芝だと3000m以上のレースがありますがダートのレースがないのはなぜですか
出走馬が集まりにくいからでしょうか
ダートの長距離が得意な馬には目標にするレースが少ない気がします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

出走馬が集まりにくい、というのはあるでしょうね。


芝でも、3000M以上の距離は年間に万葉S、ダイヤモンドS、阪神大賞典、天皇賞・春、菊花賞、ステイヤーズSという6レースしかありません。
ダートの場合、芝以上にスタミナが要求される、というのを考えると、スピード化した現在の事情に合わなくなってきている、というのはあると思います。

それでも、90年代の後半くらいまでは、例えば、東京大賞典が1997年まで2800M(89年までは3000M)、とか、帝王賞が1985年まで2800M。かつては、南関東牡馬三冠レースの1つだった東京ダービーが2400M(95年まで)、東京王冠賞が2600M(95年まで。01年でレースそのものが廃止)など、地方競馬においてダートの長距離レースは存在しました。

芝のレースも短距離化が進んでいるのは事実ですが、ダートもそれに併せるような形で、ここ十数年で極端に短距離化してしまった、という風に言えると思います。
現在、行われているダートG1競走が11競走で、JBCスプリントを除いて全て1600M~2100Mの中というのはちょっと偏り過ぎではないか、と感じますね。
    • good
    • 0

ダートはそれだけスタミナを消耗するからでしょう。

砂浜と芝生の上を走って、どちらが疲れるか試してみたらわかるでしょう。昔は日本最長距離ステークス(芝4000メートル)なんてのもありました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3歳馬のダート路線について

今週のファルコンSにダート3連勝中のシルクビックタイムが出走するそうですね。
ダートで頭角を現すと、国内ではもう出るようなレースが限られてしまう3歳ダート路線。なんでこんなに貧弱なんでしょう??
個人的にはファルコンS、ニュージーランドT、NHKマイルCを全てダートにしたらイイと考えますが・・・

Aベストアンサー

ダートで賞金稼いで東京優駿出られては困るから。
どの国の生産界でもダービーだけは特別なもの。それが本国では「芝」で行われる以上はダートでやってきた馬が出て、芝でやってきた馬が弾かれるのが認められ難いから。まして勝ちでもすればレース体系自体が崩れることになるので認められない。

少なくともダートJpnIを作る場合はJpnIIやJpnIIIなどレース体系もまとめて作る必要がある。しかし、公営側など配慮すべき点が多い。
また、JRAが独自にダート路線を作ったとしても、今後行うであろう国際化した場合に消滅する可能性もある。要は国際ハンデキャッパーがJRAの意図した格を与えないと思う。

ついでに言えば、いまだに主催者が格付けしてる時点で出走レースを誘導しているようなもの。オープン競走でも需要とレベルが高まればGIとするのが妥当な手法。格は人が付けるのでなく自然と付くものだと思いますので。

>個人的にはファルコンS、ニュージーランドT、NHKマイルCを全てダートにしたらイイと考えますが・・・
これは短距離路線の破壊ですよ^^。「シンザン記念・京成杯・トキノミノル記念」のどれか一つとヒヤシンスSをダートJpnIIIにする。「アーリントンC・毎日杯・フラワーC」のどれか一つと端午SをダートJpnIIIにする。ユニコーンSをJpnIIにし東京優駿の前レース(9R)にいれる。これで、1・2・3・5月に重賞があり最終目標がユニコーンになる。
これなら芝の格が維持され公営にもさほど影響なし^^。
少なくとも上記したOP競走とユニコーンは格1つ上げても良いと思う。

ダートで賞金稼いで東京優駿出られては困るから。
どの国の生産界でもダービーだけは特別なもの。それが本国では「芝」で行われる以上はダートでやってきた馬が出て、芝でやってきた馬が弾かれるのが認められ難いから。まして勝ちでもすればレース体系自体が崩れることになるので認められない。

少なくともダートJpnIを作る場合はJpnIIやJpnIIIなどレース体系もまとめて作る必要がある。しかし、公営側など配慮すべき点が多い。
また、JRAが独自にダート路線を作ったとしても、今後行うであろう国際化した場...続きを読む

Q2歳戦では芝、古馬戦線ではダートで強い馬

2歳時は芝でかなり強いのに、3歳以降は芝では弱いが
ダートではめっぽう強いというタイプの馬が
たくさん存在するのはなぜでしょうか?

