私の祖父(80)が会社経営をしています。そこで祖母、母も働いています。他にも正社員5人、パート15人ほどいます。この祖父がここ数年で認知症になり身内、従業員の方に大変な迷惑をかけています。祖母もいい状態ではないので母にかかる負担は大変大きなものです。以前は悪かった会社経営もここ数年少し上向きになりかけている状態なのに祖父が取引先の担当者に怒鳴ってみたり、怪しい金融会社に電話してみたりと経営がいつ傾いてもおかしくない状態です。母、従業員のストレスは相当のものだと思います。当然、会社の借金もあります。理想は祖父、祖母とも会社を退いてもらって母が社長になるのがベストです。会社を倒産させて自己破産も選択肢の一つです。ただ両方とも祖父は納得せず、皆がストレス状態の中、仕事が行われている状態です。 現在私と母とで2人暮らしです。私は一般企業で仕事をしており、父は離婚していません。弟はいますが東京で仕事をしています。 何か良いアドバイスが聞ければと思い書き込みしてみました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

祖父から合法的に会社の代表権を失わせるとしたら、以下のような方法が考えられます。


どれも専門家の力が必要でしょうね。

(1)祖父に代わって(代表)取締役の職務を代行する者を定める仮処分を裁判所に申し立てる。
(2)祖父について後見あるいは保佐に付する審判の申立を行う。(成年後見に付されれば、株式会社の役員の地位を喪失する。)
(3)祖父以外に取締役が2名以上いれば、取締役会で祖父を代表取締役から解任する決議を行う。
(4)祖父以外の株主全員が発行済み株式の過半数を制していれば、臨時株主総会を招集し、祖父を取締役から解任する決議を行う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。専門家というと弁護士とかになるのでしょうか?

こういった法的な処置で成功したとしても祖父は理解しようとせず、おそらくまた会社に来ると思われます。それも含めての話になるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 07:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知症ぎみのオーナー社長から会社を引き継ぐには

私、地方の小さな会社で、専務をしております。父が社長で、現在、75歳。随分前から感じてはいた

のですが、父の日頃の言葉や行動がおかしくなってきております。

会社に来たら、自分の席ですぐ寝てしまい、昼までそのまま。物忘れがひどい。ときおり、ささいなこ

とで激昂する。あと、細かいことを上げたら、数え切れないくらいです。株の譲渡は毎年、一定数、

決算時に受けており、将来的には、私が代表に就任するであろうことは、分かっているのですが、

このまま、今の父に会社を経営させていたら、会社自体の存続が危うくなってきそうな感じです。

できるだけ速やかに、早晩、事業承継を行いたいのですが、父はまだ自分には経営手腕がある、

と思い込んでおり、ここ最近の会社の業績悪化は、社員たちの力不足が原因などと、言っておりま

す。私以外の役員たち(3人)は、社長のイエスマンばかりで、誰も今の状況に対して、直言する者は

いません。

スムーズに、事業承継を行う方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

オーナー社長のような場合には、その社長の考えが一番なのです。
まわりがいろいろ考え過ぎてもよくありません。

出来ることとしたら、お父様にあなたのやる気を見せ、今まで通りお父様は会社のトップだが、名義だけはあなたにしてほしいと伝えるのです。

これにより、お父様を登記上の役員からはずしての名誉職である会長とし、会社では自由に発言できるようにするのです。そして、登記上の法人の代表者をあなたにすることで、実印等をあなたが管理するようにするのです。
その結果、お父様が会社での判断をする際には、あなたの名で処理することとなり、あなたのところでその判断を留め置くことなども可能でしょう。徐々にお父様の権限を減らしつつ、あなたが成長しているところを見せるのです。

並行して、税金や相続などを考慮した計画的な株の贈与や法人の資産負債におけるお父様の債権債務を消せるようにするのです。
そうしないと、相続争いなどとなれば、会社の資産なども相続の対象などとして、あなたが追い込まれかねませんからね。もちろん会社の資産などは株主のものですが、株の生前贈与などを相続の先取り的なことで求められることもあり、その株の評価は会社の状況で評価しますので、注意が必要でしょう。

いきなりの事業承継は、お父様のプライドもありますし、お父様の理解がなくは出来ないことでしょう。徐々に事業承継させる方が良いと思いますよ。

オーナー社長のような場合には、その社長の考えが一番なのです。
まわりがいろいろ考え過ぎてもよくありません。

出来ることとしたら、お父様にあなたのやる気を見せ、今まで通りお父様は会社のトップだが、名義だけはあなたにしてほしいと伝えるのです。

これにより、お父様を登記上の役員からはずしての名誉職である会長とし、会社では自由に発言できるようにするのです。そして、登記上の法人の代表者をあなたにすることで、実印等をあなたが管理するようにするのです。
その結果、お父様が会社での判断をす...続きを読む


人気Q&Aランキング