人はなぜ本を書くのか教えてください。

A 回答 (6件)

記録媒体と文学に分けて考えます。



記録媒体における世の中の需要と供給という観点から見た場合、
需要:情報の共有として価値がある。
供給:世の中に奉仕したいという自己肯定欲求と、認知欲、金銭欲がこれに該当すると思います。

これが特に文学のみに特化すると、過去に私が質問していたものが参考になると思います。
文学は何の為に存在するのか? 文学の存在意義・定義・役割
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4810789.html
「テーマの核心へ迫る」
「霊長類たる人類が作り得る文化遺産」
「事実描写による哲学的思考の誘引」
「利器」
「美」

または、
文学の意義・役割
┣(1)思想・哲学性
┣(2)感動性(魂の救済として価値があるもの)
┣(3)情報性(未知の情報の社会への展開・摂取)
┃ ┣社会事実の公開
┃ ┣新しい言葉の造成
┃ ┃・・・
┃ ┗その他
┣(4)芸術性
┣(5)娯楽性
┗(6)その他

こうしたものを残す為に人が本を書くのだと私は考えています。
    • good
    • 0

「本を書く」というのはあまり正確な表現ではないですね。


1)書きたいものがあるので書き物をする。
2)それが本に出来るほど沢山たまった。
3)周囲も勧めるのでまとめて本という体裁にした。
4)世に出して多数に見せたくなったので出版した。

大体こういった流れになるかと思います。
質問者様のご質問は1)~3)のまとまりでしょうか。
1)の理由も分析する必要があるでしょうか。
おおかたは生理的欲求でしょう。
何かが体に溜まって苦しく、吐き出したくて仕方がない。
それで書いて出したたものを確認し、ひと息つく(安心する)。

もちろん例外は沢山あるでしょうが、
おおかたは以上で説明が付くと思います。
本を出すのでなく、こうやってせっせとサイトにカキコするのも同様の動機があるのだと思いますw。
    • good
    • 0

それでは、直球ど真ん中の回答を試みます。



自分の内側に、あるいは外側に、もしくはその両面に、
書くに値するものがある、という確信が出発点でしょう。

それが一冊の本になるには、何らかのまとまりが必要です。
まとまりを得るために、あるいはまとまりをよくするために、
ひとはもう一度そのことについて熟考します。
考えながら書き、細部を詰めていくことによって認識が深まり、
時として、自分でも思いがけない、ある発見に至ることがあります。

書く行為とは、認識を深めることであり、
それをたどって新しい視点に立つということでもあったのです。

こうして本は、本となった以上は、第三者へ向かって放たれます。
だれが受け取るかはわからない。地球の裏側の人か、時代をへだてた人か。
百人か、千人か、一人か。
たった一人へでも受け取ってもらえる可能性がある。
それは書いた人(書きつつある人)にとって、大いなる慰めとなるでしょう。

それともう一つ。書くという行為は、実生活とはまた別の、
もう一つの自分の生を生きるということでもあると思います。
    • good
    • 0

そうですね。

なぜ本を書くのでしょうかね。

1)不特定多数の人に知らせたことがあるから。
2)金儲けしたいから。
3)借金を返すため。
4)誰かに命令されたから。
5)本を書いている自分が好きだから。
6)本を書くと褒められるから。
7)本を書くことで暇つぶしができるから。
8)編集者のお姉さんに会いたいから
9)間違ったことが書いてある本を読んでそれを糺そうという義侠心。
10)ライバルより一冊でも多く出版したいから。

などなど。どーれもこれもみーんな正解ですね。つまりはみーんな正解になるような質問をしたということですね。
    • good
    • 0

 


 あなたはなぜ本を読むのか?
 
── 本を読む人と書く人がいる。私は書くほうだ。(出典不詳)
 Caldwell, Erskine 19031217 America 19870411 83 /~《Tobacco Road,1941》
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1422174.html (No.1)
 
──「人は、それぞれ《人生》という題名の長編を書いている」あるいは
「誰もが人生という題名の長編を書いている。── シェーファー万年筆」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1833407.html (No.1)
 
── “Life is God's novel. Let him write it.”
(原文:人生は神が書かれる小説だ。神に任せようではないか)
 Singer, Isaac Bashevis 19040714 Poland Florida 19910724 87 /1978Novel
 
 あなたはなぜ人に問うのか?
 
