仕事でPOP3メーラとしてThunderbird 2を利用しています。少し前までBecky!を使っていましたが、原因不明の不調のためTB2に移行を行いました。

最近、まれに受信したメールを返信または転送をしようとした際に、元のメールの引用がばっさり消える(引用できない)ことがあることに気付きました。

自分なりに調べてみると、TB2では、son-of-rfc1036に基づき、"__ "の"Sig-dashes"があるとそれ以下を引用しない実装だということが分かりました。実際、今回気付く原因になったメールも、恐らく無意識に"__ "を入れられており、本文がその後に続く元メールになっています。この場合、過去のヒストリが最新のメールに残らないことになり以前の経緯の確認ができなくなるため、第三者による状況確認や、担当者変更、引継ぎ等の時点で支障をきたすことになります。

世の中には署名以下の記述は引用すべきではないとの考え方があることも理解していますが、少なくとも私が従事するIT業界では、国内外問わず、前回までのヒストリ下部に残してやり取りを行うのが一般的であるため、この実装は非常に辛いところです。

せっかく乗り換えたTB2なので、何とか勝手に削除されることを回避して利用したいと思っているのですが、何かいい対処方法はないでしょうか? この実装に対する対処方法という観点でアドバイスをお願いします。宜しくお願いします。

PS. TB3でユーザ設定可能になればありがたいところです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

txtファイルを使用して、署名部分の上にデフォルトでSig-dashesが表示されるような返信のやり取りは使用していないのですが、Ver2.0とVer3.0 beta3preでデフォルトの署名追加の方法で、複数のアカウント間での送受信で確認してみました。


※普段は、署名はQuickTextを使用していますから、Sig-dashesは入りません。

転送の場合は、署名部分以下も残るようですが、更に返信した時も、次にあるように署名部分はカットされますが、その下の引用文は残るようですが・・・、何か設定が関係しているのかも・・。
http://www.kanzaki.com/memo/2006/03/03-1
http://groups.google.co.jp/group/gmail-suggestio …

アカウント設定の「編集とアドレス入力」で「返信時には元のメッセージを自動的に引用する」にチェックを入れています。

署名を挿入する位置が引用文の下が推奨になっていますが、変更不可ですね。
キャレットの初期は「引用部の上」にしています。

Sig-dashesの後の署名を含め、引用文の全文が消えてしまうのは、おかしな現象と思いますが、この機能を無効にできないか、設定エディタ(about;config)を見ましたが無いのかも知れず、どうもよく判りません。

当方がSig-dashesを入れない方法で送信しても、相手の方が入れてきた場合に、その署名以下がすべてが消えるとなると、あるいは不具合かも知れませんが、どういうことかちょっと判りませんね。

この回答への補足

具体例を作ってみました。実際今回こんな感じでメールが送られてきました。元メールにインラインで回答を入れたいのですが、TB2がご丁寧に消してくれます。
これを新規メールの編集画面に貼っていただき、一旦保存して再編集を行うか、ご自身宛てに一度送ったものに返信を試みていただくと分かっていただけるかと思うのです。○○ ○○○の直前が"Sig-dashes" (ハイフン ハイフン 半角スペース)です。

---(ここから)----------------------------
下記件、至急ご連絡下さい。念のため再送します。

--
○○ ○○○
株式会社ABCDEF

-----------------
(以下、過去のやり取り。 この部分-履歴-が消える )

下記データの詳細をご確認願います。

DATA 123456
DATA 789012
・・・
・・・
--
○○ ○○○
株式会社ABCDEF
---(ここまで)----------------------------

補足日時:2009/05/16 01:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のコメントありがとうございます。

>当方がSig-dashesを入れない方法で送信しても、相手の方が入れてきた場合に、その署名以下がすべてが消えるとなると、
>あるいは不具合かも知れませんが、どういうことかちょっと判りませんね。

そうなんです。質問に書き漏らしましたが当方はSig-dashesを使うようなSignatureは使用していないのですが、今回は先方が利用されてしまっています。受信メールのHeaderを見ると「X-Mailer:Becky! ver. 2.50 [ja]」なので、意図的にSig-dashesを利用されているとも思えなく、恐らく偶発的に"__ "を区切り線として使われてしまっていると想像しています。

このSig-dashesが先方の返信作成時にそれ以前のやりとりの直前に付加されてしまって送信、それを受信した私がTB2でそのメールに返信/転送をしようとすると、TB2がSig-dashes以下を勝手に削除した編集画面を開いてしまう、と流れです。

よってFAQとしてよくポストされている"-- "を表示したくない"という疑問ではなく、Sig-dashesが付いているメールを受け取ってしまったTB2が勝手にSig-dashes以下を削除しないような設定ができればベストだと思っています。

お礼日時:2009/05/13 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthunderbird:返信の引用文が出ない設定は

thunderbirdのVer.3.1.9を使ってます。

受信したメールをそのまま返信するとき、
元メールが引用されるのですが、
引用されないように設定することは
できないのでしょうか?
色々調べたのですが、引用符に関することは
見つかったのですが、引用文については
見つからず、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ツール→[アカウント設定]の「編集とアドレス入力」にある「編集」の項目で「返信時には元のメッセージを自動的に引用する」のチェックを外したらよいです。

なお、Change quote and reply formatの拡張機能で、返信ボタンからの返信の場合、その都度、選択することが可能になります。
https://sarap00jp.wordpress.com/2010/06/26/smarttemplate_for_tb/

Qthunderbirdの転送で本文が追加されない

thunderbird11を使用しています。アドオンとして「SmartTemplate4」を追加し、返信や転送時に活用しています。
しかし、最近になって転送ボタンをクリックすると一瞬だけ追加の本文が表示されますが、その後はテンプレートのみしか表示されません。
アドオンは他にも数種類インストールしてありますが、「SmartTemplate4」以外を全て「無効化」にしても不具合状況は同じです。
「SmartTemplate4」の設定にある「転送」タブ内のテンプレートを全て削除しても同様の不具合です。
返信は問題なく本文が追加されています。
又、「SmartTemplate4」の設定にある「転送」タブの「転送メッセージに以下のテンプレートを適用する」のチェックを外した場合や「SmartTemplate4」を「無効化」にすると正常に本文が追加されています。
ご回答のほど、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

>これだと規定の情報も表示されるためにチェックを入れた状態での使用が基本となります。

この話は質問文にはなかったですが、転送対象メールのヘッダ情報を消して、転送メールのテンプレート文の直下に、対象メールの本文が貼りつけばよいのですね?

そうでしたら、現在使用中のver13.0.1に、Manuall Sort Foldersと次のQuote Colors0.3++ 日本語版(本家作者は、開発は継続していないようです)も併せてインストールしてテストもしましたが、全く問題無いです。
http://www.geocities.jp/chimantaea_mirabilis/QuoteColors/

また、新規のプロファイルを作成して、Smart Templateのほか、前記2つを入れても完璧に動作しています。

他のアドオンを無効にされてもダメとのことなので、もしかして、プロファイルの何らかに不調要因が起こった可能性がありますが、それが何かまでは判りません。

プロファイルを新規に作成し、そちらを使用して起動し、アカウントを1つ設定のうえ、Smart Template4 0.8.5.6を入れてテストをしてみますか?
(複数のプロファイルの利用)
https://support.mozillamessaging.com/ja/kb/using-multiple-profiles

プロファイルマネージャーの「今後このプロファイルを使用する」のチェックを外したら、切り替え起動ができます。
新規プロファイルで問題がなければ、今のプロファイルからメールデータ、アドレス帳などを移行できます。
バックアップは、ヘルプ>トラブルシューティング>アプリケーション基本情報の「フォルダを開く」クリックで開いたフォルダが、設定とデータを保存した「プロファイルフォルダ」ですから、この状態でThunderbirdを「閉じる」ボタンで終了してから、コピーします。

No1です。

>これだと規定の情報も表示されるためにチェックを入れた状態での使用が基本となります。

この話は質問文にはなかったですが、転送対象メールのヘッダ情報を消して、転送メールのテンプレート文の直下に、対象メールの本文が貼りつけばよいのですね?

そうでしたら、現在使用中のver13.0.1に、Manuall Sort Foldersと次のQuote Colors0.3++ 日本語版(本家作者は、開発は継続していないようです)も併せてインストールしてテストもしましたが、全く問題無いです。
http://www.geocities.jp/chiman...続きを読む


人気Q&Aランキング