例)ヴァーミリアン、ブルーコンコルド、アドマイヤドン

Aベストアンサー

こんにちは。

【ヴァーミリアン】
たられば…と言ったらキリが無いですが、2歳戦はラジ短を制すなどクラシック候補にふさわしい内容でした。
ただ、明け3歳緒戦のスプリングSで、予定していたデムーロ騎手が急病のため急遽若手騎手に乗り代わりで惨敗してから歯車が狂い始めました。元々体質的に弱いヴァーミリアン号ですので立て直すのに時間がかかったのでしょう。クラシック戦線から古馬中距離路線に進んでもローゼンクロイツ(古馬GII制覇)並には活躍できたと思います。同世代にディープが居ますので、GIは取れなかったでしょうが。

【ブルーコンコルド】
勝鞍の京王杯2歳Sはかなりの弱メンです。1番人気馬(6着)は2歳オープン2勝の早熟牝馬、レース2着馬はその後勝ち星無し。しかも東京競馬場改装で中山芝1200mでの開催ですので、重賞クラスではなく、オープンクラスの馬しか出走してこなかったと思います。この年は東京スポーツ杯2歳Sの8頭立てと少数メンバーでした。
この馬は芝オープン短距離クラスで頭打ちの感があったため、出走したダート短距離レースで勝ちを収めたため、ダート路線に転向しています。ただ、その後1年ぐらいは掲示板外に破れるレースもあります。なので、この馬は晩成馬だったのかもと思います。
ブルーコンコルドはダート転向後一度も芝のレースに走っていません。なので本格化?した後芝のレースに出走したら勝ち負けしてたかもしれません。

【アドマイヤドン】
この馬のデビュー戦はダートでした。ただ、偉大なる母やダービー馬の兄の影響で芝路線を進みます。この馬は完全に芝一級線では頭打ちでしたね。

他の人の回答でもそうですが、3歳までは使おうにもダート重賞がなかったり、使えるダートオープンレースがあってもクラシックの賞金の方に目が向いたりしてしまって結果を出せる馬が少ないです。今年のダービー(サクセスブロッケン)や去年のスプリングS・皐月賞(フェラーリピザ)のようにダート馬でもクラシックは出たいものですし、勝ちたいものです。簡単に確認させていただいたところ中央には2歳ダートオープンレースは無い模様です。ですのでダート馬は地方交流戦の兵庫ジュニアグランプリ(園田)か牝馬なら旭川(以前は門別)のエーデルワイズ賞を使う必要があります。ただ、2歳からダート限定と決め付けてる陣営は少ないです。
3歳になっても中央ではがヒヤシンスSが最初のオープンレースで、重賞はユニコーンSまでありません。なので頭打ちになってでもクラシックに駒を進めるかしかないのです。

僕自身の印象としてはカネツフルーヴ(ロジータの子供)なども3歳春はダート路線ではなくクラシックに駒を進めた1頭として印象が深いです。

こんにちは。

【ヴァーミリアン】
たられば…と言ったらキリが無いですが、2歳戦はラジ短を制すなどクラシック候補にふさわしい内容でした。
ただ、明け3歳緒戦のスプリングSで、予定していたデムーロ騎手が急病のため急遽若手騎手に乗り代わりで惨敗してから歯車が狂い始めました。元々体質的に弱いヴァーミリアン号ですので立て直すのに時間がかかったのでしょう。クラシック戦線から古馬中距離路線に進んでもローゼンクロイツ(古馬GII制覇)並には活躍できたと思います。同世代にディープが居ますので...続きを読む

Qなぜ砂ではなくダート?

