昔こうらくで働いていた、あこはどうなったのでしょうか?またあこを演じていた女優の名前はなんでしょうか?

A 回答 (3件)

こんばんは。


あこは漫画家志望の男性と同棲していました。その男の漫画が売れるまで養うために、幸楽で働いていました。が、そのうち、その男の漫画が売れ始めます(何か漫画賞を取ったかも)。
その男は、良家の息子で漫画を反対されて家出していたのですが、漫画で認められ、実家とも連絡を取りました。それで、あこと結婚したいということも親に言ったのですが、親は反対。
しかし、実は彼の妹はアコの通っていた高校に通っており、あこが金持ちの娘だと言うことが判明します。それで、彼の親も結婚だかおつき合いだかに賛成します。
あこは、○○家(忘れてしまいました)の娘という目で周りから見られるのが嫌で、それを隠して家出をしていたので、結局それで認められるのは嫌ということで、彼と別れることにしました。
しかし、彼はしつこくアコを追っかけていたので、アコは幸楽を出ていってしまいました。
その後、一度五月に挨拶に来ましたが、それきりのはずです。

参考になればいいのですが。
    • good
    • 0

たしか漫画家志望の彼と同棲してたとおもいます。

で、彼にいい漫画を書いてもらうため自分がばんばって働いていたとおもいます。親にも反対されているからか(このへんの記憶はあやふやです)幸楽のひとたちにも同棲してることは内緒にしてたとおもいます。彼の作品も少しづつみとめられるようになり幸楽をさっていったとおもいます。すいません。かなりあやふやですが彼とハッピーエンドにはなってました。
    • good
    • 0

どうなったか不明ですが



女優さんは西部里菜という名前だったと思います。
芦屋雁之助(あしやがんのすけ)さんの娘さん

のはずです。
間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渡鬼のおかくらと幸楽

渡る世間は鬼ばかりの「おかくら」と「幸楽」は、ドラマの設定ではどこにあるんでしょうか??

Aベストアンサー

幸楽の住所は、東京都新宿区曙橋5-3-2 だそうです。
http://ichigaya.keizai.biz/headline/288/

おかくらは、東京都世田谷区弦巻 だそうです。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/mmorita/jiten.htm

Q渡る世間は鬼ばかり…節子

近頃、渡る世間は鬼ばかりの再放送に夢中です。

再放送では、(パート4ですか?)途中で話が抜けるんですよね。岡倉節子お母さんがニューヨークに旅行中に、亡くなってしまっていて…。図書館で文庫本や、ガイドブックなど借りて読んで、ストーリー的にはわかりました。

実際のところ、節子役の山岡久乃さんが亡くなってしまったからですか?それとも、久子役の沢田雅美さんみたいに、トラブルでもあったのですか?知ってます?

Aベストアンサー

次回作に山岡さんが出演しない・・・で、当時ワイドショーをにぎわせていました。橋田さんと仲が悪くなっただとか、他の共演者と仲が悪くなっただとか。

山岡さんが主演を辞退した理由を多くの方に語らなかった。というか、外部には彼女の病気が漏れてこなかった。

後になり、山岡さんが癌で亡くなられたのが判りました。当時としては、なるべく自然な形で節子さんを画面から消すにはあの方法しか無かったのだろうと思います。よく考えたな~。と感心しながら見ていました。

Q大阪市内でホルモンのおいしいお店

ホルモンをあまり食べたことがありません。

大阪市内に出張で行きます。

一人で気軽に寄れて、安くて、おいしいホルモンのお店をお教えくださいませ。

Aベストアンサー

大阪市内も広ろうございます。
至福のホルモン一人カウンターで・・・
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27000564/

Q渡る世間は鬼ばかり

主婦になり、昼間の再放送をきっかけに見るようなりました。

【幸楽】従業員にいる田島聖子(中島唱子)と田島周平(岡本信人)の結婚の経緯が知りたいです。

周ちゃんは元々幸楽にいたのでしょうか?それとも聖子との結婚がきっかけで幸楽に勤めるようになったのでしょうか?

聖子の演技の巧さに脱帽。(嫌なやつになりきりすぎ!!笑)

Aベストアンサー

こんばんは!!

#1です。再びの登場、お許しください。

見つけましたよ!!
二人が 結婚を意識するくだりを!!

