gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

油絵を始めたいなと思うのですが、
一枚描き上げるのにどのくらいの時間を要するでしょうか?

もちろん、人によっても違うし、題材によっても違うと思うのですが、
一般的な人が風景画を描いたとしたら、10号 30号 60号 100号
それぞれの大きさで、どの程度の制作時間がかかるのでしょうか?

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は学生なので、休日に少しずつ書いて、一ヶ月で1枚終わる程度ですが、通常のサイズなのであれば、一ヶ月以内で終わると思います。


もちろん学生ではない成人の方などは、もっと早く終わりますし、
毎日真剣にやっていけば、そんなに時間はかかりません。
「絵画の制作時間」の回答画像4
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この絵を一ヶ月で描かれたのでしょうか?
上手ですね!
わたしも頑張りたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/13 09:52

人によるとしか言えません。


ゴッホは活動期間と絵の枚数で計算すると、一日一枚以上のペースで描いていたそうです。
アメリカのTV番組「ジョイオブペインティング」で有名なボブロスさんは、30分で10号くらいの風景画を描いてしまいます。(DVD出てるので興味あれば見てください。じっくり時間をかけて描くときにも参考になります)

上記のような早く描く人はかなり特殊です。
油絵の具は乾燥が遅いので、ある程度描くとその上に絵の具を乗せることが難しくなります。その時点でいったん筆をおき、ある程度乾燥させます。
日に2・3時間描いて乾燥させて、次の日にまた描く。その繰り返しになります。

やはり絵柄によりますね。
早ければ4・5日である程度精密な絵も描けるでしょう。
ゴッホ以外の印象派の人たちも、屋外ですばやく描いていたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ゴッホがそんなに早かったとは知りませんでした。
やはり、絵の具の乾燥時間はかかるものなのですね。

お礼日時:2009/05/13 09:51

私は最大で50号までしか描いた事がないのですが油絵の具は通常の絵の具のようにすぐ乾かないので慣れるまでは効率よく出来ずに時間がかかるかもしれません。


早く乾かすための方法もいくつかありますが私はあまり使いませんでした(ひび割れがおこったりするので)
油彩は完全に乾くまで完成してからも半年くらいはかかるそうです。
実際はそれだけ待たなくても表面は固まるので問題ないですけどね。

なので私の場合いくつかの作品を平行してやっていたのですが大体数ヶ月くらいの日数はかけていました。
もちろん乾かす時間など色々な要素があるので実際の作業時間はもっと短いです。
個人的には10号~30号くらいが描きやすいですね。
50号を描いたときは構想なども入れると半年くらい使いました。

10号とかのサイズだとザックリ描くような描き方なら数日で仕上げれることも出来ますがそれでも一ヶ月くらいはかけて描いたほうがいいように思いますね。
早く絵を完成させたいと思うものですがあまり乾いていないのに新しい色などを置くと混ざって色の彩度が下がってしまい汚くなってしまうことも多いですし。
サイズが100号とかになるとキャンバス代以外にも消費する絵の具がかなりの額になるので最初は大きくても30号くらいがお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!
確かに、100号は大変そうです。
小さいのから頑張ります。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/09 23:36

こんばんは。


仕事しながらなので残業等あれば描けない日もあります。

F30号油彩の風景画で2ヶ月半くらいでしょう。当然休みの日には集中して描きます。F10号程度なら3週間です。細密に描き込むほうなので時間は掛かります。

早い人ならF8号を2週間ちょっとで2枚描きあげています。(専業でプロの方)
冬場は絵の乾燥が遅いのでそれ以外の時期に比べると進行が遅いです。

描き方の差は大きいでしょうね。あと、早く描くことに慣れている人は違いますね。私はあまり慌てて描く必要もないので時間をかけています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報をありがとうございました!
季節でも絵の具の乾燥が違うのですね。
大変参考になりました!