素朴な疑問なんですが、なぜ砂(~m)と呼ばずにダートと呼ばれてるんでしょうか?

芝はターフではなく芝と呼ばれているのに、砂はダート…?

Aベストアンサー

ダート(dirt)というのは本来砂や土ではなく"ほこり"という意味ですから、
私見ですが、「ほこりの出るコース=土や砂のコース」のことを指しているのでは?

ちなみに日本のダートコースは、導入当初は米国と同じような土が主体のコースだったようですが、
米国とは気候条件の異なる日本ではコース整備等に弊害が起こったため、
ほどなく現在のような砂が主体のダートコースに切り替えられたそうです。

また、どういったコースだったのかはちょっとわからないのですが、中央競馬では
昔は一時期「ダート」とは別の「砂」というコースもあったみたいですよ。

Q出走馬の前レース馬体重一覧の表示があるサイト

馬体重500kg以上の馬をチェックしたいのですが、斤量の表示はありますが、前レース馬体重の一覧表示はありません。netkeiba.com ではクリックすれば分かりますが、一日36レースの出走する全馬となると大変な手間です。

簡単に分かるサイトはないでしょうか?

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すいません。きのうの20時半ごろ書き込みした者です。
質問者さんからお返事があったので、補足の意味をこめて
もう少し書かせてもらいます。
>馬体重が増えているのとタイムが速くなるのが正比例する馬を買う、
と書きましたが、未勝利戦、2歳戦は対象外です。
理由は、そういう馬たちはレースの経験数があまりに少ないからです。
(買うんだったら、タイムを見て買います。)
特に500万条件より上のクラスにいる有力馬(人気の馬)の
(放牧を1回以上経験してればさらにいい)
出走履歴と馬体重を見たときに、体重が徐々に増えながら
(放牧もはさんで)、成績が上がっている馬を、
僕は買うようにしてます。レースの経験数がある程度必要なので
3歳の後半以上の馬が主な対象になります。極端な例ですが
一番分かりやすいのが”ヴァーミリアン”って馬です。
馬体重が増えながら、成績が上がってるはずです。3歳時から比べて
馬体重が20kg近く増えているはずです。
netkeiba.comをお使いのようですね(私も使ってます)。
出走表で出てる馬名をクリックしてプロフィールを押すと今まで
走った出走履歴が出てくるので馬体重の推移を確認することが
できますよ。めんどくさい作業かと思いますが
馬体重で買うなら、成長力の比較の意味もこめてみておいた方が
いいと思います・・・
それと、馬体重で買うなら、種牡馬の現役時の馬体重を頭にいれて
おいた方がいいんじゃないでしょうか。
ステイゴールドとかアグネスデジタルとか比較的小柄な種牡馬の産駒も
多く走っているので元の馬体重で買おうとするよりデビュー当時より
どれだけ増えてるか、それにタイムや成績が比例してるか、
で見た方がいいと思うんですけど・・・

すいません。きのうの20時半ごろ書き込みした者です。
質問者さんからお返事があったので、補足の意味をこめて
もう少し書かせてもらいます。
>馬体重が増えているのとタイムが速くなるのが正比例する馬を買う、
と書きましたが、未勝利戦、2歳戦は対象外です。
理由は、そういう馬たちはレースの経験数があまりに少ないからです。
(買うんだったら、タイムを見て買います。)
特に500万条件より上のクラスにいる有力馬(人気の馬)の
(放牧を1回以上経験してればさらにいい)
出走履歴と馬体...続きを読む

Q日本の中央競馬のダートは地方より低レベルでは?

こんにちは
地方と中央の交流が盛んなのですがダートレースで
先週のクロフネやイーグルカフェが上位独占してますよね
芝のレースはレベル高いからダートの低レベルやと勝つのでしょうか?
そうなるとちょっとなさけないですよね~~
ところで中央のダートレースってレベル的に地方と比べて
どうなんでしょうか?
あまり中央に有名なダート馬おらへんですよね
地方はダートだけやそうですから当然レベル高いのでしょうか?
地方競馬はよくしらへんのでよろしくおねがいします!

Aベストアンサー

>芝のレースはレベル高いからダートの低レベルやと勝つのでしょうか?

それは一理あります。
今のように交流重賞レースや中央でダート重賞が少なかった時期は、中央の馬はほぼ100%、最初は芝を戦い、それで通用しなかった馬たちがダート路線へ行き、それでもダメなら障害レースというように、芝→ダート→障害というヒエラルキーが存在していました。
もちろんそれは今でも残っていて、その証拠に2歳~3歳の早い頃までは、中央オープンにダートの競走は芝に比べてかなり少なくなっています。

しかしながら近年の指定交流重賞の充実と、中央のダート重賞路線の整備により、ダート適性が見込まれる馬は、最初からダートを中心に使われるようになってきており、2歳から他地区の交流重賞に挑戦する場合が増えてきております。
特に、3歳春のダート王決定戦、ジャパンダートダービーが昨年新設されたことで、中央の馬たちは3歳春の最大目標を中央のクラシックではなく、JDDに据えてくるケースが確実に増えてきました。古馬になってもフェブラリーS、帝王賞、東京大賞典、南部杯、そして今年新設のJBCクラシック・スプリントを目標にし、遥か彼方にドバイワールドカップを見据えながら、ダートに専念できるローテーションが完成しつつあります。

実際、ダート路線が整備されてからは、ライブリマウント、キョウトシチー、ホクトベガ、ウイングアロー、ノボトゥルー、ファストフレンド、レギュラーメンバーなどなど、中央から多数の活躍馬が出てきております。
もちろんこの恩恵は地方馬にもあるわけでして、アブクマポーロ、メイセイオペラが、ダートの頂点を極めていたことは言うまでもないでしょう。

しかし近年の中央のダート路線の整備により、中央のダートホースの層が確実に増してきており、今後はより一層中央馬の活躍が目立つようになるかもしれません。それはレベルうんぬんよりも、層の差にあると考えます。層が厚くなれば、そこから勝ちあがってきた馬の実力はおのずと高いものになるからです。

中央と地方のレベル差については、特に地方競馬のファン(特に南関東)から、半ば感情的な意見も散見されますが、我々ファンとしては、中央だろうが地方だろうが、レベルの高い競走が提供されれば(それで馬券があたれば)いいわけです。

今日はJBCです。果たしてどんなレースになるのか、今から楽しみです。

>芝のレースはレベル高いからダートの低レベルやと勝つのでしょうか?

それは一理あります。
今のように交流重賞レースや中央でダート重賞が少なかった時期は、中央の馬はほぼ100%、最初は芝を戦い、それで通用しなかった馬たちがダート路線へ行き、それでもダメなら障害レースというように、芝→ダート→障害というヒエラルキーが存在していました。
もちろんそれは今でも残っていて、その証拠に2歳~3歳の早い頃までは、中央オープンにダートの競走は芝に比べてかなり少なくなっています。

しかしながら...続きを読む

QGI馬ってGIレース出走馬?

GIホースとかGI馬って言われているのは、GIレース出走馬のことですか?それとも、GIレース一着馬のことなのでしょうか?

Aベストアンサー

下記の記事にあるとおり、3歳時、GIレースのNHKマイルを勝った
テレグノシスがGIホースの底力を見せたのです。
GIホースとはGI勝ちの実績のある名馬です。


http://www.sanspo.com/keiba/data/2004g/1010mainichiokan.html

勝浦正樹騎乗、1番人気のテレグノシスが最後方から直線一気の差し切り。GIホースの底力を見せつけ、一昨年のNHKマイルC以来となるビッグタイトル獲得へ弾みをつけた。

QフェブラリーS芝ダート兼用馬流行ってますね

こんにちは
フェブラリーSですね
ところで最近クロフネのように芝もダートも強い馬が流行ってますね
それでアグネスデジタルを買ってみようと思うのですがどうでしょう?
やはりダートのスペシャリストの方が強いのでしょうか?
予想などアドバイスしてください

Aベストアンサー

 私見です。いささかアナクロですが、
・タケシバオ-が芝もダートも勝ちまくったように
・メジロマックイーンが2000mでレコード勝ちしたように
・ナリタブライアンが高松宮記念を求めたように
「真の最強馬は芝ダも長短も超越して強くあるべき」というのを信じています。
 アグネスデジタルに関して言えば、あと足りないのは最強馬(ジャングル、マンハッタン)との対戦でしょうね。それに勝った時点で私の中ではこの年代の最強馬です。

 明日ですが、アグネスからいってみます。ドバイの演習になるかも知れないんで全幅とまでは?ですが、上記のような事言った手前。相手はノボトゥルー、ウイングアローの2点。場合によってはタテ目引くかも知れませんが、それでもここまで。
(Nジャックが大外にさえならなきゃ、もっと面白い馬券も買えるのですが、、、)

Q芝からスタートするダートのレース

阪神2000以外でスタート地点が芝になってるダートのレースが他にもあったと思うのですが
何競馬場の何メートルというような形で教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

・中山1200m
・新潟1200m
・東京1600m
・京都1400m
・阪神1400m
・阪神2000m
以上のダートコースは芝コースからのスタートになります。

福島ダート1150mは芝コースのさらに外からのスタートで、
芝コースを横断してダートコースに入りますね。

Qアブクマポーロやメイセイオペラが今のダート界で走っていたら…

この2頭が現在の交流重賞や中央のダートで走っていたらどの程度の成績を残していたのでしょうか?当時よりダートに出てくる中央馬のレベルもあがっているし通用しないですか?私の意見としては条件にもよりますが現在のダート戦のレベルでも十分トップ級の力があったと思っています。少なくとも地方の競馬場で走る限りアドマイヤドンあたりよりこの2頭が下だとは思えません。クロフネ級とまでは言いませんが…同じ意見や反論意見などみなさんの考えをお聞かせください

Aベストアンサー

確かにアブクマポーロの全盛期は、
地方にもこんなに強い馬がいるんだと衝撃を受けるほどというか嫌気が出るほど強かったのを記憶しています・・・。
ただ単純に比較出来ないのですよね。
走っている時代も違ければ、そのレースの馬場や周りのメンバーなど条件も、違いますからね。
しかしながらそうやって、
ナリブーとキンカメどっちが強かったとかって考えるのって、競馬の楽しみの一つではありますよね。
すいません前振りが長くなってしまいました。
私の私見では全盛期のアブクマならば、国内であればどこ行っても負けないとは思います。
クロフネを除く歴代のダート馬ではトップレベルというかほぼトップなのは間違いないです。
ですがメイセイは微妙ですね。
アブクマと対決したレース見ると、結構運よく(というと失礼かも知れませんが・・・)勝ったレースが多いなぁと感じています。でも、メイセイの実力も相当だと思いますよ。個人的には好きな馬ですし。
なんだか上手く纏まってないですが、
上記二頭は現在でも通用します。
ドンより絶対強いとは断言できませんが、間違いなく良い勝負します。
競馬好きの私見でした・・・。

確かにアブクマポーロの全盛期は、
地方にもこんなに強い馬がいるんだと衝撃を受けるほどというか嫌気が出るほど強かったのを記憶しています・・・。
ただ単純に比較出来ないのですよね。
走っている時代も違ければ、そのレースの馬場や周りのメンバーなど条件も、違いますからね。
しかしながらそうやって、
ナリブーとキンカメどっちが強かったとかって考えるのって、競馬の楽しみの一つではありますよね。
すいません前振りが長くなってしまいました。
私の私見では全盛期のアブクマならば、国内であれ...続きを読む

Q芝馬のダート適性を見るのに・・・

質問があるんですが、
今日フェブラリーSがありました。
芝を主戦に使ってた馬は見てのとおり全滅・・・

ふと思ったのですが、美浦、栗東共々、調教用のコースに
ダートのコースがあるわけで・・・そこを走らせて見てレースに使うかどうか
って方法では、芝馬のダート適性って判断できないものなんでしょうか!?

何年か前にセフティーエンペラっていうローカルのG3クラスで
活躍してた馬がいて、芝馬だったのですが、普段の調教で
栗東のBコースを使っていて、そこでの走りっぷりがいいということで
中京開催のときのシリウスSに出してみたところ、見せ場たっぷりの4着・・・
というのがありましたが・・・

レースで使ってみないとわからないもんなんでしょうか、やっぱり。
リーチなんて今後の路線を考えたらこのレースは絶妙のタイミングで
あるわけで・・・これでは勝ち負け度外視の”調教代わり”と
勘ぐられてもしょうがないんじゃないでしょうか!?

ほかの4頭にもそんな匂いがプンプンするのですが・・・

Aベストアンサー

ダートコースの調教なども一つの参考にはなると思いますが、結局、調教は調教、レースはレースです。

まず、美浦・栗東のトレセンの調教コースですが芝コースもあるにはありますが、そこで日常的に調教する馬はいません。そんなことをしては脚を痛めてしまいますので、せいぜい、追い切りなどで使用するくらいです。
そして、普段の調教はダートコース、ウッドチップコース、坂路コースなどが一般的です。ウッドチップコースは、細かく砕いた木片を敷き詰めたコースですし、坂路に敷き詰められているのもウッドチップなので、芝で活躍している馬も、基本的にはダートかそれに近いコースで普段は調教されているのです。
ですので、ダートかそれに類似したコースを走った経験が全くない馬、というのはいません。

その上で、結局、調教は調教、レースはレースというのは、そのタイムを比較すればわかります。
調教では、追い切りなどでかなり強く追い切ったとしても1ハロン15秒前後のタイムです。対して、レースでは1ハロン12秒くらいで走ります。
普段の調教で常に1ハロン12秒台のような時計を出していては馬が故障してしまいますし、そういう意味では、調教で良い動きをしていても、それだけで、とは言えないとなるでしょう。

さらに、レースになれば、十数頭が一緒に走るので、前にいる馬が蹴った砂を被ってしまう、とか、調教では殆ど起こらないようなことも起こります。
芝からダートに転戦した馬が「砂を被らないように」なんていうのは、そうやって砂を被ったことに驚いたりしてレースに集中できなくなって惨敗するようなケースがよくあるから、です。この辺りの、精神的なタフさなどは、実際にレースに行ってみないとわかりません。

明らかにダートコースでぎこちない走り方をしている、とか、そういうケースがあれば、「この馬はダートはダメ」とか判断できるでしょうが、それ以外は、特に、ダートの調教で走るから、というのは、参考にはしづらいのではないかと思います。

ダートコースの調教なども一つの参考にはなると思いますが、結局、調教は調教、レースはレースです。

まず、美浦・栗東のトレセンの調教コースですが芝コースもあるにはありますが、そこで日常的に調教する馬はいません。そんなことをしては脚を痛めてしまいますので、せいぜい、追い切りなどで使用するくらいです。
そして、普段の調教はダートコース、ウッドチップコース、坂路コースなどが一般的です。ウッドチップコースは、細かく砕いた木片を敷き詰めたコースですし、坂路に敷き詰められているのもウッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報