9/16, 9/23, 9/30 の あらすじを読んでみてください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Spotlight/4646/story98.html

Q世間と社会の違い

最近、阿部 謹也さんの「「世間」とは何か」を読んだんですが、具体的には世間と社会の違いは何でしょうか?
自分としては世間は人間関係を重視したもので、社会は法律やインフラなど大きな取り決めを定めたものだと思うですが…
皆さんのお考えをお聞かせ下さい。

それと、海外にはいわゆる「世間」はないのでしょうか?
黒人社会、白人社会とは聞きますがこれは日本で言う世間とは違うのでしょうか?
違うとしたら何が違うのか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに日本では明治以降輸入された概念である「社会」とそれ以前から自然発生的に形成されてきた「世間」とでは重なる部分もあるものの、やはり本質部分には異なるものがあると捉えている向きがあります。
よく「世間体が悪い」とか「世間様に申し訳が立たない」などと使いますが(最近ではあまりそういうことも言わないのかもしれませんが)、こういう場合「社会」的に明確な「悪」であるようなこととはまた違った意味合いであることが多いかと思います。
「世間」というのは所謂「ムラ社会」で形成される「見えない決まり」に照らしてどうであるかということが規範となります。
「見えない決まり」は主に慣習などからつくられていますが、そこには日本人が何より大事にする「和」の心が欠かせません。
「和」というと現代の民主主義社会の理念に近いような感じがしなくもないですが、実際にはそうではなく、「多数決によって多数の幸福を追求する」のではなしに、例え全体が「社会」的に悪い方向へ向かおうとも、全員が納得するやり方を尊重するということです。
納得さえすればいいので当初の目的が歪んだかたちで変更されたりしても構いませんし、要は「赤信号皆で渡れば怖くない」というような現象が起き易くもあるのです。
そのような「世間」で最も大事なことは何と言っても「足並みを乱さないこと」。
良くも悪くも「出る杭は打たれる」ということです。
ですから日本では「世間」と「社会」のどっちに従えばいいのだろうかというような問題も起きてきたりしますし、板挟みとなって苦悩するようなこともあるでしょう。
一方西洋の社会では「社会的規範」のようなものは近代国家が形成される以前に、キリスト教などの宗教によって既に下敷きがなされていたようなところがあります。
逆に言うと日本ではそういう強力な「ルール」をもつ宗教が「社会的規範」となり得るほどのウェイトを占めることが出来なかった為に、「世間」という具体的なようで実際には具体的でないものが形成されたのだと言えるかもしれません。
どうして「仏教」にしろ「キリスト教」にしろ、一旦は入ってきたにも拘らずそういうことになり得なかったかというと、やはり古来からの「和」の原理に敗れた、もしくは取り込まれてしまったからだということでしょう(太宰治も言っている「つくりかえる力」ということでしょうか)。
西洋では宗教というのは「神との契約」で、日本が「世間」でもって共同体のルールづくりを行ってきたのと同じようなことは宗教が担う役割でした。
「世間様に申し訳が立たない」のではなく「神様との約束を違えてしまう」ということが、西洋人を縛ってきたということです。
ですから「世間」の定義にもよりますが、日本と本質的に同じようなものは少なくとも西洋にはないと言えるかもしれません。
確かにあちらにもそれぞれ小さなコミュニティにおける「見えない決まり」は存在するでしょうが、それが日本のように宗教による拘束力のような力をもつことはまず有り得ません。
日本人にはわかり難いところですが、空気のように当たり前に宗教が存在するところでは決まりも何もそれを介さない訳にはいきません。
ちょうど日本人が意識せずに何事も「和」の原理の影響を受けていることと同じです。
日本も明治の文明開化以降、その目で西洋をつぶさに見てきた者達によって如何に向こうでは宗教というものが人々の精神的支柱となっているかということを思い知った為、単なる自然崇拝的なものであった「神道」を、無理矢理天皇を頂点とする強力な求心力をもったものにつくりかえようとしましたが、ご存知のように先の戦争に敗れてからはそれが「諸悪の根源」であるかのように言われる始末ですし、もしそれが無かったとしても何より「和」を重んじる民族性には合わないものですので、次第にもとのかたちに戻されていくような感じになったのではないかと思います。