お礼日時:2009/05/09 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寝室で油絵を描く時の臭い

こんにちは、質問させてください。
突然油絵が描きたくなったので道具を一式揃えました。全くの初心者です。
しかし自宅で絵を描けるスペースが自分の寝室しかなく、部屋には家族の服などもポールハンガーにかけられていたりして、臭いが移ってしまわないかと心配で踏ん切りがつきません。
自分の本やパソコンはいいとしても家族の服に臭いが移ってしまうと申し訳なくて…
部屋は窓が二つあるので換気はしやすいですが今は梅雨なので締め切る時が多いです。
他に絵を描けるとしたら屋外の倉庫か仏間くらいしかないのですが、やっぱり臭いは移るでしょうか?

それからもう一つ、絵具の色を変えるときはいちいち筆をクリーナー?のような物で洗うのでしょうか?それとも色を変える時は新聞紙などで軽く拭いて、区切りがよくなって絵を乾かす時などにクリーナーで洗うのでしょうか?
クリーナーと筆洗い器を買い忘れたので初心者でも使いやすいものがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は高校時代に油彩を専攻していましたが教室はかなり臭かったですね(汗
やはり室内だとどうしても臭いや汚れが多少は出てしまうかと思います。
画家の人もやはりアトリエを別に作りますしね。

しかし学校だけだと課題ができないので自宅で製作をすることもあったのですが油絵での匂いの原因は筆を洗うクリーナーの液だと思います。
これは基本的にシンナーが入っているのでその匂いがかなり充満するためで換気をしないと倒れてしまうこともあると思います。
市販のクリーナーの代わりに灯油を利用する人もいたので…。

ですが少し値段が高くなってしまうと思うのですが無臭と書かれたクリーナーがあるのでそれを使えばかなり臭いは軽減できます。
とは言ってもやはり近くで臭いをかげばほのかにシンナー臭いですしオイル自体にもそれぞれ臭いがあります。(基本的にそれほど強くはないですが)
あと無臭とはいえシンナー系の気体が発生しますし絵の具自体にも危険な化学物質が使われているものもあるので必ず換気はしてくださいね。
自分はこの臭いが好きだったのですが少し古臭いような臭いだったりするので少しでも臭いが気になるというのであれば避けたほうがいいかもしれません。
なので出来れば庭やガレージで描けるならそのほうがいいかもしれませんね。

筆は出来ればさまざまな種類、大きさの筆を多めにそろえるのが理想です。
理由はクリーナーに入れてそのまま描くとクリーナーが絵の具を溶かすので絵自体にあまりよくありません。(垂れてきたりしてしまったり色が混ざったりする原因になる)
しかし油絵はカンバスでの色の混色も特徴の一つなのであえて筆を洗わずに新しい色をつけたりする場合もありますが。
もし少ない筆でどうしても洗いたい場合はクリーナーで洗ったあと軽くふき取り少し乾くのを待って使うといいと思います。
筆もなかなか高価なので私自身はそうしていたのですが教えてもらっていた先生曰く「クリーナーは片付けの時にだけ使え!」とのことでした。

最後に筆洗とクリーナーですがあまりどちらもそれほど種類は多くないと思います。
クリーナーは取りあえず「無臭」などの表記があるものを、筆洗は普通のプラスチックだとシンナーが溶かしてしまうので通常は金属性のものが売られていますが家で描く場合だと別にガラスのビンや缶でも問題ありませんよ。

私は高校時代に油彩を専攻していましたが教室はかなり臭かったですね(汗
やはり室内だとどうしても臭いや汚れが多少は出てしまうかと思います。
画家の人もやはりアトリエを別に作りますしね。

しかし学校だけだと課題ができないので自宅で製作をすることもあったのですが油絵での匂いの原因は筆を洗うクリーナーの液だと思います。
これは基本的にシンナーが入っているのでその匂いがかなり充満するためで換気をしないと倒れてしまうこともあると思います。
市販のクリーナーの代わりに灯油を利用する人...続きを読む

