ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

イタリアとスペイン旅行に行く際、
「スリと子供ジプシーには気をつけて」と散々言われました。

ジプシーというのを差別用語とも知らずにそのまま渡航
してしまったのですが、帰国後に彼らは「ロマ人」と呼ばれている
ことを調べて知りました。


両国、物乞いの人々はかなりいました。
彼らのほとんどは、高齢のようでした。女性は長いスカートで鮮やかな色彩の洋服。男女ともあまり身なりが良くはありません。

子供では見かけませんでしたが、
その人達がジプシー、ロマ人と呼ばれる人達だったのでしょうか?


あと、悩んでいる事があります。
イタリアの教会の前で一人の物乞いのおじいさんがお金をめぐんでくれと来ましたが、「一人にあげるとそれを見ていた他の物乞いも来るから、あげるべきではない」という注意を受けていたので、やんわり断りました。今までの他の国でもそうしていましたし…。

しかし、このおじいさんの雰囲気が何とも忘れがたいのです。
がめつさがないというのでしょうか…。
言葉には表しにくいのですが、他の物乞いにくらべて何とも柔らかい雰囲気を持った人でした。断っても笑顔だった人はこの人くらいでした。


今となっては少しだけでもお金を渡しておきたかったな、
と思います。ケチな自分が恥ずかしく感じています。
お年寄りだったせいでしょうか、何だか良心が今でも痛むのです。

次に旅行した時にどうするべきか悩みます。

お金を渡す事は、その人にとっても良い事ではないのでしょうか?

ちなみに教会の前のおじいさんは一人だけで、周りには
仲間のような人は見かけませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私はあげますよ。


実は物乞いをするだけでかなりの収入があるものなんだ、と書く人がたくさん出てくるでしょうが、そんなことは承知の上です。

>お金を渡す事は、その人にとっても良い事ではないのでしょうか?
良いことでしょう。お金をもらって困る人はいません。
その人を甘やかすことになるんだ、という理屈も成り立ちますが、そんな持って回った理屈で「厳しい」態度をとるより、小銭をあげて「ありがとう」といわれる方がよっぽど気分がいいです。
大体、物乞いを見えないふりして、シカトして歩くのは、かえって疲れます。

厳しさを見せるのなら、こんな方法もあります。
ある国で見かけたのですが、若い物乞いのお兄さんが、中年のおばさんにお金をねだっていたのです。おばさんは、ギロッとにらみながら、「あなた、若いんだからちゃんと働きなさい」と、一言お説教をして、お金をあげていました。

一人にお金を上げると、わーっとたくさん集まってきてしまうようなところもあるそうですけどね。
それは、確かにちょっと困ります。

なお、往来で財布を出すのは、要注意です。
旅行のときは、危険を分散するという意味でも、現金をいくつかに分けて持ち、そのうちのひとつを小銭入れにするとよいとおもいます。

ロマの人たちはヨーロッパのどこでも出会うことができます。
ご覧になった人たちがたぶんそのとおりロマの人たちでしょう。
子供もいますよ。
私には、なんとなく顔つきが違うように見えるので、わかると思っていますが。

>ジプシーには気をつけて
これ、旅行ガイドなどにも良く書いてあります。ご丁寧に「ジプシーは差別用語だ」とことわった直後に、「ロマに気をつけろ」と書いてあるのを見たことがあります。
ロマ=犯罪者集団、みたいな書き方こそ、差別の見本みたいな態度だと思うのです。
私は、特定の民族や国籍をあげつらって、犯罪者呼ばわりする言い方は大嫌いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ヨーロッパなので物乞いに囲まれるということは幸いにも
なかったのですが、この先旅行する地域によっては
気をひきしめなければいけませんね。

スペインで女の子の物乞いにお金をしつこくせびられて
断ったら舌打ちされたことがあります。
すごく腹立ちました。こういう人には一銭もあげたくはないですね。

お金をあげるにしても、いくらぐらいあげるべきなのか
悩みどころです。フランスで電車内でアコーディオンを弾いた
おじさんがお金を求めて来ました。(勝手に弾いてました)
あげてない人もいましたが私は10セントだけ差し出しました。
けど、ケチかったかなぁ~なんて今となっては思います。
10円相当もらってもねぇ…なんて。私はお人好しですかね。

純粋に、あのおじいさんには頑張って欲しいなと思いました。
すごく素敵な笑顔だったので忘れられません。

お礼日時:2009/05/13 23:13

大人の物乞いはほっときます。


子供の物乞いはお金のかわりに、出国前に100均でいくつか仕入れていった
ボールとかノートと鉛筆とか、ちっちゃなクレヨンとかをやります。
「自分にもくれ」と言われたら持ってる奴を呼んで「みんなで使え」といいます。