── だれもわたしに問わなければ、わたしは知っている。しかし、
だれか問うものに説明しようとすると、わたしは知らないのである。
── 服部 英次郎・訳《告白(下)19761216 岩波文庫》P114
 Augustinus, Aurelius 03541113 Africa Rome 04300828 75 /~《Confessiones》
 
 わたしの解釈は「だれかがわたしに問うなら、わたしは説明できる。
 しかし、ひとりになって考えると、さっぱりわからない」というもの。
 
    • good
    • 0

さまざまな動機があると思いますが、つまるところ自己顕示欲です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陶器製のビーズをさがしています

陶器でできたビーズで、漢字が書いてあるものをさがしてます
「富」とか「貴」とか・・・
通信販売で購入できるサイトなどあれば教えてください

Aベストアンサー

チャイナビーズ、中国ビーズ、陶器ビーズとか言われていますね。

私の知っているサイトを張りますが、漢字はあったと思いますが、
お探しの文字があるかはちょっと判りません。

見つかると良いですね。

http://www.hello-space.jp/beads/CH/

参考URL:http://chi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=21651&csid=5&sort=n

Q白居易の「元微子に与うるの書」の本文と訳文と語釈が載っている本を教えて

「四月十日夜楽天白微子…」で始まる白居易の「元微子に与うるの書」は、どこに載っているのでしょう。明治書院の新釈漢文大系「白氏文集」、「古文真宝」、「文章規範」などを探しましたが見当たりません。市立図書館のレファレンスでも相談したのですが、分りません。地元の大学図書館にも相談したのですが、簡単にはいきません。本文と訳文、そして語釈が載っている本が見つかれば一番いいのですが、本文(影印本を除く)だけでも載っている本で、容易に入手できるものをご存知でしたら是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

少し題名が違うようですが、こちらのことではないかと思われます。

白楽天の「与微之書」〔微之(びし)に与うるの書〕の原文と読み下し
が載っている資料を見たい。

『新釈漢文大系101 白氏文集5』明治書院刊に収録されている。
「与微之書」はp.430-440にかけて、原文ならびに読み下し、通釈が
記されている。

レファレンスの共同データベースから拾ってきたものです。

参考URL:http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000001814

Q陶器のカビ・・・?

陶器に黒いカビがついてしまいました。
とる方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

仕事上、実際に行う方法ですが…。
1、よく洗う。
2、太陽の日にあてる。
3、熱湯にキッチンハイターを多めに入れて、器を漂白する。
4、ガスの火に直接あてる。

4、はおすすめできません。材質にもよって結果が違い、危険な場合もあります。大抵は、3で解消できるかと…

Qなぜ文学作品は「過去形」で書くものなのか

一般的な文学作品は、大体「~であった」「~した」という過去形で書かれているものです。これはどうしてこうなったのでしょうか。日本だけではないと思われるので、どういう世界共通の認識があって、こういう方法が確立したのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者氏がどこまでの知識を求めていらっしゃるのか、いまひとつよくわからないのですが、この問題は、それほど簡単なものではありません。

最初に、日本語の記述と「物語文」そのものをいったん分けて考える必要があります。

日本語の過去形「~た。」という文体は、明治以降、翻訳によって作られた、とする柳父章の論考『近代日本語の思想』(法政大学出版局)があります。

詳しいことは同書を読んでいただくとして、ここで要旨だけを書いておくと、近代より前の日本の文章には切れ目というものがなかったこと、「文」という概念そのものがなかった日本語の文体に、明治期、翻訳によって「文」の切れ目がつくられていき、句読点などが苦心して導入されていった経緯が述べられます。

さらに、近代日本の小説に決定的な影響を与えたのが、二葉亭四迷が訳したツルゲーネフの『あひびき』で「有ッた。」「のぞかれた。」「傾けてゐた。」という「た」止めの文体が翻訳によって生みだされたことが明らかにされています。

> 一般的な文学作品は、大体「~であった」「~した」という過去形で書かれているものです。

という文体は、翻訳によって生まれた、と柳父は結論づけています。

その翻訳の原典である西洋の文学作品は、一部の実験的な作品を除けば、そのほとんどが「過去形」で記述されています。

それはどうしてか。
デイヴィッド・ロッジは『小説の技巧』(白水社)のなかで、端的にそれを語っています。

----p.186からの引用------

小説の想像の世界に入り込むために、我々は登場人物と同じ時空に身を置かねばならないが、未来形ではそれができない。過去形は物語にとって「自然」な時制なのだ。現在形ですら、何となくしっくりとこない。なぜなら、何かが書かれているということは、論理的にそれがすでに起こっていることを前提としているからである。
-------

この「何かが書かれている」ということをもう少し詳しく見ていくと、ダントの「物語文」になります。

アーサー・C・ダントは『物語としての歴史』(国文社)のなかで「少なくともふたつの時間的に離れた出来事を指示し、そのうちの初期の出来事を記述する」のが「物語文」であるとしています。この特徴は単に文学作品のみならず、出来事を記述するあらゆる文に現れている、とも。

ダントはサンプルに「三十年戦争は、1618年に始まった」という文章を取り上げます。

これは
1.1618年に、「あること」がおこる。
2.1648年以降のあるときに、「あること」を起点とする一連の出来事を「三十年戦争」と名づける。
というふたつの出来事を結びあわせた文章です。

つまり、「三十年戦争」のことを記述しようと思えば、2の時点よりさらにあとにならなければ、それを記述することはできません。

より本質的には、わたしたちは現におこりつつある出来事を単独では認識することはできません。わたしたちの認識とは、それに先行する出来事と、いま起こりつつある出来事を結びつけた、原因と結果の関係、すなわち、物語という形式を必要とするのです。

神話なり、昔話なり、大昔から人間とともにあった「物語」という形式は、同時に、人間があらゆる事象を、自分が認識し、理解し、他者に説明して共有するための形式としてありました。
語り手が行き会った「出来事B」を先行する「出来事A」と結びつけて、「Aということがあった」と語り、記述してきたわけです。

何かが語られる、あるいは記述される、ということは、すでにそれが起こってしまっているからこそ可能なので、必然的に「過去形」ということになります。
わたしたちの認識の形式がそうなっているために、「過去形は物語にとって「自然」な時制なのだ」ということになるのです。

相当に荒っぽい回答ですので、不明のところがあれば補足してください。

質問者氏がどこまでの知識を求めていらっしゃるのか、いまひとつよくわからないのですが、この問題は、それほど簡単なものではありません。

最初に、日本語の記述と「物語文」そのものをいったん分けて考える必要があります。

日本語の過去形「~た。」という文体は、明治以降、翻訳によって作られた、とする柳父章の論考『近代日本語の思想』(法政大学出版局)があります。

詳しいことは同書を読んでいただくとして、ここで要旨だけを書いておくと、近代より前の日本の文章には切れ目というものがなか...続きを読む

Q陶器製の石焼ビビンバボウル

石焼ビビンバを家庭で作りたいと考えています。
石でできたものより陶器製石焼ビビンバボウルが軽いのでそれを購入しようと思いますが、使い勝手はどうでしょうか。
もうひとつ、コンロでボウルをあぶる時間はどのくらいでしょうか。

Aベストアンサー

石製を持っています。
陶器製は自分で使ったことはなく、
レストランで食べただけですが
使い勝手はよいと思いますが、
すぐに冷めてしまうし、
焦げ目もつきづらそうでした。
やはり石の物のほうががおいしくできますが、
熱いうちに水をかけたりするとひびが入りやすいですし、重くて洗うのも大変です。
おいしさを重視するなら、絶対石だと思います。
あぶる時間は先に3分くらい、ご飯と具を入れて
中火で5-6分です。最後に1分強火にすると
焦げ目ができておいしいです。

Qある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。

ある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。
例えば「電」という字はもとの意味は「いなずま、いなびかり」という意味ですが、今では「electric」の意味で使っています。雷が電気であることはたしかベンジャミン・フランクリンが確認した事で、古代中国人がそれを知っていたことは流石にない、と思います。
だから「電」の字を「electric」の意味で使い出したのは結構最近のことではないかと思うのです。それがいつからだったのか、辞書に書いてあってもいいと思うのですが、これがなかなかそういう記述が見つかりません。どなたかご存知でしたら教えてください。なお大修館の「大漢和辞典全12巻」にはありませんでした。

Aベストアンサー

漢字(中国語)ではなく日本語についての語誌ということでよければ、『日本国語大辞典』(小学館)がお求めのものにいちばん近いかと思います。

例えば、同辞書の「電気」の項目を見ると、この語が日本で最初に用いられたのが1850年代であることや、その初出の本の中に「(electricityを)支那人近日電気と訳す」という注釈がある(というかこの注釈自体が初出例らしい)といったことがわかります。

「電気」というのは「電」(いなずま)の「気」ということで、この2字でelectricityの意訳となっているわけですから、「電」単独で電気の意味を表すようになったのは、「電気」という語が十分に広まってからということになるのでしょうね。それがいつ頃なのかはわかりませんが。

Q[東京・神奈川周辺]沖縄陶器・琉球ガラスのお店

東京・神奈川周辺で沖縄陶器や琉球ガラスを豊富に販売しているお店がありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
沖縄県物産公社が運営する店「わしたショップ」に行けば確実にありますよ。

首都圏で一番大きいのが、銀座(有楽町)にある
「銀座わしたショップ」
http://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/index.html

ほかにも
神奈川県内には、川崎・大和・横須賀にもあるようですが
品揃えは銀座が一番だと思います。
(上記のサイトをみれば、各店舗の地図も載っています。ご参考に)

Q誰が書いた本(フランス語)に記載されているか、教えて下さい。

大学時代(1980年頃の熊本大学フランス語講座)、読解本のフランス語短編集で、日本語に訳すと「他人の悪口を言わない。何故ならそれは全て自分のことを言っているのだから」との主旨が、最後に記述がある資料名と作者をお教え下さい。
作者はフランスの著名作家だったと確かに記憶しております。
非常に気に入っており、子どもに伝えたい一文と思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

聖書にも似たようなことばあるけど、有名なのはローマのプラウタスの「もし人の悪口を言うならば、自分に返ってくることを予期せよ」だと思う。

フランスの人が引用したのか、自分で作ったのかはわからないが、結構、似たようなことをいってる人は多いのでそれだけじゃわからないと思うな…

Q陶器やガラスのリサイクルってあるのでしょうか?

こんばんわ。
家では使わなくなった食器が結構あります。
中古ですし、このさい資源として有効活用してくれる方がいたら、送料当方負担で寄付しようかとかんがえております。

どなたか、陶器やガラスを資源として再利用する団体等をご存じでしたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

送料を負担されるくらいなら、その金額くらいでフリーマーケットに出店されるのはどうでしょうか?
ついでに不用品も売ってしまいましょう。
うまくいけば、豪華な夕食が食べれるかも?

Q【宗教】三蔵ってなんですか?三蔵法師が書いた本が三蔵ですか?Amazonで三蔵という本を買い

【宗教】三蔵ってなんですか?

三蔵法師が書いた本が三蔵ですか?

Amazonで三蔵という本を買いたいのですが、三蔵が何なのか分からないので教えてください。

律蔵、経蔵、論蔵が書かれた三蔵という本?を探しています。

Aベストアンサー

三蔵(さんぞう、巴: Tipitaka, ティピタカ、梵: Tripiṭaka , トリピタカ)
は、仏教用語一覧で、仏教の聖典(仏典)の総称。原語は、Ti, Triは「3」、pitaka は「籠」で、3つの籠という意味である。

三蔵は、以下の三種から成る。

律蔵(巴・梵: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) - 僧伽(僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

経蔵(巴: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)、梵: Sutra pitaka(スートラ・ピタカ)) - 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

論蔵(巴: Abhidhamma pitaka(アビダンマ・ピタカ)、梵: Abhidharm pitaka(アビダルマ・ピタカ)) - 上記の注釈、解釈などを集めたもの