Q油絵とアクリル絵の違いを教えて下さい。

私は全く絵をやった事が今までにありません。今とてもアートに惹かれて習いたいと思っています。友人のお勧めでは油絵なのですが、アクリル絵とどう違うのでしょうか?絵も全然違ってくるのでしょうか?又初心者にはどちらが良いのでしょうか?アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。又シャツや石などにも描けると・・・油絵は匂いが強烈だと聞きます。そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、全く無知な私には分かりません。どなたか是非アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と、乾燥を調整するグリセリンやエチレングリコール。
パステル
顔料を棒状に固めるための糊・トラガントゴム等。(学童が良く使っているパスはこれとは別のもので、次のオイルパスのことです。)
オイルパス・クレヨン
動物・植物性油脂とパラフィンやロウ類。(油脂分の多いものがオイルパスで、パラフィンやロウ類の多いものがクレヨンです。

>アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。

そうですね^^アクリルは耐水性の水彩(変な言葉TT)水分を多めに取ると水彩の淡い色などが表現できます、ただし本家透明水彩の発色には及ばず少々くすんで艶がありません。

>又シャツや石などにも描けると・・・

樹脂なので洗濯にも何度かは耐えられますね。厚めに塗るとヒビが入るかな?^^

>油絵は匂いが強烈だと聞きます。

私も臭いと思います(笑)独特な臭気ですよね…換気は必要かと思います。ある意味パステルや木炭の定着に使うフィキサチフやポスターカラーの仕上げ用のトリパブも臭いです…アクリルは臭くないですよ^^

>そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、

厚く塗れば油絵の様な仕上がり、盛り上げようのモデリングペーストを混ぜるとざらざらやデコボコ、アクリルボードなどの上で色を混ぜメディウム混ぜ
かわかすと剥がれてフィルム状にもなる…アクリルは変幻自在。石にも壁にもシャツにもカンバスにもボードに板にもガラスにも塗れる、たぶん殆どの物に塗れますね^^何も絵に拘らなくてもオブジェも作れる…

アクリルの使用上の注意は、乾くと溶けません(耐水性)溶き皿からペロンと剥がしたりした粉かな破片が水道管に詰まったりしかねません(友人は別の染色用の絵の具の所為でアパートから出るように言われました)入らなくなった絵の具はそのまま乾燥させ、乾いたのを見計らって水の入りバケツに漬け数時間、ぺろんと剥がれた物をそのまま燃えないごみで出しましょう^^

まだ決めてないのに長文失礼致します
(今更・爆)

沢山描いて素晴らしい心の探求をなさってください…
絵は自分との向き合い、人生との対話・心の全てが心境が出てきます(落ち込んでるときなど)現実では外へ向いていた目が今度は内側へ向きます。何も無い所から何かを生み出す、そんな苦痛と快感に満ちた世界をお楽しみください^^

頑張って!

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q油絵の練習でキャンバスの代わりになるもの

油絵をはじめるべく道具を購入したいのですが、
調べてみるとキャンバスはすこし高価すぎます。
練習用の代用キャンバスなどはありますか?
普通の画用紙じゃだめですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですか,それは残念でしたね。
しかし,ご質問の方がどこにお住まいかわからないので…
私は名古屋在住なので、このへんなら世界堂とか島本画材とかにはあると思います。
メーカーにより呼び名もさまざまで
ミューズ社だとアクリルボード(イラストボードの一種)
フナオカだとキャンバスボード
ホルベインだとボールドキャンバス
という具合です。
お店で上記の名前で注文するか,ネット通販を利用されても良いかもしれません。
良いアドバイスが無くてすいません。
自分にあった道具や素材を探し見つけるのも絵を描く楽しみの一つですよね。私は買いもしないのに画材屋についつい入り浸ってしまいます。
ご健闘を祈っています。

Q油絵の基本的な書き方、テクニック

 私は美術の授業で油絵を描いているのですが、いまいち書き方がわかりません。それで、その作品は9月の文化祭で展示されるので、かなり焦っています!!
 