発展途上国なんかではしばしば周りの子供を巻き込んで
にぎやかなキャッチボールやプチお絵描き大会になります。

わたしはそれを見てニヤニヤしながら、
いつかその文化的な興味が彼らを救うことを祈りつつ
静かにその場を立ち去ります。

自己満足の偽善なんですけどね。
旅行者として面倒に遭うのが宿命なら、楽しんでやろうと思って。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

荷物になるものはなるべく持って行きたくないので
キャンディーなんかは良いかもしれませんね。

私も偽善だとは思うのですが
自分がいかに幸せかってのも痛感しました。

お礼日時:2009/05/13 23:24

ヨーロッパの事情はよく知りませんが、


インドあたりに行くと乞食だらけだったりして、
日本人というだけでみんな寄ってくるし、
一人にあげたら「俺にも」「あいつにやってなぜ俺にはくれない」と
数十人くらいに詰め寄られることもありますし、
そうならないときもあります。

あちらでは、「富むものが富まざるものにほどこしをするのは当たり前」
という文化があって、もらっても礼も言わない、感謝もしないと
いうのがあり、逆に「貧者に施しを与えるのは富者に功徳を積ませて
やってるのだから、逆に感謝してもらわなくては」というような
考え方まであります。

ヨーロッパも多分似たようなものだと思いますが、

結論からいえば、そのような事情をわきまえた上で、
質問者さんがあげたければあげればいいし、
あげたくなければあげなくても恥じることはない。
ということでいいと思います。

なんなら、一つの経験として小銭を大量に準備して、
そこいらじゅうの人に分け与えてもいいのですよ。
それはそれで一つの経験ですから。

もちろん、あげたい人にだけ、こっそりあげる。
というのも悪くないと思います。
旅先で見知らぬ旅人に柔和な笑顔を向けてくれた
お礼と思えば安いものです。癒されますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
インドはすごいみたいですね…。
行ってみたい国ではあります。群がるようなら
誰にもあげるべきではありませんね。
こっちもスッカラカンになってしまいます。

>あちらでは、「富むものが富まざるものにほどこしをするのは当たり前」
という文化があって、もらっても礼も言わない、感謝もしないと
いうのがあり、逆に「貧者に施しを与えるのは富者に功徳を積ませて
やってるのだから、逆に感謝してもらわなくては」というような
考え方まであります。

嫌な考え方ですねぇ…。寄生しているようです。

貧乏旅行にこの先もなると思うので私にも全員にあげる
余裕なんてまったくありません。
ボランティアや支援に行くのではないのですし、
やはり基本的には無視しないといけませんね。
「子供でも大人でも、しつこく物を売ろうと付いて来る
人に感心を持ったり、話しかけたりしないこと。」
「後でね」なんてあしらうと、ずっと付いて来るから
絶対に言わないで下さい。と知人はガイドさんに言われたらしいです。

友人も買わなかったら「ケチ」と言われたらしいです。
厚かましいのは嫌いです…。

今回は、あのおじいさんだけが心にひっかかるので
質問しましたが、基本的にやはりお金はあげない事にします。

お礼日時:2009/05/13 23:22

悪いことではありませんが、いいことにも使われない上に、あなたに迷惑がかかります。

他の物乞いがやってくる堂々巡りです。

彼らは物乞いが職業なんです。だからあなたから貰っても感謝しませんし、くれなくても気にしません。
誰かがくれるから、物乞いで生活をしていて、みんなの持ち回りで彼らを食わせているから、のたれ死にや死にものぐるいの犯罪を防いでる。
そういう循環社会で、狩猟民族で一神教の地域政治みたいなものです。
お金をあげたから裕福になるわけでもないし、あげないとがんばって働く訳でもありません。働けないから乞食という仕事をしています。

可哀想と思うのもあなたの目線が高すぎますし、自分がケチというのも乞食を喰わす責任もないので卑屈になることはありません。
そういうものだと納得するしかありません。恵まれない人は恵まれないのだし、私たちは彼らを養う財力はありません。自分が比較的恵まれたことを感謝するしかありません。

私は、暇つぶしにホームレスに恵むことがあります。楽しませてくれればその対価を払う大道芸人と一緒です。
イギリスで2ポンドあげたら、コーヒー2つ買ってきて、ひとつを自分にくれたのには驚きました。その程度にしか必要じゃないのです。
しょうがないからもう2ポンドあげました。だまされましたw