何かダラダラ長くなってしまいましたが、何かしら質問者さんの思索の助けになる部分でもあれば幸いです。

こんにちは。
確かに日本では明治以降輸入された概念である「社会」とそれ以前から自然発生的に形成されてきた「世間」とでは重なる部分もあるものの、やはり本質部分には異なるものがあると捉えている向きがあります。
よく「世間体が悪い」とか「世間様に申し訳が立たない」などと使いますが(最近ではあまりそういうことも言わないのかもしれませんが)、こういう場合「社会」的に明確な「悪」であるようなこととはまた違った意味合いであることが多いかと思います。
「世間」というのは所謂「ムラ社会」で...続きを読む

Q渡る世間は鬼ばかり

”渡る世間は鬼ばかり”
これはどういう意味ですか。
あるドラマの最後にある文です。
ドラマの名前が忘れましたが...。
ありがとう!

Aベストアンサー

●「渡る世間に鬼はなし(ない)」という言葉

人生、色々な環境になったり、色々な人たちに出会ったりすることで、「嫌だなぁ」と思うこともあるかもしれませんが、そんな世の中でも、無慈悲な人たちばかりじゃない、いい人たちもいて助けてくれるよ・・・・という意味。


●「渡る世間は鬼ばかり」という橋田さんの作った言葉

番組をご覧になられたことはあるでしょうか?
上記の「元々の格言」の正に逆ばかりのことが起きる物語の題名がコレです。「渡る世間に鬼はなし」の精神で生きていても、どうしようもない人たちの身勝手さに振り回されたり、足を引っ張られたり、迷惑をかけられたり・・・・。そんな問題が次々に起きたりして、登場人物たちはそれぞれ疲れ果ててしまいます。日本人がよく経験する身近な人間関係の問題ばかりを濃縮して作ったようなドラマ(物語)ですので、数々の苦労を乗り越えてホッとするのも束の間、また新たな「鬼」(嫌な人のこと)が登場し、大変な目に遭う・・・・というのを端的に表現した言葉で、多少「皮肉」みたいなものも含まれています。
元々の「渡る世間に鬼はなし(ない)」という言葉がわかると、この番組タイトルが何を言おうとしているのかがわかると思います。


特に、日本古来の「結婚の形」から来る人間関係は、物語にも描かれているように、なかなか難しいんですよ(;⌒▽⌒A) 同じ日本人同士でもなかなか理解できないことが沢山あって、頭では「渡る世間に鬼はなし」と思っていても、実際は「鬼ばかり」という場面に数多く遭遇するので、今では、このドラマのタイトルの方が本来の言葉よりも有名なってしまった感じです。


説明が長くなってしまいました。ごめんなさいね。
ちなみに、「渡る世間に鬼はない」という言葉は大きな辞書には載っていると思います。参考までにご覧になってみてください^^

●「渡る世間に鬼はなし(ない)」という言葉

人生、色々な環境になったり、色々な人たちに出会ったりすることで、「嫌だなぁ」と思うこともあるかもしれませんが、そんな世の中でも、無慈悲な人たちばかりじゃない、いい人たちもいて助けてくれるよ・・・・という意味。


●「渡る世間は鬼ばかり」という橋田さんの作った言葉

番組をご覧になられたことはあるでしょうか?
上記の「元々の格言」の正に逆ばかりのことが起きる物語の題名がコレです。「渡る世間に鬼はなし」の精神で生きていても、どうし...続きを読む

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Q渡る世間は鬼ばかり 2009.2.26 45回あらすじ

先日、渡る世間は鬼ばかり(2009年2月26日放送45回)を見逃してしまいました。
tbs公式HPのあらすじではなく、もっと詳しい内容のあらすじを知りたいです。
どこかありませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

たまたま録画していました。

おかくらで働いてから家に帰った貴子は、母親の直子が迎えに来ているのを見て愕然とする。
直子は貴子が真と別れてお金持ちのいい人と結婚してほしいと思い
、貴子の荷物を自分のマンションに運んでしまえば、
あきらめて一緒に暮らしてくれるともくろんでいたのだ。
ところが貴子は自分の洋服など荷物が本当にないのを確認すると、
そのまま家を飛び出して行った。

