こんばんわ。今度、DAWソフトを買おうと思ってます。

DTM始めたばかりで
ちょっと前までサンプラーと、リズムマシーンのみで
ヒップホップを作ってました。
その時にオーディオインターフェイスは買いました。

最近、パソコンで90年代調なヒップホップと
ドラムンベース、ハウス、
エレクトロニカなどをやりたいと思うので色々調べています。
全体的にジャジーな感じでやりたいです。

先日、安くでMIDIキーボードを譲ってもらって、
少しだけライブは体験版を使ってみたんですが、
確かに使いやすい感じでしたが…いまいちまだ機能が掴めてません。

ライブか、FLスタジオ(こっちはまだ使ってません)
どっちかを買おうかと考えているのですが、
内蔵のシンセ、サンプラーなんかも結構勝手や音色も良くて、
いいDAWソフトはどちらでしょうか?

なんかプロの方とかが使ってるとよく聞くプロツールスというソフトも
いいのかなーなんて思ってますが…。

とりあえず自分の希望としては既存の
ハードサンプラーなんかも併用して曲作りするつもりですが、

希望する点は

■シンセの音色がいいのが多い
■サンプラー、シーケンサーがそこそこいい
■これらのジャンルがある程度、PC1つでオールインワンで出来ること

です。

環境はウィンドウズでOSはビスタです。
金額は6万前後で考えています。

DAWソフト+ソフトシンセ等での
組み合わせでもいいです。

ネットで調べていてもよくわからないので、
みなさまのおすすめ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

LiveやFL Studioはループシーケンスソフトといって、ちと通常のDAWとは系統の違うソフトだというのは把握されていますでしょうか?


簡単に言えばドラムパターンやベースパターン、フレーズなどがあらかじめソフトに内臓されていて、それを切り貼りして繋げて手軽に曲が作れるというのがウリっていうところですね。
なので当然ProToolsやCubaseのような「打ち込みしたり録音したりして一から作る」系統のソフトとは当然対象となるユーザーが違ってきますし、その点は把握されたうえでのLive、FL studio選択なのでしょうか?・・・という点はこちらとしては確認させていただきたいところです。

>その時にオーディオインターフェイスは買いました。

ProToolsは自社製のオーディオインターフェースしか使用できないので、ProToolsは除外ということでいいと思いますよ。

さて、長々前話をさせていただきましたが…

とりあえずこんなことを言うと困惑させてしまうかもしれませんが、現在プロの現場で使用されているソフトはProTools、SONAR、Cubase、Logic、Digital Performerなどです。
これらに関してはお互いを研究しあってきた歴史ゆえ、ほとんど差がないといっていいでしょう。
このなかでWindows対応のものはProTools、SONAR、Cubaseですが、6万以下で買えるものはProTools LE(Mbox2。ProToolsのアマチュア向けパッケージ)、SONAR 8 studio edition(SONARシリーズの2番目のグレード)、Cubase 5 Studio(Cubaseシリーズの2番目グレード)あたりですね。
インターフェースがあるところからのスタートってのも考えると、SONARかCubaseがいいんではないかなと思いますね。

なお、もしかしたら「プロが使うようなものまでいかなくてもいいよ」と思われたかもしれませんが、音楽機材はプロ機とアマ機の差は確実になくなりつつあり、プロとアマチュアが同じソフトを使うような昨今ですから、決してそこでしり込みしてしまうことはないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Live、FL Studio、AcidなどはループDAWということは
理解していたのですが、主な使い方がソフト内の既存フレーズの
切り貼りだということは知りませんでした。

本当に少ししか使ってませんが、体験版ライブ7使った感じ
ドラムの打ち込みなどのようなものが出来たので、
普通に曲作れるかと思ってました…。

あとはヒップホップなど作るならこれがいい的なことを
聞いたのでこれらがいいのかなと思ってました。

既存ループの切り貼りなら
サンプリングして作る感じとさして変わりませんね。

少しサンプリングばっかで作るのに限界感じて
シンセなんかも交えてもっと自由に作りたいなー
っていう思いがあってDAW考えてます。

他の回答者様からのオススメのリーズンも良さそうですし、
こうした切り貼りだけじゃなく一から作りたい気もしますが、
なにせドラム以外の楽器が出来ない、
大して音楽的知識がないなんて部分もありまして…
敷居が高そうな部分も非常に迷い所です。

