プロが教えるわが家の防犯対策術!

芸人のネタって著作権があるのですか?

芸人のネタを利用して作成した動画があります。


芸人さんのネタを利用する場合、著作権の権利処理は必要ですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

芸人 動画」に関するQ&A: お笑い芸人の動画

A 回答 (3件)

法的な理屈で言えば、どんなに些細な事であっても著作物として取り扱われます。



ただ、同時に、著作権の保護の主たる目的は著作権者の権利の保護です。
それを脅かすような行為でなければ、基本的には問題は無いと思います。

この辺は、ハラスメント問題なんかと同じで、大元の著作権を訴える権利のある人間がどう思うか次第。
という部分が大半を占めます。


ただ、同時に企業等では、その立場上、ある程度明確な線引きをしなければならず、それと、一般人の著作権に対するズレが色々問題を起こしているのが現状。

一般人的には法のごく一部を槍玉に、法がこうなっているから問題ないんだと主張する傾向がありますが、
前述しているように、著作権を所持している人の意思を保護・保障するという法なので、
動画サイトなんかでも、似たような物でも、消されたり、消されなかったりというのが発生します。

二次利用する場合は著作権者に許可を取れというのが大原則として挙げられているわけで。
(ちゃんと著作権法にも盛り込まれています。)

大半の人はそれらの必要処理を無視している人がほとんどなので、利用して消されても文句が言える立場には本来ありません。
それでも叩き行為をするのがネット住人の悪い所ですね。

ということで、「本来であれば、些細なネタであろうとも許可伺いをすべき」というのが法的には正解。
ただ、基本的に余程の保守的な姿勢の人で無い限り、自身に害が及ばないなら、大抵は許可します。
許可申請をしない人は、他の方の回答にもあるように「許可される」「好意的に取ってもらえる」「イチイチ気にしないだろう」という勝手な推測的前提でやっているに過ぎません。

許可申請はすべきではあるけども、問題無さげなら別に不要なんじゃない?
って感じで世の中全体がそういう雰囲気で動いていますからね。
都合の良い時だけ委任状とか決定の押し付けをするクセにね。

蛇足ですが、(理不尽な部分は多々有るものの)JASRAC等の権利団体は、至極、真っ当な対処をしているのに、第三者でしかない人らが総叩きしたりしているのは上述のような惰性的な背景があるからとも言えるでしょう。

権利管理団体に登録されている物は、その団体に権利を委任しているため、許可等の意思決定権はそれらの団体に有ります。
企業で作られたプログラムのソースの権利がプログラマ本人ではなく、会社の資産となるのとにたような理屈です。
それでも叩くのはやはり著作権の基本が権利者の意思によって判断されるっていう部分が大きいからでしょうね。
    • good
    • 0

芸人のネタは一般的に著作権の対象になると思いますが


芸人のネタは流行ってなんぼ、なのかと
著作権なんていってたら誰も金を払ってまで真似しない、知名度も上がらない、仕事もこない
売れない芸人からしてみれば、
闇に葬られつつある過去ネタを使っていただいて、宣伝していただいてありがとうございます
ということでしょうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/21 20:09

動画みたけど、それくらいのレベルだと著作権の主張はまず無理だと


元の おっぱっぴー の数文字に思想や感情が創作的に表現されているのかといえば こんな程度では。多少のギャグやネタには著作権がないと考えるのが普通。一連の漫才なら、劇と同じくシナリオに著作権が認められうるだろうけど、そのうちの一ネタ取り出したところでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/21 20:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお笑いのネタに、著作権は存在するのか?

お笑いのネタ、小説のストーリー、ホームページの核になる面白い部分には著作権は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

 既に出版されている小説には、著作権があると考えるのが普通です。
 小説以外にも、詩や音楽、写真なんかもそうですね。
 お笑い芸人のネタについての著作権は聞いたことがありませんが、
   物まね
という程度なら、大丈夫でしょうが、
   漫才やコントのネタ
となると、
   それ相当の配慮が必要
だと思います。
 若手芸人が、先輩のネタを無断で使用すれば、若手芸人は、先輩方から総スカンを食らうでしょう。
 学園祭程度のものであれば、問題ないと思います。
 HPについては、難しいですね。
 HP作成者が、個人で撮影した映像や発表しているものについては、著作権があると思います。

 難しい問題ですから、ネタ元に、
  これこれに使わせてもらいます。
と一言連絡を入れて、許可を得れば問題ないでしょう。

Qお笑いタレントのギャグの知的財産は?

