こんにちは、実は2月の16日に友人の結婚式があるのですが、余興で、水前寺清子の365歩のマーチを歌おうかと考えています。
 が!CDがなかなか売っていないので、歌詞カードが手に入りません。
もしお手元にこの歌の歌詞がありましたら教えてもらえるとうれしいです。
よろしくお願いします!!         

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

歌詞の検索ができる便利なサイトがあるんですよぉ~~♪


ここでしらべてみてみて☆

参考URL:http://www.uta-net.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速探してみました。
が、古すぎたのかありませんでした。。。。
残念・・・。
でも、ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/05 19:48

この前TSUTAYAに行ったところ、アニメのコーナーにありましたよ。


あと5日ですから、もう練習されているとは思いますが。
    • good
    • 0

一時期、「まるでダメお」とゆうアニメでこの歌が流れていました。


もしかしたら、アニメイトとか漫画関係でCDが見つかるかも
知れません。だいぶなので今売っているかどうかは
わかりませんが、1度捜してみるのも良いかも知れません。
アニメイトが1番アニメとかの歌を扱っているので
1度聞いてみてはいかがですか?
    • good
    • 0

「三百六十五歩のマーチ」ですね。


水前寺 清子 
SHINE’S
クラウンオーケストラ

以下が権利を保有していますので、お電話してはいかがでしょうか。
直接歌詞を書きこむ事ができません
(gooの規約による)

〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-14
第2信和ビル5F
TEL:03-3584-0647 FAX:03-5570-1365
クラウンミュージックエンタープライズ 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q365歩のマーチの歌詞

「一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる♪」
という歌詞で、この歌詞の主語の方が、一日一歩進むということは分かったのですが、三歩進んだ後二歩下がるタイミングはいつなのでしょうか?

一日目に一歩、二日目にも一歩、三日目、下がらずに三歩目を歩いたその日に二歩下がるのでしょうか?
ということは、三日目は一歩下がるのみ、という歩き方の方が簡潔のような気もします。
例)「一日一歩、三日目後退、合わせて三日で一歩になる♪」

また、この歌詞の歩み方と自分の歩み方は違う、という方は是非その歌詞を書いてみて下さい。
例)「一日一歩、三日で三歩、三歩進んでロケットダッシュ!」や、
「一日六歩、三日で十歩、消えた八歩は何処やら」など。

特に困ってはいないので、お暇な方、分かる方のみ回答していただければ幸いです。

Aベストアンサー

面白いこと考えますねー ^^
しかし、なるほど、です。


「一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる」
という語順からして、
3日かけて3歩歩いた後に、その日のうちに2歩下がる、と解釈するのが自然ですね。
つまり、結果として、3日間で1歩ということです。
365日で122歩分、ということじゃないでしょうか。


あと、
「二歩下がる」が4日目と5日目のことを指すという考え方もありますかね。
それだと、前に歩いたのと後ろに歩いたのを合わせて、1年で365歩になるので、タイトルと合っているのでは。
(結果として5日間で1歩、1年で73歩分)


しかし、まー、前者でしょうね、おそらく。
前に歩いたのだけをカウントして365歩ということで。

Q「さくら さくら」の歌詞の意味は?

さくら さくら
弥生の空は 見わたすかぎり
霞か雲か 匂ひぞ出づる
いざや いざや 見に行かん

「霞か雲か」というのは桜を指しているのでしょうか?(比喩)
それとも「弥生の空は」とありますので、雲のことを指しているのでしょうか?

比喩だとすると桜が空に輝いているということでしょうか?
空に輝いているのであれば、どこにいても見えますので、「見に行かん」がおかしくなります。
わざわざ「見渡すかぎり」といっています。

それとも地には桜が、空には雲が美しく輝いていると解釈してよいのでしょうか?
「匂ひぞ出づる」の「匂ひ」は、生き生きとした美しさなどが溢れることですが、雲や霞に「匂ふ」などと表現はしないと思うのですが。
すると「桜が匂ふ」という解釈になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで使われている「空」は、「目の前に広がる空間」という意味で、「景色・風景」と同義です。したがって「霞か雲か」は、遠くに眺める桜の花を意味します。

この歌には、もう一つ歌詞があるのはご存知ですね。

さくら さくら 
野山も里も 見渡す限り
霞か雲か 朝日に匂ふ
さくら さくら 花盛り

こちらの歌詞では、「霞か雲か」が桜花を指しているのは明らかです。

「さくささくら」の歌詞には、面白い歴史があります。よろしければ、こちらのサイトをご覧ください。

http://www.k-press.net/music/indexmusic0404.html

Q高齢者の好む曲

ギターアンサンブルで高齢者のグループホームに演奏に行きたいのですが、どのような曲が好まれるのでしょうか。一般に高齢者対象ですと、「あかとんぼ」や「ふるさと」などの唱歌や童謡などが多いと思いますが、本当にそれが喜ばれているのだろうかと疑問に思い始めました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もうひとつジャンルがあります。グレンミラー楽団などが演奏した時代のジャズっぽい名曲です。「ムーンライトセレナーデ」「インザムード」「茶色の小瓶」など。また、「2人でお茶を」「エーデルワイス」「グリーンスリーブス」「なども、馴染みやすい名曲で、懐かしくもおしゃれなムードになって、好評でした。どこかで耳にしています。シネマ全盛時代の人たちですから、「旅愁」「ライムライト」「タラのテーマ」なども素敵です。
日本の歌とのコントラストでいれると雰囲気が変わっていいですよ。
日本の歌なら、女学生だった年代の人が好むのは、童謡、唱歌のほか、「学生時代」「夏の思い出」「冬景色」「ペチカ」「椰子のみ」「浜辺の歌」「この道」など、歌曲風のものです。「学生時代」70代の愛唱歌のようです。

Q70歳代から80歳代 知っている歌

グループホームで働いていますが、歌が好きな方が何人かいらっしゃいます。

70歳以上の方は、どんな曲をご存知ですか?また、介護職をされている方は、レクの時間でどんな曲を歌いますか?童謡、歌謡曲なんでもいいので教えてください。また、無料、安価でCDや歌詞が載っている本など教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://takurou.co-site.jp/ikoi/

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/warabe.html#top

上記のサイトを参考にしてみてください。

Q1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる

ご存知、「三百六十五歩のマーチ」ですが、
1日目:1歩進む
2日目:1歩進む
3日目:1歩進む
で、3歩進んだことになります。歌でもそう言っています。
ですが、その後2歩下がると言っています。
進むも下がるも1日1歩と考えると、
4日目:1歩下がる
5日目:1歩下がる
ということになって、3-2=1で、結局5日間で1歩しか進んでいないことになります。

さてそこで、せっかく3歩も進んでいたのに2歩下がって、なぜ5日で1歩しか進めなかったのでしょうか?
“幸せは歩いてこない だから歩いてゆくんだね”と言っておきながら、一体、何があったのでしょう?

Aベストアンサー

この歌の2番の歌詞に
「百日百歩 千日千歩
ままになる日も ならぬ日も」とありますので、人生は前に進む日だけではないけれど、歩き続けていれば、少しづつでも前進できるという趣旨だと思います。

この歌を聞くと、次のクイズを思い出します。

深さ10メートルの古井戸の底にカタツムリがいて、毎日日中には3メートル上に登るが、夜には2メートル下にすべり落ちてしまう。このカタツムリが地面に到達するのは登り始めてから何日後か?

このクイズ、うっかりすると3メートル登って2メートル滑るのだから、差し引き1日1メートル登ることになるので、10日後だろうと考えてしまいますがこれは誤りです。8日目は底から7メートル(地面から3メートル)のところからスタートしますので、8日目の日中の終わりには地面に到達します。「だから何なんだ」と言われても困りますが、歩き続けることが大切という例にはなろうかと…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報