ソナーかキューべースが間違いないんですかねやっぱり。

お礼日時:2009/05/18 20:54

またNo.2です。


ごめんなさい、私のジャンルはポップスとトランスの流れを汲むデジタルサウンドなのでちと質問者の方のジャンルは完全に専門外で、作ったこともないです。

ヒップホップやハウスもそりゃ通常のDAWでも作れることは作れますよ。
ただ、なんっていうんですかね、黒人のYeah!みたいな声素材とかはやはりサンプリングCDを買わなければいけませんし、最初っからオールインワンってわけにはいかないです。
誤解のないように言っておきますが、通常タイプのDAWにもそれなりに高品位なソフトシンセやサンプラー、エフェクトはあることはあります。

まあ別途買うっていう手間や安さを考えると初心者向けと最初から断りを入れていることもありますし、ループシーケンスも悪くないぞってことですね。
ループシーケンスで作れるジャンルはバンドルの素材によって決まりますから、ドラムンベースやハウスなどあらゆるジャンルの音をある程度はカバーしているだろうとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

たびたび申し訳ございません。
そうですか。ループDAWで決めた方が良さそうですね。
それから上はちょっと自分にはまだ敷居が高い気もしますし。
ループDAWに入ってる素材を少し調べてみてから、
何を買うかまた考えたいと思います。

DAW+サンプリングCDもいい手かもしれませんね。
その辺りで購入考えてある程度の値段で上手く
作れればいいですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 21:26

No.2です。


恐縮ですが、私はLive、FL Studio、Acidのいずれも使ったことはありません。
しかし、それぞれがループシーケンスとして君臨している以上、やはり本筋の昨日はループシーケンスであり、打ち込みやレコーディングはあくまで補助的なものと考えるのが無難なところだと思います。

確かにサンプラーを多用しそうなそういったジャンルに関しては通常のDAWよりループシーケンスのほうが優しいとはいえるかと思います。
あと、確かAcidにはループ素材のBPMを変える機能があったと思います。まあ早くしたり遅くしたりするとピッチも伴って変化してしまいますが、それを抑える機能ですね。
そのようなことを考えるとループシーケンスのほうが確かに質問者の方には向いているかもしれません。
私の専門は本筋DAWなのでちょっと今回のループシーケンスは専門外感なのでこの程度のアドバイスしかできませんが、オールインワンということも考えると質問者の場合はループシーケンスのほうがいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

そうですか、私の方向性としてはループ系DAWが
やっぱりいいんですかね。

一応、やりたい音楽の代表例で言うと、
ヒップホップ関連は
Flying Lotus、Ras G、Kankick、Jay Dee、
Derarosa & asora、Pete Rock、Autecher、etc…
みたいな感じです。

ハウスはHerbertやTheo Parrish、Akufen、
Free Tempo、etc…のようなもの。

ドラムンはTechincal Itch、LTJ Bukem、
Aphex Twin、etc…のようなものです。

こんな感じの音色が豊富にあると助かります。

ドラムンベース、ハウスなんかも
こういったループDAWがいいのでしょうか?

なんか度々、質問本当に申し訳ありません。

お礼日時:2009/05/20 20:02

ご事情とご予算を鑑みると


Reasonも選択肢に入れていいかと思います。
実売価格は6万円弱。

>■シンセの音色がいいのが多い
>■サンプラー、シーケンサーがそこそこいい
>■これらのジャンルがある程度、PC1つでオールインワンで出来ること

以上の3つのうち、シーケンサー以外はクリアしていると思いますよ。
シーケンサーは、妥協すれば我慢できるという感じです。

参考URL:http://www.propellerheads.jp/products/reason4/ma …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

リーズンですか。昔、友人が使っていた気がします。
リサイクルとかいうチョップソフトがあるやつでした?

リンク先のシンセの音聴かせていただいたんですが、
確かに音いいですね。参考に考えておきます。
最近、リーズンって名前聞くことないんですが、
使いやすさとかとかはどうでしょうか?

お礼日時:2009/05/18 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDAWソフトって何ですか?

