wikiで阿佐田哲也のページを見ると桜井章一曰く腕前は大したことなかったと書かれていますが、実際どうなのでしょうか?

桜井章一が強すぎるからこのように言ったのでしょうか?
私には漫画の坊や哲の印象が強くて、そうは思えないのですが…。

A 回答 (2件)

「Aクラス麻雀」「これが俺のオレの麻雀」などの著書を読んだ限りでは、


そのような(=腕前が大したことはない)ことはないと思います。

また、確かにwikipediaにはそのような記述がありますが、
桜井章一氏が、そのようなコメントを残すとは思いにくいのですが。
    • good
    • 0

なにをいっているんですか!


あさださんは凄い人ですよ
それでなけりゃ、あんな伝説の人にはなれませんって

自分もあんなに強くなりてー
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿佐田哲也さんの知名度

男なら4分の3は知っているというのは本当ですか?
女ではどうでしょうか?
それってイコール男の4分の3は麻雀をしているということでしょうか?
それとも麻雀に興味がない人でも男なら阿佐田哲也さんの名前くらいは知っているということでしょうか?
あと阿佐田哲也さんを最も知っている世代を教えてください。

Aベストアンサー

実物の阿佐田哲也よりも漫画の中での「坊や哲」の方が知られていると思いますよ。
週刊少年マガジンで連載されていた麻雀漫画「哲也-雀聖と呼ばれた男」の主人公が阿佐田哲也です。
そうゆう意味ではある年代の男の4分の3が知ってるといっても言いすぎではないかもしれませんね。
漫画の中の「坊や哲」「阿佐田哲也」を最も知っていると思われる世代は
漫画が1997年~2004年まで連載されていたので、20代~30代中盤くらいの方じゃないかなと思います。
実際の麻雀打ち阿佐田哲也を知ってるのは漫画世代と50代~60代くらいの方じゃないかと思います。

私も麻雀はしますが、知ったのは漫画からです。

Q伝説の雀鬼 桜井章一

いまや各界から注目されている雀鬼こと桜井章一さんと実際に勝負された事のある方!! 是非感想を聞かせてください!! 雀鬼をみて驚きました!(清水健太郎さんもカッコイイ!)

Aベストアンサー

同じ卓で打ったことはありますが、本気モードでなかった(その時は私が雀鬼を飛ばしてしまったので)ので普通でしたが、感想としてはびびりますよ。何か、超有名な人と打ったって感じです。打ち方もスマートで遊びモードですが、空気が違います。なんか張り詰めた感じでした。
スタッフの人の話では相手の牌が透けて見えるがごとく何の牌をもっているかがわかるそうです。
今はどうか知りませんが、昔は「牌の音」で桜井さんが暇なときは卓に気楽に入ってもらっていました(朝方がチャンス)。よくソフトボールにも誘われましたがその時は仕事の都合でいけませんでした。
昔、漫画家の西原さんが「マギー四郎」とよんでました。

Q雀鬼 桜井章一

雀鬼、桜井章一についていろいろ知りたいです。
いろんなサイトを見たのですが桜井章一は代打ちで無敗というのは本当なのでしょうか?
さらにすごい記録やすごい話があれば知りたいです。

Aベストアンサー

とりあえずは定番でWikipedia
桜井章一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E7%AB%A0%E4%B8%80

あとはこことか
http://moltakato.hp.infoseek.co.jp/other/mahjong/janki.htm
雀鬼流についてとか
http://mahjong.boy.jp/jankiryu.htm

まぁ……「20年間無敗」というのが本当かどうかなんかどうでもいいのかなぁと。同じ時代にこんな伝説が語られる人が居るなんて、このみみっちい時代においてはちょっと楽しいじゃないですか?

Qビデオで桜井って人が出演しているシリーズもののビデオ

たしか10以上シリーズものでレンタルビデオがあったのですが…
たしかほんもののプロ(桜井って人だったような…)本人も出演している。
それで全部みたいですが…時間に余裕がなく…
しいていえばおもしろかったのはシリーズ何作目!?

Aベストアンサー

初めまして。
雀鬼シリーズの事ですね。
麻雀の裏プロだった桜井章一氏の過去をビデオ化したものだと
思います。
時間に余裕が無く見られないという事ですが、
面白い巻を見るだけでなく、1巻から見ていくのが良いと思います。
無くなる物ではないと思うので、1巻から見て、どういうモノかを
taisu-nokunさんの判断で決めた方が良いと思います。

こんな事を言う私は、雀鬼こと桜井章一氏の事をしらなかった当時は
友人に紹介され、ビデオを見始めました。
その時、本当に麻雀が大好きで、ま、だまされたと思ってみてみるか
位の気分でレンタルしてみました。

麻雀が好きなら、たぶん間違いなくはまれる作品であると思います。
私はその後、桜井章一氏のファンになってしまい、
現在では、雀鬼シリーズ、真雀鬼シリーズ、桜井章一氏が書いた
麻雀論の本、コミックなど全て持っていたりします。

本当にはまりましたので、そう言う意味も込めて、1巻から見て欲しい
そう思います。

ちなみに関係ないですが、福本伸行氏の作品である”アカギ”なんかも
コミックの方ではおすすめです。麻雀のコミックの中でも、
理にかなった作品だと私は思っています。

初めまして。
雀鬼シリーズの事ですね。
麻雀の裏プロだった桜井章一氏の過去をビデオ化したものだと
思います。
時間に余裕が無く見られないという事ですが、
面白い巻を見るだけでなく、1巻から見ていくのが良いと思います。
無くなる物ではないと思うので、1巻から見て、どういうモノかを
taisu-nokunさんの判断で決めた方が良いと思います。

こんな事を言う私は、雀鬼こと桜井章一氏の事をしらなかった当時は
友人に紹介され、ビデオを見始めました。
その時、本当に麻雀が大好きで、ま、だまさ...続きを読む

Q自称麻雀が強い人へ

1.強いといえる根拠は何ですか。また麻雀するときはいつも必ず勝てると思って打っているのでしょうか。
2.初めてから今まで(約何年?)、トータルでは勝っていると思いますか。勝率はどれくらい?
3.今まで勝ってきたのは技術が優れていたからか、或いは運がよかった(ついていた)のどちらの要素が強いですか。
4.初心者に強くなるためのアドバイスを一つだけ送るとしたらそれは何でしょうか。

自分で強いと思っている人はどのようなことを考えているのか知りたくて質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。麻雀楽しいですよね。

1.強いかどうかはわかりません。ただ弱くはないと思っています。
そして麻雀をするときは「いつも必ず勝とう」とは思っています。

2.麻雀歴は8年くらいですかね。
トータルでは勝ってると思います。
勝率ですが、勝ちの定義を100円でもプラスなら
勝ちとすると、まぁ70%位でしょうか。
でも40%強はとんとんが多いかもしれません。

3.まちがいなく「技術」です。
麻雀は勝つようにに打つゲームではなく、負けないように打つゲームです。
勝つためには「運」も多少必要ですが、
負けないために必要なのは「技術」です。
「運」がなくても負けない事はある程度可能です。

4.麻雀は勝とうとするのではなく負けないように打つべし。

上達のコツは
「自分よりうまい人とたくさん打つべし」。

いつも勝てるメンツ、自分と同じレベルの
人とでは技術は進歩しません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報