以下の曲が嫌いな方がいましたら、その理由をお聞かせ願えれば幸いです。私はこの曲が特に好きなので、嫌いな方の感覚というのを知りたいからです。

チャイコフスキー:バイオリン協奏曲ニ長調
ムソルグスキー作曲(ラヴェル編):展覧会の絵
ドヴォルザーク作曲:弦楽四重奏曲「アメリカ」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もちろん、全てそれぞれの方の感性だと思いますが、私の場合「展覧会の絵」は、なんというか、好きですが、一回ちゃんと聞けば3年くらいは聞く必要が無い、という感じです。


派手で映像的でわかりやすく、基本的には好きな曲に入ると思いますし、アマチュアのオーケストラに入っていましたので演奏するのは楽しい曲ですが、やはり深みが無いというか心には響きにくい曲で、続けて聞くのにはつらい、というのが正直なところです。

ほかの2曲は普通に好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「展覧会」は私の場合、味わっても味わいつくせないというか、この親しみやすい旋律の中になにか噛み切れない、味わいきれない深みがある気がします。かえって俗に言う「深み」というものがないところが、私の琴線に触れる条件のような気がします。

お礼日時:2009/05/17 17:21

チャイコフスキー:バイオリン協奏曲ニ長調


・・・第一楽章は文句なしに素晴らしい(メロディー、技巧、オーケストレーション、等々)のですが、それに比べ、第二、三楽章は作りが単純でバランス的に見ても物足りないというか、もっと濃厚かつ品があってもよいかな?と思いますね。
(例えば、ベートーヴェンやメンデルスゾーンのように)

ムソルグスキー作曲(ラヴェル編):展覧会の絵
・・・何故か昔から嫌いな曲ですね。オリジナル(ピアノ)の曲自体、退屈でちっとも面白くなのですが、それに輪をかけてラヴェルのアレンジは理知的・数学的で少しも音楽を聴いてる気がしないのです。
そういえば「チガーヌ」なんて曲も大嫌いです。しかし、「亡き王女のためのパバーヌ」はいいですがね・・・

ドヴォルザーク作曲:弦楽四重奏曲「アメリカ」
・・・メロディーが俗っぽくてはっきり言って嫌です。
個人的には弦楽四重奏曲はハイドンを中心とした正統的ウィーン古典派やその流れを汲むドイツロマン派、あとバルトークやショスタコーヴィッチ、新ウィーン古典派の作曲家の作品に限ります。ドヴォルザーク、スメタナ、等々の国民楽派などははなっから問題外!?です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご趣旨はよくわかります。

チャイコ、確かに第一楽章の濃厚さとは段差がありますよね。が、なんというか、ちょっと下った感じで俗っぽく終わるというのもまた味わいが深い気もしますね。ヴァリエーションがより味わえるというか、うまいコーディネートだと感じています。

ムソルグ、このラヴェルアレンジの知的さ、迫力がオーケストレーションの限界を押し広げるようなまばゆさを放っている気がしまして。曲自体も親しめるのですばらしいと思ってしまうのです。この「親しめる」というところが私のキーポイントのようです。

それはドヴォにおいて特にそうでして、「俗っぽい」という、高尚なところからちょっとはなれたところをクラシック音楽に積極的に融合させているという、非常にうまいアレンジ、折衷的な美を感じますね。対して、純粋正統的な曲風は苦手でもあります。

お礼日時:2009/05/17 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフス戦争

フス戦争は、英語でなんと表すのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

Jan Hus (ヤン・フス;John Huss)の処刑後起こった戦争ですね。Hussite Warsといいます。

Qムソルグスキー作曲・リムスキーコルサコフ編曲「展覧会の絵」の編曲版につ

ムソルグスキー作曲・リムスキーコルサコフ編曲「展覧会の絵」の編曲版について教えてください。
ムソルグスキーの「展覧会の絵」(ピアノ版)は、ラヴェル、アシュケナージ、ストコフスキーによるオーケストラ編曲版が有名ですが、これ以外で、オーケストラに編曲したものがあれば、いくつか教えていただけないでしょうか。もし可能でしたら、レーベルもご教示いただけると助かります。

Aベストアンサー

NAXOSから、各曲別々の編曲版を組み合わせたアルバムが出ています。
かいつまんで聴いてみるには便利かもしれませんね。
「キエフの大門」では合唱まで加わっています。

ムソルグスキー/展覧会の絵(レナード・スラットキン指揮 ナッシュヴィル交響楽団)
http://ml.naxos.jp/album/8.570716

プロムナード(W. オチョアによる管弦楽編)
I. 小人(S. ゴルチャコフによる管弦楽編)
プロムナード(W. ゲールによる管弦楽編)
II. 古城(E. ナウモフによるピアノと管弦楽編)
プロムナード(G. クーレンによる吹奏楽編)
II. チュイルリーの庭(同)
IV. バイドロ(牛車)(V. アシュケナージによる管弦楽編)
プロムナード(C. シンプソンによる管弦楽編)
V. 殻をつけたひな鳥のバレエ(L. カイエによる管弦楽編)
VI. サミュエル・ゴールドベルクとシュミイレ(H. ウッドによる管弦楽編)
プロムナード(L. レオナルドによる管弦楽編)
VII. リモージュの市場(L. フンテクによる管弦楽編)
VIII. カタコンブ(J. ボイドによる吹奏楽編)
死せる言葉による死者への話しかけ(M. ラヴェルによる管弦楽編)
IX. ババ・ヤガ(L. ストコフスキーによる管弦楽編)
X. キエフの大門 (D. ギャムレイによる男声合唱と管弦楽編)

NAXOSから、各曲別々の編曲版を組み合わせたアルバムが出ています。
かいつまんで聴いてみるには便利かもしれませんね。
「キエフの大門」では合唱まで加わっています。

ムソルグスキー/展覧会の絵(レナード・スラットキン指揮 ナッシュヴィル交響楽団)
http://ml.naxos.jp/album/8.570716

プロムナード(W. オチョアによる管弦楽編)
I. 小人(S. ゴルチャコフによる管弦楽編)
プロムナード(W. ゲールによる管弦楽編)
II. 古城(E. ナウモフによるピアノと管弦楽編)
プロムナード(G. クーレンによる吹...続きを読む

Qドヴォルザークの『 ユーモレスク』のエピソード

ドヴォルザークの『ユーモレスク』。
特に第7曲が有名だと思います。
この曲の作曲エピソードついて、御存じの方、教えて下さい。

小学校か中学の教科書に載っていたという大昔の記憶なのですが、、、
ドヴォルザークが「汽車に乗った時に聞こえたきた汽車の動く音から
この曲のタッタタッタタッタタッタ~(←解り辛くてすみません)
というフレーズが作曲された」という逸話は本当でしょうか?

ドヴォルザークが鉄道マニアなのは良く知られていますが、
どこにもこの逸話が載っていません。
鉄道マニアというところから創造された作り話なのでしょうか?

興味があります。
御存じの方いらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ご参考までに、どうぞ。参考URLをお読みください。

参考URL
熱狂的鉄道オタクだった、ボヘミア国民楽派の巨匠
http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990908

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990908

Q弦楽三重奏か四重奏でおすすめありますか?

 タイトルの通りなんですが、三重奏(ヴァイオリン、ヴィオラ、セロ)か、四重奏(第1、2ヴァイオリン、ヴィオラ、セロ)という編成で、よい曲、必聴の曲ありましたらお願いします。 
 私の好みの傾向は、バッハ、ジョン・ダウランド、トゥールロッホ・オキャロラン、モンテヴェルディ、シベリウス、サティといった感じです。
 できれば、対位法的な、どの楽器も平等に主張してて、それで一体になっていて、シンプルな美しいメロディのものをご紹介いただけたら幸いです。

 なんだか注文が多くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「できれば、対位法的な、どの楽器も平等に主張してて、それで一体になっていて、シンプルな美しいメロディのもの」ということであれば、バッハのゴールドベルク変奏曲をシトコヴェツキーが弦楽三重奏に編曲したものがお勧めです。

シトコヴェツキー(vn)、コセ(va)、マイスキー(vc)というCDも出てましたし、他のCDもあるようです。おそらく検索すれば、いろんな人たちが感想を述べていると思います。ご参考に。

Qドヴォルザークの「新世界より」の新世界とは何ですか?

ドヴォルザークの「新世界より」というシンフォニーがあります。
ここで使われている「新世界」とは何ですか?
アメリカのことでしょうか?
それとも精神的なものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカのことです。

1892年、コロンブスの新大陸発見400周年で盛り上がっていた年、ニューヨークの富豪の夫人ジャネット・サーバーは自分の経営するアメリカ音楽院の校長にドヴォルザークを破格の待遇で迎えた。(彼は初めあまり気乗りしなかったようだが、渡米後は「鉄道マニア」ぶりを発揮していたらしい。)アメリカにはチェコからの移民も多く、彼の作品も結構演奏されていた。契約は2年ということだったが、結局3年滞在した。この間の作品としては、この曲と弦楽四重奏曲「アメリカ」、そして大傑作のチェロ協奏曲と、実りは多かった。
 この曲は、この3曲のうちもっとも早く、滞在4ヶ月頃に書かれた。その意味で彼の新大陸の第一印象が強く刻まれた曲ともいえる。第2楽章でイングリッシュホルンによって奏される主題はのちに歌詞がつけられ「家路」(キャンプファイヤーなどでよく歌われた「遠き山に日は落ちて」)として有名である。

下記より

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~eh6k-ymgs/sym/dvorak9.htm

Qモーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

CD版を購入予定です。
お薦め版がおありでしたら ご紹介を!

Aベストアンサー

古いところでは、
グルダ(P)アバド/ウイーン G[S]UCCG3329
ハスキル(P)フィリッチャイ/バイエルンG[M]UCCG3428
私の好みは音源が新しい
ブレンデル(P)マッケラス/スコットランド
Ph[D]UCCP1034(2000)

Qプラハのヤン・フス像が作られたの何時でしょうか

今夏、プラハに行ってきました。旧市街広場にあるヤン・フスの銅像の大きさとその位置(広場の真ん中)驚きました。
 そこで疑問が怒りました、17世紀以降のプラハはドイツ人に、20世紀にはソ連に支配されていた時期からこの像はあったのでしょうか。それとも、冷戦の終結後にできたものなのでしょうか。

Aベストアンサー

1915年に作られていますね。

ここからは推測
第一次世界大戦中、オーストリア=ハンガリー二重帝国は、第三の国家構成員としてチェコ人に期待するところがありました。オーストリア=ハンガリー=チェコ三重帝国。
そんな文脈で作ったんじゃないでしょうか

参考URL:http://goeasteurope.about.com/od/czechrepublic/ss/oldtownprague_4.htm

Qベートーベン”ラズモフスキー弦楽四重奏曲”について

今日(3/17)のPM8:30頃 仕事の車中で聞いたNHK-FMの
”ラズモフスキー弦楽四重奏曲”(正式な曲名でなくてごめんなさい)
の旋律に心が洗われるようでした。大学時代に聞いて以来、二十数年ぶりの
メロディーで、昼間の仕事のストレスが癒されました。
帰宅後、CDケースを見ると、この曲のCDがありませんでした。
この曲のおすすめというか、畢生の名演と言われるようなCDをご存じの方
御教示下さいませんでしょうか。
前置きの長い質問で失礼しました。

Aベストアンサー

お聴きになったのはベートーヴェン作曲の弦楽四重奏曲第7番ヘ長調作品59の1『ラズモフスキー第1番』で、演奏は安田弦楽四重奏団(ヴァイオリン=安田明子、戸澤哲夫、ヴィオラ=臼木麻弥、チェロ=安田謙一郎)によるものです。

この作品には古今の名演奏がありますが、今世界最高のカルテットの1つ、アルバン・ベルク弦楽四重奏団による録音をお薦めしたいと思います。透明感あふれる美しい弦のアンサンブルで、ベートーヴェンの音楽が実に生き生きした名演奏です。ここでは79-83年に録音された弦楽四重奏曲16曲に大フーガを加えたアルバムをご紹介します。輸入盤ですが4000円ちょっとで買える超お買得盤ですよ。(URLは下記)このカルテットにはさらに新しい録音もありますので、それもよいかもしれませんが。

「ラズモフスキー第1番」だけでよいのなら、CD1枚に収められており、アルバン・ベルク弦楽四重奏団の輸入盤で今なら1000円足らずで購入できます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=680722

あとは、今脂ののった切れ味鋭いアンサンブル、エマーソン弦楽四重奏団による演奏もスリリングでおもしろいと思います。第7番から第11番の5曲が収められています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=497267

なお、アルバン・ベルク弦楽四重奏団によるこの曲の演奏を収めたDVDが5月に発売になります。ご関心があれば、いかがでしょうか。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1379355

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=975610

お聴きになったのはベートーヴェン作曲の弦楽四重奏曲第7番ヘ長調作品59の1『ラズモフスキー第1番』で、演奏は安田弦楽四重奏団(ヴァイオリン=安田明子、戸澤哲夫、ヴィオラ=臼木麻弥、チェロ=安田謙一郎)によるものです。

この作品には古今の名演奏がありますが、今世界最高のカルテットの1つ、アルバン・ベルク弦楽四重奏団による録音をお薦めしたいと思います。透明感あふれる美しい弦のアンサンブルで、ベートーヴェンの音楽が実に生き生きした名演奏です。ここでは79-83年に録音された弦楽四重奏曲1...続きを読む

Qドヴォルザークのチェロコンチェルト

ドヴォルザークのチェロコンチェルトでオススメの録音があれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です――シェルヘン&フルニエ紹介した。99年発売の

「レコード芸術編 名曲名盤300 20世紀のベストレコードはこれだ」

の順位によると、

1位 フルニエ セル BPO      27点
2位 ロストロ カラヤン BPO    21点
3位 カザルス セル BPO      17点
3位 ヨーヨー・マ マズア NYフィル 17点
5位 デュ・プレ バレンボイム     10点
6位 ウィスペルウェイ レーネス オランダフィル 9
6位 ノラス オラモ フィンランド放送SO 9点
6位 ロストロ ジュリーニ ロンドンフィル 9点
9位 マイスキー バーンスタイン イスラエルフィル5

となっております。カザルスはモノラル。後は比較的新しいです。
レコ芸の批評家がつけた順位です。
自分の感性で聴いていいのがいい演奏だと思いますので、批評家の意見は気にしなくていいと思いますが、名盤と言うと、だいたいこの辺りのようです――国内盤で、モノラルよりもなるべく新しい録音を選んで、という条件がついているように思えるのですが――。

それと参考URLのクラシックの掲示板のサイトも結構、情報としていいかと思います。質問もできますので、名盤知りたいときなど質問を書きこんでみては?

参考URL:http://groups.msn.com/sdrs2dnok0posil79ov544ucv5

#2です――シェルヘン&フルニエ紹介した。99年発売の

「レコード芸術編 名曲名盤300 20世紀のベストレコードはこれだ」

の順位によると、

1位 フルニエ セル BPO      27点
2位 ロストロ カラヤン BPO    21点
3位 カザルス セル BPO      17点
3位 ヨーヨー・マ マズア NYフィル 17点
5位 デュ・プレ バレンボイム     10点
6位 ウィスペルウェイ レーネス オランダフィル 9
6位 ノラス オラモ フィンランド...続きを読む

Q弦楽の重奏にトランペットが加わったような曲はありますか?

クラシックを好きになって日が浅いため、非常識な質問かもしれませんが、小規模な弦楽の重奏に一本のトランペットが加わった楽器で演奏される曲ってありませんか?

wikipediaの「重奏」の欄を見ると、トランペットと弦楽の構成が無いので、ちょっと気になりました。

ご存知の方、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

なかなかに難しいお題ですが,一曲だけ思いつきました。

☆サン=サーンス 七重奏曲
編成は,ヴァイオリン2,ヴィオラ,チェロ,コントラバス,そして,ピアノとトランペットで,明るくて軽やかな雰囲気の親しみやすい作品と思います。
アルバムとしては,例えばこちら。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000C4GK5
これを持っていなければ思いつかないところでした(笑)。


また,趣旨からは外れかけの番外編ですが,
☆オネゲル 交響曲第2番
弦楽合奏による交響曲で,最後にトランペットが入ります。
(なくてもいいらしいですが)
渋い,というか,かなり暗めの雰囲気です。さっき調べたところによると,第二次世界大戦でドイツ軍によりパリが陥落したことがきっかけとなって作曲されたとか。
私はこちら↓のアルバムを持っています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/486060
あまり気軽に聴ける曲ではないのでめったに聴きませんが・・・。


あとは,バロックのトランペット協奏曲も,なんとなくお求めの感じには近いかもしれませんね。
これは,私は聴いたことがないアルバムですが,試聴用に。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000MTFDWO
ちなみに,ソリストのルートヴィヒ・ギュトラー氏は,その筋では大変に有名なトランペット奏者です。

こんにちは。

なかなかに難しいお題ですが,一曲だけ思いつきました。

☆サン=サーンス 七重奏曲
編成は,ヴァイオリン2,ヴィオラ,チェロ,コントラバス,そして,ピアノとトランペットで,明るくて軽やかな雰囲気の親しみやすい作品と思います。
アルバムとしては,例えばこちら。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000C4GK5
これを持っていなければ思いつかないところでした(笑)。


また,趣旨からは外れかけの番外編ですが,
☆オネゲル 交響曲第2番
弦楽合奏による交響曲で,最後にトラン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報