DAWソフトって何ですか?
すみません。DAWソフトって何ですか?Sound EnglineやRadio LineはDAWソフトに入りますか?wikiを見てもいまいちわからなかったもので…よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

あー、前問をとっとと締め切られたので、補足する間がありませんでしたが…

小理屈では、DAW=Digital Audio Workstationということになりますが、まぁザックリ言えば、パソコン上に本物の「レコーディングスタジオ」にある様なミキサー、レコーダ、エフェクタ等をソフトウェアで再現して、録音、録音データの編集・加工、ミキシング、マスタリングと、さらには音楽CD化までできる…という大型のソフトウエアということになります。

一般的には、Sound Englineは録音・加工だけでミキシングの概念がないので、DAWソフトの範疇には入りません。で、Radio Lineはミキシングはできるので「非常に簡易なDAW」とは言えますが、あんまり強力とは言い難い。

本格的なDAWソフトとなると、Cubase、Sonar、Protoolsなど(他にもあるけど)が掲げられますが、この手の本格的なモノなら「VSTプラグイン」の形でユーザーがエフェクタを追加できます。
このVSTプラグインにはフリーウェアも多く、フリーのアンプシミュレータなどに秀逸な物も多数あるのは、前問も含めて質問者の方もある程度理解されているとおりです。

その点では、Radio LineはVSTが使えないはずなので、質問者の方がこれからやりたい事には不適でしょう。

でも、VSTが使えるフリーソフトのDAWもありますから、そういう物から始めてはどうかと思います。ただ、大抵は日本語版ではない(日本語化は出来るものはある)ので、最初はちょっと難しいかもしれませんが、挑戦する価値はあると思います。
一例:http://dtm.uijin.com/freesoft.html

あー、前問をとっとと締め切られたので、補足する間がありませんでしたが…

小理屈では、DAW=Digital Audio Workstationということになりますが、まぁザックリ言えば、パソコン上に本物の「レコーディングスタジオ」にある様なミキサー、レコーダ、エフェクタ等をソフトウェアで再現して、録音、録音データの編集・加工、ミキシング、マスタリングと、さらには音楽CD化までできる…という大型のソフトウエアということになります。

一般的には、Sound Englineは録音・加工だけでミキシングの概念がないので、DAW...続きを読む

Qヒップホップ政策の際のDAWソフトについて

はじめまして。
パソコンを使ってヒップホップ・ラップミュージックを作ろうと思うのですが、何かオススメのDAWソフトはありますか?
私が持っているパソコンはwindows7で、今パソコンに入っている曲からサンプリングしたものをもとに、曲を作ろうと思っています。
調べて見たところ、sonarやcubaseが候補なのですが、これらがパソコンに入っている曲をサンプリングできるのかいまいち確信が持てません。
また、オススメのオーディオインターフェイスも併せて教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして.

DAWソフトは一般的にはsonarとcubaseで問題ないと思います.
両者とも波形編集ができるようになっているので,PC内の音楽を取り込み
それをチョップすればいいです.
トラックを製作するのなら,パッドタイプのMIDIも必須ですよ.

そういった質問なら,お店で聞いた方が親切でわかりやすいですよ.
DJ機材と言えば↓ですが通販での購入でも電話すれば親切に教えてくれますし.
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dj/

個人的にはMPCを使った製作の方が好みですが,最近はPCが主流ですしね
がんばってください.

QMTRとDAWとの違い

タイトルどおりですが、MTRとDAWはどのような違いがあるものでしょうか?
機能や操作感など教えてください。(DAWのほうがパソコン画面で操作できるので簡単でしょうか?)

またDAWの場合どのような機材が必要になってくるのでしょうか?

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お呼びですのでNo.3です。

>ある日パソコンのOSが新しくなった時(たとえばXPからVistaに変わったように)、
>それまでのDAWやその他のソフト資源は使えなくなるものが出てくると言うことはないのでしょうか?

これは、ズバリ私が今直面していたりするんですが(^^ゞ
私の場合、現在はXPマシンとちょっと古い(けど高かったんですよ(^^ゞ)オーディオインターフェース及びSONAR 6というDAWを使っていますが、ソフトは既にVista対応のSONAR 7がリリースされており、いつでもバージョンアップができるものの、インターフェースがVistaサポートされないことと、Vistaそのものも、まだ移行するには不安があること、PCも性能アップを図らなければいけないことから、ちょっと様子見をしているところです。

PCの性能向上にかかる費用はともかくも、インターフェースの変更は、費用的にはもちろん、今まで自分が蓄積してきたノウハウの移行も考えると、機種選定に悩むところです。

ただ、これらは主にはハードウェアの問題で、SONARのように市販DAWでパージョンアップしていく限りでは、ソフト独自のファイル形式は継承されますから、この点では「ある日突然パー」ということは無いです。
また、どのソフトでもWAV形式の音源データのインポート/エキスポートはできますから、仮に私がDAWソフト自体も他社の物に乗り換えるとしても、今まで貯めてきた音源資源の継承という点では、そんなに心配はしないですね。