子供には、お金をあげないようにしています。お金は親に取り上げられてしまうからです。
かわりにいつもお菓子を持ち歩いて、アメとかをあげます。お金より本当に喜びます。
漫画家の西原理恵子さんに習いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね、物乞いが職業なんだからその場では
お礼を言っても心底の感謝ではないでしょう。

ただ、お年寄りの物乞いの多さは何だか複雑な気分でした。
そして質問欄で書いたおじいさんは特別ひっかかります。

もちろん、卑屈にもなっていませんし養う財力なんて
とてもありません。いわゆる「慈悲」として小額で、
何か食べて下さいという感覚です。

若者はまだまだ体力もあるし、働き口も頑張って探して欲しいです。
子供がせびったお金は親に取られると思うので
私もお菓子で十分だと思います。

お礼日時:2009/05/13 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアの物乞いさんについて

私はバックパッカーでイタリアを2ヶ月ぐらいかけて回り、現在はスペインにいます。
2カ国とも物乞いの人というのはいるものですが、スペインではそれほど
感じないのですが、イタリアにいたときに見る物乞いの人というのは
見事にほとんどの人が同じ人種でした。
聞きかじったところによるとアルバニア系の人たちみたいですね。
ほとんどがオサゲの女性です。
なぜその民族の人たちばかりがイタリアで物乞いをする羽目になっているのでしょうか。
歴史的に何か関連があるんでしょうか。
また、路上でコピー商品を売っている黒人さん。
この人たちはどこからどういう経緯でここでこうしているんでしょうか。

イタリア、スペインともにいるのは障害者の物乞いの人。
手がなかったり足がなかったり大やけどをおった人などが街で物乞いをしています。
社会保障など日本とだいぶ違うからでしょうか?
実際に違えばどう違うんでしょうか。
ご存知の方、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。イタリアに在住しているものです。専門的でもなんでもないですが、知っていることを書きますね。
物乞いは、アルバニア、ルーマニア系の東欧出身者が確かに多いです。詳しいことは分かりませんが、アルバニアはイタリア領だったこともありますからね。(関係ないですが、イタリアではアルバニア人、ルーマニア人への偏見がとても強いです。)陸続きですから、イタリアへ渡ってきやすいのですね。また、イタリアはフランス、ドイツ、スイスなどに比べて物価が安いからというのもあるかもしれません。

またアフリカからの移民はその多くが不法滞在で問題になっています。毎日のように船で(ボロボロの)やってきます。そう報道されています。いつ壊れてもおかしくないような船で入国してくるので時々沈没しています。

親戚が職を見つけ、他の親戚を呼び寄せてそのまま住み着く、なんてことはざらです。イタリアで職なんか見つからないなのにな~と思いますが。

障害者の物乞いは、見ていて辛くなりますよね。イタリアでは、障害者の方々にはきちんと社杯保障がありますが、何しろ一般人の障害者への理解があまりにも少ないため、本当に気の毒な状態にある人が沢山居ます。バリアフリーなんてほんと最近ですしね。

まともな返事でなくてすみません。

こんにちは。イタリアに在住しているものです。専門的でもなんでもないですが、知っていることを書きますね。
物乞いは、アルバニア、ルーマニア系の東欧出身者が確かに多いです。詳しいことは分かりませんが、アルバニアはイタリア領だったこともありますからね。(関係ないですが、イタリアではアルバニア人、ルーマニア人への偏見がとても強いです。)陸続きですから、イタリアへ渡ってきやすいのですね。また、イタリアはフランス、ドイツ、スイスなどに比べて物価が安いからというのもあるかもしれません。
...続きを読む

Qフランス・パリの物乞いの人々について

フランスはパリの街中で、よく物乞いの人を見かけます。かなり驚くことに、10代の女性(特に白人、イスラム教徒)までもがいて、この国の社会状況はどうなっているのかと疑わざるを得ません。

さて、きょうは子供連れの親子がスーパーの前で物乞いをしていました。母子家庭かどうかは別としても、これだけ社会保険が手厚い国で、生活保護も出ないのかと困惑してしまいます。もちろん、フランスに限らず、どの国でも発展国の貧困問題はあるでしょう。それにしても、と思います。

このような若い女性や親子が物乞いをしなくてはならない社会状況・問題はどこにあるのでしょう? また、このことを論じた書籍(日仏英語、どれでも可)や新聞の論説、あるいはサイトなどがあれば、ご教示ください。

Aベストアンサー

un monde sans vagabonds, telle est l’utopie de la societe de touristes .

le monde diplomatique aout 2000の記事を読んでみて下さい。
上記の文章は、その中にある一文です。色々と考えさせられる
事柄が述べられております。定住して生活をする人々から見る
社会とフランスで gens de voyage(直訳:旅の人→流浪の民)
と言われている人では、考え方が違うようです。

