『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

まんが日本昔話しのエンディングの曲について質問です。
初代のエンディングってお餅のようなだるまのような
生き物が動き回るエンディングでしたよね?
これの曲や動画が見たいのですがご存じありませんか?
また、曲のタイトルをご存じないでしょうか?

A 回答 (2件)

グルッパーのうた でしょう。



http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/ma/nippon/ind …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうそう、こんな歌詞でしたね(^O^)

しかし[にんげんていいな]の方が印象的すぎるのか
やっぱりメロディーが思い出せない・・。

お礼日時:2006/09/25 09:31

グルグルパッパのグルッパー♪ですね。


曲のタイトルは「グルッパーのうた」。
ピンク色の少ししかめっ面(?)をしたタラコのような生き物が、画面の左下で跳ねていたような記憶が…。

残念ながら曲の試聴は見つけられず、動画のありかは知らないのですが、覚えていることだけ回答します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ~(^O^)そうでした。思い出しました。
でもメロディーが思い出せないなぁ(^^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/25 09:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまんが日本昔話のエンディング

「坊や 良い子だねんねしな…」で始まる
まんが日本昔話のオープニングはあまりにも
有名ですが、エンディングテーマのほうは、
「熊の子みていたかくれんぼ」で始まる「にんげんっていいな」だけは覚えているのですが、
初期の頃はなんかもっと別の歌だったような気がします。そう考え出すと、とてももどかしいです(笑)
覚えていらっしゃる方、教えていただけませんか?
また、エンディングテーマは何回か変わっているよう
なので、その歴代の歌が調べられるサイトなど
ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%94%E8%A9%B1#.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.83.87.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.B0

エンディング

「グルッパーのうた」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 歌:キーパー·メイツ
「ジャンケン ポン(グー·チョキ·パーのうた)」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 歌:ひまわり
「かあさん(マザー)」
作詞・作曲:川内康範 歌:関森れい、ミンツ
「トッピンからげて逃げられて」
作詞・作曲:玉木宏樹 歌:常田富士男
「にんげんっていいな」
作詞:山口あかり 作曲:小林亜星 編曲:久石譲 歌:中島義実、ヤング・フレッシュ
「ほしさがし」
作詞:伊藤アキラ 作曲:有澤孝紀 歌:相田文三、東京少年少女合唱隊
「みんなでたんじょうび」
作詞:伊藤アキラ 作曲:小林亜星 歌:中村花子、ヤング·フレッシュ

Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%94%E8%A9%B1#.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.83.87.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.B0

エンディング

「グルッパーのうた」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 歌:キーパー·メイツ
「ジャンケン ポン(グー·チョキ·パーのうた)」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 歌:ひまわり
「かあさん(マザー)」
作詞・作曲:川内康範 歌:関森れい、ミンツ
「トッピンからげて逃げられて」
作詞・作曲:...続きを読む

Q「まんが日本昔ばなし」で見たキャラクター

子供の頃、テレビで「まんが日本昔ばなし」をよく見ていたのですが、エンディングの歌のときに、白くて丸っこいキャラクターが出ていたのを覚えている方いませんか?
おまんじゅうをムニュッとつぶして、目をつけたような形で、ゴムボールのようにビヨーンと跳ねていました。
先日、あれは何だったんだろうねと主人に言ったら、そんなの知らないと言われてしまって…。
あの変なキャラクター、ご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

そのキャラは、たしか「グルッパー」だったと思います。
エンディングには「グルッパーのうた」なんてのもありますよ。

参考URL:http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/ma/nippon/guruppa.html

Q日本昔ばなしの終わりの歌

 確かな記憶ではないのですが、
日本昔話の終わりの歌で、「人間っていいな」という歌が
最初ですか?それより前に別の歌ありましたよね?
あったような気がするんですけど・・・
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

「グルッパーの歌」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 編曲:小谷充 歌:キーパー・メイツ
「ジャンケン ポン」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 編曲:角田圭伊悟 歌:ひまわり
「かあさん(マザー)」
作詞・作曲:川内康範 編曲:竜崎孝路 歌:関森れい&ミンツ(イーストワールド・レコード)
「トッピンからげて逃げられて」
作詞・作・編曲:玉木宏樹 歌:常田富士男(ポリドール・レコード)
「にんげんっていいな」
作詞:山口あかり 作曲:小林亜星 編曲:久石譲 歌:中島義実、ヤングフレッシュ(コロムビア・レコード)
「ほしさがし」
作詞:伊藤アキラ 作・編曲:有澤孝紀 歌:相田文三、東京少年少女合唱隊(コロムビア・レコード)
「みんなでたんじょうび」
作詞:伊藤アキラ 作曲:小林亜星 編曲:高田弘 歌:中村花子、ヤングフレッシュ(コロムビア・レコード)

多分、この順番です。
CDは日本コロムビアから「まんが日本昔ばなし」(COCC-9130)が出ていて、こちらには上記の歌のほか、

「もりのスープとあおぞらサラダ」
作詞:吉沢久美子 作・編曲:小森昭宏 歌:田中真弓
「ともだちがいっぱい」
作詞:伊藤アキラ 作・編曲:越部信義 歌:林幸生、森の木児童合唱団
「あめといっしょに」
作詞・作曲:山本正之 編曲:田中公平 歌:田中真弓
「この子はだあれ」
作詞:山口あかり 作曲:小林亜星 編曲:久石譲 歌:森田牧子、満仲志保、ヤングフレッシュ
「早口ソング」
作詞:川内康範 作曲:曽根幸明 編曲:角田圭伊悟 歌:スウィング・キャッツ
「ランランニングかけっこ」
作詞:冬杜花代子 作・編曲:小森昭宏 歌:中嶋安名、ヤングフレッシュ
「ぼくはサンタだ」
作詞:伊藤アキラ 作・編曲:乾裕樹 歌:田中真弓
「ゆきはおそらのケーキやさん」
作詞:高田ひろお 作・編曲:有澤孝紀 歌:中村花子、ヤングフレッシュ
が収録されています。
ネットで調べただけで、私も聴いてないんですが、山本先生の歌はききたいなあ。

参考URL:http://home.catv.ne.jp/dd/miyoshi/mks-2.html

「グルッパーの歌」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 編曲:小谷充 歌:キーパー・メイツ
「ジャンケン ポン」
作詞:川内康範 作曲:北原じゅん 編曲:角田圭伊悟 歌:ひまわり
「かあさん(マザー)」
作詞・作曲:川内康範 編曲:竜崎孝路 歌:関森れい&ミンツ(イーストワールド・レコード)
「トッピンからげて逃げられて」
作詞・作・編曲:玉木宏樹 歌:常田富士男(ポリドール・レコード)
「にんげんっていいな」
作詞:山口あかり 作曲:小林亜星 編曲:久石譲 歌:中島義...続きを読む

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む


人気Q&Aランキング