新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

数じゃなくて“割合”です。
超高層、高さ100m超えビルの中で、オフィスビルの割合が少ないのはなぜですか?
一番身の丈にあった比較で仙台市との比較ですが、下記URLを見て比べると、
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/sendai/birus …
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/hirosima/bir …
仙台市は、計画含め総数11棟に対して6棟ありますが、
広島市は、同8棟に対して3棟(でも1棟はホテルですから厳密には僅か2棟?)で、
他はマンションです。

最近、家族で、夜景見るのがブームで、『夜景の花形である高層ビルの光が、19時
くらいなのに、弱いな』と思ったのが質問の発端です。家庭の照明とオフィスの照明
では明るさが違いますからね。
因みに、仙台市と比較したのは、都市・都市圏の規模から同レベルの街だと思った
からで、別に都会とか田舎とか比べたいわけではありません。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No.1の「補足」を読みました。


 広島市内の高層ビルをオフィスビルとして使っている率が少ないことに関してでしたか…
 広島市内に本社や支社がある企業は規模が小さくても自社ビルを所有していたり賃貸ビルを丸ごと1棟借り切る場合が多くて「高層ビルへ他の会社と一緒に入居する」という会社は少ないです。
 規模の小さい企業はビルの一角を借りて営業をしていますが、私が知っている某証券会社は1階を顧客用窓口にして2階から上を事務や会議室を配置してビル1棟を使っています。
 このためにオフィス用高層ビルの需要が少なく、マンションとしての利用が多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回目どうもです。

>広島市内に本社や支社がある企業は規模が小さくても自社ビルを所有していたり賃貸ビルを
丸ごと1棟借り切る場合が多くて…
なるほどですね、それはありますよね。
古い街だから、高層ビルが建つ前から事務所を構える会社が多いため、そうなるんでしょうね。
あるいは再開発が遅れているとも言えますが…

…しかし、JR広島駅前という一等地に、50階建ては凄いかもしれないけど、『広島駅の真ん前
なのにマンションかよ!』って正直思いますね。
紙屋町交差点にある広電ビルも14階というのは、まずまずだけど、広島空港が遠くに行った
メリットをもっと活かしてほしいなとは思います。
一市民のささやかな希望ですけどね…

有難うございました。

お礼日時:2011/04/09 10:46

既回答にもあるように中心市街地の地質の問題ですね。

コストをかけて建築するほどのオフィス需要はありませんし、地盤の良い所では中心市街地ではないのでオフィス需要が有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
やはり三角州“デルタ”がネックなんですかね。
JR広島駅周辺はデルタ地区ではなく、デルタ沿
いだから、やはり地盤弱いですかね。

お礼日時:2011/04/09 10:32

 広島市の中心部は「三角州」という川から流れてきた土砂が堆積した軟弱な地盤のため、高層ビルを建てようとすると基礎となる鉄骨を地下深くまで打ち込む必要があります。


 地盤が軟弱だと基礎作りに費用が掛かるので高層ビルは必然的に少なくなります。(最近は多くなりましたが他見から比べると少ない)
 郊外の山間部へ行けば地盤の固い部分はありますが交通の便などの関係で高層ビルの需要が少ないです。

この回答への補足

早速、ありがとうございます。
あのぉ、超高層ビルの中での、オフィスビルの割合なんです。
手抜きの説明が悪かったですね、すいません。

仙台市:高さ100m以上の超高層ビルが計画中含めて11棟あり、
その内訳が、オフィスビルが6棟、残り5棟がマンション。
全超高層ビルの中でのオフィスビルの割合は約55%

広島市:高さ100m以上の超高層ビルが計画中含めて8棟あり、
その内訳が、オフィスビルが2棟、1棟がホテル、残り4棟がマンション。
全超高層ビルの中でのオフィスビルの割合は約25%

仙台市の11棟に比べ、広島市は8棟と少ない…言っているのではなく、
仙台市の55%に比べ、広島市は25%と、何故広島の超高層ビルは
マンションばかりなのか?をお聞きしたいのです。

補足日時:2011/04/06 22:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/09 10:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 岡山の人は、どうして広島市を目の敵にするのですか?