フランスの貧困はここ30年で大きく改善してきています。
1970年代に15%辺りが、2001年では6%程に
それでも貧困線(一人当たり月間480~650ユーロ
約85千円)以下の人口は3百万人おりますから。
ご存知のように、最近は高齢者よりも18歳から
24歳の貧困が大きな社会問題になっております。
詳細は添付統計局の史料を。ご覧下さい。
http://www.insee.fr/fr/ffc/chifcle_fiche.asp?ref_id=NATCCF04405&tab_id=58

参考URL:http://www.monde-diplomatique.fr/2000/08/MICHEL/14093.html

un monde sans vagabonds, telle est l’utopie de la societe de touristes .

le monde diplomatique aout 2000の記事を読んでみて下さい。
上記の文章は、その中にある一文です。色々と考えさせられる
事柄が述べられております。定住して生活をする人々から見る
社会とフランスで gens de voyage(直訳:旅の人→流浪の民)
と言われている人では、考え方が違うようです。

フランスの貧困はここ30年で大きく改善してきています。
1970年代に15%辺りが、2001年では6%程に
それでも貧困...続きを読む

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Q海外ホテルに荷物を置いておくときの盗難対策

海外のホテルで起こる荷物の盗難対策について2点お尋ねします。
泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

1)同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

2)チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?
手書きの控えをもらう、写真に撮っておく、そもそも預けない、、、
など基本的な対策や心構えについて教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したことがあります。あたりに血がたれて凄惨な状況でした。相手がナイフや拳銃を持っていたらこちらがやられていたと考えると急に怖くなり、立っていられない状態になってしまいました。その後もホテルの警備、警察、部屋の移動と大変でした。今考えれば命あってのものだねで、馬鹿なことをしたものです。安い料金に引かれて、1,2泊泊まろうと考えたのが浅はかでした。Aホテルには問題があるとの情報が当時の現地危険情報には出ていたのですが、1,2泊と考えて無視したのが間違いでした。それ以来ホテルは十分吟味して選ぶようにしています。現地危険情報だけでなく、ホテルの口コミ情報などできるだけ目を通すようにしています。インタ-ネットが発達してその面ではたやすく情報が得られて助かりますが。
さて、部屋にある開かないセ-フティ-ボックスを、従業員が開けるところを見たことが3度ありますが、基本的にノ-トパソコンとセ-フティ-ボックスをつないで、操作すると簡単に開いてしまいますので、従業員がその気になりさえすれば、盗難は簡単でしょう。その面からも、ホテルの選択が大事であると思います。

>同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

基本的には鍵をかけるだけです。パスポ-ト・航空券(eチケットが増えて重要度が低下しましたが)・お金などは部屋のセ-フティ-ボックスかホテルに預けます。ノ-トパソコンやデジカメなども同じようにしておきます。ですからスーツケースには何も入れていませんが、鍵だけは掛けておきます。パスポ-ト・航空券・お金など以外のものが仮に盗難にあっても仕方がないとあきらめています(盗まれたことは無いのですが)。また、盗まれて困るようなものは持っていかないようにしています。

>チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?

預けなければならない状況を作らないようにしています。費用がかかってもレイトチェックアウトにするか、ホテルを出る時間によってはもう一泊料金を払って部屋を確保するかしています。友人と行くときも最低1部屋はこのようにしており、貴重品は確保した部屋のセ-フティ-ボックスにまとめて入れます。これは盗難防止だけでなく、時間の節約などの理由もあります。(個人旅行の形式なのでできるのですが)

ではどうしても預けなければならないときは、貴重品はホテルのセ-フティ-ボックスに預かってもらい、それ以外はス-ツケ-スに入れ、ボ-イに頼みます。ホテルのセ-フティ-ボックスが利用できないときは腹巻形式の貴重品入れを利用します。

慎重すぎるようですが、基本的に盗難などは早々無いと思ってはいるのです。ただ、備えあれば憂いなしと思っていますし、気にしながら観光や仕事に行きたくないので。以上参考までに。

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したこと...続きを読む

Qイタリア語を習ったことのある方

今晩和。1578でイタリア語について質問させて
いただいたhinata841です。
そこで頂いた回答で色々な方に聞いてみたいことが
あって再度質問させていただきます。

単刀直入に、イタリア語は覚えるのは難しいですか?

