ゲゲゲの鬼太郎についてなんですが、最強の妖怪てどいつなんでしょう?できれば敵妖怪でお聞きしたいです。
個人的には映画に出てきた妖怪が強かったような気がします。
もうひとつ聞きたいのですが、西洋妖怪みたいなやつでエルム街の悪夢に出てくるグレムリンのような風貌だったと思うのですが、戦闘シーンで心臓が鬼太郎のまわりをぐるぐるまわってたような感じでこれしか覚えてないのですが、こいつがかなり強かったような気がします。映画ではなかったと思います。
この妖怪の名称知ってる方いましたら教えてください。
ちなみに15~20年前に放送されていた鬼太郎です。

A 回答 (4件)

No.3です。

ていねいなお礼ありがとうございます。
3の回答を確認して気になった事を何点か補足させてください。

迦楼羅様が退治したのは牛神ではなく2さんの書かれた「牛鬼」です。

強さの序列はリストの順で。カテゴリ毎に「超えられない壁」みたいなものがあると思います。

1.神様系
圧倒的な全知・全能・不死性を持っていますが、彼らは基本的に「調停者」であり、世界に干渉しません。
(実際に戦ったのは迦楼羅位)
ゆえに全能であると同時に無能であるといえます。妖怪ではないですしね。
ちなみに閻魔がサタンの上位にあるのはその全知性ゆえです。

2.妖怪リーダー系=軍隊級
実質、戦えるのは2からになります。
組織を持っている妖怪は戦いに当たって多様な「戦略」を実行できます。
特にこの3匹の配下はぬらりひょんの「用心棒」と違い忠実な「軍隊」ともいえます。
その中で竜族と多数の狸族を従える刑部を1位にしました。
悪役妖怪では多様な妖怪を従えるチーですね。
「うしおととら」等で活躍した兄の「白面金毛」と比べると小物ですが・・・

3.大食い・巨大系=兵器級
存在のカタストロフ性が脅威ですが、本能に従うだけの存在なので・・・
スイッチで大爆発する「大量破壊兵器」とも言えます。
故に兵器としての脅威性でこの2匹。ヤカンズルの胃袋は理論的にダイダラを超えますので。

4.反則能力系=戦士級
トーナメントで戦うなら強そうな奴らということで敵に手出しをさせない能力を持ってる
こいつらの名前がよくが挙がります。
が、実戦とトーナメントは違いますので「2」「3」よりは評価を下げました。

鬼太郎が総合的に強いのは
1.リーダーとして日本の善玉妖怪を結束させ、無償・善意の協力を得られる。
2.兵器として砂かけの配下に大量破壊兵器ヤカンズルを所有(笑)
3.戦士としての知恵と能力
に加えて、基本的にその行いが正義と調和の為であり、力や利益で従わせていない事。
故に調停者である神が最後に味方につくことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも補足回答ありがとうございます。

迦楼羅様が退治した牛鬼の話ですが、どうやって鬼太郎が助かったのか、思い出すことができました。ありがとうございます。

妖怪リーダー系の話ですが、確かに戦略を練ってくる、賢い妖怪が多く鬼太郎もかなり苦戦してたなという印象がありました。

鬼太郎の方も参考意見ありがとうございます。

最近、鬼太郎のアニメについてというタイムリーな本を見つけたので買って読んでみようと思います。

鬼太郎についてはくわしい方が以外と少ないみたいなので、色々参考になりましたありがとうございました。

お礼日時:2007/08/21 23:43

1.神様系


 まあ実力面では「別格」ですね。
 ・大日如来:太陽系全体を支配する宇宙神
 ・弥勒菩薩:仏様
 ・閻魔:冥府の王。
 ・サタン:西洋の地獄の帝王。
 ・迦楼羅様:仏法の守護者。牛神を退治した。

2.妖怪リーダー系
 実力で妖怪軍団のリーダーにのし上がった連中です。
 ・刑部狸(ぎょうぶだぬき):八百八狸の長。
 ・チー:中国妖怪軍団首領。九尾の狐。妖怪を反物にした。
 ・天狐:日本の妖狐族の長。

3.大食い・巨大系
 「単独で無敵」という観点ではこいつらを推薦します。
 ・ヤカンズル:別世界に胃袋をもちブエルら悪魔軍団全員を飲み込んだ。
 ・ダイダラボッチ:日本列島の半分を食ってしまう巨人

4.反則能力系
 「1対1」なら反則技を持つこいつらを。
 ・おどろ砂:自由に時間を動かす。
 ・ヒ一族:妖怪の力が一切通じない一族。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。正直ここまでくわしい方がいるとは思いませんでした。もう一度鬼太郎のアニメ見てみたいと思います。悪魔ベリアルが最強だと思っていたのですが、さすがに鬼太郎は奥が深いですね。

お礼日時:2007/08/20 22:56

私が怖かったのは、「牛鬼」です。


鬼太郎自身が牛鬼にされてしまい、山伏の助けがなければ、鬼太郎は牛鬼のまま悪行・破壊活動を続けていた、鬼太郎が退治できなかった、という事が、物凄くショックでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。いましたね!そんなやつ、精神攻撃をするやつには意外と主人公は苦戦しますよね。

お礼日時:2007/08/20 19:47

〉最強の妖怪てどいつなんでしょう?


ぬらりひょんかバックベアード
〉西洋妖怪みたいなやつでエルム街の悪夢に出てくるグレムリンのような風貌だったと思うのですが、戦闘シーンで心臓が鬼太郎のまわりをぐるぐるまわってたような感じでこれしか覚えてないのですが、こいつがかなり強かったような気がします。映画ではなかったと思います。
悪魔ベリアルかな?
http://www.toei-anim.co.jp/shop/dvd_kitaro80s/ep …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。悪魔ベリアルで間違いないです。どうもです。(前面の写真があればよかったのですが…残念)
バックベアードやはりこのへんですかね。

お礼日時:2007/08/20 02:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団! 日本上陸」で猫娘と踊っていた妖怪の声優は誰?

タイトルの通りなのですが、家でビデオの整理をしていたら、
この映画の終盤辺りの録画映像が残っていて、ふと見ていたら気になってしまいました。
あんな特徴的な外見なのに素敵な渋い声…とても気になります。
しかし、スタッフロールが録画されていなかったので調べる手段がなくて困っています。
(それ以前に、この妖怪の名前も知らないのですが…)

■その妖怪の外見の特徴
左右大きさの違う目。眼鏡のようなフチがあり、鼻まで続いている。
口はタラコ唇。三角のギザギザ牙が上下にはみ出している。
体色は全体的に深い緑色。

映画の最後に出てくるお祭りで、猫娘と踊っています。
顔をすり寄せたり、愛の言葉(?)を囁いたりしますが、猫娘は嫌がっています。


■一応映画の大まかな内容
妖怪を反物に変えてしまう中国妖怪と戦う鬼太郎たちの話。
その反物で仕立てた浴衣を着た夢子たちは、中国妖怪に操られてしまう。
鬼太郎たちも1度は反物にされてしまうが、何とか中国妖怪たちを倒すことが出来た。
最後は妖怪たちと人間たちが一緒のお祭りを行う。

Aベストアンサー

三度すいません…。
井戸仙人の声優を八奈見乗児がやっていたのは第四期でした。
映画の内容は第三期ですから、「青野武」さんのほうかもしれません。
ちなみに声はこちら。
http://www.aoni.co.jp/talent/0242503.html

Qゲゲゲの鬼太郎に出てくる歴代最強悪役妖怪は誰ですか?

過去、現在含めて最強だと思われる悪役妖怪を教えてください。

Aベストアンサー

物語上はぬらりひょんでしょうか。
自分的にはねずみ小僧だと思います。

Q妖怪ウォッチOPに出てくる妖怪の名前について

いつもお世話になっています
またまた子供から妖怪の名前を調べてとせがまれています

1.OPの
http://www.youtube.com/watch?v=zu9KFEwrqzM
で16秒後に出てくるベンチに座っていて、怒っているお兄さんの横にいる妖怪

2.また上記の20秒後に出てくるジバニャンの右隣にいるつぼから出てくる大蛇の妖怪

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.ガ鬼
2.笑ウツボ
http://www.youkai-watch.jp/yw/game/game08.html

Q鬼太郎の曲・・・

鬼太郎の歌をダウンロード又は視聴できるサイトはあるのでしょうか?
知ってる方が居ましたら教えてください。宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

こちら↓で視聴はできます。










                            

参考URL:http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?PDID=20137147

Qゲゲゲの鬼太郎の一反木綿って…

鬼太郎の仲間で、頼れる妖怪「一反木綿」が毎度登場しますが、
私は子供の頃からずっと、「いったんもんめ」だと思っていました。

しかし、先日、アナウンサーが「いったんもめん」と言っているのを聞いて、
びっくりすると同時に、とても違和感を感じました。
ただ、漢字からすると「もめん」と読むのが正しいのだろうとは思います。

そこで、ゲゲゲの鬼太郎では、

「いったんもんめ」 or 「いったんもめん」

どちらが正解ですか?
また、私のように 「いったんもんめ」 と呼んでいる方はいますか?

Aベストアンサー

自称“妖怪研究家”です。

 一反木綿はもともと日本民俗学の創始者、柳田國男の著書『妖怪談義』に鹿児島県大隅地方の伝承で、“一反ほどの長さの木綿のようなものが、ひらひらと飛んできて人を絞め殺す”という化物「イッタンモメン」を紹介します。これが文献資料としての一反木綿の初見です。

 しかし、昨今の民俗学・妖怪伝承の研究の成果で、大隅地方の方言では“イッタンモンメン”と発音する方がより正しいとされ、柳田翁が伝承を採集したときに、方言を共通語に変えて表記したために、イッタンモメンという名称で記録されるようになったといいます。

 鬼太郎の仲間としての一反木綿は、この『妖怪談義』にあるイッタンモメンをモデルとして、水木しげる御大が現在あるような姿、能力、特徴を与えて生まれたキャラクターです。砂かけ婆・子泣き爺・塗壁もいずれも『妖怪談義』に収められる、「スナカケババア」(京都府)・「コナキジジイ」(徳島県)・「ヌリカベ」(宮崎県)をモデルとしています。
 彼らはあくまで一地方で語り継がれた、姿無き怪異でしたが、水木御大が(その地方の伝承を元に)『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターとして採用したため、現在あるような姿が与えられ、全国的に知名度の高い妖怪へと変化・変容を遂げたものです。随って“昔からあのような姿で語り継がれていた”わけではありません。

 ですから当地の伝承により正確であろうとすれば、イッタンモメンではなく“イッタンモンメン”と言うべきでしょうが、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクター一反木綿としては、「いったんもめん」が正解ですね。

自称“妖怪研究家”です。

 一反木綿はもともと日本民俗学の創始者、柳田國男の著書『妖怪談義』に鹿児島県大隅地方の伝承で、“一反ほどの長さの木綿のようなものが、ひらひらと飛んできて人を絞め殺す”という化物「イッタンモメン」を紹介します。これが文献資料としての一反木綿の初見です。

 しかし、昨今の民俗学・妖怪伝承の研究の成果で、大隅地方の方言では“イッタンモンメン”と発音する方がより正しいとされ、柳田翁が伝承を採集したときに、方言を共通語に変えて表記したために、イッタンモメンと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報