 授業の担当の先生は、自分のやり方を押し付けてくる割には、どのように作業を進めればよいかわからなくなり、質問すると「自分が思った通りにやればよい」という感じのことを言ってきます。
 また、私は美術部でもなんでもないので、油絵は初体験なのですが、それが人物画なんです。(自分の顔です。)背景→肌の順で塗っていますが、ものすごく色が不自然でのっぺりした絵になってしまいました
 
 2学期には風景画を書くのですが、油絵はきっと今描いている人物画とその風景画しか描かないので、本をかうのは勿体無いと思うのです。
 油絵の基本的な描き方や、テクニックのわかりやすく説明されたサイトを知っている方、是非教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

お答えに沿わなくサイトは知らないのですが、少しだけ書き方に触れたいと思います。

あなたは初心者と言うことですがどの程度のことを知っていますか。また、どんな作家が好きでどんな絵が描きたいのですか。

私も少々たしなむのですが、私は具象画で風景や静物を書いています。

先ず始めの下書きは木炭を使います。
木炭をルツーセで留めたら、コバルトブルーでもう一度デッサンを行い次にイエローオーカーで下塗りをします。
このときに注意をしたいのはこの時点から完成状態をある程度想定して色の濃淡、塗りの厚さを考慮し、「デッサンをする様に」描いて(塗るとは言いません)いきます。
この時点から画面に色を塗るように描いてしまうと画面がのっぺりしてしまう要因になります。
あくまでも絵の具で(描いていく)ことを心がけてください。多少の塗り残し等は気にしないでください。
イエローオーカーで描き終わったら次は完成状態を意識しながら色を置いていきます。
例えば植物の緑の下にはブルーをのせたりします。
これは最終的に緑を載せた場合の発色や緑の塗り残しから見えた時の視覚上の混色の効果を考えて決めていきます。
この辺はある程度経験を積まないと難しくいきなり良いものは出来ません。
また、置き色といって部分的にポイントになるところに全く唐突とも思えるような色をピンポイントでおくこともあります。これも最終的には上に塗る色の発色や塗り残しの間から見える効果を狙ったテクニックです。
一枚の絵の中にはいくつか強弱を持たせる必要があります。ぱっと見て目が行くようなところが有り次に目が行くのが次に強いところというように見る人が絵の中で視線異動を行えるようになるといい絵になってきます。このときに効果的なのが置き色なのですが、私は人物画を書いたことは無いので具体例が出しにくいですね。
人物画で強いところを作るとすると人物の目になるのでしょうか。
人物画で私の知っている重要なポイントはただ似顔絵を描くのではなく、その人物の性格まで現せるような描き方をするということです。
良く路上で似顔絵を描いている人がいますが、まぁ、似ているかなとは思っても決していい絵とは思わないですよね。
彫刻家のロダンはその人物の性格や振る舞いを良く観察し完成した作品は誰が見てもリアルでその人そのものというような感じになっているそうです。
また、画家のアメディオ・モジリアニは出来るだけ絵を簡素化し、その人物の特徴を書き表した作家です。

油絵は感じたままを表現することで個性的な作品になります。実際の色や形に囚われずに自由に書いてください。

尚、塗り残しと表現している所は、筆で塗ったときに一回では完全にはキャンバスの凸凹に埋めることが出来ずに残る部分が出来ますが、この様な部分と、背景と人物などの輪郭の境界部分に少し残る塗り残しの事を言っています。

お答えに沿わなくサイトは知らないのですが、少しだけ書き方に触れたいと思います。

あなたは初心者と言うことですがどの程度のことを知っていますか。また、どんな作家が好きでどんな絵が描きたいのですか。

私も少々たしなむのですが、私は具象画で風景や静物を書いています。

先ず始めの下書きは木炭を使います。
木炭をルツーセで留めたら、コバルトブルーでもう一度デッサンを行い次にイエローオーカーで下塗りをします。
このときに注意をしたいのはこの時点から完成状態をある程度想定して色の...続きを読む

