日付/品番/出庫数のフィールドで構成された「明細テーブル」があります。
「日付」フィールドからなるメインフォーム、「品番/出庫数」からなるサブフォームをつくり、メインフォームのサブフォームコントロールのレコードソースを「サブフォーム」に指定しました。

日付を入れるとその日の出庫明細がサブフォーム上に表示されるのですが、このレコード件数をメインフォーム上のコントロールで表示したいのです。

サブフォームのヘッダにテキストボックスコントロールを作り「=Count([品番])」としてやれば、「サブフォーム上での」件数表示は出来るのですが、同じ式をメインフォーム上のコントロールに記述すると、「全レコードの件数」が表示されてしまいます(当たり前ですが)
そこで、「=Count([埋め込み].Form![品番])」とやってみました。ここで「埋め込み」とはメインフォーム上のサブフォームコントロールの名前です。
結果は「#Error」となってしまいます。Count関数だけでなくSum関数などでも同様の結果となります。
はっきりいって「サブフォームのヘッダに表示させればいいじゃないか」というところなのですが、「式ビルダ」ではサブフォームのコントロール名も容易に参照できるようになっており、なにか方法があるのではないか、初歩的なところでつまずいていないか、と思案している次第です。
なにかアドバイスいただけたら幸いです。

A 回答 (2件)

サブフォームのフッタに『件数』というテキストボックスを作り


ソースに =Count(*) とします。

普通のフォームとして作り、[規定のビュー]をデータシートにすればデータシートのサブフォームになりますから、フッターを追加しても問題はなく

メインフォームにテキストボックスを作り
=NZ([サブフォーム名].[Form]![件数])
という具合にサブフォームの「件数」を参照すれば良いです。

参考になれば幸いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはすでに試していたのですが……
「コードビルダ」で作成した式では([サブフォーム名].フォーム![件数]) と
「Form」が「フォーム」(実際は半角カナ)になっていました(なぜ・・・?)

k_ebaさんの式で上手くいきました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 21:51

AccessVBAでTblの件数を取得すると↓


1.Mainフォームにテキストボックスを1つ作って下さい。名前は「txt1」
2.デザインフォームのプロパティのイベントで「開く時」の右にある
「...」3点リーダーをクリックし、コードビルダを選択します。
3.コードビルダが開いたら ツール→参照設定→Microsoft DAO 3.6
Object Libraryにチェックを付けて下さい。
下記の点線の部分を↓にカット&ペースト


Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
●●●←ここにカット&ペースト
End Sub

'---------------------------↓
Dim db1 As Database '変数宣言
Dim rs1 As Recordset
Dim aCnt As Integer

'総件数の取得
aCnt = 0
Set db1 = CurrentDb
Set rs1 = db1.OpenRecordset("T_全件")
If rs1.EOF Then '1件も存在しない場合はエラー
Msgbox("T_全件テーブルに該当データは存在しません。")
Exit Sub
End If
rs1.MoveLast
aCnt = rs1.RecordCount
Me.txt1.Value = aCnt  'テーブルの合計値をTxt1に表示する。
rs1.Close
db1.Close
'----------------------------↑
説明が必要であれば追記してください。(暇なときに返事します)

この回答への補足

詳細な回答いただきありがとうございました。

>Set rs1 = db1.OpenRecordset("T_全件")
この"T_全件"のところにレコードソースとなるテーブル名を入れるのだと思いますが、実行したところ、テーブルのすべてのレコード数が表示されてしまいました。

サブフォームに表示されているレコード件数だけを取得したかったのですが……。

しかしこのコードを使えばレコードソース以外のテーブルからも値を取得することが出来ますね。今後の参考になりそうです。

補足日時:2002/03/13 21:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのフォーム上にレコード数とレコード番号の表示

Accessでクエリを元に表示するフォーム上で、テキストボックス等に関数を使って、レコード数とレコード番号を表示する方法がありましたら教えてください。

フォームの書式設定で「移動ボタン」の表示をすれば目的の事は出来るのですが、表示の大きさが調整できない為、とても見難いのです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レコード番号のコントロールソースを
=[CurrentRecord]
レコード数のコントロールソースを
=Count("*")-[NewRecord]
としてみてください。

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

Qサブフォームに対してGoToRecordするには?

