緒形拳さんの出ていたドラマは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

緒方拳さんの出演したTVドラマは以下のとおりです。



新国劇アワー(1961年、フジ)
フライング・スポット(1962年、NHK)
帰らぬひと(1963年、朝日放送)
王将(1963年、フジ)
おかあさん 船着き場(1963年、TBS)
由井正雪(1963年、NHK、講談ドラマ)
最後の将軍 風雪(1964年、NHK)
わが町 日本映画名作ドラマ(1964年、NET)
コスモスは咲いた(1964年、フジ)
太閤記(1965年、NHK大河ドラマ、豊臣秀吉役、主演)
源義経(1966年、NHK大河ドラマ、武蔵坊弁慶役、主演)
山犬ともぐら(1967年、日本テレビ)
暢気眼鏡 競作女優シリーズ(1967年、TBS)
剣(第20回)宗龍寺の反乱(1967年、日本テレビ)
いとこ同士(1967年、日本テレビ)
剣(第21回)縄張(しま)(1967年、日本テレビ)
お庭番(1968年、日本テレビ、連続ドラマ)
日本剣客伝(第5話)柳生十兵衛(1968年、NET)
私のダイヤモンド(1968年、TBS東芝日曜劇場)
一番星(1968年、日本テレビ、連続ドラマ)
開化探偵帳(1968年〜1969年、NHK、連続ドラマ、主演)
風林火山(1969年、NET、連続ドラマ)
颱風とざくろ(1969年、日本テレビ、連続ドラマ、2回のみ出演)
豆腐屋の四季(1969年、朝日放送、連続ドラマ、主演)
ダンプかあちゃん(1969年、TBS東芝日曜劇場)
竹千代と母(1970年、日本テレビ、連続ドラマ)
風待ちの港(1970年、NHK)
丹下左膳(1970年、NET、連続ドラマ)
柳生十兵衛(1970年、フジテレビ、連続ドラマ、荒木又右衛門役)
湖笛(1970年、NET)
面影(1970年、NHK銀河ドラマ)
どんとこい(1971年、日本テレビ、連続ドラマ)
おゆきさん(1971年、フジテレビ、連続ドラマ)
もう一つの傷(1971年、NHK)
新・平家物語(1972年、NHK大河ドラマ、阿部麻鳥役)
24時間の男(1972年、TBS、連続ドラマ)
しがらき物語(1972年、NHK、連続ドラマ)
平戸にて(1972年、TBS東芝日曜劇場)
母の鈴(1972年、TBS東芝日曜劇場)
必殺仕掛人(1972年〜1973年、朝日放送、必殺シリーズ、藤枝梅安役、連続ドラマ)
出雲の阿国(1973年、NET)
北の家族(1973年、NHK連続テレビ小説、語り)
雨ニモ負ケズ(1973年、北海道放送)
愛といのち(1973年、TBS)
さよなら・今日は(1973年、日本テレビ、日本テレビ開局20周年記念番組)
刃傷(にんじょう)(1973年、TBS東芝日曜劇場)
にごりえ(1973年、テレビ朝日)
ねぎぼうずの唄(1974年、NET)
ふりむくな鶴吉(1974年、NHK、連続ドラマ)
八洲犯科帳(1974年、フジ、連続ドラマ)
必殺必中仕事屋稼業(1975年、朝日放送、必殺シリーズ、知らぬ顔の半兵衛役、連続ドラマ)
夜の王様(1975年、NHK、連続ドラマ)
霧の感情飛行(1975年、朝日放送、連続ドラマ)
痛快!河内山宗俊(1975年、フジ、ゲスト出演)
この町の人 帰雁(1975年、NHK)
風と雲と虹と(1976年、NHK大河ドラマ、藤原純友役、連続ドラマ)
必殺からくり人(1976年、朝日放送、必殺シリーズ、夢屋時次郎役、連続ドラマ)
新・座頭市(第12話)金が身を食う地獄坂(1976年、フジ)
赤い激流(1977年、TBS、連続ドラマ)
近眼ママ 恋のかけひき(1977年、日本テレビ、連続ドラマ)
東京上空2000Mワレ操縦不能 (1977年、テレビ朝日)
新・必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅(1977年〜1978年、朝日放送、必殺シリーズ、安藤広重役、連続ドラマ)
黄金の日日(1978年、NHK大河ドラマ、豊臣秀吉役、連続ドラマ)
悪女について(1978年、テレビ朝日、ゲスト出演)
大空港(1978年、フジ、1話~14話)
獅子の如く(1978年、TBS)
青春の証明(1978年、毎日放送、連続ドラマ)
新・座頭市 第3シリーズ(1979年、フジテレビ) - 6話「糸ぐるま」
阿修羅のごとく(1979年、NHK、連続ドラマ)
歪んだ星座 受験戦争連続殺人事件(1979年、テレビ朝日)
見えない影(1979年、テレビ朝日)
渓流釣り殺人事件(1979年、テレビ朝日、主演)
ちょっとマイウェイ(1979年、日本テレビ、連続ドラマ)
葉陰の露(1979年、朝日放送)
赤い嵐(1979年、TBS)
さよならお竜さん(1980年、毎日放送、連続ドラマ)
土屋隆夫の消えた男(1980年、テレビ朝日)
警視-K(1980年、日本テレビ)
怪盗鼠小僧といれずみ判官(1981年、フジ)
青年 さらば愛しき日々よ!(1981年、日本テレビ)
見まわせば二人(1981年、読売テレビ、連続ドラマ)
さらば適塾(1981年、毎日放送)
タクシーサンバ・山田太一シリーズ(1981年、NHK、連続ドラマ、主演)
きりぎりす(1981年、関西テレビ)
山を走る女(1981年、日本テレビ)
峠の群像(1982年、NHK大河ドラマ、大石内蔵助役、主演)
愛の失踪(1982年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ1、主演)
仕事人大集合(1982年、朝日放送、必殺シリーズ10周年記念スペシャル)
再婚旅行殺人事件 出雲で死んだ女(1982年、テレビ朝日、主演)
奥多摩殺人渓谷「釣れない魚の謎」釣部渓三郎の推理(1982年、テレビ朝日、主演)
愛の疑惑(1983年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ2、主演)
不倫の女 かりそめの未亡人(1983年、テレビ朝日、主演)
虹へ、アヴァンチュール(1983年、テレビ朝日、主演)
高級コールガールの殺人(1984年、テレビ朝日、主演)
盲点(あな)吹雪が消した心中事件の謎(1984年、日本テレビ、主演)
授業参観の女(1984年、テレビ朝日、主演)
炎熱商人(1984年、NHK)
羽田浦地図(1984年、NHK)
原島弁護士の愛と悲しみ(1985年、TBS)
破獄(1985年、NHK、主演)
受胎の森(1985年、TBS、主演)
迷宮課刑事おみやさん(1985年、朝日放送、連続ドラマ、主演)
愛の復讐(1985年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ3、主演)
炎の料理人・北大路魯山人(1987年、日本テレビ、主演)
六本木ダンディーおみやさん(1987年、朝日放送、連続ドラマ、主演)
徳川家康(1988年、TBS)
恋人関係(1988年、TBS、ドラマ23、主演)
とっておきの青春(1988年、NHK、連続ドラマ、主演)
愛の死角(1988年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ4、主演)
虹のある部屋(1988年、NHK、主演)
海の群星(1988年、NHK、主演)
殺意のデッサン(1989年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ5、主演)
詩城の旅びと(1989年、NHK、主演)
野望の国 嵐の章(1989年、日本テレビ)
外科東病棟(2)(1989年、TBS、主演)
旅の終りに(1989年、日本テレビ、主演)
新吾十番勝負(1990年、テレビ朝日、語り)
愛の虚構(1990年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ6、主演)
失われた時の流れを(1990年、フジテレビ)
普通の結婚式(1990年、TBS)
愛の幻影(1990年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ7、主演)
静寂の声 乃木希典・静子の生涯(1990年、テレビ朝日、主演)
忠臣蔵(1990年、TBS)
太平記(1991年、NHK大河ドラマ、足利貞氏役)
父の涙第2弾 ガン病棟八階(1991年、TBS)
99%の誘拐(1991年、日本テレビ)
愛はどうだ(1992年、TBS、連続ドラマ、主演)
そよ風ときにはつむじ風(1)(1992年、TBS、主演)
彼女の人生(1992年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ8、主演)
逆転報道(1992年、TBS、主演)
そよ風ときにはつむじ風(2)(1993年、TBS、主演)
春の一族(1993年、NHK、主演)
ガーベラの女(1993年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ9、主演)
ポケベルが鳴らなくて(1993年、日本テレビ、連続ドラマ、主演)
動く壁(1994年、フジテレビ、主演)
スチュワーデスの恋人(1994年、TBS、1~2話のみ特別出演)
少年(1994年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ10、主演)
秋の一族(1994年、NHK、主演)
歪んだ季節(1995年、日本テレビ、主演)
ガラスの少女(1995年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ11、主演)
百年の男(1995年、NHK、主演)
命捧げ候(1996年、NHK、主演)
ナニワ金融道(1996年、フジテレビ)
兄妹(1996年、日本テレビ、名無しの探偵シリーズ12、主演)
八月のラブソング(1996年、日本テレビ、連続ドラマ)
橋の雨(1996年、フジテレビ)
最後の家族旅行(1996年、TBS、主演)
ナニワ金融道2(1996年、フジテレビ)
白愁のとき(1996年、TBS、主演)
毛利元就(1997年、NHK大河ドラマ 尼子経久役)
ギフト(1997年、フジテレビ)
ナニワ金融道3(1998年、フジテレビ)
翔ぶ男(1998年、NHK、主演)
チョコレート革命(1998年、NHKBS2)
中央流沙(1998年、日本テレビ、主演)
春の惑星(1999年、TBS、主演)
古畑任三郎スペシャル VS監察医黒岩博士の恐怖(1999年、フジテレビ、黒岩健吾役)
ナニワ金融道4(1999年、フジテレビ)
ディア・フレンド(1999年、TBS、主演)
カノン(2000年、テレビ朝日、主演)
ナニワ金融道5(2000年、フジテレビ)
聖徳太子(2001年、NHK、 蘇我馬子役)
命捧げ候(2002年、NHK、主演)
焼け跡のホームランボール(2002年、NHKBS9、語り)
ブラックジャックによろしく(2003年、TBS、連続ドラマ)
タイムリミット(2003年、TBS)
血脈(2003年、テレビ東京)
エ・アロール(2003年、TBS、連続ドラマ)
ひまわりさん(2004年、TBS、主演)
人間の証明(2004年、フジテレビ)
ナニワ金融道6(2005年、フジテレビ)
青春の門-筑豊篇-(2005年、TBS)
瑠璃の島(2005年、日本テレビ、連続ドラマ)
ひまわりさん2(2005年、TBS、主演)
いくつかの夜(2005年、TBS、主演)
セーラー服と機関銃(2006年、TBS、連続ドラマ)
瑠璃の島SPECIAL 2007(2007年、日本テレビ)
風林火山(2007年、NHK大河ドラマ、宇佐美定満 役)
帽子(2008年、NHK広島放送局開局80周年ドラマ、主演)
風のガーデン(2008年、フジテレビ、連続ドラマ) ※テレビドラマにおける遺作
    • good
    • 0

「何時の」ですか?



長年第一線の俳優として活躍されてこられてますので、出ていたドラマは沢山あります。
とりあえず最後の作品となったのは「風のガーデン」ですけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『復讐するは我にあり』の緒形拳について

今村昌平監督の映画『復讐するは我にあり』に出演した緒形拳について教えて下さい。

この映画では加藤嘉演じる老人が殺されるシーンを実際の事件現場で
撮影したり、かなりリアリティに拘った作品でしたが、映画の冒頭あたりで
殺人を犯した犯人(緒形拳)が原っぱで、手についた血糊を自分の小便で
洗い流すシーンがあります。
このシーンもリアルさを出すため、実際に小便をしています。
(本当に緒形拳はおしっこが溜るまで待ったようです)
実際の映画を見ても、緒方拳は自分のおちんちんをズボンから取り出して
小便をしています。かなりきわどく少し角度がずれると丸見え。

このような撮影が当時、どのような状況で行われたのか疑問に思っています。
映画の撮影では音声さんや照明さんなどかなりの関係者が取り巻いています。
著名な俳優ということもあるので、この場合最少限のスタッフだけ残し、
関係者以外立ち入り禁止で撮影したということでしょうか。
特別扱いではなく、通常の関係者・スタッフが取り巻いての撮影だったのでしょうか。

Aベストアンサー

>特別扱いではなく、通常の関係者・スタッフが取り巻いての撮影だったのでしょうか。

そうだったと思われます。
若手や新人の女優さんが脱ぐときや、きわどいシーンなんかでは、必用最低限の限られたスタッフだけで撮影することもあります。
最低限だと
・監督
・セカンド助監督(現場の進行役を担います)
・サード助監督(カチンコを打たないのいけないので。チーフ助監督は主にスケジュールを担当するので、その場にいなくともまあ大丈夫なことも多いです)
・カメラマン
・カメラマン助手チーフとセカンドの2名(サードは機材を持ち運んだりフィルムの装填などが仕事なので、これもまあその場にいなくとも大丈夫)
・スクリプター(記録係)
・照明技師
・照明部チーフ(セカンド・サードなどの助手さんは照明機器に動きを付けたり、何か特殊な場合を除きそこにいなくとも大丈夫なことが多いです。要するに機材のセッティングを済ませたら、後はチーフと技師任せでまあ大丈夫です)
・録音部(マイクのオペレーターですが、単独の場面ならば1名でOK。ナグラなど音声レコーダーを扱う録音技師はコードが繋がっていればマイクから離れていても大丈夫なので、演技者のすぐ近くにいる必用がありません)

他に衣装部とか美術・小道具などのスタッフもいますが準備だけ済ませれば、その場に必ずしもいなくても問題ないので、最低人数だとこれくらいでなんとかなってしまいます。大ざっぱに10人前後でしょうか。

今村監督の作品は同じスタッフが関わっていることがかなりあります。ということで
お互いに顔見知りで「復讐するは我にあり」の撮影だとそのシーンに関わるスタッフの人員を絞るなどの特別扱いなんかしなかったんじゃないでしょうか。

余談ですがエピソードをひとつ。
「にっぽん昆虫記」のはなし。撮影に借りた部屋が狭く、左幸子さんの引き画を撮れなかったため、どうしたか・・・
この映画のロケーション関係を担当した方に聞いたのですが、この担当の方が居ないスキに、部屋の壁をぶち壊してしまい、そこへカメラを入れてなんとか引き画のサイズを作り出したのだとか。ロケ担当が撮影現場へ戻ってみると、なんと壁が無い!
今村監督とそのスタッフはそういうことを平気でしてしまう方々だそうです。緒形さんだからって特別扱いは、まあしないでしょう。

>特別扱いではなく、通常の関係者・スタッフが取り巻いての撮影だったのでしょうか。

そうだったと思われます。
若手や新人の女優さんが脱ぐときや、きわどいシーンなんかでは、必用最低限の限られたスタッフだけで撮影することもあります。
最低限だと
・監督
・セカンド助監督(現場の進行役を担います)
・サード助監督(カチンコを打たないのいけないので。チーフ助監督は主にスケジュールを担当するので、その場にいなくともまあ大丈夫なことも多いです)
・カメラマン
・カメラマン助手チーフとセカンド...続きを読む

Q緒形拳さんの代表作      

仕掛人の梅安が、かっこよかったです。
趣旨から離れますが、ビール会社のコミカルなコマーシャル
も忘れられません。

Aベストアンサー

映画「砂の器」の三木巡査の役ですごくいい人。
映画「復讐するは我にあり」の極悪人。ほぼ同じ時期の作品です。
あとTVで今は渡瀬恒彦さんが演じている「おみやさん」かな。

Q今日の2Hドラマに出ていた長戸勇さんは時代劇で・・

今日の二時間ドラマにでていたおじいさんは、
長門勇さんとおっしゃる方だそうです。
親がそう言いました。
あの方は、時代劇で、ダメ親父役をよくされていたような気がするのです。
いつも酔っ払ってばかりとか、金遣いが荒いとかのダメ親父役を沢山されていませんでしたでしょうか?
あの丸い鼻は見覚えがあるのですが、母は違うと言います。
私が子どものころから大人になって数年まで(今33です)しょっちゅうそういう役をしていた方にそっくりなのです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 たまたまそのドラマを脇で眺めていましたが、#1さんが仰った通り、時代劇(とスベラーズのCM)などでよく知られた長門勇さんです。
 多分、酔っ払いのダメ親父の印象があるのは、多分水戸黄門で、かつては立派な職人だったのに身を持ち崩しその挙句酒に溺れて娘に「おとっつぁんは昔はあんなじゃなかったのに…」なんて具合に心配される父親などの役を何度か(印象ではもっと、って気も)演じておられたため、その印象が強く残っているのかもしれませんね。
 また、#1さんが触れていましたが、若かった頃演じた時代劇での槍を使った殺陣はとてもカッコよかったんですよ。

Qドラマ「陽はまた昇る」の第4話に出ていた女優さん

ドラマ「陽はまた昇る」の第4話で内山君が女子寮でこっそり会おうとしていた
『はしもとゆきえ』という役をやっていた女優さんの名前、分かる方いましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

いろいろ検索してみましたが
名前が出てこなかったです

この先出てくる可能性がほぼないこと

後は無名の方でも役者さんであればこのドラマに出ている。ということを言うはずですが
それがないことと

後はエキストラを募集していたことから
素人さんである可能性もあります

Q筒井道隆さんが出ていたドラマ

筒井道隆さんが出ていたドラマで、かなり昔の作品(15年くらい前?)
「青春」という文字が入ったタイトルだったと思うのですが
ご存じありませんか?

Aベストアンサー

こんにちは
「1970 ぼくたちの青春」でしょうか?↓

http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=27416

http://www.amazon.co.jp/1970%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%9D%92%E6%98%A5-%E5%90%89%E5%B2%A1%E7%A7%80%E9%9A%86/dp/B00005FSN3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報