Q油絵のときに使う筆洗油の捨て方がわかりません。

おそらく商品名は「筆洗油」でいいと思うのですが。。。火気厳禁とありますが普通に捨ててしまってもいいのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

新聞紙やボロ布に筆洗油を染み込ませ、ビニール袋に入れて、その中に新聞紙(ボロ布)が浸るくらい水を入れて、可燃物として処理します。筆洗油のついた新聞紙をそのままゴミ箱に捨てたりしてはいけません。他のゴミとの摩擦で発火することがある、と何かで読んだ記憶があります。石油由来ですから、水道に流すのももってのほかですよ。

ところで、筆洗油って一回使うごとに捨ててしまっていますか?よっぽど絵の具の沈殿物が混ざってしまったりしたとき以外は捨てる必要はありませんよ。

Q筆跡が残らないように広い面などを塗ったりするにはどうすればいいでしょうか?

頻繁にここでは質問させていただいていますが毎回丁寧な回答をしていただいています。
皆さん本当にありがとうございます。
今回は筆の使い方についての質問なのですがよろしくお願いします。
絵の具(主に油絵)を使って広い面や何回も描き重ねていくときなど筆圧が強いのか、筆の動かし方が悪いのか筆跡が目立ってしまったり色を変えて筆を動かしたところがはっきり分かれたりしてしまいます。
必要ない部分に筆跡を残さない、広い面を均等にムラなく塗るにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

大学で美術を専攻している者です。
私自身はもりもり絵の具をのせるタイプなので詳しくは説明できないのですが、
以前先生に教えてもらったことを描きます。
古典的な技法ということですが、その場合筆の種類も重要になるそうです。
硬い豚毛ではなく、柔らかい毛のものを使うそうです。
また絵の具は薄く溶いて重ねていくのが一般的です。
その際溶き油はフツーのものでも良いですが、
サンシックドリンシードオイルやスタンドオイルなど、すこし粘り気があり乾くのが早いものと、テレピン(またはペトロール)を1:3~6くらいの割合で混ぜたものを使用するとやりやすいです。
また、古典技法の場合、最初の段階でかなりデッサンをしっかりさせておくことが一番大事です。
キャンバスに描き始める前にスケッチブックなどで構図をしっかり決め、
キャンバスにははじめ茶色などの絵の具を薄く溶いてモノトーンで描き、そのあと色をのせておくというやり方もあるそうです。
キャンバス布は細目の方がいいのかもしれませんが、中目でもそんなにやりづらいということはないと思います。

広い面を均等にムラなく・・・というのはそれとはまた違ったものになると思いますが、本当に一色で塗りたいのなら大きなハケかローラーでしょうね。
そうではなくてダヴィンチやアングルみたいな感じの絵が描きたいのならば、これはもう地道に色を重ねていくしかないと思います。
古典技法はなかなか難しいですが、最初のうちは薄くムラなくということばかり気にしなくてもいいと思いますよ。
筆跡を残さないように~と気を使うと他がおろそかになる場合もありますし、
絵の具を厚く塗っても平らな印象にすることもできます。
この辺はもう自分で色んな絵をじかに見ては自分でもやって研究してみるしかないです。
画集では「原寸美術館」という本とか参考になるかもしれません。ダヴィンチやダヴィットの絵が原寸サイズで印刷されています。
大きな本屋さんや図書館にあるかもしれないので、探してみるといいかも。

大学で美術を専攻している者です。
私自身はもりもり絵の具をのせるタイプなので詳しくは説明できないのですが、
以前先生に教えてもらったことを描きます。
古典的な技法ということですが、その場合筆の種類も重要になるそうです。
硬い豚毛ではなく、柔らかい毛のものを使うそうです。
また絵の具は薄く溶いて重ねていくのが一般的です。
その際溶き油はフツーのものでも良いですが、
サンシックドリンシードオイルやスタンドオイルなど、すこし粘り気があり乾くのが早いものと、テレピン(またはペトロ...続きを読む