フォームに対してRequeryすると先頭のレコードへ移動してしまうので
Requeryする前のレコードの番号を取得して
Requery後にそのレコード番号へ移動したいのですが

Sub test()
i = Forms("Form").Controls("SubForm").Form.CurrentRecord
Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
DoCmd.GoToRecord acActiveDataObject, Forms("Form").Controls("SubForm"), acGoTo, i
End Sub

これをすると、実行時エラー2498
指定した式は、いずれかの引数とデータ型が対応していません。
になりますが、
どこがおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現状・例2>
  Forms("Form").Requery
 <現状・例3>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Form.Requery
 <代替策>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
  ※「現状・例3」との違い(→途中の「.Form」の有無)に注意。


【詳細】
> 実行時エラー2498

このエラーの直接の原因は、GotoRecordメソッドの第2引数に指定している
「Forms("Form").Controls("Subform")」の部分です。

ここに指定するのはオブジェクト名になりますが、そのデータ型は文字列型です。
一方、「~.Controls(~)」の形で指定した場合、取得できるのは
 a)オブジェクトそのもの
 b)そのオブジェクトのデフォルトプロパティ
のどちらかです(→状況によって変化します)。
(例えばテキストボックスなら、TextBoxオブジェクトまたはValueプロパティの値)

サブフォームのデフォルトプロパティは調べていませんが(汗)、少なくとも文字列
型のプロパティではないため、「型が一致しない」とのエラーとなります。
サブフォームのコントロール名を取得する場合は、
  Forms("Form").Controls("SubForm").Name
というように、Nameプロパティを明示的に指定する必要があります。

ただ、「サブフォームのレコード移動」の場合、明示的に「Name」プロパティを
指定しても解決には至りません(汗)
これは、GotoRecordメソッドの第2引数には、直接開いているオブジェクトの
名前のみが有効なためで、サブフォームを直接的に指定することはできない、
ということです。
(注:Microsoftの資料を探したわけではなく、経験則から記述していますので、
 私の勘違いでしたらご容赦願います(汗))

サブフォームのレコード移動には、冒頭に記述したとおり、「フォーカスの移動」と
「一部の引数を省略したGotoRecord」を使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

なお、これも冒頭に書きましたが、サブフォームのRequeryの仕方には幾つか
方法がありますが、Requeryの対象を「コントロールとしてのサブフォーム」にすれば、
レコード移動が発生しませんので、GotoRecord自体が不要になります。
http://www.f3.dion.ne.jp/~element/msaccess/AcTipsFrmHowToRequeryAndReturn.html

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現...続きを読む

Qアクセスのフォーム上でのカウントについて

access2003を使用しています。

フォーム上で、A、B、C の3ランクをクエリから抽出して表示させています。

総件数はテキストボックスのコントロールソースに
=Count([ランク])

で、表示されるのですが、
ランクごとの小計が
=DCount([ランク],"A")では、フォームビューでは「#エラー」と表示されてしまいます。

記述が間違っているのでしょうか?それとも使用できないのでしょうか・・・。同じことをレポートで行おうとしたら、総件数も「#エラー」となってしまいました。

ランクごとの小計の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

DCountはテーブルやクエリのレコードをカウントします
フォームのレコードをカウントするのなら普通の集計関数のほうがいいですね

=Sum(IIf([ランク]="A",1,0))

DCountでも出来なくはありませんが
DCount("クエリ名","*","(フォームで何らかの絞込みを行っていればその条件)")
と面倒なことになります

QACCESS フォームからサブフォームのデータを更新・入力したい

ACCESS フォームからサブフォームのデータを更新・入力したい

tbl_プロジェクトというテーブルにIDとプロジェクトコード、プロジェクトの基本情報を持たせ、f_プロジェクトフォームからプロジェクトコード、件名、契約日等のデータ及び、f_テーマサブフォームにテーマを入力できるようなフォームを作成しています。フォームで入力したものをそれぞれのテーブルに保存したいのですがうまくいかない部分があります。

フォームから入力すると、tbl_プロジェクトに所属する情報は更新されます。そのtbl_プロジェクトに所属するプロジェクトコードをサブフォームのtbl_テーマのプロジェクトコードにも反映したいのですがどのようにしたらよいでしょうか?
そういったことは可能でしょうか?分かりにくい説明で申し訳ないですが教えていただけると助かります。よろしくお願いします!



DBの構成
【テーブル】
tbl_プロジェクト (1件1件のIDとプロジェクトコードを持つ)
(フィールド:P_ID、プロジェクトコード、件名、契約日など)
tbl_テーマ(プロジェクト毎に関連のあるキーワードを持つ)
(フィールド:P_ID、プロジェクトコード、テーマ)←これのプロジェクトコードにtbl_プロジェクトのデータが入るようにしたい。
tbl_顧客(プロジェクトを依頼した顧客情報を持つ)
【クエリ】
q_テーマ(プロジェクト、テーマ、顧客を抽出するクエリ)
【フォーム】
f_プロジェクト (プロジェクトを1件ずつ表示・参照・新規作成するフォーム)
f_テーマサブフォーム (f_プロジェクトフォームのプロジェクトコードにづきテーマを
        表示・入力するサブフォーム)

リレーションはP_IDをキーに一対多で作成しています。

ACCESS フォームからサブフォームのデータを更新・入力したい

tbl_プロジェクトというテーブルにIDとプロジェクトコード、プロジェクトの基本情報を持たせ、f_プロジェクトフォームからプロジェクトコード、件名、契約日等のデータ及び、f_テーマサブフォームにテーマを入力できるようなフォームを作成しています。フォームで入力したものをそれぞれのテーブルに保存したいのですがうまくいかない部分があります。

フォームから入力すると、tbl_プロジェクトに所属する情報は更新されます。そのtbl_プロジェク...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

前回の回答は、「レコードの新規登録」のみを想定していました(汗)
大変失礼致しました。


【「メインフォーム」-「サブフォームの新規レコード」間の不一致について】
(=No.4の補足での、2個目の「◆」の件)

メインフォーム側の「レコード移動時」イベントで、『プロジェクトコード』の
更新後イベントと同様の処理を行えば、解消すると思います。
(先頭1行が「Private Sub Form_Current()」となる他は、前回のVBAと全く
 同じなので、今回は省略します)


【既存レコードでの『プロジェクトコード』の空白について】
(=No.4の補足での、1個目の「◆」の件)

対処法としては、
 a)更新クエリを使用して、tbl_テーマの『プロジェクトコード』を一括更新
  (→tbl_テーマに入力済みの『P_ID』の再確認が不要な場合)
 b)「メインフォーム上のプロジェクトコードを、サブフォームの全レコードに
  一括代入」するためのコマンドボタンを、メインフォームに追加
  (→tbl_テーマの『P_ID』が正しいかを目視確認してから代入する場合)
の、2つの考え方があります。

「a」については添付画像をご覧いただくとして、ここでは「b」について説明
します。

メインフォームに『コード転記』コマンドボタンを作成したら、そのクリック時
イベントに以下のコードを記載して下さい:

Private Sub コード転記_Click()

  If MsgBox("サブフォームにプロジェクトコードを追記します", vbOKCancel, "確認") = vbCancel Then Exit Sub

  'サブフォームの全レコードを上書き更新
  With Me![サブフォームのコントロール名].Form.RecordsetClone
    Do Until .EOF
      .Edit
      !プロジェクトコード = Me!プロジェクトコード
      .Update
    Loop
  End With

  '更新を反映
  Me![サブフォームのコントロール名].Form.Refresh

  MsgBox "追記しました", , "確認"

End Sub


なお、「a/b」のどちらを採った場合でも、サブフォームの『P_ID』の上書き
編集に合わせて『プロジェクトコード』も連動して更新させるには、別途、
以下のような『P_ID』の更新後イベントでの対応が必要です:

Private Sub P_ID_AfterUpdate()
'メインではなくサブフォームの『P_ID』テキストボックスの更新後イベント

  If IsNull(Me!P_ID) Then
    Me!プロジェクトコード = Null
  Else
    Me!プロジェクトコード = DLookup("[プロジェクトコード]", "tbl_プロジェクト", "[P_ID]=" & Me!P_ID)
    '『P_ID』がテキスト型の場合は上記ではなく以下のコード
    'Me!プロジェクトコード = DLookup("[プロジェクトコード]", "tbl_プロジェクト", "[P_ID]='" & Me!P_ID & "'")
  End If

End Sub

また、この対応を組み込んで戴けば、

> テーマを修正するとフォーム上では10001が入力される。
> tbl_テーマには反映されない。

の件も解消すると思います。
(但し、別のレコードに移動したり、メニューから「レコード(R)→レコードの
 保存(O)」を選択する等して、レコードが保存してからでないと、テーブル
 には反映されないので、確認の際はご注意下さい)


・・・以上です。

No.4です。

前回の回答は、「レコードの新規登録」のみを想定していました(汗)
大変失礼致しました。


【「メインフォーム」-「サブフォームの新規レコード」間の不一致について】
(=No.4の補足での、2個目の「◆」の件)

メインフォーム側の「レコード移動時」イベントで、『プロジェクトコード』の
更新後イベントと同様の処理を行えば、解消すると思います。
(先頭1行が「Private Sub Form_Current()」となる他は、前回のVBAと全く
 同じなので、今回は省略します)


【既存レコードでの『プロジェクトコー...続きを読む

Q親フォームからサブフォームのレコードソースを設定

親フォームからサブフォームのレコードソースを設定するには?
フォーム1にテーブル1をドロップアンドドラッグして、「テーブル1のサブフォーム」を作成しました。

フォーム1にあるコマンドボタンから「テーブル1のサブフォーム」のRecordSourceを設定する方法を教えてください。

「テーブル1のサブフォーム」からなら
Private Sub Form_Load()
Me.RecordSource = ""
End Sub

とできるのですが、
やりたいことはフォーム1からのイベントなので
「テーブル1のサブフォーム」からのイベントは使えません。

だからってフォーム1の
Private Sub コマンド2_Click()
Me.テーブル1のサブフォーム.RecordSource = "テーブル1のサブフォーム"
End Sub

とするとコンパイルエラーになります。

良い方法があれば教えてください。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。説明もれがあったので追加しておきます。
No2のところで、

>このとき、「テーブル1のサブフォーム」
>のフィールドには「#Name?」のような表示がされていると
>思います。すなわちこときはサブフォームにはレコードソースが
>設定されていないからです。

としていますが、「#Name?」と表示される理由はフィールドの
コントロールソースが設定されているために、「#Name?」のような
表示が出てきます。


ここからは蛇足ではありますが、コントロールソースが設定されていなければ
こうした表示はでませんが、もしコントロールソースも取り除いて
いるならば、コマンド1でもコマンド2のクリックイベントでもどちらでも
かまいませんが、たとえば「テーブル1のサブフォーム」の
フィールドのコントロールソースをすべて取り除いておいて、
コマンド2のクリックイベントで設定するとすれば、一応
「テーブル1のサブフォーム」のフィールドの名前をID、名前、住所として
テーブル1のフィールド名を同じくID、名前、住所とするならば、

Private Sub コマンド2_Click()
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.RecordSource = "テーブル1"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("ID").ControlSource = "ID"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("名前").ControlSource = "名前"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("住所").ControlSource = "住所"
End Sub

として、レコードソース、コントロールソースを設定します。

No2です。説明もれがあったので追加しておきます。
No2のところで、

>このとき、「テーブル1のサブフォーム」
>のフィールドには「#Name?」のような表示がされていると
>思います。すなわちこときはサブフォームにはレコードソースが
>設定されていないからです。