ひとつの言語を覚えるのはそりゃどれだって
難しいと思います。だけど日本人にとって
難しい、簡単…というのは多少差が有ると聞いたことがあります(その言語によって)ドイツ語は難しく
モンゴル語(有りますよね?)は簡単だというのを
聞いたことがあります(偏見かもしれませんが)

そんな感じでイタリア語を習った方に是非教えていただきたいのです。

それとNHKのイタリア語講座のことなのですがあれは
一年単位でまた最初から、という形になるのでしょうか?
出来れば最初の基礎の基礎からみはじめたいなぁと
思いまして。よろしくおねがいします。

最後に(質問多くてすみません)
書店なんかでイタリア語の本を探すのですが
いまいち良いのが見つかりません。
ほとんどが旅行のためのフレーズばかり載ってるもの
なんです。私が欲しいのはそういうものではなく
品詞の並び方とか品詞の種類とか発音とか単語とか
「イタリア語を学ぶ」ということを重点に
置いている本が欲しいのです。


長かったですが呼んでくださった方感謝します。
沢山の方からの回答待っています。
本当に宜しくお願いします!

今晩和。1578でイタリア語について質問させて
いただいたhinata841です。
そこで頂いた回答で色々な方に聞いてみたいことが
あって再度質問させていただきます。

単刀直入に、イタリア語は覚えるのは難しいですか?

ひとつの言語を覚えるのはそりゃどれだって
難しいと思います。だけど日本人にとって
難しい、簡単…というのは多少差が有ると聞いたことがあります(その言語によって)ドイツ語は難しく
モンゴル語(有りますよね?)は簡単だというのを
聞いたことがあります(偏見かもしれませんが)...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。早速回答しますね。
私は日常会話に困らないのは日本語だけなのですが(苦笑)、辞書があれば読める言語は英独仏伊ですので、英語以外のこの三つで比較してみますね(もちろん、初級~中級レヴェルを学んだ程度での比較です。また、私自身がフランス語が非常に不得意というのも念頭に置きつつ読んでください)。

私が難易度ランキングをつけるとするならば、
 フランス語>イタリア語>ドイツ語
 ←難               易→
です。大抵この難易度だと思うのですが、発音の場合はフランス語がべらぼうに難しくなります。

簡単に各言語の特徴を述べますと、ドイツ語はゲルマン系でフランス、イタリア語はラテン系言語です。もし主要ヨーロッパの言語を色々学びたいのであれば、ゲルマンを一種、ラテンを一種学んでおくと良いのではないでしょうか。

ドイツ語は読むのはかなり楽です。名詞に性別が三種類(男性/女性/中性)あるので難しそうに聞こえますが、いちいち憶えるのが面倒というだけで、複雑な格変化は少ないし、動詞の位置が決まっているのでわからない単語があっても把握しやすいのです。厄介なのは分離動詞ぐらいでしょうか。発音もそれほど難はありません(ウムラウトは別ですが)。この三言語の中では英語に結構近いというのもとっつきやすい理由のひとつでしょうか。

フランス語の発音は、ものすごく難しいです。具体例は割愛しますが、フランス人は発音の美しい人を非常に尊敬する人種だとよく言われることからも予想がつくと思います。これだけ難しい発音が綺麗にできるならばそりゃあ尊敬もされるでしょう、と納得してしまうほどです。格変化も大変です……信じられないほど沢山あり、原型とは似ても似つかない変化をしてくれます。また、書くに至っては、単語の語尾の子音が発音されないことが多いので、英語やドイツ語に慣れ親しんでいると、「なんで読まないのに書かなきゃいけないの!」と理不尽な思いをする人もいるでしょう……と言うか私はなりました(笑)。聞き取り問題なんて瀕死でした……(なんだか私のフランス語挫折記のようになっちゃってますが……)。

で、イタリア語です。フランス語と同じ系列の言語とは思えません(笑)。発音が比較的簡単なのです。ちょっと難しいのは子音の連続とgliでしょうか(これは他の方もおっしゃってますね)。それと、アクセントの位置がちょっと珍しいかもしれません。この二点は日本では馴染みが薄いというだけなので、慣れれば大丈夫です。面倒なのは格変化と主語省略。格変化が最大の難関でしょうか。なので、読むのは結構楽ですね。主語省略は、格変化によって主語がなくても何を言っているのかわかるんですが、すぐにピンとくるまでには時間がかかるかも。英語・ドイツ語と同じく書いたそのままを発音する言語なので聞き取り問題も結構簡単です。(ちなみにスペイン語はイタリア語とかなり近いです)

この前イタリア人と喋ったときに「イタリア語は難しい」と言ってましたが、フランス語よりはずっと簡単です(笑)。また、英語はもっとも難しいとも言われています。確かに、ドイツ語やイタリア語などは一年間学んだだけでも結構できてしまうけれど、英語は中学校から大学まで十年やっても身につく人は少ないですものね(笑)。