以前テレビでタレントのギャグに知的所有権があるとかないとかってやってました。たしか三枝師匠の「オヨヨ」についてだったと思います。ギャグに著作権等の付与はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 ご質問のあまりの面白さに、のこのこやって来てしまいました(笑)。

 では、結論から。「オヨヨ」という言葉自体は、著作権では保護されません。理由は、著作権法で保護されるのは、言葉そのものではなく、「思想または感情を創作的に表現したもの」だからです(著作権法第2条第1項第1号、第10条第1項)。
 以前、「著作権の第一人者」と自負しておられる方がある書籍に「コギャルという言葉は自分が案出したもの。流行言葉になった今、なぜ著作権登録をしなかったのか悔やんでいる」とコメントしているのを見て抱腹絶倒させて頂きました。著作権法でいう著作物の意味をはきちがえているのみならず、著作権法上、登録先は文化庁なのですが、どこに登録するというのやら・・・。まぁ、ある民間会社なのでしょうけど。
 著作権法で保護されるとしたら、それは漫才なりコントなりのストーリです。具体的には、「このシチュエーションでこうボケて、それに対してこの表現でこうツッコんで・・・」というところでしょうか。

 では、商標法ではどうか?
 商標法でいう商標とは、「業として商品を生産し、証明し、または譲渡する者がその商品について使用をするもの」か、「業として役務を提供し、または証明する者がその役務について使用をするもの」です(商標法第2条第1項第2号、第3号)。つまり、商標は、「商品名」または「サービスの名前」です。
 ですから、仮に「オヨヨ」が商標として登録された場合、三枝氏は、「オヨヨ」を自分の漫談ないしコントを披露するときに、例えば、「オヨヨ漫談」などの名目で上演することができますし、他者はその名目で漫談やコントをすることはできません。また、他者は、三枝氏の許諾がない限り、自分たちのグループ名を「オヨヨコント衆」とすることもできません。つまり、あたかも三枝氏の庇護を受けているかのような使い方はできません。
 が、商標権法による保護もそこまで。前述したとおり、商標法で保護されるのは、「商品名」または「サービスの名前」です。「オヨヨ」という言葉が他人に漫談やコントを披露する意味合いで使われているのでしたらそれは商標権の侵害となり得ますが、話の中に「オヨヨ」という言葉が出てくるだけでしたらそれは商標権の侵害にもなりませんし(商標法第37条)、不正競争防止法でいう不正行為にもなり得ません(不正競争防止法第2条)。

 まあ、要するに、流行言葉に対して独占排他権を与える法律は日本にはありませんし、私が知る限り、世界中どこにもありません。

 以下は私見ですが・・・
 彼らにとって、オリジナルがない芸人は芸人ではないでしょう。プライドもあるでしょうし、何より、創作性を疑われたら、自分のタレント生命にも関係するでしょうし。
 なので、他人のギャグを横取りするようなマネは、プロなら死んでもしないはずです。

 そして、余談ですが・・・
 私は工業所有権に関しては専門家ではありますが、著作権は勉強を始めたばかりの駆け出しです。ので、「?」付きでも「権威」と言われるとくすぐったいです(笑)。実際、条文の解釈を間違えて迷惑をお掛けしたことも多々ありますし・・・(苦笑)。
 まぁ、「権威」と言ってもらえるだけ注目されているのでしょうから(笑)、なるだけ正確な回答ができるようにしたいと思います。間違えているようでしたら、フォローお願い致します(^^)。

 ご質問のあまりの面白さに、のこのこやって来てしまいました(笑)。

 では、結論から。「オヨヨ」という言葉自体は、著作権では保護されません。理由は、著作権法で保護されるのは、言葉そのものではなく、「思想または感情を創作的に表現したもの」だからです(著作権法第2条第1項第1号、第10条第1項)。
 以前、「著作権の第一人者」と自負しておられる方がある書籍に「コギャルという言葉は自分が案出したもの。流行言葉になった今、なぜ著作権登録をしなかったのか悔やんでいる」とコメントし...続きを読む


人気Q&Aランキング