利用規約の変更について

何かの統計で90年代をピークとしてその後、りぼんをはじめとする少女マンガ雑誌発行部数の全体が、激減したグラフを見た覚えがあります(もう一度探そうとしましたが見つかりませんでしたが。相当な減少でした。最近はまた増えたのかもしれませんが)。説明書きには、女子のマンガ離れが理由とありました。

少女マンガの衰退の理由とはいったいなんでしょうか。またなぜそれが少年・青年マンガでおこらなかったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

少女マンガの発行部数のグラフはこちらのサイトのものでしょうか?



「雑誌発行部数から見えるもの」
http://www2.plala.or.jp/eiko/review/r03_1.html
3.発行部数の変遷 にグラフがあります。

これをみますと、もともと少女マンガ誌はそんなに発行部数が多いものではなかったようですね。その中で200万部近い発行数を誇っていた、「りぼん」「なかよし」「別マ」が90~95年にかけてガクッと減っていますね。
ただ「ちゃお」だけは反対に登り調子で、現在も唯一少女コミック誌で発行部数が100万部を越えています。これは「ちゃお」の豪華な付録の効果が成功したらしいです。

社団法人 日本雑誌協会のサイトに発行部数と読者層のデータがあります。
http://www.j-magazine.or.jp/

ここの読者層のデータを見ると面白いです。
「ちゃお」の読者は13歳以下が80%以上で納得なのですが、他は少女マンガの本来のターゲットであるはずの高校生が割と少なく、低年齢層と24歳以上社会人の読者の割合が意外にあります。
現在の少女マンガ誌の読者層は「おませ(笑)な小中学生と少女時代を懐かしむ大人」で、肝心の高校生世代は実生活に忙しく少女マンガには「興味なし」ということでしょうか。
    • good
    • 0

少年・青年雑誌に大幅に女性読者が流れた事、女性作家自体も少年・青年雑誌に大幅に増えた事が要因だと思います。


少年雑誌におけるアンケートなどでの女性投稿者の割合は凄まじく増えていて、特に中高生を中心に少年雑誌に流れているのは明らかです。
少年雑誌側も少女向け漫画を意識していて、有名なテニスの王子様や鋼の錬金術師など明らかに少女狙いです。
廃刊の危機だったガンガンは鋼の錬金術師の連載で一気に部数を伸ばし、この読者の中心は中高生の女性です。
因みに少女漫画もコミック自体はそれなりに売れていて、雑誌は買わずにコミックだけ買う人が90年代から爆発的に増えました。
2005年にはNANAが全コミックの中で売り上げ1位でした。
現在でも少女漫画の衰退傾向はありますが、NANAやのだめカンタービレなど一部強力な人気作の活躍で復建の光がとささやかれてます。
    • good
    • 0

人口も減ってますからねえ


だけど本が分厚くなってませんか?
最近は4コマ雑誌が多いようにも感じます
    • good
    • 0

根本的に閉鎖的なマーケットなの。


ヒットする少女マンガの傾向がマンネリで、たいていが身近な親近感のある女の子のサクセスストーリー。
どうも女性は、少女マンガにそういう傾向を求めているようなのですが、やはりそれだけでは退屈なようで少年漫画に手を伸ばし出したのが丁度90年代の半ば頃です。
そういう風潮が年々強まっているので、ある意味少年漫画が少女マンガ化してきている感じもします。
ただ、男性漫画が衰退しないのは、青年誌が幅広いジャンルの漫画を描いているので絶対的な閉塞に向かわない傾向があるからだと思います。
少女マンガを読む大抵を占める女性が、少女マンガにマンネリを求めているから衰退というか閉塞しかないのだと思いますよ。
少女マンガが劇的に変化したのは、性の年少化と過激化です。
話がマンネリするから刺激を強くするしかない。
そうやっても女の子は、男と違って精神年齢の成長が早いのでエロ漫画で満足感は得られない訳で離れていってしまう訳ですな。
少女マンガに少年誌のような魅力を求めてなくて、少女マンガは少女マンガの枠の中で描き続けなければいけないからどうしても限界がある。
少女マンガの多くに占める恋愛要素にしても、女の子の方が精神的な性に目覚めるのも早く、少女マンガの恋愛で満足出来なくなるというのも要因としてはありそうな気がします。
    • good
    • 0

単純にマンガ雑誌の種類が増えたから購買層が広がったのじゃない?


最近オタク向けマンガ雑誌増えたでしょ?
    • good
    • 0

少年・青年マンガでも起こってるみたいですよ。

原因はネットと携帯電話の普及でしょう。読者がそっちに流れたから。
    • good
    • 1

昔は少年マンガはHだったり劇画系の絵が多かったですが、最近少年マンガも女性にとって読みやすくなってきましたからね。

私も昔は少女マンガばかりでしたが気が付けば少年マンガと半々ですね。
それも要因かもしれませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恋愛少女漫画を受けつけない女です。なぜ?

小学生の時から漫画が大好きで、一週間に1,2作品は読んできて二十年以上たちます。幅広いジャンルに手を付けている方だと思います。
ですが! 昔から! 女なのに! 恋愛少女漫画が好きになれません。
今まで読んで面白いと思った少女漫画は、「あさりちゃん」のようなギャグ、「BASARA」のようなファンタジー、「動物のお医者さん」のような特定ジャンル。

少女漫画といえばほとんどが恋愛中心なので、恋愛モノもチャレンジして来ましたが、トキメキも感じないし、主人公にはイライラするし、相手の男はロボットみたいに完璧無臭だし、展開はお約束か泥沼だなぁと思うばかり。線のはっきりつなげない絵柄も、美女と美男のクローンみたいなキャラ達にも飽き飽きします。なんかもう、生理的にダメ。
だからか、実際の生活でも異性にドキドキしたりすることがほとんど無くって、女としてどこか欠けてるのかなぁ、と思ったりします。
ちなみに、BLも苦手です。

賛否両論、お待ちしております。

Aベストアンサー

私も少年漫画のほうが読む機会が多かったせいか、少女漫画(恋愛漫画)が好きではありませんでした。
ぶりっこ女とイケメン男がくっついたり離れたりするだけでしょ?って思ってました(失礼ですが;)

でも、とある頃から「あれ? 恋愛漫画もけっこう面白いんじゃない?」と感じるようになり、最近ではそういったジャンルの少女漫画もちょこちょこ読めるようになりました(といってもやはり「ありえない」って感じのストーリーは苦手ですが)。
なので質問者さんも、もしかしたらとある時期や経験をきっかけに恋愛漫画に興味を持つようなことがあるかもしれませんよ。今興味がないからこれから先も絶対そうだ、ってことはありませんし。
「興味が持てるような漫画に会ってないだけ」って思われてれば良いと思いますよ。

それにこれから先、ずっと恋愛に興味がなかったとしても、私は女性として欠陥があるとは思いません。女性=恋愛なんて、くだらない偏見だなって個人的に感じてます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報