Qクロッキー帳とスケッチブックの違い

タイトル通りです
クロッキー帳とスケッチブックはどんな違いがあるか教えてください
もしや同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

クロッキー(仏語)、スケッチ(英語)で、本来はどちらも同じ物をさすけど・・・
日本では、クロッキーは速写の意味合いが強く、スケッチは写生や下絵の意味が強いですね。

ですから、日本で売られているクロッキーブックと称されているものは、速写に適した、鉛筆やコンテなどで描き易い紙が使われています。
また、速写ですから、沢山描く事が可能なように枚数が多く薄い紙ですね。
このため、水彩などので描くには適さない紙が多いです。

スケッチブックは、エスキースとして屋外で、色彩まで含めて描く場合が多いので、より多くの画材に適した紙が選ばれ、水彩絵の具などを使っても描き易い紙が使われます。

まぁ、クロッキー帳に色鉛筆という選択も悪くはないと思いますが・・・・

クロッキー帳の紙:質より量
スケッチブックの紙:ある程度の質を確保
って感じがしますけど

Qアクリル絵具とアクリルガッシュ

アクリル絵具とアクリルガッシュは同じですか?
混ぜて使っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

> アクリル絵具とアクリルガッシュは同じですか?

薄める溶剤に 水を使用するという点では同じです。
使い方(描き方)も、(ほぼ)同じです。
でも、厳密にいうなら違うものです。


水彩絵具にも、「透明水彩絵具」 と 「不透明水彩絵具(ガッシュ)」 がありますよね。
〔小中学校等で使う学童用絵具は、(本職用ではありませんが)どちらかというとガッシュ系です。〕

それと同様、名前に “ガッシュ”(フランス語)と付くからには、「不透明系」 の絵具です。
成分的なことはメーカーの人に聞いた方がいいですが、
一般的にガッシュ(不透明系)は、透明系よりも、絵具に含まれる顔料(色粉)の量が多いため、
描くと下の色を隠す効果が透明系よりも高いのが特徴です。


もちろん、多めの水で非常に薄くのばして描くと、
透明系の絵具で描いたようにもなりますが、色によっては、
顔料の多さのため、ちょっと粉っぽく見えてしまうことがあります。

つまり、水彩絵具同様、アクリル絵具も、 「不透明」 とはいっても、溶剤(水)の量しだいですし、
濃い色の上に薄い色を塗った場合、下の色を隠す効果は減少するすることも、水彩の 「透明と不透明(ガッシュ)」 の関係と同様です。

どんな絵具にしても、チューブからの原液で使うか、溶剤(水や油)で薄めるか、薄めるならどのくらい薄めるか・・・
要は、使い方しだいですね。(^^)


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

> 混ぜて使っても大丈夫でしょうか?

「混ぜる」 という描き方には、
「パレット内で混色する」 のと、 「紙やキャンバス上で色を重ねていく(半透明な重ね塗り)」
の2通りの手法があります。

紙やキャンバス上で色を重ねていく場合、先に書きました
「透明か不透明(ガッシュ)か」 という、絵具の特性が重要になってきます。
透明(半透明)な色を重ねて、下の色を浮き出させる描き方ができると、
絵に深みが出ます。(油彩的な描き方の場合は特に)


別種の絵具を、パレット内で、文字通りコネコネと混ぜ合わせることに関しては、
メーカーの担当者など、詳しい方に聞けば聞くほど、「お勧めしません」 と言われると思います・・・ ^^;;
(同じメーカーの物で、社内で検証済みの事例があれば、混ぜても大丈夫だと言われるかもですが・・・)

ただ、「お勧めしません」 というのは、「できません」 という意味とイコールではないことに注意しましょう。
メーカーの担当者等、成分等に詳しい人になればなるほど責任があるので、
「どうなるか保障はできません」 という意味で 「お勧めしません」と おっしゃるのだと思います。
そもそも、他社の製品同士を混ぜることに、確信的なことは言えませんしね・・・ (^^;;