おすすめの参考書は私も教えて欲しいくらいですが、おすすめの辞書はポケット・プログレッシブ伊和・和伊辞典/小学館です。中辞典は同じく小学館の伊和中辞典と和伊中辞典を使っています。

ちなみに、hinata841さんはイタリア語で会話したいのでしょうか、それとも文章を読みたいのでしょうか?両方かもしれませんが、片方に決めてしまったほうが手っ取り早いです。例えばイタリアへツアーで旅行に行く予定があるのであれば、語学テキストなんかより旅行用会話集から学ぶのが一番です。自己紹介なんかできなくても基本の挨拶とお買い物用語ができれば乗りきれますので(笑)。

この前初めてイタリアに行ってきて、復習の必要をひしひしと感じましたので、私も四月からNHKラジオ&テレビでイタリア語を基礎から再勉強しようと思っています。お互い頑張りましょうね。長くなりましたが、お役に立てましたら幸いです。

初めまして。早速回答しますね。
私は日常会話に困らないのは日本語だけなのですが(苦笑)、辞書があれば読める言語は英独仏伊ですので、英語以外のこの三つで比較してみますね(もちろん、初級~中級レヴェルを学んだ程度での比較です。また、私自身がフランス語が非常に不得意というのも念頭に置きつつ読んでください)。

私が難易度ランキングをつけるとするならば、
 フランス語>イタリア語>ドイツ語
 ←難               易→
です。大抵この難易度だと思うのですが、発音の場合はフ...続きを読む

Q娘を死ねばいいと・・・助けて下さい・・・

娘を死ねばいいと思う・・・シングルマザーです。

息子達は反抗しても可愛いと思えますが、高校生の娘のことはいつも死ねばいいのにと思います。

毎日金をせびり、クレジットカードを限度額越えるまで使いきり、車で送り迎えは当たり前です。
だらしなくて、自転車の鍵を無くす、定期券を無くす、携帯も無くす、学校の教科書も無くす。毎日何かを無くしてお金がかかります。
ブランド志向で、靴でも「三千円ぐらいの物にして」と言ってあるのに一万円以上のを買って来て、「三千円なんて言われてない」と言い張ります。言った、言わないが多く、紙に書いても無理やり書かされたから無効と言い張ります。約束を守ったことが無く、「お母さんを騙してるじゃない」と言うと、「私が騙された時は騙したヤツが悪い。私が騙した時は騙されたヤツが悪い」と言います。

服は脱ぎっぱなし、廊下やリビングは娘の脱いだ物やカバンからはみ出た物が散乱しています。生理で汚れた下着もナプキン着いたまま脱衣場に脱ぎ捨てて置いてます。トイレを血で汚します。弟達がいるので困ります。

格好ばかり気にして、メイクや着替えに時間をかけ毎日学校は遅刻。進学校に入ったものの勉強は全くせず留年がかかっていますが、男の子の視線ばかり気になるようです。とにかく毎日新しい服を着ます。
家では食卓に大股開いて足を乗せ、携帯をいじりながらおならばかりしています。弟達が食事をしていても平気おならをします。

寝ているか携帯をいじっているかの生活です。夏休みは夜通し携帯がDVDを見ていて、朝の10時から寝出し、夜の7時まで寝ています。宿題が山のようにあり「宿題やるから起こせ」と言われてるので何度も呼びますが返事しません。部屋は鍵をかけています。1時間くらい起こすのにかかります。

朝は、10回ぐらい起こさないと起きません。目覚まし時計が壊れている、鳴らないと主張します。目覚まし時計はもう何個も買い替えています。

食事がまずいと言って蹴って来ます。私の返事のしかたが反抗的だとガラスのコップを投げつけます。土下座しろと言い、土下座するまでタンスや本棚の物を落とし続けるので土下座すると頭を足で踏み付けられます。弟達の前で。

お前がそんなに気持ち悪いから父さんは逃げた、離婚はお前のせい、と言います。お前を死ぬまで利用し続けてやる、お前は私の奴隷だと言います。私はみすぼらしい恰好をしたり太っているわけではないです。

夫は浮気癖があり、私はうつと摂食障害になり、自傷行為もありました。夫が離婚したいと言うので、夫の気が変わらないうちにとすぐに応じました。娘が小学生の時です。

弟達は色白で小柄、二重の目が私に似ました。よくジャニーズ系統だねと言われます。
娘だけは夫似です。体型もです。色黒で目付きが鋭い、高身長でがっしり。メイクが上手でメイクすると観月ありささんに似ていると言われています。
男の子の友達が多いし彼氏も途切れません。美人で勉強もスポーツも出来る娘さんと近所では言われますが、家の顔はとんでもないのです。家族の中で娘はひとりだけ異種な感じです。娘が私を見る目に夫を思い出して吐き気がします。

小5くらいからずっと私をお前呼ばわりで、奴隷扱いです。私に物を投げるので、私の片目は網膜剥離を起こし、失明しかけています。私が怪我をすると弟達は「バンソウコウ貼ってあげる」と言いますが、娘は「バチが当たった」と言います。母の日にも、弟達は「いつもありがとう」とおこずかいでキッチン用品をくれたりしますが、娘は「お前には野良犬のクソでもやりたくないわ」と言います。

娘が憎い。怖い。死んでしまえばいいと思う。

弟がお風呂に入ろうと脱衣場で裸になっているのを蹴り出して、自分は鍵を締め切り1時間以上入浴します。
風呂につかりながら髪をパックするので、入った後の風呂が汚いです。髪の毛やマスカラが浮いています。ぞっとします・・・。

まだ娘は16歳。これからも・・・長いです。お前が勝手に産んだんだからお前が死ぬまで奴隷としてこき使うと言います。

すみませんが、冷たい視線での非難はやめて下さい。可愛いと思えない・・・噛みついてくる時は死んでくれ、死ね、と思う・・・正直な気持ちなのです。娘が起きてくる・帰って来るとゾッとするのです。

私のような経験をなさった先輩方や、有識者の方に、このどうしようもない毎日をどう生きていけばいいのか教えて欲しいのです。

娘を死ねばいいと思う・・・シングルマザーです。

息子達は反抗しても可愛いと思えますが、高校生の娘のことはいつも死ねばいいのにと思います。

毎日金をせびり、クレジットカードを限度額越えるまで使いきり、車で送り迎えは当たり前です。
だらしなくて、自転車の鍵を無くす、定期券を無くす、携帯も無くす、学校の教科書も無くす。毎日何かを無くしてお金がかかります。
ブランド志向で、靴でも「三千円ぐらいの物にして」と言ってあるのに一万円以上のを買って来て、「三千円なんて言われてない」と言い張...続きを読む

Aベストアンサー

あんたぜいたくだ。
家族でも、気の合わない関係はあるよ。相手のあら探さない。一緒に暮らしてんだから、お互いいいとこ見て、仲良く暮らさないと、自分がつまんないよ。

自分の不都合なことは常識を持ち出して「相手は間違ってる」と言って、そういうの止め。人生つまらなくなるから。

幸せは目の前にあるのに、気づかずもったいない。
それは10億円持ってるのに気づかず、貧乏暮らししてるようなもんだよ、まじで。

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む

Qベトナムで物乞いの子供達にねだられたら・・・?

ベトナム、ホーチミンに滞在中の話です。
ホテルがデタム地区にあったせいか、毎日のように物乞い「お金ちょうだい」と、手を出される事があり、最初のうちは1ドル紙幣をその度に渡していたのですが、
同じ子にまた見つけられしつこく来られたり、挙句の果てオープンカフェのレストランにも入って来られ、ねだられてしまうことも・・・。
日本でいえば小学生の低学年くらいの子供が、ヨボヨボの年老いたおばあさんを見せしめのようにして連れ、お金をねだる子にも会いました。

欧米人には全く知らん顔でしたが、日本人?狙いなのでしょうか?
よく見つけたね、と思わず感心してしまうほど、スーッと現れては手を出されました。初めのうちはカルチャーショックもあり、思わずかわいそうに思って渡していたのですが、
だんだん嫌になってきて迷っていると大声を出し文句のような奇声をあげる子供もいました・・・。
まるで、日本人はお金があるんだからとも言わんばかり、あげるのが義務のような感じにも取れました。

現地で親しくなったベトナム人が「あの子達、カンボジアから来てるんだよ。ベトナムの方がまだ食べていくにはいいから」とのこと。
なるほど、食べていく事さえやっとで大変なんだろうなぁ・・・という気持ちにはなったものの、手を出されたからお金をあげる、これっていい事なのでしょうか?
果たしてよかったのか?と、今になって考えています。隣にベトナム人がいても、彼らには決して手を出しません。
(以前、ベルリンの中央駅や小さな駅で、いい大人にも物乞いされた経験があり、本当はお金があるのに騙していたという事実もあって、それからは一切無視していました・・・。)
ちなみに、いかにもお金持ちそうな格好はしていませんし、ブランド品など一切手にしていません。