むしろ、既にNo.3で述べていますように、特に4チャンネル以上の同時録音をDAWベースで、それもスタジオに持ち運ぶ等の可搬性を求めると、ノートPCという選択にならざるを得ませんが、多チャンネル録音に対応したインターフェースは結構高価なこと、またPCも多チャンネル録音に対応するにはかなりの高速性能が要求されることから、十分に使える性能のノートPC+インターフェースは、一から揃えるとかなり高価になります。この一から揃える予算があれば、かなり高機能なMTRが楽に買えることも事実です。
そこで、録音と録音時の簡単なエフェクトについてはMTRで、有る意味「音の採集と下ごしらえ」をしてしまい、最後の詰めのミックスダウンはPCを使ってDAWで行う…という方法が考えられます。この時のDAWは、フリーソフトでも使えるものはあります。
これがベストというわけではないですが、私はスタジオでMTRで録って、家のPCでSONARを使って編集というスタイルでやっていますし、結構このやり方は気に入っています。

お呼びですのでNo.3です。

>ある日パソコンのOSが新しくなった時(たとえばXPからVistaに変わったように)、
>それまでのDAWやその他のソフト資源は使えなくなるものが出てくると言うことはないのでしょうか?

これは、ズバリ私が今直面していたりするんですが(^^ゞ
私の場合、現在はXPマシンとちょっと古い(けど高かったんですよ(^^ゞ)オーディオインターフェース及びSONAR 6というDAWを使っていますが、ソフトは既にVista対応のSONAR 7がリリースされており、いつでもバージョンアップができるものの...続きを読む

QDAWソフトのプラフインについての質問なんですが、ソフトシンセやエフェ

DAWソフトのプラフインについての質問なんですが、ソフトシンセやエフェクターなどのプラグインを立ち上げるということは、「ソフトウェアを立ち上げる」ということになるのでしょうか?

実はCore i7の860と930のどちらを購入しようか悩んでいます。

もしそういうことになるのであれば、860に決めようかと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その場合、「ソフトウェアを立ち上げる」という言い方はあまりしませんが、状態としてはその通りです。
プラグインを使用する、でいいと思うのですが、ひょっとしたらイメージ違うかも?

よほど複雑な、というか、無茶な使い方をするのでない限り、860で全然大丈夫だと思いますよ。

当方、MacですがCore 2 DuoにLogicで無問題です。

QDAWとオープンリールMTRの同期

普段PCのみで音楽の録音をしているのですが、最近オープンリールMTRに興味を持ちはじめました。
DAWの各トラック(8chくらい)を一旦MTRに録音して、DAWに各トラックを戻してからミキシングしてみたいのです。
ですがMTRについての知識が無く困っています。

PC(DAW)とMTRを同期するにはどうすればよいのでしょうか?
DAWはSONAR 6 LE、オーディオI/FはE-MU 0404を使っています。
このほかにも同期に必要なものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

テープレコーダーで同期を取る場合はトラックの一つにタイムコードを記録し、シンクロナイザーを使って同期させますので8トラックのレコーダーだと7トラックまでしか音声の記録には使えません。
テープレコーダー側を同期させる(スレーブにする)には高価な機器が必要になるのでDAW側をMIDIタイムベースでスレーブにすれば比較的安価な製品(シンクロナイザー)でも実現できると思います。
また、オーディオインターフェイスの仕様にも関係しますがオープンリール式MTRでも録音ヘッドと再生ヘッドが別な製品の方が主流ですので、現在のDAW環境で同時に再生&録音ができるトラック数ずつオープンMTRに録音しながら再生ヘッドでモニタした音を同時にDAWに録音すれば最後にズレた時間だけ戻してやることでシンクロナイザー無しでもお望みの音が手に入ります。個人的にはこちらの方が簡単だと思います。

Qサンプラー・ソフトサンプラーについて

今度大学の友達とインストバンド(ダンスやプログレ等)を組もうと思っています。構成は三人で、ベース(自分)とドラムともう一人はサンプラーやノートを使ってギターやピアノなどの音を出す役割と考えています。ちなみに自分とドラムは長い間色々な楽器をやってますが、もう一人はほんとに少しベースをかじった程度でほかの楽器も全く演奏できません。なので自分がサンプリングのような事をして、それで演奏してもらいたいと考えています。

そこで質問ですがこのような場合、どのようなソフト、機材を買ったら良いでしょうか?最初はローランドのサンプラーを買おうと思ったんですが、少し扱いにくいのかとも思いました。またパソコンを使った方が良いのかなどとも思いました。

やりたい音楽はこんな感じですhttp://www.youtube.com/watch?v=HK0eCViLgow

長文失礼しました、回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ベースとドラムがナマでもう一人が機材のオペレーターということですか?
リンク先の映像では実際にキーボードを弾いていましたが質問者さんのバンドでは実際には弾けないわけですよね?

持ち運ぶことを前提にすると自分の場合はノートパソコンのシステムはトラブルがイヤなので安価に済ませるならヤマハのQYシリーズあたりをおすすめしたくなります。

でもマトモにやりたいならオールインワンのシンセサイザーで4つ(3つ以上)の音声出力のあるものを利用してクリックをメイン出力とは別に取り出して聴きながら演奏するのがおすすめです。
これは3人だとシンセは2つ以上の音色をステレオで出したいという意味ですのでキーボードのパートがモノラルでも良ければメイン用とモニタ用の2系統出力(クリック無しと有り)でも使えなくはありません(QYシリーズはこの方法になります)。

サンプリングしておいた演奏をベースとドラムのナマ演奏のタイミングに合わせて再生するのはテンポが合わなくなるので基本的には無理です。もしやるならサンプラーではなくMTRでクリックまで入れたものを使うのが手っ取り早いのではないでしょうか。

ベースとドラムがナマでもう一人が機材のオペレーターということですか?
リンク先の映像では実際にキーボードを弾いていましたが質問者さんのバンドでは実際には弾けないわけですよね?

持ち運ぶことを前提にすると自分の場合はノートパソコンのシステムはトラブルがイヤなので安価に済ませるならヤマハのQYシリーズあたりをおすすめしたくなります。

でもマトモにやりたいならオールインワンのシンセサイザーで4つ(3つ以上)の音声出力のあるものを利用してクリックをメイン出力とは別に取り出して...続きを読む

QDAWソフトについて

こんにちわ!ちょっとDAWソフトについて疑問があるので質問したいのですが
ヤマハのシンセサイザーMM6に付属しているDAWソフトはMM6以外のシンセサイザーでも使用できるんでしょうか?
この先他のシンセサイザーに買い換えてもMM6に付属していたDAWソフトは使用できますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使用できます。
同じヤマハ製はもちろん、別なメーカーのシンセだって使うことができます。
基本的にシンセサイザーとDAW間において「同じものじゃないとダメ」とか「会社が違うとムリ」という縛りはないので、その点は安心していいと思いますよ。

QDAWソフトに入ってる色んな音源ってそれでシーケンサーが出来るって事ですか?

DAWソフトでよく「高音質な色々な楽器の音源が入ってます」みたいに書いてあるモノありますが

あれは
色々な音源を使ってシーケンサーができて音楽制作に使えますよ…
という意味ですか?


もし間違っていたら
なんのための音源なのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ども。

結論を最初に書いてしまうと
 ・「音源」というのは、要するに「楽器」のことです。
  これが無いとDAWソフトは「音を鳴らすことが出来ない」
  わけです。
 ・シーケンサーというのは、楽器の「自動演奏プログラム(MIDI)」
  を入力/出力するだけのものです。
 ・DAWソフトとは、
   「MIDIによる楽器の自動演奏」 と
   「マイクでパソコンに「音」を録音する機能」 を
  合体させたソフトのことです。

 ・・・つまり、「シーケンサー」と「ラジカセ」を合体させた様な
    ものなんですが、イメージが湧きますか?
    
正直ここの文章だけでDAWソフトそのものを説明するのは
 文字数が足りず非常に困難なのです。
 「シーケンサー」っていうのは機械の名前になるので、以後は
 「打ち込み」と表現して書きますね。

DAWで音楽製作する場合、「全ての音をマイクで録音する」場合には
 音源は不要です。
 「打ち込み」で音楽を作る場合には、「音源」がなければ打ち込んだ
 MIDIで演奏することは出来ないので音楽制作が出来ません。

ちなみに、最近ではパソコンが高性能なので「ソフト音源」という
 パソコンにインストールするタイプの音源が増えましたが
 数年前のパソコンでは能力が足らずに、ソフト音源っていうのは
 ありませんでした。
 「MIDI音源」という機械(YAMAHA MU2000等)をパソコンに繋いで
 DAWソフトで打ち込んだMIDIを流し込んで演奏していました。

音源に関してのかなり大雑把に概略を示してみましたが
 いかがでしょうか。

あまり難しく考えずに、ある程度有名なDAWソフトならば
 それだけで音楽作成が出来ると考えればよいと思います。
 候補に挙がってるソフトがあれば、そのソフトについて
 質問した方が具体的な回答が得られると思います。

参考までに。

ども。

結論を最初に書いてしまうと
 ・「音源」というのは、要するに「楽器」のことです。
  これが無いとDAWソフトは「音を鳴らすことが出来ない」
  わけです。
 ・シーケンサーというのは、楽器の「自動演奏プログラム(MIDI)」
  を入力/出力するだけのものです。
 ・DAWソフトとは、
   「MIDIによる楽器の自動演奏」 と
   「マイクでパソコンに「音」を録音する機能」 を
  合体させたソフトのことです。

 ・・・つまり、「シーケンサー」と「ラジカセ」を合体させた様...続きを読む

Q16bitのドラムマシンを24bit/192kHz入出力の基本性能を持つDAWインターフェイスに入力

16bitのドラムマシンを24bit/192kHz入出力の基本性能を持つDAWインターフェイスに入力すると、入力された音は、DAWのソフトから24bit/192kHzで出力されますでしょうか?つまりは、16bitのドラムマシンの音質は、DAWによって向上するのでしょうか?

Aベストアンサー

>16bitのドラムマシンの音質は、DAWによって向上するのでしょうか?

品質という意味では、変わらないと思います。
CDクオリティを幾ら分解能(解像度)の高いもので録音しても元ネタを超える事は無いです。
しかしながら、アナログを高いクオリティで鳴らせられる機材が有れば向上する可能性は有ります。
クオリティの高いヘッドアンプなどで、CD規格(16bit/44Khz)の音をアナログに戻し、そこから分解能の高いオーディオインターフェイスに取り込めば「24bit/192Khz」になりますから向上する可能性は有ります。
ですが、データの無い所にデータを足す事は出来ないので、余り意味ないかも知れませんね。
S/PDIFデジタル接続は変換機能を持たない(中には有るかも知れません)為、16bit入力なら16bitで録音する必要が有り音質は変わりません。

Qシンセ(シーケンサー)について

自分でギターやベース、ドラムのようなそれぞれのパートを入れた曲を作りたいですが、曲作りに必要なものがいまいちわかりません。シンセサイザーがあれば作れるんでしょうか?シーケンサーがなければできませんか?どう違うかがわからないので教えてください。
それと、シンセとシケンサーはパソコンがないと使えないんですか?

Aベストアンサー

(1)シンセ(シンセサイザーの略)…というのは、
さまざまな楽器の音色を、いわゆる電子音で真似して鳴らす音源のことで、
「音源モジュール」とも呼ばれています

(2)キーボード…音源を鳴らすために直接手に触れる(演奏する)もので
たいていは「ピアノ鍵盤型キーボード」の略で、
これに音源が付いているものが「シンセキーボード」です
「ギターネック型キーボード?」は「ギターシンセ」と呼ばれていますが、じつは音源モジュールが付いていないタイプが多いです

(3)シーケンサー…MIDIというコンピューター言語で譜面を入力して、
音源モジュールを自動演奏させるもの

「シンセ+ピアノ鍵盤型キーボード+シーケンサー」が一体になった
「オールインワンのシンセキーボード」というものがあって、これ一台でシンセによるバンド形態の演奏ができます

また、じつは(1)音源モジュールは一般のパソコンにも組み込まれていて、(2)パソコンのキーボードと、(3)パソコン用シーケンサーソフトで
「オールインワンのシンセキーボード」と同じようなことが可能です
これをDTM(デスクトップミュージック)と呼んでます

パソコンをお持ちでしたら、
簡単な機能しか付いていないMIDIシーケンサーのフリーソフトをダウンロードして、
試しに使ってみることをお勧めします

(1)シンセ(シンセサイザーの略)…というのは、
さまざまな楽器の音色を、いわゆる電子音で真似して鳴らす音源のことで、
「音源モジュール」とも呼ばれています

(2)キーボード…音源を鳴らすために直接手に触れる(演奏する)もので
たいていは「ピアノ鍵盤型キーボード」の略で、
これに音源が付いているものが「シンセキーボード」です
「ギターネック型キーボード?」は「ギターシンセ」と呼ばれていますが、じつは音源モジュールが付いていないタイプが多いです

(3)シーケンサー…MIDIというコンピ...続きを読む


人気Q&Aランキング