「ブロック機能」のリニューアルについて

2週間ほど前、電子チケットぴあ「プレリザーブ」に申し込んで、第3希望まで全て落選しました。
それなのに、「プレリザーブ」2次受付が始まっています。
わたしが申し込んだ公演日も、受付可能になっています。
これって、どういうことですか。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

> かなりの人気チケットだと思うので、2次を設定する意味がわかりません。


> より多くの人にチケットを行き渡らせるためには、1次の枚数を多くするべきだと思うんですが…。
> その理由が知りたいんです。

チケットをいくつに分けて売っても、
結局はその会場の座席分の枚数しかないのだから、
「より多くの人にチケットを行き渡らせる」ことにはなりません。

確率を計算しても同じです。
簡単のために、1000枚のコンサートチケットを買いたい人が10000人いる、
という前提にしましょう。

1000枚を1回で売る場合、
そのチケットを取れる確率は、
1000/10000 = 10.00%

500枚ずつ2回に分けて売る場合、
そのチケットを取れる確率は、
1回目で取れる確率 + 1回目で外れて2回目で取れる確率
500/10000 + 9500/10000×500/9500 = 5.00% + 5.00% = 10.00%

結局、1000枚のチケットを10000人が争う限り、
どういう売り方にしても取れる確率は1/10です。

ではなぜ、一度に全部売ってしまわないのか。
いろんな理由が考えられます。

プレリザーブを狙う人は、一度そのチケットを取りに来ておしまいということではなく、
別のチケットを買うときにも利用してくれる可能性があります。
プレリザーブというものを知ってもらうという意味では、
その機械が複数あった方がいいのではないでしょうか。

そして我々にとっても、
一般発売に全てを賭けて散ってしまうよりは、
狙うチャンスが複数あった方がいいのです。
前述の計算では、1回目で外れた人は全員2回目に挑戦する前提にしていますが、
実際には1回目で外れたけど2回目に参加できない人も多いはずです。
もちろんその逆も。

それに、全員が一般発売に殺到してしまうと、
ただでさえつながりにくい一般発売が余計に大変なことになりますから、
(電話回線とかコンピュータのシステムとかがね)
その観点からもできるだけ分散させた方がいいのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確率まで持ち出していただき、恐縮です(笑)。
確かに、わたしはプレリザーブ1次で落選したので、2次があった方がうれしいですが…。
1次で当選した人もまた申し込みができるわけですよね?
釈然とはしませんが、kumataro_さんがおっしゃるようにシステム上の問題なのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/11 17:19

要するに、


プレリザーブ1次で売る分と、
プレリザーブ2次で売る分と、
その他で売る分とを、
最初から分けて確保してあるんですよ。
1つの会場の座席の中で。
もちろんファンクラブ優先とか、その他あちこちの先行予約とかも同じです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
かなりの人気チケットだと思うので、2次を設定する意味がわかりません。
より多くの人にチケットを行き渡らせるためには、1次の枚数を多くするべきだと思うんですが…。
その理由が知りたいんです。

補足日時:2007/06/08 12:25
    • good
    • 0

最初に募集したプレリザーブ席は全部売ったけど、まだ販売していない席がたくさんあって、そのうちいくつかを2次で売る。


最終的には一般販売で全席売ってしまう、ということです。
ひとつの公演で1次、2次のプレリザーブ、一般販売と分けて売りますから、同じ公演日のチケットが何度も販売されるのです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
かなりの人気チケットだと思うので、2次を設定する意味がわかりません。
より多くの人にチケットを行き渡らせるためには、1次の枚数を多くするべきだと思うんですが…。
その理由が知りたいんです。

補足日時:2007/06/08 12:23
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング