下の問題は解決しました。
でも、新たな疑問が・・・。
毎日中宮って変わっていますよね?ッてことは他の星も変わってるって事ですよね?
それはどういう配置になっているのでしょうか?
出来れば今月中で南東に四緑木星がくる日にちを教えて頂きたいのですが・・・。
分かる方、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

MAEAKIさん、まず星の動き(遁行)と方位につき間違えて記入したことをお詫びいたします。


ただしい動きは 
中宮→乾宮(北西)→兌宮(西)→艮宮(北東)→離宮(南)→坎宮(南)
  →坤宮(南西)→震宮(東)→巽宮(南東)そして中宮に戻ります。
で、南東は巽宮の間違いでした。日にち等は間違っていないはずですので、
ご確認をよろしくお願いします。
ご質問の祐気取り(気学では祐気撰用という方もいらっしゃる)とは、
本人から見た祐気方位の気を呼吸する事によって、体内にある気を
尅気(悪い運)から祐気(良い運)に転じ、祐気各方位による様々な
運を蓄保する事でよいでしょうか?
これは、
 祐気方位への転居
 祐気方位への旅行
 祐気方位の飲水(できれば湧水・井戸水)によって違うようです。
私が教わったのでは、本人卦を第一番にし、そこに年盤を重ね、
その年の凶方位、吉方位を調べる。
    ・・・この影響が2~3年後に現れ、長い間続く
本人卦、年盤の上に月盤を重ね、その月の凶方位、吉方位を調べる。
    ・・・この影響が2~3か月後に現れ、5年位続く
そして、最後が日盤
    ・・・この影響が2~3日後に現れ、60日位続く
というものです。
ですので、祐気取りも転居、結婚などは事を起こしていい年(本人卦、年盤)
の、時期(月盤)で判断し、日取りは日盤で判断する・・・ということになります。
どちらかというと、凶方位を薄めるという作用と教わっていますので、
必ずしも積極的に動くのではなく、動くときはやはり吉方位にある時が良いようです。
泊まりがけの旅行は月盤、日帰りは日盤で祐気取りが良いようです。
ただし、影響の大きさは本人卦→年盤→月盤→日盤ですので、重ね合わせた上で、
吉方位を見定めるのが鉄則です。
今年は吉方位が無いとのことですが、今年は中宮に七赤金星ですから
西は暗殺気、北は歳破、東が五黄殺でどなたにもおすすめできません。
MAEAKIさんのお生まれがわかりが、ここに本人卦の凶方位(本命殺、的殺)
を重ねたのが、MAEAKIさんの今年の凶方位ということになります。
それをのぞいた方位の中で、月盤の吉方位、日盤の吉方位を用いるのが
よろしいかと存じます。
これより詳しい部分は、誠に申し訳ございませんが、各流派(先生)によって
によって違うようですし、私は雑学的にかじっているだけで、結果に責任が持
てませんので、悪しからずご了承下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか、わかりました。
詳しく教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2002/02/11 16:52

今晩は。


下の問題ってのが探せませんでしたので、ちょっとずれてしまうかもしてませんが。
星の動きは、
 中宮→乾宮(南東)→兌宮(東)→艮宮(南西)→離宮(北)→坎宮(南)
   →坤宮(北西)→震宮(西)→巽宮(北西)そして中宮に戻ります。
ですので、今日(10日)の日盤は
 中宮→乾宮→兌宮→艮宮→離宮→坎宮→坤宮→震宮→巽宮
 一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫
明日(11日)の日盤は
 中宮→乾宮→兌宮→艮宮→離宮→坎宮→坤宮→震宮→巽宮
 九紫 一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 
とまわります。

これからいくと、南東(乾宮)に四緑木星が来るのは
2月5日、2月14日、2月23日ということになります。

蛇足ですが、何かをなさるようでしたら、その方の本命卦、年盤、月盤
とのかかわりも十分に考慮されて、事に当たられる方がよろしいかと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうやって動いているんですか・・・。
どうもありがとうございました。
何かするときとは「裕気取り」のことでしょうか?
質問になってしまうのですが
年盤とのかかわりが関係してくるのは「裕気取り」だけと
考えて良いのでしょうか?
裕気取り以外の行動は年盤を気にしなくても良いのでしょうか?

今年は俺、吉方位がないもので・・・。
宜しくお願いします。

お礼日時:2002/02/11 09:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今月8月の四緑木星の良い方位

8/11から一泊で埼玉の自宅から長野県の美ヶ原方面にドライブ旅行に行きます。

私は四緑木星なのですがこちらの方角はいかがでしょうか?