向かった先はおやじバンドの練習場。しばらくはみんなが演奏しているのを
聴いて帰ろうと思った貴子だが、練習を終えた誠が、貴子が部屋の
外にいることに気づく。

勇「どうしたの?こんな遅く」
貴子「元気をもらいたかったのかな。ちょっとめげてたりしたし」
誠「なんかあったの?」
貴子「いえ、別に・・・」
勇「これからうち帰るの?ダメだよ、一人じゃ。真帰ってきたら、
送らせるからさ、うち寄ってって」
貴子「・・・私、もう帰るうちないんです・・・」と泣き始める貴子。

ナレーション「真の恋人、貴子は追い詰められていました。
人生の曲がり角に立っている貴子を、
勇や周りの人たちは温かくサポートしようとしていて、
真や貴子の運命も変わろうとしていたのでした」

ここでオープニング

貴子は幸楽にいた。五月にうちに泊まりなさいと言われ、真も大吉が持っているマンションに住むように、と再三勧めていた。
貴子は父親の道隆に相談しないと、と遠慮しがちだったが、真から道隆に伝えるように、と言う五月に
「俺が言っても母親と暮らすように言われるだけだ」と
真は自分の意見は聞いてもらえないと主張。
そこで五月は真と一緒に道隆にお願いにあがると提案する。
「貴子さんは大事な人なの。ほっとけるわけないでしょ。みんなで貴子さんのこと守んなきゃね」
そんな五月たちの優しい言葉にホッとする貴子。

早速、真と五月は道隆に会いに行った。
最初はそんなわがままはさせないとマンションに住むことを拒んでいたが、
五月が貴子さんがおかくらになくてはならない存在でみんな惚れ込んでいることを強く伝えると、
その懸命な申し出が伝わったのか、貴子だけでもよろしくお願いします、と頭を下げるのだった。

五月はその足でおかくらにいる貴子に、お父さんのお許しをもらった、と
報告に行く。タキさんの協力で生活に必要なものも用意をされていると
いう。さらに、お母さんが荷物を持っていってしまって、何もないと
察した五月は「これで必要なものを買いなさい」とお小遣いを渡す。
貴子は、おかくらから過分なお手当ていただいてるので受け取れません、
などと拒否するが、五月はうちで面倒みたい、おやじバンドの練習も
たまには見に行ってやって、と言い、「お母さんのところに帰らなくて
本当によかった」とホッとしていたのだった。

お昼休み中に幸楽に戻ってきた五月が一体どこ行ってたのか
何も言わないことに、愛がピリピリする。

マンションでは貴子と共にタキと壮太が引越しの手伝いをしていた。
そこでタキはもしかしたらおかくらを継ぐのは貴子さんかもしれない、
などと貴子に意味深な言葉を漏らす。
マンションの家賃の心配もいらない、遠慮することない、社長さんの娘じゃなくなってみんなホッとしていると思う、
大井精機のことは大変だと思うけど、これからまた別の幸せがきっと来るから、と貴子を勇気づける。

その頃おかくらでは大吉が怜子と貴子についてよく働いてくれて、
本当に助かる、と話していた。
貴子たちもおかくらに戻り、仕事を始めたところに、日向子が一人で
やってくる。
おばあちゃんもパパもママもみんな忙しくて、相手してくれないと
愚痴をこぼす日向子は、だったらお店を手伝う、と張り切るが、
もう人手が足りてることを聞いた上に、大吉に早く帰りなさい、と
言われて友達はみんなどこかに連れて行ってもらったりしていることを
羨ましく話す。
見かねた怜子は日向子に、どこに行きたいか聞き、2日くらいなら
お休みをいただけると温泉つきのスキーに行くことを提案をする。
それを聞いて大吉が「小宮さん一人にヒナをお任せするのは・・・」と
一緒についていくことになり・・・。

翌日、早速旅行に出かける日向子をおかくらに挨拶がてら送りに長子が
やってきた。大吉たちを送り出した後、怜子が一緒ならタキに引き止めて欲しかったと、耳打ちする。
タキは大吉の気持ちを考えたら、こういうことはチャンスだと言い、
ゆくゆくは貴子がおかくらを継ぐことになることになるかもしれないから、
しっかり仕込ませていただこうと、壮太とも話したということも
長子に話すのだった。