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%94%B5

パーリ仏典(パーリ語仏典、パーリ聖典、Pali Canon)、あるいはパーリ三蔵(Tipitaka, ティピタカ、「三蔵」のパーリ語表現)は、南伝の上座部仏教に伝わるパーリ語で書かれた仏典である。北伝の大乗仏教に伝わる漢語・チベット語の仏典と並ぶ三大仏典群の1つ。

パーリ経典(パーリ語経典)とも呼ばれることがあるが、「経典」(sutta, sutra)は通常、仏教においては「三蔵」の内の「経蔵」(sutta pitaka, sutra pitaka)典籍を意味する語なので、これだと「仏典」よりも狭い限定的な意味のニュアンスを持った表現となる。(ただし、パーリ律の戒律解説部分を「経分別」(Sutta-vibhanga)と呼ぶことからも分かるように、三蔵が整備される前の古い段階では、律も含めた典籍全般を「経」(sutta)と呼んでいたとも考えられる。)

日本でも戦前に輸入・翻訳され、漢訳大蔵経(北伝大蔵経)、チベット大蔵経に対して、『南伝大蔵経』『パーリ大蔵経』(パーリ語大蔵経)などとしても知られる。

律蔵

詳細は「律蔵 (パーリ)」を参照
律蔵(Vinaya Pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)):戒律
経分別(きょうふんべつ、Sutta-vibhanga) - 波羅提木叉(Patimokkha、僧団内規則、具足戒)の解説
大分別(Maha-vibhanga) - 比丘戒
(1. 波羅夷(Parajika) 2. 僧残法(Sanghadisesa) 3. 不定法(Aniyata) 4. 捨堕法(Nissaggiya pacittiya) 5. 波逸提法(Pacittiya) 6. 提舎尼法(Patidesaniya) 7. 衆学法(Sekhiyavatta) 8. 滅諍法(Adhikarana-samatha))
比丘尼分別(Bhikkhuni-vibhanga) - 比丘尼戒
(1. 波羅夷(Parajika) 2. 僧残法(Sanghadisesa) 3. 捨堕法(Nissaggiya pacittiya) 4. 波逸提法(Pacittiya) 5. 提舎尼法(Patidesaniya) 6. 衆学法(Sekhiyavatta) 7. 滅諍法(Adhikarana-samatha))
犍度(けんど、Khandhaka) - 僧団運営規則
大品(Maha-vagga)
(1. 大犍度(Maha-khandhaka) 2. 薩犍度(Uposathak-khandhaka) 3. 入雨安居犍度(Vassupanayikak-khandhaka) 4. 自恣犍度(Pavaranak-khandhaka) 5. 皮革犍度(Cammak-khandhaka) 6. 薬犍度(Bhesajjak-khandhaka) 7. 迦絺那衣犍度(Kathinak-khandhaka) 8. 衣犍度(Civarak-khandhaka) 9. 瞻波犍度(Campeyyak-khandhaka) 10. 拘睒弥犍度(Kosambakak-khandhaka))
小品(Culla-vagga)
(1. 羯磨犍度(Kammak-khandhaka) 2. 別住犍度(Parivasikak-khandhaka) 3. 集犍度(Samuccayak-khandhaka) 4. 滅諍犍度(Samathak-khandhaka) 5. 小事犍度(Khuddakavatthuk-khandhaka) 6. 臥坐具犍度(Senasanak-khandhaka) 7. 破僧犍度(Sanghabhedakak-khandhaka) 8. 儀法犍度(Vattak-khandhaka) 9. 遮説戒犍度(Patimokkhatthapanak-khandhaka) 10. 比丘尼犍度(Bhikkhunik-khandhaka) 11. 五百結集犍度(Pancasatikak-khandhaka) 12. 七百結集犍度(Sattasatikak-khandhaka))
附随(ふずい、Parivara)

