代もありますから・・・昔のキーボードは、変換/無変換キー等は無かったんですよね。
ATOK等の漢字変換機能が出てきた時は、まだ変換/無変換キーは無かったので、スペースやリターンで変換していたのが、今でも設定として残ってる訳です。

キーボードは便利なように変換/無変換キーが追加されたけど、古参の人は慣れたスペース/リターンを使い続けてるわけです。

まぁ、変換/無変換キーとかは邪魔だと言って、英語キーボードを愛用している人も多いですよ。

IMEの設定等でもキーの割付は変更できますので、使いやすい方法でいいと思います。
ただ、カスタマイズして使ってると、他人のPC使う時に戸惑うんですけどね。(笑)

http://dekiru.digitallife.jp.msn.com/komatta/word_200604.html

Qかな入力で数字を全角に入力する方法

私自身ではなく、親から聞かれたのですがわからないのでご教授下さい。

win xpでかな入力でワードを使用中に数字を打つとします。
半角/全角漢字のキーを押して数字を打つと半角数字になってしまいます。
これをデフォルトで(どこかのキーを押しながら数字を打つと全角になるという操作はなしで)全角数字として入力する方法はどこの設定をどう変更したら良いのでしょうか?
親が言うには依然はデフォルトで全角の数字だったと言いますが、何かの拍子に半角になってしまったと言っていました。
ちなみにノートでテンキーはありません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ワードの設定ですか?
>それともIMEの設定のプロパティでしょうか?

もちろんIMEの設定です。私はATOKと松茸なのでIMEについては承知していません。上記二つには数字半角の機能がちゃんとありますからIMEにもその機能がある筈です。

Qかな入力とローマ字入力について。

かな入力とローマ字入力について。
普段何も考えることなくローマ字入力をしていますが、かな入力の方が打つ回数が減る分入力は早くなりますよね?
また、今までかな入力を使う人を見たことありません。
かな入力とローマ字入力のメリットとデメリットやかな入力は日本でどの位の人が使っているんでしょうか?

Aベストアンサー

かな入力のメリット

これは日本語を打つ際には当然ローマ字入力に比べて速いです。
練習すれば、1.5~2倍以上のスピードでタイピングできると思います。


かな入力のデメリット

覚える文字が多いです。ローマ字入力に比べて、普段使う46文字全部どこにあるのか覚えないといけないので、タイピングが格段に難しくなります。
また、ローマ字とまたっく配置が違うので、英語を入力する際には、初心者なみのスピードで打つことになると思います。




ローマ字入力のメリット

A~Zまでで覚える数が少ない上に、実際にQXVCLJなんかは個人的にあまり使用しないことが多いので、初心者で始めても、すぐにタイピングに慣れることができます。
また英語を入力する際も、ある程度速く打つことができるようになります。



ローマ字入力のデメリット

日本語入力がかな入力に比べて遅いこと。
のみです。


初心者や普段PCを使っている人はまずローマ字入力を覚えて下さい。
かな入力はまたっく必要ありません。
エンジニアの方は、それに加えてかな入力も覚えておくと仕事が早くなりますよということ。
まあPCをもっと快適に使いたいというなら、かな入力も覚えていいかと思いますが、努力に見合わないメリットなのでオススメはしません。

かな入力を頑張るくらいだったら、ローマ字入力をもっと早く打てるように練習した方が良いと思います。


また、私の父がそうなのですが、かな入力方が早いと言い、ローマ字入力を練習せず、かな入力のみしかできないのですが、実際は人差し指でタイピングしているので、ローマ字入力をしている僕の方が断然タイピングのスピードも速いです。

中途半端にかな入力を覚えて使うよりも、むしろローマ字入力の方が早いことは多いです。

かな入力のメリット

これは日本語を打つ際には当然ローマ字入力に比べて速いです。
練習すれば、1.5~2倍以上のスピードでタイピングできると思います。


かな入力のデメリット

覚える文字が多いです。ローマ字入力に比べて、普段使う46文字全部どこにあるのか覚えないといけないので、タイピングが格段に難しくなります。
また、ローマ字とまたっく配置が違うので、英語を入力する際には、初心者なみのスピードで打つことになると思います。




ローマ字入力のメリット

A~Zまでで覚える数が少ない上...続きを読む

Qテンキーをものすごく早く打つコツってありますか?

最近データ入力の仕事が決まったのですが、殆どが数字の入力です。
他の方々はまるでピアノでも弾くように、見た数字を脳を通さず反応しているように打っていらっしゃるのを見てかなり焦っています。
私は一度頭で「いち、はち、…」と考えてから打ってしまうので必然的に遅くなります。
5桁以上の数字をパッと見てパッと打てるようになるにはどうしたら良いのでしょうか。コツなどありましたら教えて下さい…。

また、テンキーと(ノートパソコンなもので…)練習用ソフトを購入しGWを利用して特訓でもしてみようかなと思っているのですが、ソフトには沢山の種類があり、またテンキーの練習の有無やどのようなことができるのかを説明してあるものが中々見つかりません。
ホームポジションの練習から実践的な練習まで出来るソフトをご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。

Win98を使っています。
どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

キーボードのどこかに「Num Lock」と書かれたキーはありませんか?
ノートPCでも右手のホームポジションあたりをテンキーにできますよ。

早く入力するには何も考えずに反射的に入力するのがコツだと思います。「いち、はち」と頭で考えた時点で「18」が入力されているような感じです。
そう、まさに何も考えずに反射的に入力するのがコツだと思います。
私は「パッと見て、パッと打つ」のではなく、
目と左手でずーっと文字を追いつつ右手で入力、
入力した文字の確認は全部入力した後でします。


人気Q&Aランキング