良い方角と気をつける方角を教えてください。

ネットで検索してみましたがわかりにくいので教えて頂けたら大変助かります。

Aベストアンサー

8月の四緑木星の
吉方位は 北 東南 北西
南は無難

その他は凶

南西方向のホテルなどは
いいかんじみたいです

お役にたてていたら嬉しいです

安全で楽しいドライブを♪

Q四緑木星 2012年10月の吉方位を教えて下さい

方位学の初心者です。
先日、知り合いに四緑木星生まれは、今年の10月に北東(丑艮寅)がいいので、北東→北東と世界をぐるりと回ってくるといいと言われました。方位を調べたところ現在NY在住なので、NY→ロンドン→香港→日本→NYと回る事が可能なことがわかりました。

しかし、疑問もいくつか出て来ました。
1 なんで世界をぐるりと回ってくると運気が上がるんでしょうか?

2 高島易断では、10月は8日より月命と書いてあるので、これは、10月8日以降の出発としなければなりませんか?

3 海外旅行の為、出発日と到着日が違う場合、どちらをとればいいのでしょうか?

4 知り合いは、「六白」の日を選んで動けといいますが、今年の四緑木星の吉凶図の中央に「六白」がきている(10月も中央に「六白」)ので、「六白」の日ということでしょうか?

どなたか教えて下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
NF

Aベストアンサー

NFAK様。引越しや旅行において時間と方位がその後の運勢に影響することは古くから知られていることです。陰陽五行の思想と長年の試行錯誤から編み出されてたものなのですが、おそらくは太陽、地球、月の磁場が人の健康や活力に影響し、結果として経済や幸福といういわゆる運勢につながると考えられます。さて、それぞれの質問に対してですが、まず1つ目。世界をぐるりと回る必要はありませんが、在る時間帯のある方向に向うといわゆる「気」が体内に入るとされます。2つ目について。10月8日以降ということですが、これは太陰暦の関係からです。3つ目。海外旅行に限らず、移動するときは出発の時刻で判断します。なお日本国内でも地域による時差を考えなければならないので、注意してください。4つ目。中央に6白があれば、「6白」の日と考えていただいて結構です。さて、その後の運勢を良くするために方位術を使うことは有効ですが、このいわゆる風水にはいくつかの種類があることはご存知でしょうか?実は風水には「奇門遁甲」とそれを簡略化した「気学」があります。奇門遁甲は「年盤・月盤・日盤・時盤」と呼ばれる4種類の評価表で年・月・日・時間における各方位に移動したときに、どのような影響がでるのか予測するために各時間帯のそれぞれの方位の状態を示した「盤」があります。具体的には、「年盤」は1年間、「月盤」は1ヶ月間、「日盤は1日、「時盤」は2時間ごとの向う先の状態を示した図になります。そして個人あるいは家族単位で最も効果があるのは、時間ごとの」判断といわれます。年・月・日・時の4つすべてが吉方(運勢を開花させるのによいとされる方位。時間ごとに変わる)になることはまれですが、一番効果が出やすいのは時盤に基づいた移動なので現代社会に適切といえます。従って目的とする方位が吉方となる「時間帯」に家を出発することで、引越しや旅行による運命の良化を図ることができます。(というか年や月がダメだから移動不可だと社会生活ができなくなる!)。移動する個々人の生年月日はよほど厳密にやる場合を除いてはあまり考えません。というのも吉方は皆に吉方だからです。これら年盤・月盤・日盤・時盤はWeb上で公開されていることもあります。「奇門遁甲、時盤」などでキーワード検索してみるといいかもしれません。いくつかヒットするはずです。時間帯に加え、月・年もよければその後は開運できると考えられます。またこれまでの凶方位への旅行や引越しや貴方自身が生まれた瞬間に背負った悪い運勢も、時盤吉方で引越しをしたり、旅行などの長距離移動をすることで緩和することができるとされます。ただいずれにせよ100%吉となる方位に移動することは難しいので、「すこしでも良い方向へ移動しよう」というやや緩やかな考えを持つことで社会や家族とマッチできます。方位学について初心者ということですが、実はかなり複雑なものであることを頭の片隅にでも入れておいていただくと、その後役に立つかもしれません。

NFAK様。引越しや旅行において時間と方位がその後の運勢に影響することは古くから知られていることです。陰陽五行の思想と長年の試行錯誤から編み出されてたものなのですが、おそらくは太陽、地球、月の磁場が人の健康や活力に影響し、結果として経済や幸福といういわゆる運勢につながると考えられます。さて、それぞれの質問に対してですが、まず1つ目。世界をぐるりと回る必要はありませんが、在る時間帯のある方向に向うといわゆる「気」が体内に入るとされます。2つ目について。10月8日以降ということで...続きを読む

Q六星占術の日にち(生まれた日について)

こんにちわ。実はお聞きしたいのですが、
私は実は1978年の3月28日に出生しましたが、
母には1978年の4月2日生まれと今まで言われてきました。

なのでいろんな占いなどは、4月2日で見てきてましたが、
この度真実を聞いてショックと、この先の占いの見方についてですが、
六星占術では、3月だと、火星人のマイナスで、
       4月だと、天皇星人のプラスだとなりますが、

この場合は、どちらが正しいのでしょうか?
戸籍は4月2日で届けてます。
どなたか教えて下さい!!

Aベストアンサー

六星占術は占いとしてどうかと思いますが、それは置いておいて、どんな占いであれ、実際に出生した日時で見るものです。
4/2で届け出たということは、学校の学年を1年下にしたかったのでしょうね、お母様は。(体力や知力などで、遅れを取らせたくない、という親はけっこういるみたいですね)

とはいえ、何かの縁で(?)4/2という日付で戸籍登録されてしまったわけで、さらに今までもそうだと思っていたわけですから、(本来は関係ない日付なのですが)「今まで自分はこれだと思っていた」性格として、記憶に残されてもいいのかも。自分はそうだと思うことによって、そのようになっていく、という部分もありますね。ただし、元々の素質はやはり、実際に生まれた日時のほうになります。西洋占星術など、別の占い方法でこれから見るときは、本当の出生日時で見てください。


私は占いをするので、戸籍上は別問題としても、本当の生まれた日時を子供が知らされないでいるというのは、かわいそうだなぁ、と思います。質問者さんは、教えていただいたわけですが、出生の情報というのはとても大事ですからね...。今のうちに、生まれた時間もなるべく正確に聞いておいたほうがいいですよ(母子手帳があるなら、調べておく)。

六星占術は占いとしてどうかと思いますが、それは置いておいて、どんな占いであれ、実際に出生した日時で見るものです。
4/2で届け出たということは、学校の学年を1年下にしたかったのでしょうね、お母様は。(体力や知力などで、遅れを取らせたくない、という親はけっこういるみたいですね)

とはいえ、何かの縁で(?)4/2という日付で戸籍登録されてしまったわけで、さらに今までもそうだと思っていたわけですから、(本来は関係ない日付なのですが)「今まで自分はこれだと思っていた」性格として、記憶に残...続きを読む

Q小児殺が中宮の引越しについて

九星気学について教えてください。

今年の7月に南へお引越し予定です。

(1) 7月は小児殺が中宮なのでやはり避けるべきなのでしょう。また南は年盤で今年の小児殺となるのでしょうか。

(2) 6月中に(正式には7月初めの1週間以内に)荷物を新居に移し、
   7月中に寝泊りを始める場合でもよくはないのでしょうか。

(3) 7月から1ヶ月ほど旅行に行く予定があります。
  
  →6月に大まかな荷物を新居に運ぶ(子供のものだけでも)
  →7月に旧居を引き払う
  →8月から新居で寝泊りをする
   のがいいのかと思いましたが。。。
   旅行先からはギリギリ南東(南に限りなく近い)へ帰ってくるのですが、空港から新居へは真東になります。
   今年の東は万人によくないと聞きました。その場合は空港から一度どこかを経由し新居へ吉方位として入ったほうがいいのでしょうか。

(4) 小児殺ではないのですが親が、一旦7月に南へ転居、上記のようなかたちで新居に戻る形になります。
   そういった場合は空港から帰ってくる場合でもきにしなくてよいものなのでしょうか。


いつもはあまり気にしないのですが、転居となるととても気になります。吉方位への転居であればとても嬉しいのですが、決まってしまった引越しなので、凶だけは避けたいと思います。
どなたか詳しい方、ぜひご教示お願いいたします。