旅行先でスキーの練習に行く日向子を送り出した後、大吉と怜子は
コーヒーを飲みながらゆっくり寛ぐことにした。
「こういうところに来て、やっと自分の気持ちを見つめることができる
のかもしれない」と大吉。それに賛同する怜子。
娘がみんな出て行ってしまって、一人ぼっちになったことを
嘆いた大吉に怜子は
「私なんておかくらでお手伝いをさせていただけて
なかったらたった一人でどうなってたか・・・考えたらゾッとします」
「小宮さん、ずっとおかくらにいてください。どこへも行かないで、
私のそばに。大事にします」との大吉の言葉に「ありがとうございます」
と怜子が言った。大吉はよかった、とホッとする。ずっと言いたかった
けど、なかなか言えなかったと。

おかくらで夜食を囲む、タキ、壮太、貴子。
そこに真が貴子のことが心配でおかくらにやってきた。
大吉が怜子と日向子とスキーに行ってることを聞いて、「おじいちゃんと
小宮さんどうなってるの?」と言う真。そして、道隆も貴子と
同じマンションに引っ越すことを受け入れてくれたことを報告した。
「小島くんが説得してくれたんでしょ?」と感謝する貴子。
「社長は必ず再起なさる方です。一時しのぎのことなんですよ。
すぐちゃんとしたところで貴子さんと暮らせるようになるから。それ信じて」

自宅に帰ってきた真は、明日和津が東大の試験なのに何やってるの、と
咎める五月に何気なく言った。
「貴子さんがおかくらのマンションへ入ったから様子見に行ってきたんだ。
おじいちゃんに会ってよく頼んでおくつもりだったんだけど、おじいちゃんいなくて。
ヒナがスキーに行くのに泊りがけでついてったんだって。小宮さんもだって」
「え、小宮さんも!?」
「うん。温泉で骨休めだってさ。けど小宮さんも一緒なんてなんか
ヘンだよね。じゃおやすみなさい」

翌朝、試験を受ける和津に五月がお弁当にビフテキとトンカツを作り、
真が湯島天神のお守りを頑張れ、と渡す。

お昼休みにおかくらに行った五月はろくに挨拶もせず、
大吉に話があるから、二階に来るように言う。
「お父さん、小宮さんと泊りがけで温泉に行ったんだって?」
「おぅ、ヒナのスキーのお供でね。」
「だったら一人で行けばいいでしょ!?」
「なんだ、そんなことで来たのか」
「日向子ちゃんダシに使って。小宮さんと泊りがけで温泉行くなんて」
「はっきり言っとく。私はとっくに夫としての役目を果たした。
父親としての責任も果たした。今は一人の男として、自由に生きていけるときが来たんだよ。
私が何をしようとお前たちにとやかく言われることはないんだ。好きにさせてもらうぞ」
「お父さん!?」
「それから、あとどれだけ生きられるかわからないけどね。
このまま一人というのは寂しすぎる。そばにいてくれる人がいたら、
一緒にいい年を取りたい。まだね、正式にその人に話したわけじゃないんだよ。
ま、いずれきちっとケジメをつけて、できたら籍を入れて、
このうちで暮らしたい。そのときはお前たちにもハッキリ言うよ。それまでは黙って見ていてほしい。余計な口出しされたら迷惑だよ」
「お父さん、小宮さんが好きなんだ。小宮さんと再婚するつもりなんだ」
と泣く五月。
「あ、相手は誰だっていいだろうさ。ただね、私がそういう考えでいるってことだけは、承知しておいてくれ」

ナレーション「父の再婚なんて思ってもいない五月には、大吉の言葉は
大きなショックだったのでした」

以上です。省略したところもありますが、お役に立てれば幸いです。

たまたま録画していました。

おかくらで働いてから家に帰った貴子は、母親の直子が迎えに来ているのを見て愕然とする。
直子は貴子が真と別れてお金持ちのいい人と結婚してほしいと思い
、貴子の荷物を自分のマンションに運んでしまえば、
あきらめて一緒に暮らしてくれるともくろんでいたのだ。
ところが貴子は自分の洋服など荷物が本当にないのを確認すると、
そのまま家を飛び出して行った。

向かった先はおやじバンドの練習場。しばらくはみんなが演奏しているのを
聴いて帰ろうと思った貴子だが...続きを読む

Q手元の資料を見ながら発表はしてもいいのでしょうか?