としていますが、「#Name?」と表示される理由はフィールドの
コントロールソースが設定されているために、「#Name?」のような
表示が出てきます。


ここからは蛇足ではありますが、コントロールソースが設定されていなければ
こうした表示はで...続きを読む

Q【ACCESS】フォーム名/コントロール名を文字列型変数で指定するには

バージョン:Access2002

フォーム「frm01」にテキストボックス「tb01」が作ってある場合、
Forms.frm01.tb01.Value="あいう"
とすれば、フォームもコントロールも指定できるのですが、
Dim strTxt As String
strTxt = "tb01"
Forms.frm01.strTxt.Value="あいう"
だと、文字列型変数"strTxt"が展開されないのでフォーム「frm01」のコントロール「strTxt」を探してしまいエラーになってしまいます。

文字列型変数でフォームやコントロールを指定するには、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

フォームの場合
 Forms(strFrm)

フォームのコントロールの場合
 Forms(strFrm).Controls(strTxt)


これでも参照できますが、普通ここまで省略しませんね。
 Forms(strFrm)(strTxt)

あとで見たとき、訳がわからなくなりそう。

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む

QACCESSで、フォームのレコードごとに背景色変更

OS:Windows XP
Access Version: ACCESS 2000
ACCESSを利用して一日の時間外を計算するフォームを作成しています。
>   16 金 4:00
> 17 土 3:00
> 18 日 2:00
>  というような感じで時間を入力するのですが、曜日に特徴をつけて誤った入力をしないように、曜日が日曜日の時だけそのレコードの背景色を変更したいのです。よく、レポートで背景色を交互に変更するというやりかたをみてそれを行う方法はわかるのですが、それとおなじよなことをフォームでしたいのです。どうかお願いします!!ちなみにVBAはある程度わかりますのでVBAを利用した方法でもかまいません。

Aベストアンサー

帳票形式の場合ですが(多分データシートビューのフォームでも行けるとは思いますが)・・・
例えばですが、次のようにしてやると、できます。


(1)フォームヘッダー(もしくは詳細セクション)に、「txtID」という名前の
非連結テキストボックスを配置。「可視」プロパティは「いいえ」。
これには、真のIDフィールド(例えば連番フィールドや主キーフィールド)の値を
レコード移動時に転記します。(言わばダミーのテキストボックス)

(2)フォームのレコード移動時のイベントプロシージャを下記の様に
記述します。
サブフォームでやりたいなら、サブフォームのレコード移動時イベントに
記述します。

Private Sub Form_Current()

'真のIDフィールドの値を[txtId]へ代入。
  Me!txtID = Me!真のIDフィールドの名前(例えば連番フィールドや主キーフィールドと連結したテキストボックスの名前)

End Sub



(3)詳細セクション上にある、色変えしたいすべてのテキストボックスを一括選択して、
[書式][条件付き書式]で、条件付の書式設定をします。

条件(1)で、まず ドロップダウンリストから 「 式 」を選び、
その右の条件内容を

[txtID]=[フォームに配置した真のIDフィールドの名前(連結テキストボックス名)]

とします。

そして、背景色を白や透明以外に設定します。

以上

ダミーの非連結テキストボックスは、詳細セクションに置いてもOKですが、
その場合、速度を多少でもアップさせたいならフォームヘッダーに
配置する方がいいのかもしれません。(あんましかわらないかもしれないが)

※※
なお、もし選択した行だけを色変えしたい条件も同時に設定する場合は
カレントレコード色変えの条件を後に(条件(2)に)設定します。

【例】
条件(1)・・・「 式 」、[選択状態]=[選択フラグ] ←選択行だけを色変えする条件
条件(2)・・・「 式 」、[txtID]=[連番]


ただし、あまり色がつく行が増えると、フォームの
動作が遅くなるかもしれません。


お望みの機能でなかったらごめんなさい。

帳票形式の場合ですが(多分データシートビューのフォームでも行けるとは思いますが)・・・
例えばですが、次のようにしてやると、できます。


(1)フォームヘッダー(もしくは詳細セクション)に、「txtID」という名前の
非連結テキストボックスを配置。「可視」プロパティは「いいえ」。
これには、真のIDフィールド(例えば連番フィールドや主キーフィールド)の値を
レコード移動時に転記します。(言わばダミーのテキストボックス)

(2)フォームのレコード移動時のイベントプロシージャを下...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング