Net操作を誤ってヘルシンキ行の航空券を2つ購入してしまいました。
BAとKLMです。一つを個人で誰かに売る方法はありますでしょうか?
教えていただければ有り難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

旅行会社経営者です。



航空券とは記名債権です。券面には本人の姓名が記載されます。国内航空券の場合は本人確認がありませんから、他人が使うことも可能です。(ただし航空運送約款に違反します)

しかし国際航空券の場合は搭乗手続きで旅券と航空券を照合しますから、他人が利用して搭乗することは全く不可能です。

補足にあるようにボタン操作をうっかり間違えてしまったのなら、そのサイト管理者(航空会社)に連絡をして事情を説明し、取り消すしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました。航空会社にお願いしてみます。

お礼日時:2009/05/23 10:42

仕様で決まらん。

キャンセル料で処理するしか方法はないのでは。
    • good
    • 0

乗る人の氏名で購入し、乗るときもパスポートで本人確認があるので、本人以外は使えないですよ。

    • good
    • 0

「間違った」という意味が私には分かりません。


何を間違えられたのでしょうか?
間違った意味がウェブ操作上などのシステムの欠陥などであれば救済措置があるかと思いますが、
単純に、購入するつもりで購入したのであれば少なくとも電車の切符のように他人に売る方法は無いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

間違ったというのは、
予約ボタンと購入ボタンが別だと思って、予約だけだからと勘違いしてボタンを押したら予約兼購入ボタンだったということです。しっかり読んでなかったわたしが悪いのですが。

お礼日時:2009/05/23 07:55

>一つを個人で誰かに売る方法はありますでしょうか?


残念ながらありません。

「キャンセル条件・利便性・時間帯・乗継空港」
それぞれを秤に掛けて、どちらかをキャンセルするしか無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですかー。
痛いですねー。
有り難うございました。

お礼日時:2009/05/23 07:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特典航空券と格安航空券の座席について

私は特典航空券、友人は格安航空券でソウルに行く予定です。
(特典航空券はANAマイレージでアシアナの特典航空券発券)

そこでお尋ねですが、事前に座席指定をInternetなどでしてない場合、特典航空券と格安航空券であっても座席は横にしてもらえますか?


また、特典航空券や格安航空券でも事前座席指定はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。
 ANAマイレージでアシアナ便の座席指定はできないと思います。
 私も何年か前に私が特典航空券、連れが格安航空券でアシアナ便に乗りましたが、横並びの座席が取れましたよ。
 よほど混雑していない限り希望は聞いてもらえると思いますが。

Q航空券、どちらが得か⁉

同一条件の航空券の話です。

ベトナム航空
成田発ホーチミン経由バンコク行き。
途中降機1回無料

金額は総額表示です。
マイレージはスカイチームです。

候補1 53000円マイレージ無し

候補2 70000円マイレ ージ75%

Aベストアンサー

ベトナム航空に近い仕事をしています。

成田⇒ホーチミン=2,706マイル
ホーチミン⇒バンコク=453マイル

復路もホーチミン経由とすると、単純に2倍ですので、
今回の航空券の区間では6,318マイルです。

候補2はマイレージ加算率が75%ですので、4,738.5Ptとなります。

候補1 53,000円
候補2 70,000円-4,738Pt=65,262円

従って、候補1の方が圧倒的に得です。

◆ベトナム航空HP「区間/マイル」確認表
http://www.vietnamairlines.com/wps/wcm/connect/8e0bb40042c32099a1e9f16b0fce3175/Distance+table_EN.pdf?MOD=AJPERES


※関係ない話ですが、その航空券は最終目的地を
クアラルンプール、バンコク、シンガポールから選べる
航空券ではないですか?
もし、そうであれば、そもそも候補1も候補2も料金が高いです。

◆例)ABロード
http://www.ab-road.net/asia/thailand/bangkok/air/search/492735/?root_type=01&site_code=01&smonth=8&sday=1&start_city_cd=TYO&dc2=NRT,HND&destlist=BKK

ベトナム航空に近い仕事をしています。

成田⇒ホーチミン=2,706マイル
ホーチミン⇒バンコク=453マイル

復路もホーチミン経由とすると、単純に2倍ですので、
今回の航空券の区間では6,318マイルです。

候補2はマイレージ加算率が75%ですので、4,738.5Ptとなります。

候補1 53,000円
候補2 70,000円-4,738Pt=65,262円

従って、候補1の方が圧倒的に得です。

◆ベトナム航空HP「区間/マイル」確認表
http://www.vietnamairlines.com/wps/wcm/connect/8e0bb40042c32099a1e9f16b0fce3175/Distance+table_EN....続きを読む

Q格安航空券のキャンセル料 格安航空券の購入でスカイチケット社を使いました。しかし便変更したらキャンセ

格安航空券のキャンセル料
格安航空券の購入でスカイチケット社を使いました。しかし便変更したらキャンセル料4千円かかりました。キャンセル料の安い格安航空券会社はどこがあるでしょう?楽天トラベルとかでしょうか。

Aベストアンサー

私も調べてみたことがありますが、格安航空券はいろんな制約があるから格安なんですね。キャンセル料が少ない航空券ほど格安でなくなります。

Q航空券のキャンセル料について

夏に大手旅行代理店でニューヨーク往復の航空券を手配してもらいました。

ネットで航空券を見つけて電話で問い合わせし、満席のためキャンセル待ちを入れてもらいました。
2日後、予約が取れた連絡がありました。
次の日には封筒で金額と振込先だけ書かれた書類が届き全額振り込みました。

後日、身内の者が緊急入院になったので1ヶ月以上先の出発でしたが旅行はキャンセルしようと思い旅行代理店に電話しました。
しかしその事を伝えると
「キャンセル料は1人5万円になります。」
という内容で4人で20万円のキャンセル料を差し引いての返金と言われました。
出発日は1ヶ月以上先ですが、
「ハイシーズンで40日前からキャンセル料がかかる航空券です」
とこの時に初めて説明を受けました。
キャンセル料の説明も聞いてなく、電話のみで契約書も届いてません。
1度届いていた書類もキャンセル料の説明等の約款は書いていませんでした。
さらにその後、旅行代理店より電話があり
「キャンセル料の説明が間違っていました。
ピークの時期ですので1人6万円になります」
とキャンセル料アップの連絡が。
契約書も交わしておらず、事前にハイシーズンのキャンセル料の説明を聞いていなくても支払わないと駄目なのでしょうか?

夏に大手旅行代理店でニューヨーク往復の航空券を手配してもらいました。

ネットで航空券を見つけて電話で問い合わせし、満席のためキャンセル待ちを入れてもらいました。
2日後、予約が取れた連絡がありました。
次の日には封筒で金額と振込先だけ書かれた書類が届き全額振り込みました。

後日、身内の者が緊急入院になったので1ヶ月以上先の出発でしたが旅行はキャンセルしようと思い旅行代理店に電話しました。
しかしその事を伝えると
「キャンセル料は1人5万円になります。」
という内容で4人で20...続きを読む

Aベストアンサー

#1です

> しかし旅行業法は他の法律より優先して適用されるということから
> 「ハイシーズン」と「キャンセル料」は契約書を交わさなくても適用できるようです。

 私が言葉足らずだったようで失礼しました。私の認識としても
「 ハイシーズン 」と「 キャンセル料 」の支払いは免れません。
ただ、6万円というキャンセル料は旅行業法・約款で定めた範囲を
逸脱しており、その超過分に関しては取り戻し可能と考えます。

> 少額訴訟も考えてみましたが、規定のキャンセル料を超えた額の返還ですと
> 大きな額ではないため悩んでいます。

 まさしくそういう「 大きな額ではない 」場合のために作られたのが
少額訴訟の制度ですから、ぜひ活用をご検討ください。その前段階として
「 超過分のキャンセル料を払い戻ししない場合は、少額訴訟を起こす 」
という内容証明を送るといいのではないでしょうか?

 自分で作ってもいいですし、弁護士に頼んでも安いところなら2万円
程度で作成してくれます。これで 10 万円くらいが戻ってくるなら、やる
意味はあると思いますよ。

 もしこれが企業の出張手配だったとしたら、6万円のキャンセル料など
言語道断で、取引停止の原因になります。個人だからといって泣き寝入りする
ことはありません。法的に正しいのですから、ぜひそれを主張されてください。

#1です

> しかし旅行業法は他の法律より優先して適用されるということから
> 「ハイシーズン」と「キャンセル料」は契約書を交わさなくても適用できるようです。

 私が言葉足らずだったようで失礼しました。私の認識としても
「 ハイシーズン 」と「 キャンセル料 」の支払いは免れません。
ただ、6万円というキャンセル料は旅行業法・約款で定めた範囲を
逸脱しており、その超過分に関しては取り戻し可能と考えます。

> 少額訴訟も考えてみましたが、規定のキャンセル料を超えた額の返還ですと
...続きを読む

QPEXが増えて格安航空券減る?

最近の格安航空券をネットで検索すると(HISやABロードなど)、格安航空券というよりはほとんどが正規割引運賃、PEX運賃を乗せているだけのような気がします。いわゆるABロードなどの雑誌が全盛の10年位前にたくさんあった団体旅行のばら売りの格安航空券というものは減っているのでしょうか?

Aベストアンサー

以前から回答をしているときに

・格安航空券
 ツアー用(団体とは限らない)運賃のバラ売り。
 航空会社で販売できず、旅行会社のみ販売可能。
 値付けは旅行会社の自由。

・正規割引
 航空会社の割引運賃。
 航空会社が直販可能。旅行会社など代理店も販売。 
 商品の内容は航空会社が決める。

という大まかな定義をしています。

前者がなくなりつつあるという質問かと思いますが、
その認識は間違いありません。

ではなぜなくなりつつあるのか。

・前者が違法性のある航空券であること。
・航空会社のイールドマネジメントで自社で収支を
 管理する手法が当たり前になった。
 (旅行会社の値付けを嫌っている)
・ネットによる直販が可能となった
・日本の法改正で後者の値段設定が安くでき、
 しかも認可制ではなくなった

というのが理由になります。

ただし、今でも旅行会社に依存する部分が大きいのは
言うまでもありません。ツアーに行くのは老人だけでは
ありませんし、ツアーの方がはるかに安いのは変わりません。

特に閑散期の旅行会社の集客力や新路線開設時の
集客なども旅行会社抜きにはできません。
1年の限られた日数の繁忙期だけでやっていけるほど
航空業界は甘くありません。

ただし旅行会社一辺倒ではなく、自分たちでも
ビジネスをしていこう、自分達で利益を出せる体質を
作り出そうという動きが「格安航空券締め出し」に
繋がり、減りつつあると思って頂ければ宜しいかと思います。

以前から回答をしているときに

・格安航空券
 ツアー用(団体とは限らない)運賃のバラ売り。
 航空会社で販売できず、旅行会社のみ販売可能。
 値付けは旅行会社の自由。

・正規割引
 航空会社の割引運賃。
 航空会社が直販可能。旅行会社など代理店も販売。 
 商品の内容は航空会社が決める。

という大まかな定義をしています。

前者がなくなりつつあるという質問かと思いますが、
その認識は間違いありません。

ではなぜなくなりつつあるのか。

・前者が違法性のある航空券であること。
・航空会...続きを読む

QJALマイレージの特典航空券交換について

今年の12月には目標のマイルまで達成できそうもないので、今年の12月に特典航空券を一枚交換し、来年の早い時期にもう一枚交換して、その2枚を使って来年中に夫婦で海外に行けたらと思ってます。

特典航空券の引き換え手続きをする際、何月何日のどの便に乗りたいかを指定しなければならいのでしょうか。それとも特典航空券のチケット(?)みないなものが発行され、後で便を指定することが可能なのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは、
とりあえず、希望日と希望便を指定して特典予約かける形になると思います。

出発空港と到着空港の変更がなければ、日時の変更なら後日無料で(特に回数制限はなかったと)電話にて変更可能です。

この場合、気をつけないといけないのが、一度、マイルを特典航空券に交換すると、航空券の有効期限が発効日より1年となっているのでその間に、使わないと無効になってしまいます。
行き先、時期によっては有効期限内に予約が取れないということも考えられますので注意してください。

発効日は、基本は電話で予約をいれて発券してもらった日ですが、地方発で国内線経由便などがあってEチケットにならない場合は若干後ろにずれることがあるみたいです。

とりあえず、一番いく予定の高い日に予約を入れておいて1席だけでも確保しておくと、あとで万が一キャンセル待ちになったときでも2席まつよりとれる確率もあがります。それにそもそも、今の時点で予約が入らないところもあるでしょうし。

ちなみに10月から11月30日までに手配すればかなりお得なマイルで交換できるみたいですよ。この場合はネット経由でとりあえず希望路線の便をおさえて、後日電話で変更依頼をかければOKです。

また、万が一、行き先が変わっても同じマイルでいける範囲内なら有料になりますが変更可能です。

参考URL:http://www.jal.co.jp/121campaign/jp/milewari2005/index2.html

こんにちは、
とりあえず、希望日と希望便を指定して特典予約かける形になると思います。

出発空港と到着空港の変更がなければ、日時の変更なら後日無料で(特に回数制限はなかったと)電話にて変更可能です。

この場合、気をつけないといけないのが、一度、マイルを特典航空券に交換すると、航空券の有効期限が発効日より1年となっているのでその間に、使わないと無効になってしまいます。
行き先、時期によっては有効期限内に予約が取れないということも考えられますので注意してください。

発効日は...続きを読む

Q格安航空券

国内の格安航空券を探しているのですが、東京(羽田)発のみの(往復)航空券しか見つけられません…
東京以外の出発も可能な格安航空券を発売している代理店などはないのでしょうか?

Aベストアンサー

 #1、#2の方がオススメされているように、宿泊パックがほぼ唯一の手法です。
国際線でもそうですが、格安航空券というのは基本的に「パック旅行のバラ売り」
という手法をとっています。国際線では航空券部分だけを売ってもいいのですが、
国内線では基本的に不可。なぜなら、航空運賃は「政府認可の運賃のみ」という
建前があるからです。

 でも、航空会社はパック旅行向けであれば、通常の運賃より大幅に安く航空券を
卸すことが認められています。だからパック旅行はあれほどにも安くなるのです。
最近は、1泊2日以上の日程を前提に(つまり日帰り不可)航空券だけを販売する
代理店もあるようですが、それほどには広まっていないようです。

 なおパック旅行の際、宿泊しないというわけにはいきません。ホテルから見れば
旅行のクーポン券が飯のタネで、これを旅行代理店に清算してもらうことで収益が
発生します。ですので最低限、チェックインは必ず行なう必要があります。チェック
インさえしてしまえば、部屋には入らなくても構いません。

 チェックアウトはもちろん必要です。これはパックうんぬんとは関係なく、一度
ホテルに入ったら、なにかしら清算の可能性が考えられるので、チェックアウトが
求められるからです。部屋を使っていない場合でも、無用なトラブルを避けるため
チェックアウトは必ずすべき。ですので、空港へのアクセスが便利なホテルを選ぶ
と便利でしょうね。

 #1、#2の方がオススメされているように、宿泊パックがほぼ唯一の手法です。
国際線でもそうですが、格安航空券というのは基本的に「パック旅行のバラ売り」
という手法をとっています。国際線では航空券部分だけを売ってもいいのですが、
国内線では基本的に不可。なぜなら、航空運賃は「政府認可の運賃のみ」という
建前があるからです。

 でも、航空会社はパック旅行向けであれば、通常の運賃より大幅に安く航空券を
卸すことが認められています。だからパック旅行はあれほどにも安くなるのです...続きを読む

Q航空券の購入は年明けの方が良い?

2月末NYへの旅行を計画しています。

なるだけ安く、航空券を購入したいと考えているのですが、

今、購入するのと、年明けに購入するのでは、どちらの方がお徳に購入出来るのでしょうか。

正月過ぎると航空券が安くなると聞いた事があったので…

詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

> 正月過ぎると航空券が安くなると聞いた事があったので…

これは、「購入時期」のことではなく「出発日」のことだと思いますよ。
たいていは「早く購入したほうがよいと思います。」とアドバイスするんですが、今年はなんだか、航空会社各社特別運賃をけっこう直近(1~2ヶ月前)にリリースする傾向が多いように感じてます。
2月末とのこと。これから特別運賃が発表されるかもしれないし、されないかもしれないし・・・
私はいつも早めに買うんですが、年明けのヨーロッパ行きを正規割引運賃で発券後に、さらに安い特別運賃(それも正規割引運賃)が発表されて悔しい思いをしました。

なお、しばらく据え置かれていた燃油サーチャージを、値上げしつつある航空会社も多いようですよ。
ANAは2月1日発券分から値上げです。ご利用予定の航空会社の燃油サーチャージの傾向を調べてみるとよいと思います。

Q格安航空券について

格安航空券について

海外旅行にできるだけ安く行こうと考えています。
これまでは旅行代理店のツアーに申し込んだり、旅行代理店で航空券を手配してもらっていましたが、
自分で格安航空券を探した方がやすいのかな?と思いました。
格安航空券についてよく知りませんが、安いということで不安があります。
格安だと普通の航空券を買うよりトラブルになる可能性が大きかったりするのでしょうか?(ちゃんと予約ができていなかったりとか、ダブルブッキングとか)

どのサイトで購入しても大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

格安航空券とは旅行代理店が、ツアー等の団体旅行用に航空会社から仕入れた航空券を、
ツアーではなくばら売りしたものです。

>これまでは旅行代理店のツアーに申し込んだり、旅行代理店で航空券を手配してもらっていましたが

これは格安航空券だったと思われます。
旅行代理店での手配も、出来るだけ安くでお願いすると格安航空券の確率が高いです。

なので、格安チケットは個人で手配したとしても、
それはネット等の旅行代理店(又はそれに替わる会社)から購入していることとなり完全に個人で手配しているものではなということです。
(それに替わる会社のことは利用したことがないのですみません、わかりません)

一方航空会社が販売しているのは正規料金のチケットと正規割引料金のチケット(PEX)です。
これは旅行会社も扱っているけど窓口になるだけ。
手数料を取られたりするので航空会社から直接買うのが一番安いです。

格安チケットは、購入後キャンセルできないとか(かなりかかるとか)、変更が一切できないとか制約が一番多く、
その次にPEX、正規チケットとなります。(正規料金チケットはかなり自由に変更可能です。航空会社まで変更できたりします。)
でも、格安チケットだから予約ができない、とかオーバーブッキングとかはないはずです。
でも変更等の条件がきついので、なにかトラブルがあったときに、変更、融通がききにくい、又はきかないという感じです。

>どのサイトで購入しても大丈夫なんでしょうか?

これは旅行会社による、でしょうね。
ネットだとわけのわからない会社もあるかもしれません。
格安チケットによるトラブルというか旅行会社によるトラブル、になってくるでしょう。
大手の旅行会社以外は口コミとかを調べて利用されるのが良いかと思います。

他の方もいわれているように、最近は格安航空会社もでてきて、
航空会社が格安のチケットを売り出しています。
このようなチケットは今までの格安航空券と同様キャンセルが全くできない等の条件が付いてくるのが一般的です

格安航空券とは旅行代理店が、ツアー等の団体旅行用に航空会社から仕入れた航空券を、
ツアーではなくばら売りしたものです。

>これまでは旅行代理店のツアーに申し込んだり、旅行代理店で航空券を手配してもらっていましたが

これは格安航空券だったと思われます。
旅行代理店での手配も、出来るだけ安くでお願いすると格安航空券の確率が高いです。

なので、格安チケットは個人で手配したとしても、
それはネット等の旅行代理店(又はそれに替わる会社)から購入していることとなり完全に個人で手配している...続きを読む

Q格安航空券の価格に表示されない諸費用について

格安航空券を購入すると、当然のように
「成田空港使用料」
「海外の空港使用料」
「航空保険料」
「燃料費」  が加算されますよね。

海外に行く度に、この表示方法どうにかならないのかって思います。

燃料費は、まぁ一時的なもので、価格も変動するのでしょうがないかなって思いますが、
成田空港の空港使用料なんて最初から価格に入れてもいいと思うのです。
海外の空港使用料も、為替で変動するのならば
(空港使用料は○○ドルです)というようにはっきりと表示してほしいのです。

なんでこんな料金表示が長年続いているんでしょう。

消費税が内税表示になったように、航空料金もわかりやすく表示してほしいのですが、
こういう要望ってどこに言えばいいんでしょう。

Aベストアンサー

こんにちは。以前、航空券を一般の旅行会社への卸売りをしている専門の旅行会社にいました。
まず、もしあなたが今現在航空券を予約していて、その旅行会社とトラブルになっているのなら、日本旅行業協会(JATA)にご相談ください。また、意見ということでおっしゃっていただいても構いません。

空港税、空港使用料は各国及び各空港ごとに細かく設定されており、また航空保険料や燃料費も航空会社によって全て異なります(航空会社によっては運賃により加算、非加算があります)。
また、航空券の料金には当然ながら旅行会社の利益がプラスされています。
しかし、空港税などには基本的に利益を上乗せすることは出来ません。ですので航空券の料金とは別に表示をすることになります。
実際に航空券を見ても、運賃と空港税は別々に記載されており、これは航空会社のほとんどが加盟するIATA(国際航空運送協会)のルールとなっています。

ただし、海外の通貨建ての空港税などは毎週為替レートが変わるので、旅行会社で固定レートを円建ての設定している会社がほとんどです。この固定レートは若干ですが実際の為替レートより高くなっています。これは容認されています。もちろん大幅な為替の変動があれば、それに応じて固定レートも変更されます。

海外の通貨建ての表示でいいのではないかとの指摘ですが、日本で支払いをする際は日本円に換算しますので、提示の際のレートと発券の際のレートが異なりますので後日料金を訂正というのもお客様にはなかなか受け入れられないのが現状で、それを防ぐために円建ての固定レートを設定しています。

旅行会社によってはインターネットのサイトの中に空港税の一覧等を記載している会社がありますが、必要、不要の判断が一般の方には難しく、多くの会社が掲載していません。直接スタッフに確認していただくようにしています。

おっしゃるようにこの料金提示方法はお客様にとって複雑な方法かと思われます。見た目は安く見えても、後々で気がつけば結構な値段になったということが多いと思います。しかしこれは日本に限ったことではなく、海外でも同じ方法をとっております。
私のように現場に居る者であれば自分で調べる知識もありますが、一般の方には複雑ですね。
これについては消費者の方の意見をできるだけ取り入れたいと思いますが、消費税と違って一国の問題ではありませんのでなかなか難しいかと思います。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

こんにちは。以前、航空券を一般の旅行会社への卸売りをしている専門の旅行会社にいました。
まず、もしあなたが今現在航空券を予約していて、その旅行会社とトラブルになっているのなら、日本旅行業協会(JATA)にご相談ください。また、意見ということでおっしゃっていただいても構いません。

空港税、空港使用料は各国及び各空港ごとに細かく設定されており、また航空保険料や燃料費も航空会社によって全て異なります(航空会社によっては運賃により加算、非加算があります)。
また、航空券の料金に...続きを読む


人気Q&Aランキング