現在、カナダの語学学校に通っています。語学力はまだまだなのですが、仕事の関係で、2月の中頃に日本に帰国する予定です。その前に、ぜひカナダ国内を旅行したいのですが、どのように計画をたてたらよいのかご相談したいです。

出発予定は2月12日トロントからです。旅の資金をしては8万くらいを予定しています。女性の独り旅です。
最初はオーロラを見たいと思い、何件かエージェントを探しましたが、カナダ国内でのオーロラツアーは需要が低く、日本から行った場合とトロントから行った場合も変わらない金額でした。だいたい1750カナダドル かかるそうです。トロントからエドモントン経由でイエローナイフに向かい、3泊4日のツアーです。

1.オーロラをもっと安く見にいく方法
チャーチルまでVIA鉄道で行くと、運がよければ見れると聞きました。実際に行かれたことがある方がいたら、行った感想、宿泊したホテルの名前と連絡先、おすすめのお店を教えてください。
またツアーを使われた方(カナダ国内から)で、おすすめのツアーエイジャントがありましたら、会社の名前と連絡先を教えてください。

2.他のおすすめの場所
今、ケベックへの旅行も考えています。おすすめの場所、それから宿泊したホテルの名前と連絡先をぜひ教えてください。

3.個人旅行で気をつける事
カナダ国内を旅行されて、困ったこと、必要だと思ったことがありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昨年の冬に日本からオーロラを見にいった時にお世話になったイエローナイフの現地ツアーがよかったです。

何件かお調べになったようですが、その中にありましたでしょうか。カナダに留学した帰りに寄られた方も結構いましたよ。
自分でイエローナイフまで行けば空港に迎えにきてくれ、防寒着のレンタルから
宿まで送迎、夜のオーロラツアーも含めてそんなに高くはありませんでした。
料金は3段階に分かれていて、ホテルプラン、B&Bプラン、モーテルプランです。夜にオーロラを見るため、お昼まで寝ていたりするので、私はモーテルプランで十分だと思います。もちろん、昼間のオプションツアーもありますが。
すべて日本人スタッフで皆さんとてもユニークな、でもとでも気配りの行き届いた
いい会社でしたよ。
とりあえず、アドレスを載せておきますので見てみてください。

参考URL:http://www.aurora-tour.com/aurora1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
cosmos21さんは、日本から行かれたのですか?
イエローナイフまでの飛行機代がかなりかかると聞きました。
もし、よいエイジェントをご存知でしたら、また教えてください。

お礼日時:2002/01/19 06:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語合宿についての情報下さい

私は24才の社会人です。
日本(特に関西方面)での英語合宿について情報があれば、教えてください(金額も知りたいです)
内容はトーキングを中心としたものが希望です。よろしくお願いします

Aベストアンサー

本当に参考程度で申し訳ないのですが…

関西地方のものがあったかどうか定かではないのですが、
ダイヤモンド社の「エグゼクティブ」という雑誌の英語について書かれている号に時々、
英語合宿についての情報が載っていました。(エグゼクティブは現在休刊。)

バックナンバーが図書館にあれば、すぐに見ることが出来ると思いますので、
お手数ですが見に行ってみてください。
(出版社さんが、バックナンバーの通販も行っているようです。参考URL)

参考URL:http://exe.diamond.ne.jp/

Qイエローナイフ・オーロラ観光

1月中旬にイエローナイフへ行くのですが、現地では防寒服をレンタルする予定ですが、日本からは皆さん、どんな格好(特に履物)で行かれました??

あと、オーロラこたつは必須でしょうか?
(2500円/1晩)
また、お昼間は何をして過ごしましたか?
月9ドラマのせいか、今年のオーロラツアーは盛況らしいです。

Aベストアンサー

僕は、去年の12月~1月かけて行きました
大体2番さんと同じですが、個人的にお勧めは
遠赤系グッズが有れば割と温いですよ(値が高いですが効果てきめん)祖母に、遠赤靴下を貸してあげたら
喜んでくれました。
必ず要る物は、マフラーとスキー手袋は、必所品です

お勧めのツアーは、犬ぞりで行くオーロラツアーも、
面白いですよ是非御参考に
PSもしかするとダイヤが当たるかも!?
http://www.raventours.yk.com/j/01.html

参考URL:http://www.canada.or.jp/aurora/http://www.canada.or.jp/aurora/http://www.raventours.yk.com/j/01.html

Q国内留学でおすすめは?

日本国内で英語の話せる環境に留学する、国内留学に興味があります。

おすすめの学校や体験談などを教えてください。

Aベストアンサー

国内の留まって24時間日本語どっぷり生活の中で、ネイティブ並みの英語を身に付けられる人は1%以下ですし、留学しても 過半数の 2/3~3/4の人は期待した成果が得られません。
そこで、私が聞いたことがあるのに、別名 「スパルタ英語合宿」というのがあるんですが、確かに 大部分の人は かなり英語が話せるようになります。しかし、そこの卒業生が口を揃えて言うのが、「こんなところに来るんだったら、無理してでも海外に留学した方がよっぽどよかった。」
だそうです。

Qオーロラツアー!

来年の二月にアラスカのオーロラツアーに行く予定です。
そのツアーにはレンタルの防寒具がついていますが、その防寒具の品質を信用しても良いものでしょうか?
それとも万全な防寒具を日本で準備して行った方が
良いものでしょうか・・・?

Aベストアンサー

アラスカのオーロラツアーで防寒具をレンタルで借りたことがあります。
1回目は、自前のスキーウェア程度だけでしたが、特に寒くて困ったことは
ありませんでしたが、2回目は、写真を撮ろうと借りてみました。
さすが生死に関わるのか、本場(?)のものすごい防寒具でした。
その時のツアーでは、「宇宙服」とよばれていました(笑)
やはり、暖かかった事は事実ですが、日本のスキーウェア程度でも、
ツアーでしたら、十分と思われます。ただ、防寒靴は、分厚い底で、
足から冷えることが無かったのは、さすがと思いましたが。

どの程度、オーロラを見るのかにもよりますが、アラスカの
ツアーでしたら、山小屋やオーロラハウスと言った、暖かく待機できる
場所が用意されていると思います。レンタルを借りる前、借りた後でも
最低限の防寒着は必要ですので、手ぶらでと言うわけにはいかない
でしょうから、それに+α程度の防寒対策をすれば、わざわざ借りなくても
よいかと思います。ただ、これから防寒具を一式買い揃えなければならなく、
なおかつ、帰国後、今後、日本では使用する見込みがなければ、重武装はレンタルで済ますのも
悪くないでしょう。

下記URLでも、体験談が書かれています。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=740858

アラスカのオーロラツアーで防寒具をレンタルで借りたことがあります。
1回目は、自前のスキーウェア程度だけでしたが、特に寒くて困ったことは
ありませんでしたが、2回目は、写真を撮ろうと借りてみました。
さすが生死に関わるのか、本場(?)のものすごい防寒具でした。
その時のツアーでは、「宇宙服」とよばれていました(笑)
やはり、暖かかった事は事実ですが、日本のスキーウェア程度でも、
ツアーでしたら、十分と思われます。ただ、防寒靴は、分厚い底で、
足から冷えることが無かったのは...続きを読む

Qタイの国内旅行代理店

タイ国内の住人を対象にした、タイ国内旅行の代理店は存在するのでしょうか?
(日本でいう所の国内バスツアーの様なパッケージツアー等)

それとも、タイでは国内旅行の文化や、あっても代理店を使う文化自体は無いでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。お礼を拝見しました。ちょっと誤解を招く表現でしたね。

>日本への旅行では無く、タイ在住者向けのタイ国内旅行についての質問となります。
要するにタイ人が国内・国外を問わず旅行に行く際には、タイ人が主に使う旅行会社はちゃんとありますよ、ということです。

たとえば、外国から日本に来る旅行者はJTBやHISなんて知らないように、タイにはタイ人のための旅行会社がちゃんとあります。

ただ、日本ほど盛況かといわれれば難しいですね。タイは途上国としてはかなり経済発展してきていますが、観光旅行を日常的に行なう消費行動が隅々まで行き渡っている、とは言いがたいからです。

ですので、タイ人向け専門はあるにしてもコストはものすごく安いですし、国内観光も整備されているとは言えませんので、日本のような使い方がされている、とはいえないです。

Qオーロラツアーに・・

今年の冬に、カナダのイエローナイフに行く予定です。それで質問ですが、ツアーの中にほかの土地を見れる(例えばロサンゼルスとか)観光を取り付けれるやつがあると聞いたのですが、ご存知の方いますか?

Aベストアンサー

飛行機はエアカナダですよね?
であれば、カナダのどこかがいいですよね。
経由はおそらくバンクーバー、エドモントンになると思うので、そこからの経由を考えてみてはいかがでしょうか。
ちょっと遠いけど、トロントまで行ってナイアガラの滝を見るのはいかがでしょうか。
周りは雪景色、氷に包まれていますが、それがなお幻想的で、夜のライトアップもとても綺麗です。
この時期であれば、航空代もホテル代もお安いと思いますよ。
また、近場で考えるならバンクーバーがいいでしょう。
お買い物も出来ますし、美味しいお寿司やチャイニーズ(飲茶)も楽しめますし。
ちょっと車で行けばグラウスマウンテンというスキーも出来る雪山もあるし、キャピラノつり橋という絶景にも出会えますし。
ちょっと足を伸ばしてビクトリアまで行けば、イギリスの雰囲気の街並みも楽しめると思いますし
ウィスラーに行けば本格的なスキーやボードも楽しめます。
パッケージで行かれるのですか?それとも手配旅行ですか?

Q「国債は国内消費なので大丈夫」の意味

「国債はそのほとんどが国内で消費されているので問題ない」というような主張がありますが、この意味が分かりません。


「家庭内での金の貸し借りと同じ」などという説明を見かけたことがありますが、その先の説明が一切なく、だから何なのかさっぱり分かりません。

たとえ家族内の貸し借りであっても、返済不可能になるということは十分にありえます。また、債務者が返済不可能になったら、債権者が損失をこうむるという構造は何ひとつ変わらないハズだと思います。

それと同じで、国債が国内で消費されている云々といっても、国が返済不可能になったら債権者である国内金融機関や国内個人投資家が損失をこうむるハズだと思います。


これの何が大丈夫なのでしょうか?
・国内消費だと国内金融機関や国内個人投資家が損失をこうむることはないのでしょうか?
・国内の金融機関や国内個人投資家が損失をこうむるだけなので「国外金融機関と外国人は大丈夫」という意味なのでしょうか?

このあたりについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.16です。

>(A)日本国債発行額の上限は存在する。つまりどこかで破綻する。
>(B)日本国債発行額の上限は存在しない。日銀は今の100倍でも100万倍でも100億倍でも国
 債を買取ることが可能。つまりどんなことがあっても絶対に破綻することはない

二拓ですか・・・^^;

日本の国債発行額には上限はありませんが、破たんするケースもある、というお答えでは駄
目でしょうか。

「国債の買い取り」には2種類の考え方があります。

一つは、(1)政府が過去に発行した国債で、市場に出回っている「発行済み国債」を日銀が買
い取る、という考え方。もうひとつは、(2)政府が発行した国債を、金融市場に流通させるこ
となく、日銀が直接買い受ける、という考え方です。

私のプロフィールから見ていただけると思いますが、私は過去に同様の趣旨の質問に回答す
る際、(1)のケースには賛成だが、(2)のケースには反対だと述べています。

一貫していると思います。「国債の買い取り」の額に上限があるとすれば、(1)のケース。つ
まり、政府が発行した国債のうち、市場に流通している金額が、日銀の買い取り額の上限に
なります。仮に日銀が市場に出回っている国債を全て買い取ったとすれば、市場には国債は
存在しませんから、日銀は買い取りたくとも買うことができません。

これはご理解いただけると思います。

では、(2)のケース。これは日銀が単独で決めることはできず、これを行うには国会の承認が
必要で、国会が承認した額の範囲内で日銀は国債を買い受ける事ができます。

私はこの(2)のやり方には反対していますから、これまでにご回答させていただいた内容は、
全て(1)のケースに関してお話させていただいたものだ、とご理解いただければと思います。

No.12でも同様の表現を行っていますね。

では、なぜ(2)のやり方には反対なのか。それは、国債が持つ本来の性質と、この国の経済
システムが原因です。

日本は本来資本主義社会であり、国民が「労働」をして「生産」を行うことが前提条件と
なっている経済システムです。どのような経済社会においてもこれは共通して言える話だと
思うのですが、もし仮に国民が「生産」を行う事をやめ、「消費」のみを行うようになって
しまうと、必然的に「物不足」に陥り、その社会は物価が高騰する社会、つまり「過剰なイ
ンフレ社会」に陥ってしまいます。

その例が第一次世界大戦の折、戦争によって生産の拠点であるルール地方が差し押さえら
れ、中心となる産業が機能しなくなったドイツであり、第二次世界大戦後、戦争によって
生産拠点が破壊され、機能しなくなった日本なんです。

どちらの場合も、そういった状況の中で通貨のばらまきを行いました。(日本の場合は政府
による国債の直接買い受け)

結果、どちらの国でも「過剰なインフレ」が発生したのです。

日本が国債を直接買い受けたからと言って、今の日本で、当時のドイツや日本と同じ状況が
発生するとはとても思いません。ですが、本来国債には「償還期限」が設定されており、そ
の本来の役割は、「短期的」に「限られた」財源を補うために発行されているものです。

ですが、もし仮に、この財源を、「恒久的」に「安定」した財源を必要とされる分野に用い
たとしたらどうでしょう。

「恒久的」に「安定した」財源を必要とされる分野。これを「社会保障」と言います。

社会保障とは、すなわち「医療」「介護」「年金」に代表される、国民が健康で必要最低限
の生活を営むことを保証する為の財源です。

「もし怪我をして働けなくなった時の為」、「将来年をとってまともな生活が出来なくなっ
たときの為」、そして「定年後、職を失って働く場を失った時の為」。

こういったときに不自由しなくて済むように私たち日本人は労働し、生産活動を行っていま
す。労働する、もしくは労働した対価として今の私たちは安定した社会保障を受けることが
保証されているのです。

ところが、もしこれらの分野を完全に国債の発行で賄ってしまうような事したら、どうなる
でしょう。私は、恐らく国民は働かなくなると思います。それを行っていたのが旧ソ連や東
欧に代表される、「社会主義国家」、もしくは「共産主義国家」だったのです。

これらの国が滅んだのは働こうが働くまいが、同じ給与しか保証せず、同じサービスを等し
く国民が受けられるような社会システムが生んだ弊害です。

No.12の回答を補足する形で回答させていただきました。
そもそも「国債」の事を考える時、一番大事なのは、そのお金を政府がだれから借りている
のか。なぜ今アメリカの国債事情ががあれほどに騒がれているか。

それは、取りも直さず、アメリカがお金を外国から借りている事が原因です。

アメリカは世界一の借金大国です。日本は世界一の債権国です。この差はご理解頂けるで
しょうか。

アメリカは国の輸出金額から輸入金額を差し引いた貿易収支も赤ですし、国債の発行金額も
世界一です。そして、アメリカはその国債の大半をアメリカ国内ではなく、外国に販売して
います。つまり、外国から多額の借金をしている国がアメリカなのです。

ずっと思ってましたよ。日本人はなぜ日本の国債問題であれほどバカ騒ぎするのに、明らか
に日本より悲惨な国債状況にあるアメリカの事を批判する人はだれ一人としていないんだろ
う、と。馬鹿じゃないのか、と。

とはいえ、アメリカもその国債を全て「ドル建て」つまりアメリカの自国通貨建てで発行し
ていますから、最終的にはFRBにドルを刷らせて利息の支払いに充てれば、それで事足りる
のでしょうが。

No.16です。

>(A)日本国債発行額の上限は存在する。つまりどこかで破綻する。
>(B)日本国債発行額の上限は存在しない。日銀は今の100倍でも100万倍でも100億倍でも国
 債を買取ることが可能。つまりどんなことがあっても絶対に破綻することはない

二拓ですか・・・^^;

日本の国債発行額には上限はありませんが、破たんするケースもある、というお答えでは駄
目でしょうか。

「国債の買い取り」には2種類の考え方があります。

一つは、(1)政府が過去に発行した国債で、市場に出回っている「発行済み国債...続きを読む

Qツアー旅行に行くとしたら、どこの旅行社がベストでしょうか?

ツアー旅行に行くとしたら、どこの旅行社がベストでしょうか?

Aベストアンサー

>ツアー旅行に行くとしたら、どこの旅行社がベストでしょうか?

リゾートか周遊かでも回答が違ってきますが、質問者さんは別の質問でヨーロッパのグラスワインの質問をしておられるので、ヨーロッパ周遊でお話ししましょう。

まず「JTBは高い」っていう人が結構いますけど、良く聴いてみると、ルックJTBとトラピクス(阪急)インプレッソ(HIS)を較べていることが多いです。そういう比較は間違いです。トラピクスやインプレッソと比べるのならJTBは旅物語です。

それに、較べるときは同じ条件にして較べないと正しい比較ができません。トラピクス、インプレッソ、旅物語はそれぞれ良い勝負をしていると思います。トラピクスは空港やホテルのポータレッジ(荷物運搬料)を全く含まないので留意してください(条件書にそう書いてあります)。滅茶苦茶悪いわけじゃないですが、食事やホテルの質は阪急<HIS≦JTBだと思います。質を落とせば値段は安くなっています。若い方から熟年まで、幅広い方が参加しています。

HISは安売り航空券で築いた会社で、売れ残りの航空券・ホテルを利用するのがうまい会社ですがかつては「キャンセル料で稼ぐ」と揶揄されたようなこともあり、やや生き馬の目を抜くようなところがありますが、普通にお付き合いする限りは特に悪くはありません。旅行参加者には若い方が多いような気がします。

JTBはかつて(明治~昭和の前半)は国策会社であったことから、今でもその固さが見られますが、逆にいうと人の足元を見るようなことは余りしないようです。お金の請求は3社の中では一番おっとりしています。(旅物語はJTBの政策で、JTBの関連会社JTBメディアリーディングというところが担当しています)熟年の方にはJTBを一押しします。もちろん若い方でも全然問題ありません。

そんな特徴はありますが、3社それぞれに良い仕事をしていると思います。3社のツアーなら安心して選んで良いと思います。

あと、クラブツーリズムや少々地味ですが、読売旅行も良い仕事をしています。ツアー条件をよく読んで納得するなら、以上の5社ならどこでも大丈夫です。自分の行きたい所へ行きたい日に行きたい方面に気に入った内容のツアーを催行する旅行会社が質問者さんのベストの旅行社だと思ってください。ヨーロッパの場合は日程表を注意してみてください。ヨーロッパの航空会社を使用するのか、中東の航空会社かとかです。スペイン、ギリシャ、旧ソ連圏(バルト三国、東欧)へは直行便が無いので、中東の航空会社の場合もありますが、安くなっていれば、それはそれで良いと思います。乗り継ぎ地や発着時間だけ確認しておいてください。

>ツアー旅行に行くとしたら、どこの旅行社がベストでしょうか?

リゾートか周遊かでも回答が違ってきますが、質問者さんは別の質問でヨーロッパのグラスワインの質問をしておられるので、ヨーロッパ周遊でお話ししましょう。

まず「JTBは高い」っていう人が結構いますけど、良く聴いてみると、ルックJTBとトラピクス(阪急)インプレッソ(HIS)を較べていることが多いです。そういう比較は間違いです。トラピクスやインプレッソと比べるのならJTBは旅物語です。

それに、較べるときは同じ条...続きを読む

Q国内生産額を英語で言うと?

国内生産額を英語に訳すと、どういう単語になるのでしょうか?

辞書を調べたところ、
国内生産=home manufacuture
国内生産額=A domestic turnout
とでてきたのですが、決まった表現があるのではないかと思って質問させていただきました。

「わが国の国内生産額の2%強を占めることが分かった」という文章の中での国内生産額という表現を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済用語なら
国内総生産:the gross domestic product(略GDP)
かと思いますが・・・どうでしょう。
意味が違ってしまいますか?

Qイエローナイフのお店でT/Cは使えますか?

3月にイエローナイフにオーロラ鑑賞に行きます。
過去の質問を探してみましたが、同じ質問を見つけられなかったので
教えてください。

イエローナイフで、T/C(トラベラーズチェック)はどの程度使えますか?
ホテルの売店などはOKかな、と思うのですが、
過去に都市部でも小さなお店などで、T/Cが使えない
(とても嫌な顔をされる)ことがありました。
さすがにファーストフード店では使わないと思いますが
街中のレストラン、土産物屋などでどの程度使えるのかを教えてください。

あと、現地でオーロラ以外のオプショナルツアーを申し込む予定なのですが、
それもT/Cかクレジットカードでの支払いが出来るのか、
教えて頂ければとても助かります。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
T/CってクレジットカードやATMが普及してなかった昔の遺産の様なものなので使えない事が多いですよ。
また、T/Cは現金に比較して換金率が良いとか言われますが、これも銀行間レートに比べ個人向けのレートが極端に悪かった頃の名残です。
最近は日本円で考えて数千円以上はクレジットカード、それ以下は現金、現金が無くなればクレジットカードかATMでおろすのが普通です。
スキミング等でカードの情報が盗まれても海外の場合はパスポートが明確な証拠になるので簡単に支払い拒否ができるしカード会社も簡単に免除してくれますよ。(何度も経験あり)

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報