経蔵

詳細は「経蔵 (パーリ)」を参照
経蔵(Sutta Pitaka(スッタ・ピタカ)):経典本体
長部(じょうぶ、Digha Nikaya(ディーガ・ニカーヤ))- 長編の経典集
戒蘊篇(Sīlakkhandha-vagga)
(1. 梵網経(Brahmajala-sutta) 2. 沙門果経(Samannaphala-sutta) 3. 阿摩昼経(Ambattha-sutta) 4. 種徳経(Sonadanda-sutta) 5. 究羅檀頭経(Kutadanta-sutta) 6. 摩訶梨経(Mahali-sutta) 7. 闍利経 (Jaliya-sutta) 8. 迦葉師子吼経(Mahasihanada-sutta) 9. 布吒婆経(Potthapada-sutta) 10. 須婆経(Subha-sutta) 11. 堅固経(Kevatta-sutta) 12. 露遮経(Lohicca-sutta) 13. 三明経(Tevijja-sutta))
大篇(Maha-vagga)
(1. 大本経(Mahapadana-sutta) 2. 大縁経(Mahanidana-sutta) 3. 大般涅槃経(Mahaparinibbana-sutta) 4. 大善見王経(Mahasudassana-sutta) 5. 闍尼沙経(Janavasabha-sutta) 6. 大典尊経(Mahagovinda-sutta) 7. 大会経(Mahasamaya-sutta) 8. 帝釈所問経(Sakkapanha-sutta) 9. 大念処経(Mahasatipatthana-sutta) 10. 弊宿経(Payasi-sutta))
波梨篇(Pathika-vagga)
(1. 波梨経(Pathika-sutta) 2. 優曇婆邏師子吼経(Udumbarika-sutta) 3. 転輪聖王師子吼経(Cakkavatti-sutta) 4. 起世因本経(Agganna-sutta) 5. 自歓喜経(Sampasadaniya-sutta) 6. 清浄経(Pasadika-sutta) 7. 三十二相経(Lakkhana-sutta) 8. 教授尸伽羅越経(Sigalovada-sutta) 9. 阿吒曩胝経(Atanatiya-sutta) 10. 等誦経(Sangiti-sutta) 11. 十上経(Dasuttara-sutta))
中部(ちゅうぶ、Majjhima Nikaya(マッジマ・ニカーヤ))- 中編の経典集
根本五十経篇(Mula-pannasa)
根本法門品(Mulapariyaya-vaggo)
師子吼品(Sihanada-vaggo)
譬喩法品(Opamma-vaggo)
双大品(Mahayamaka-vaggo)
双小品(Culayamaka-vaggo)
中分五十経篇(Majjhima-pannasa)
居士品(Gahapati-vaggo)
比丘品(Bhikkhu-vaggo)
普行者品(Paribbajaka-vaggo)
婆羅門品(Brahmana-vaggo)
不断品(Anupada-vaggo)
分別品(Vibhanga-vaggo)
六処品(Salayatana-vaggo)
有偈篇(Sagatha-vagga)
蘊篇(Khandha-vagga)
大篇(Maha-vagga)
一集(Ekaka-nipata)
二集(Duka-nipata)
三集(Tika-nipata)
四集(Catukka-nipata)
五集(Pancaka-nipata)
六集(Chakka-nipata)
八集(Atthakadi-nipata)
九集(Navaka-nipata)
十集(Dasaka-nipata)
十一集(Ekadasaka-nipata)

論蔵

詳細は「論蔵 (パーリ)」を参照
論蔵(Abhidhamma Pitaka(アビダンマ・ピタカ)):解説・注釈
法集論(Dhamma-sangani)
分別論(Vibhanga)
界論(Dhatukatha)
人施設論(Puggalapannatti)
論事(Kathavatthu)
双論(Yamaka)
発趣論(Patthana)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AA%E4%BB%8F%E5%85%B8

三蔵(さんぞう、巴: Tipitaka, ティピタカ、梵: Tripiṭaka , トリピタカ)
は、仏教用語一覧で、仏教の聖典(仏典)の総称。原語は、Ti, Triは「3」、pitaka は「籠」で、3つの籠という意味である。

三蔵は、以下の三種から成る。

律蔵(巴・梵: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) - 僧伽(僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

経蔵(巴: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)、梵: Sutra pitaka(スートラ・ピタカ)) - 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

論蔵(巴: Abhidhamma pitaka(アビ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報