日本が発展途上国に援助しているような、個人レベルでの小さな出来事だとは思ってはいるんですが・・・。

ベトナム、ホーチミンに滞在中の話です。
ホテルがデタム地区にあったせいか、毎日のように物乞い「お金ちょうだい」と、手を出される事があり、最初のうちは1ドル紙幣をその度に渡していたのですが、
同じ子にまた見つけられしつこく来られたり、挙句の果てオープンカフェのレストランにも入って来られ、ねだられてしまうことも・・・。
日本でいえば小学生の低学年くらいの子供が、ヨボヨボの年老いたおばあさんを見せしめのようにして連れ、お金をねだる子にも会いました。

欧米人には全く知らん顔でし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
物乞いの子にお金をあげるか、あげないか、はご本人が納得していればどちらでもよい、と私は思います。

私もインドに旅行したとき物乞いの子どもがとても多くて戸惑ったんですよ。でも、相場も分からないし現地の子どもが使うような小さなお金は手に入らないし、で、結局無視することに決めたんです。
でも旅行を続けて行く中で、日に日に耐えられなくなって、それにインドの考え方も少しですが学んで、最終日、同行していたガイドにお願いしてお金を渡して来ました。

で、その後、考えを改めて、2度目にインドに行ったときは積極的に施しをしてきたんです。「持てる者が持たざる者に施す」のがインドでは当たり前、義務なのです。ベトナムでもそんな考えが流布していても不思議ではないですね。
自分もその考えに従いました。韓国人も中国人もたくさんいたのにすぐに日本人だと分かるようでしたよ。現地の人の数十倍の施しを要求されましたが、法外でない、やや多めの施しをしました。もちろん感謝もされませんでした。

ベトナムの事情は詳しくないのですが、貴方は別に間違っていないと私は思います。物乞いは、働き口を見つける術さえ見つからないから物乞いなのだと思います。決して物乞いのほうが儲かるから、ではありません。
貴方が無視しようが施しをしようが元締めがその子どもを搾取することに変わりはないかも知れません。でも、貴方が施しをしてくれた日、その子はいつもより早く仕事を切り上げることができたかも知れませんよ。

施しをあげ続ける旅行者がいる限り物乞いはなくならない、という人がいます。その通りです。でも目の前に溺れている子どもがいて、誰かが助けるから、ここにはいつまでたっても救急車が配備されない、とは考えないでしょう。貴方は目の前のつらい状況に対処しただけなのです。

最初に書いた通り、これが良いことだったのかどうかは、本人の考え方次第だと思います。施しをするときは、し続ける覚悟・信念を持って施せばよいし、施しをしないときも、やはり一貫して無視し続ける意志・信念を持っていればよいと思います。

貴方が戸惑っているのは、こういう信念がないままに突然難しい問題をつきつけられたからだと思います。わたしも戸惑いました。日本にいる限りこういうことに悩むことはほとんどないと思います。よい経験をなさったし、深く考える機会を得られて幸運だと思いますよ。

こんにちは。
物乞いの子にお金をあげるか、あげないか、はご本人が納得していればどちらでもよい、と私は思います。

私もインドに旅行したとき物乞いの子どもがとても多くて戸惑ったんですよ。でも、相場も分からないし現地の子どもが使うような小さなお金は手に入らないし、で、結局無視することに決めたんです。
でも旅行を続けて行く中で、日に日に耐えられなくなって、それにインドの考え方も少しですが学んで、最終日、同行していたガイドにお願いしてお金を渡して来ました。

で、その後、考えを改...続きを読む

Q日本の航空会社の運賃、どうしてこんなに高いんですか?

こんにちは。

いつも思うのですが、日本の航空会社(JAL・ANA)の国際線運賃って

どうしてこんなにも高いのですか?正規運賃が世界共通なのは知ってます。

格安航空券とか、割引航空券とか同じ路線なのに海外航空会社の方が

安いですよね。時間帯もJALとかANAはいいですし、利用したくても

この値段じゃ・・・ってときがあります。何か理由でもあるんでしょうか?

推測ではなく、的確な回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

概ね3つの理由が考えられます。

1、理由は安全性にかける費用が違う
 パイロットの養成にかかる費用が非常に高価。その代わり優秀な乗務員が多い。
 日本の航空会社の事故補償についてはいちおう制限なし。

2、公租公課が非常に高額
 空港の着陸料、サービス受益料、駐機料が日本をベースとすれば当然高い。
 しかも大型機材ばかりで、重量に応じた課金なので高い。国際線空港の
 成田・関西は超高額です。しかし羽田は安いです。

3、協定が存在。
 詳しくは申し上げられませんが、特定の路線で価格協定が存在してます。
 それゆえ日系会社には競争が存在せずにのさばっていられるところがある。
 それは結果として乗客にツケが回ってきます。

1)の理由から需要が高いのは当然です。そうすればまた料金はつりあがります。

けっこう複雑な内情があります。


人気Q&Aランキング