九星気学について教えてください。

今年の7月に南へお引越し予定です。

(1) 7月は小児殺が中宮なのでやはり避けるべきなのでしょう。また南は年盤で今年の小児殺となるのでしょうか。

(2) 6月中に(正式には7月初めの1週間以内に)荷物を新居に移し、
   7月中に寝泊りを始める場合でもよくはないのでしょうか。

(3) 7月から1ヶ月ほど旅行に行く予定があります。
  
  →6月に大まかな荷物を新居に運ぶ(子供のものだけでも)
  →7月に旧居を引き払う
  →8月から新居で寝泊りをする
   のがい...続きを読む

Aベストアンサー

方位の見方は鑑定士によって様々です。一つの方法というのは在りません。
決まってしまっている事に対し、凶方に動きたくないと言ってもそれは不可能です。
方違えの方法も様々言われています。なので私の知るものの範囲で説明します。

私が習った流派では方違えは全く意味を成しません。
実際に某芸能人も方違えで吉方を取っていましたが、一発屋で終わってしまい、今では引退したかどうかもわかりません。
私自身、気学を習い始めたきっかけは小児殺でした。
母が渋る小児殺を「親が動くんだから子だけ置いていくわけには行かない」といってとりました。
それから症状が出る「線路」に従って、歯を折り、腕を折り、最終的に急性肺炎で、医師から「今夜が峠」と宣告されました。それを乗り越えた後も院内感染で腸炎を起こしました。
もちろん、そのような状況で吉方に病院などあるわけもありません。凶方はマイナススパイラルとなって次々襲うのです。
なので、小児殺は軽んじてはいけないと確信しています。

つまり、小児殺をとらない唯一の方法はやめることです。とりあえずご主人だけが移り、奥さんと子供さんは二人が吉方になるまで動かない、或いは計画的に数年後に吉方で入れるようにして別居する事です。
本当の方違えはこのような方法を言うのです。
方違えの年数は元の家に住んでいた年数に比例します。10年で1年以上を目安にして下さい。

もし、その方法が適わなければ、吉方取りで厄災を抑えるという方法をとります。
これは最初、北や東南の吉方を取り、八方を万遍なく吉方を取ることで、マイナススパイラルにブレーキをかけ、更に上昇運に転じさせるという気学の基本です。
そのためには専門家を決めて吉方取りを計画的にする必要があります。(その間に自分で勉強すれば、吉方取りなら自分でも割り出せるようになります。吉方の出し方にはあまり鑑定士の差は無いと思いますが、暦の見方が大きく二つあるので注意しましょう)
これは奥さんだけではなく家族それぞれです。小さいお子さんであるのでお母様とお子さんは二人の吉方をとります。
但し、これは“抑え”ですからゼロにする事は出来ません。大難を小難に変えるのだという事を理解して下さい。
でも、それを乗り越えて吉方取りを続ければ厄災はかなり小さく出来ますし、発展の可能性も出てきます。

もし、どうしてもそれほどの意思がないのであれば、答えは二つ。一つは方位の事を忘れる事です。
方位取り(祐気取り、吉方取り」は計画的に、勝つ積極的に動かなければなりません。中途半端にやると八方塞で身動きできなくなります。勉強している人も必ずその時期を迎えますが、意志によってなんとか乗り越える訳です。
なので、中途半端に見るならやらないほうが気が楽です。

もう一つの方法は困ったときの神頼みです。
私も子供の難を崇敬神社を持ち、退院から1年間は子供と日参し、その後成人になるまでは最低でも年三回の参拝をする事で乗り越えました。
私はその間に勉強をし、自分(家族も)で吉方(祐気)取りを実践してきたのです。
但し、これは信仰心がなければ適いません。人間社会だって相手を信頼しなければ助力を得ることなど出来ませんよね。
信仰心は宗教団体に入る事ではなく「信じ切る」ことです。だから最低でも一年間続けるという“僅かな”意志が必要なのです。

冒頭に述べたように、これは私の習った気学と経験です。
流派によってやり方も解釈も違うので、気に入ったものがあれば、それに頼るのも一つの方法です。
その際には、他の流派の説には耳を貸さないようにしましょう。でないと異なった情報ばかりで身動き取れなくなります。

方位の見方は鑑定士によって様々です。一つの方法というのは在りません。
決まってしまっている事に対し、凶方に動きたくないと言ってもそれは不可能です。
方違えの方法も様々言われています。なので私の知るものの範囲で説明します。

私が習った流派では方違えは全く意味を成しません。
実際に某芸能人も方違えで吉方を取っていましたが、一発屋で終わってしまい、今では引退したかどうかもわかりません。
私自身、気学を習い始めたきっかけは小児殺でした。
母が渋る小児殺を「親が動くんだから子だけ置いてい...続きを読む

Q本命星が中宮に廻座。結婚OK?

九星気学をカルチャースクールでかじった程度の者です。
疑問に思ったことがあるので教えてください。

先日、TVで風水建築デザイナーとかいう肩書きの女性が、今年結婚した大物女優について
語っていた件です。

女優さんの本命星が二黒土星。(結婚相手は八白土星)
で、『今年は本命星が中宮に来ているから、結婚する年』なので、二人に結婚するように
勧めたと言っていました。

私はスクールで、中宮はあまり動いたり、決断したりしないほうが良い年という風に
教えられました。
大まかに分けると、本命星が兌宮と震宮に本命星が廻座している年は大吉で、
中宮と坎宮が凶だと思っていました。
(あくまで、良いか悪いに分けただけなので、中吉とか小吉とかはおいといて・・・)

違うんでしょうか?

流派や先生によって違うところはあると思いますが、
『良い』と『悪い』では、大きく運勢が違いますよね。。。
しかも、何故女性側の本命星で運気が決まるんでしょう?
私は二人の本命星がどこに廻座する年か?という事と、もしくは、男性側の本命星を
重視という風に教わりましたので(勿論、空亡とかも総合して)
今年ならば来年のほうが結婚に良い気がするのですが・・・。

本命星が中宮に廻座している年が良い、と言ったような文献は
あるのでしょうか?教えてください。

九星気学をカルチャースクールでかじった程度の者です。
疑問に思ったことがあるので教えてください。

先日、TVで風水建築デザイナーとかいう肩書きの女性が、今年結婚した大物女優について
語っていた件です。

女優さんの本命星が二黒土星。(結婚相手は八白土星)
で、『今年は本命星が中宮に来ているから、結婚する年』なので、二人に結婚するように
勧めたと言っていました。

私はスクールで、中宮はあまり動いたり、決断したりしないほうが良い年という風に
教えられました。
大まかに分け...続きを読む

Aベストアンサー

後天定位中宮は五黄です。本命中宮の年は気が大きくなり、自らが帝王になったような気になります。
逆に五黄の対冲は暗剣。つまり中宮に回座した年は周囲が全て暗剣と考え、常にせっつかれた感覚、周囲から槍を突きつけられている感覚に囚われやすくなります。
なので、新規ごとなどは熟慮せぬまま行動に移したり、高飛車になるので避けた方が良いと言われているのです。

テレビで見た範囲なので詳細は判りませんが、
彼女は勉強したとはいえ、家相だけを重点的に勉強されたようですし、
何気なく聞いていたので間違っているかもしれませんが、彼女自身、暗剣殺や本命などを多用しているようで、どう考えても「運気」の勉強はされていないようです。
必要にせがまれて、独学の範囲で鑑定しているのでしょうから、「運気」の流れに関してはあまり参考にしない方が良いと思います。
まずは習った事だけを大切にして下さい。

ただ、五黄や暗剣などは捨てるものも多いですが乗り越えられない訳ではありません。命以外の全てを捨て去る覚悟があれば乗り越える事も可能です。
彼女の場合もそれに近い状態のようなので、今日の繁栄があるのでしょう。勉強の材料として、彼女の将来を見ると良いと思います。

ただ、見るところ、逆運に近いものがあります。
勉強の過程であれば話もあると思いますが、芸能界などは逆運と言って、一般の人では悪いものがよい方に作用する事がたびたびあります。
従って、彼女自体が逆運の持ち主であれば、芸能人やそれに類する人達にとっては適切な指導を与えられるでしょう。逆に逆運でない人が指導を受けるととんでもない事になる可能性もあります。

いずれにせよ、あと10年ほど様子を見ないと確証はもてませんが、面白い人物ではあります。
二組の結婚に対しても、線路に注意しながら注目していきましょう。

後天定位中宮は五黄です。本命中宮の年は気が大きくなり、自らが帝王になったような気になります。
逆に五黄の対冲は暗剣。つまり中宮に回座した年は周囲が全て暗剣と考え、常にせっつかれた感覚、周囲から槍を突きつけられている感覚に囚われやすくなります。
なので、新規ごとなどは熟慮せぬまま行動に移したり、高飛車になるので避けた方が良いと言われているのです。

テレビで見た範囲なので詳細は判りませんが、
彼女は勉強したとはいえ、家相だけを重点的に勉強されたようですし、
何気なく聞いてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報