ゼミ発表や、学会の発表でパワーポイントを使って発表するときに僕はパワポのノートというところに言う内容びっしり書いておき、それを印刷して、見ながら発表します。でもおなじ4回生の人はそれはダサいから俺は見ずにアドリブで発表すると言っています。
確かに見ずに発表するとかっこいいけど、まだ自分はアドリブで発表できるほどの実力はないので修士課程ぐらいからアドリブで発表できればいいかなと考えています。アドリブで発表して言うことがグズグズになるのだけは避けたいです。世間の大学生は手元の資料を見ながら発表するのは一般的でしょうか?

Aベストアンサー

手元資料を見ながら発表は別に変なことではありません。そのために普通の演壇には手元照明があるのです。
私は60近い大学教授ですが、手元資料を見て話すことについて恥ずかしいことだなどと全く思っていません。
発表でも長丁場の講演でもしゃべることは全てそのままきれいに下書きします。時間の制約の中で、最も多くの情報を最も的確に乱れなく提供するには、自分の能力としてはそれが必要だと思っています。これにより時間確認ができ、時間オーバーなら論旨を絞るとか、時間が余るならもっと丁寧な説明をするとか、内容の調整ができます。読んでみると発音しにくいフレーズがあったりして、そういうのも直せます。改訂した下書きで講演に臨みます。
内容は十分に頭に入れますが、暗記はしません。自分の書いた長丁場の文を暗記するのは、やってみればわかりますが、ものすごい苦痛、ほぼ不可能。それに、暗記に頼ると、途中でちょっとリズムが狂うと筋が思い出せなかったり、どっかんと途中を飛ばしたりする危険があります。
顔を上げて聴衆にたいして話すという姿勢は大事ですので(格好の善し悪し以前に、そうしないと聞き手が集中しないので)、顔は紙面と聴衆とスクリーンと往復をします。ポインタも適宜使いますので、ちょっと忙しいですが。
棒読みの口調もNG、読んでいる雰囲気をあまり感じさせない話し方にしないといけません。だから語尾とか口調は下書きから逸脱して流れに任せる程度でよい、と思います。

一部の有能な人は別にして、普通の人はアドリブは論外、良く準備せずにやってるとぐずぐずの流れ、時間超過、ポイント外し、時間が迫ると早口になって聞き取れない、聞いている人の時間を奪うだけ、で終わります。ときにはしどろもどろ。そういう発表は不快。「時間泥棒、引っ込め、真面目にやれ、会場の聞き手をなめてんのか」などと思う人も多いはず。
手元資料無しにやれると思う人はそうすればいいですが、そうでなければ、かっこつけるよりも前に、誠実にやることを優先したほうがよいと思います。

手元資料を見ながら発表は別に変なことではありません。そのために普通の演壇には手元照明があるのです。
私は60近い大学教授ですが、手元資料を見て話すことについて恥ずかしいことだなどと全く思っていません。
発表でも長丁場の講演でもしゃべることは全てそのままきれいに下書きします。時間の制約の中で、最も多くの情報を最も的確に乱れなく提供するには、自分の能力としてはそれが必要だと思っています。これにより時間確認ができ、時間オーバーなら論旨を絞るとか、時間が余るならもっと丁寧な説明を...続きを読む

Q渡る世間に鬼はなし、2話の終盤のストーリーを教えて下さい。

渡る世間に鬼はなし、2話の終盤のストーリーを教えて下さい。

10月21日放送の、渡る世間に鬼はなし、2話の終盤で寝てしまいました。
私の記憶にあるシーンは、

長女弥生がおかくらで父親に愚痴を言い、現在同居中の嫁が、医療事務の仕事を始めてから、院長の秘書のような仕事もし、きれいな格好をして、帰りも遅い、自分を「おかくら」で使ってくれないか、と言っているところまでです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
大吉に「長子が帰ってくるから」と断られ、家に帰って良に「どこに行ってたんだ、夕食の支度もしないで」ってせめられ、弥生もむきになり「仕事をさがす」と言い残し部屋にこもってネットをみて、仕事を探してるとこで終わったと思います。


人気Q&Aランキング