「どうなるか保障はできません」 ということについても、
「混ぜて絵を描くまで(短時間)にどうなるか保障はできない」、
「混ぜた絵具で描き上げた絵が、数十年以上の保存に耐えるかは未検証… (保存を保障できない)」
という2通りの意味があると思います。

アクリル絵具自体が、開発され一般に普及してからまだ100年も経っていないので、
アクリル絵画が この先どのくらいの保存に耐えるのかは未知の部分も多いのです・・・


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

ただ、作家(描き手)としては、
上記のようなことにこだわらず、とにかくやってみることをお勧めします。
アクリル絵具とアクリルガッシュどころか、アクリル絵具と油絵具を1枚の作品で併用する作家もいますよ。


一般的にアクリル絵具の代名詞化している 「リキテックス」 が、実は商品名であるように、
他のアクリル系の絵具も、一般名と思っていたら実はそのメーカーの商品名だったりすることも多々ありますので、
(ほぼ)同じ絵具が、メーカーの違いで違う名前で呼ばれていたりすることもありますし、
そもそも、作家(ご質問者様)が、どのような作品を描きたいのかが最も重要ですので、
最終的には、「実際に試してみる」 しか無いと思います。。。 (^^;

要は、ご自分の表現(作品)にどういう手法や色が合うかなので、
「混ぜて使ったらどうなるかな?」
という “(作家的)好奇心” の方を大切にされるとよいかと思いますよ。
自分だけの色や表現方法が見つかるかも知れませんからネ☆

人から聞いて試してみた手法が、(その人はうまくやってるのに)自分ではどうしてもうまくいかない・・・
ということもありますし、その逆もあります。
いろいろと試行錯誤されてみて下さい。


作品制作、頑張って下さいませ。(^^)

> アクリル絵具とアクリルガッシュは同じですか?

薄める溶剤に 水を使用するという点では同じです。
使い方(描き方)も、(ほぼ)同じです。
でも、厳密にいうなら違うものです。


水彩絵具にも、「透明水彩絵具」 と 「不透明水彩絵具(ガッシュ)」 がありますよね。
〔小中学校等で使う学童用絵具は、(本職用ではありませんが)どちらかというとガッシュ系です。〕

それと同様、名前に “ガッシュ”(フランス語)と付くからには、「不透明系」 の絵具です。
成分的なことはメーカーの人...続きを読む

Q油絵のにおい

油絵の絵の具とか油とかクリーナーとかって臭いがきついと聞いたんですが、室内でやるとかなり臭いが充満すると思うんですが、
このような油絵の画材にはシンナーとかやばい成分は含まれてないんですか?
つかってて頭おかしくなったりすることはないですか?
臭いだけですか?
おしえてください
 

Aベストアンサー

何か誤解を広げるようなことばっかりですが。
基本的に油絵の具に用いる揮発性溶油は人体に大きく影響するものではありません。
しかし、テレピンの場合はリモネン同様天然の精油で粘膜に対して強く刺激するものですから、粘膜系の弱い人や喘息がある場合にはかなり注意が必要です。
また、これらは昨今流行りの天然由来とか自然派塗料なんかで使われている「比較的安全な溶剤」でもあります。

ぺトロールは石油系の有機溶剤ですから上記のような刺激はないです。
しかし、こちらも頭痛や吐き気を起こす場合もあります。ただし、シンナーなどで問題になる成分はまったく含まれていないので「頭おかしくなったりすること」などありません。

それと、「頭おかしくなったりする」シンナーを使う場合も含めて、人体への影響を押さえるために換気するのは「常識」です。

人体への影響は小さいものの、むしろあの具に用いられている顔料の方が問題でしょう。
習作用ならともかく、毒性のある顔料が含まれるから「専門家用」という表記もあるわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング