チアリーディング・チアダンスの資料を探していいます。技とか詳しく載っている本があれば、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答ついてないようなので少し調べてみました。



『DVDで覚えるチアリーディング』奥寺由紀:著、新星出版社(2005年刊)
ルーティーンやポンポンダンスの演技見本がDVDでついています。

ご存知かもしれませんが、チアリーディングの専門誌『Let's Cheer!』
3ヶ月に1回ペースで現在vol.5(7月)まで刊行 ニューズ出版

日本チアダンス協会の公式HPによると、こちらでも入門DVD『We love Cheerdance』を2005年に出しています。
その他、ダンス専門雑誌『DDD』にチアの連載コーナーがある旨紹介文があります。
http://www.jcda.jp/

もちろん日本チアリーディング協会というのもありますね。
http://www.fjca.jp/
HPではわかりませんが『最新チアリーディング入門』という本を2005年にタッチダウンという会社から出しています。

いずれも基本的なことを中心にしているようなので、質問者さんが求めているレベルが、難易度の高いテクニックの向上であれば、お役には立てなさそうなのですが……。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイカサマやトリックがたくさん載っている本

イカサマやトリックがたくさん載っている本を探しています。
ギャンブルのイカサマや、推理小説のトリックを集めたものをご存知でしたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

トリック交響曲   泡坂妻夫 文春文庫 品切れのようです
ミステリ百科事典  間羊太郎 文春文庫
ジョークとトリック 織田正吉 講談社現代新書

「トリック交響曲」の著者はミステリ作家件アマチュアマジシャンとして広く知られる方で、マジックよりの著書です。

間羊太郎氏の名を知る方はあまりいないと思います。
しかし、氏は実は他の複数のペンネームで作家評論家としても活躍されていた方です。
その博識ぶりと文章の上手さとで多くのファンを獲得していました(私もその一人ですが)。
「ミステリ百科事典」はその博識ぶりの一端を披露しています。こちらはミステリよりの著作。

「ジョークとトリック」はもっと一般的にトリックないし人間の錯覚について考察した著作。


古い本ばかりで恐縮ですが、内容は折紙付です。

Q裏知識がたくさん載っている本とは

少し前(2、3年?)に本屋で見かけました、世間の裏知識がたくさん載っている本を探しています。
記憶にあるのは、表紙が黄緑でかもしくは黄緑色の文字が書かれていまして、
中は横書きの小さな文字でびっちりと裏知識が書かれていました。内容は生活に密着したもので、法律・金融と様々な内容でした。これだけでは難しいとは思いますが、何か思いつく方はどうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内容は合法だけではないですが・・・
http://www.amazon.co.jp/GEKIDAS%E6%BF%80%E8%A3%8F%E6%83%85%E5%A0%B1-%E5%A4%A7%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%80%88VOL-2%E3%80%89-%E6%BF%80%E8%A3%8F%E6%83%85%E5%A0%B1/dp/4861990068/ref=pd_sim_b_2_img/250-4229712-4090647

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/250-4229712-4090647?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E6%BF%80%E8%A3%8F%E6%83%85%E5%A0%B1

Q北欧神話について載っている本について

学校で調べて発表するということで北欧神話をテーマにしました。
テーマにしたはいいものの北欧神話のことをよく知りません。
ネットで調べてもなかなか出てこないので本を買おうと思っています。
北欧神話がのっている本でいいものはないでしょうか?
↓の条件を満たしているものでお願いします。

・知らない人でも退屈しない分かりやすい内容(発表に使えるようなもの)
・できればワルキューレ、ラグナロクのことが詳しく書かれている。
・できればおもしろいエピソードや北欧神話の歴史もかかれている。

調べた中で「図解 北欧神話」という本が気になりましたが、分かりやすく発表に使うのに十分な本でしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

『図説北欧神話』は見たことがないですが、とりあえず北欧神話の主なエピソードをあますことなく紹介してくれている書籍として、クロスリイ・ホランドの『北欧神話物語』(青土社)がオススメです。各話ごとに巻末で解説してくれています。

Q本の販売部数が載っているサイト

オリコンのように、本の販売部数がランキング形式で載っているサイトって有りますでしょうか?
週間、累計など、ランキング形式は問いません。
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ランキングはありませんけど、下記のサイトなら雑誌の発行部数が閲覧できますよ。

 質問の趣旨に合わなかったら、ごめんなさい。

参考URL:http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/index.html

Q昔の偉人の思想や格言が載った本

僕はインターネットで調べたところ人々の思想について興味を持ちました。
特に揺り動かされたのは生と死に関する思想。本当に心を動かされました。

例えば、
・私はつらい人生より死を選ぶ。
byアイスキュロス
・最初の呼吸が死の始めである。
byフラー
・生きるべきか、死すべきか。それが疑問だ。
byシェークスピア

などです。(以上ttp://kuroneko22.cool.ne.jp/life&death.htmからの引用です)

そこで、昔の偉人の思想、格言についてまとめられている本はないでしょうか。(生と死のことでなくてもよいです)
ただし、日本語で意味が載っているものをお願いします。英語の原文が載っていなくても日本語での意味が載っていたらokです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も格言好きです。
格言集は本当に山のようにありますから、より多くの格言を知りたいなら図書館の「人生訓」というようなジャンルのコーナーに行ってみることをお勧めします。分類番号は159だと思います。

私が持っているのは
堀秀彦「格言の花束」とゲーテ「ゲーテ格言集」の2冊です。

前者は<生きる苦しみを思う人に>や<恋をしている人に>などの項目別にたくさんの言葉が掲載されています。後者も<人間について>という風な項目別だったと思います(今手元にないので)。
どちらも解説なしです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報