 岡山の人は、どうして広島市を目の敵にするのですか?

 私は広島市民です。様々なサイトで『岡山の方が都会』とか『広島は衰退している』とかを
目にします。広島人も対抗はしている様子ですが、あくまで応戦,反撃であって、最初の口撃
は殆どが岡山の人からです。
 まるで、東京を口撃する大阪人の様です。東京と大阪には失礼かもしれませんが…
 広島人からすれば、岡山市の事を気にしていません。都会だとか田舎だとか思ってないし、
どっちが大きな町かなど考えてもいません。
広島市が意識しているのは仙台や福岡です。福岡には差をつけられ過ぎて、今やライバルとい
うより憧れの存在ですが…
 岡山人はどうして、そこまで広島市を目の敵にするのですか?

Aベストアンサー

 それほど一般の人の多くが目の敵にしていないと思いますが、一部の人は将来県が統廃合されて「道州制」を採用する場合に、その州都といて岡山市と広島市は競い合うことも考えられるので、そういう意味で一部の人は敵対しているのかもしれません。
 もし中国地方5県が統合して中国州になるなら州都は広島と思いますが、中国四国が統合して中四国州になるなら四国への交通の関係で岡山市が州都になると思います。そういう意味でも今からけん制しあっている人もいるのかもしれません。
 それと、岡山の人は目が東(大阪、東京)へ向いているので、広島が州都になって公共機関が広島に集まり、広島へ行く機会が増えることは、いつも行っていない西方面に用事で行くことは抵抗あると思います。やはり大阪方向へ行く途中のほうがなじみがあっていいと思います。

Q全国8大都市(東京都、大阪市、名古屋市、広島市、福岡市、仙台市、札幌市

全国8大都市(東京都、大阪市、名古屋市、広島市、福岡市、仙台市、札幌市、高松市)の定義をおしえてください。

Aベストアンサー

ご質問では全国8大都市の定義がなされていませんが、
1970年頃の社会科の教科書には、東京(区部)・横浜市・川崎市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・北九州市を「八大都市」としていました。
これらの都市は1965年(昭和40年)までに人口が100万人を超え政令指定都市となっていたからです。
その後に札幌市(1972年)、福岡市(1972年)、が政令市になりましたが「十大都市」とは言いませんでした。

なお、
東京区部・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸の6都市を「六大都市」と言います。これは1922年の「六大都市行政監督ニ関スル法律」によります。
この法律は、1943年に東京都制施行により東京を除いた5市に「五大都市行政監督特例」が施行され、
政令指定都市制度が出来たことにより1956年に廃止されましたが、現在でも慣例的に「六大都市」といわれています。
不動産鑑定や百貨店協会、損保協会などでもこれらの都市を「六大都市」としており、損保の保険料率も他都市と異なります。
 
 

Q広島市にはなぜ地下鉄が無い?

広島市と言えば、人口100万人を超える政令指定都市で
県庁所在地です。
札幌・仙台・神戸・福岡などの地方都市にも地下鉄はあります。
この規模の都市なら地下鉄があるのが普通かと思いますが、
広島市には地下鉄がありません。

「広島は路面電車の路線が豊富だから新たに地下鉄を建設する
必要がない」というのは理由として納得できそうな気がしますが、
ちょっと待って下さい。
私の住む札幌市は、昭和中期には多数の路面電車の路線がありました。
それらが廃止になると同時に、現在の南北線や東西線が開通したという
歴史的経緯があります。

さて、質問です。
以上を踏まえ、広島市に地下鉄が無いのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

この現象を理解するには、なぜ多くの公営路面電車は廃止されたのかを理解する必要があります。
もちろん、1つの現象には種々の要因が複雑に絡み合い、しかも関係者が積極的に理由を明らかにしないことも多いので、1冊の本に書いても正確な事情は説明しきれることはないでしょう。

以下に非常に大雑把に事情を説明します。
昭和30年ごろまで多くの都市には路面電車があり、大活躍していました。路面電車は東日本は公営が多く、西日本は民営が多かったです。多くの路面電車の開業時期である明治や大正時代、西日本は民間企業でも経営できる素地があり、東日本は(雪害対策など維持費が掛かることも含めて)民間企業で経営が難しい素地があったのも一因と言われています。また、大都市では一部を除き、民営で開業→公営に移管となっていることが多いようです
それが昭和40年代頃から路面電車は次々と廃止されていました。
その傾向は50年頃まで続き、50年代に新たに廃止方針を示したものは例外的な条件があった所に限られます。
ある時期だけ、多くの場所で同じように路面電車が廃止されていることに何らかの「意思」を感じませんか。

そうです。各地で自動車の渋滞が問題視され始めた時(昭和40年代)国も交通政策関係者も皆、渋滞の原因を路面電車のせいにしました。
また、渋滞が始まると多くの都市で路面電車の収益が大幅減少するようになって来ました。悪いことに、戦後すぐに復旧させた諸施設や車両の更新時期が多くの都市で近づき始めました。
で、国は「諸悪の根源」(と決め付けた)である路面電車の廃止を積極的に薦める政策を行いました。
まずは、路面電車の軌道敷内の自動車通行を認める方針を出しました。国の方針を受けてこれを実施した都市は、渋滞の影響が路面電車にも及ぶようになり、定時性がなくなった路面電車は急激な乗客減→収益悪化となりました。
次に、渋滞や赤字で悩む「公営事業者」に対して、路面電車を廃止し、バスや地下鉄で代替すれば、「市の事業の合理化をした」として、地方税交付などで優遇する措置を取ったのです。
その効果は大きく、公営のほとんどがその政策に乗りました。
今残っている市電も、すべてその当時に全廃計画を立て、実際に40年代から50年代にかけて一部廃止を始めましたが、その後の情勢の変化で市電を全廃できなくなったものです。(さらにその後の路面電車見直しの風潮により、全廃計画を撤廃しています。あるいは廃止を始めた時点で具体的な全廃の計画に至ってなかったに過ぎません。)

以上の事情により、札幌などの市電は廃止が進みました。現存路線も廃止の予定でしたが、廃止が遅れているうちに、赤字ではないこと、路面電車見直しの風潮により、一転して存続が正式決定されました。

広島も全国で廃止が続く時期に、廃止の計画もあったようです。しかし、上述のように廃止が有利だったのは「公営」であり、下手に規模が大きすぎた広島は、なかなか廃止へ向けての具体化が進みませんでした。電車の更新等は、幸い各地で廃止された電車(しかも40年代に急遽廃止が決まった所が多く、車暦の浅い非常に状態のよい車両が多数ありました)が入手できたので、大きな負担がありませんでした。
渋滞対策としては、広島県警が協力的で、軌道敷内の自動車通行を認めませんでした。このため、どんなに道路が混んでも、電車は定時制が保て、安定した乗客が維持できました。(もちろんそのための路面電車関係者の努力は相当なものだったようです。日の目を見るまでかなり長期大変な時期を経験しました。)
同様の事情で長崎も路面電車が完全な形で残っています。しかも今秋の値上げまで100円運賃が維持できていました。

つまり、広島で地下鉄が導入されなかった理由は端的にいうと、以下のようになります。
1.路面電車が民営である為、昭和40年代の路面電車廃止を薦める政策の対象外となった。
2.全廃できない路面電車に対して、渋滞の影響を及ぼさないように軌道敷内通行禁止を維持した。(県警や市民の協力が得られた)
3.そのため路面電車の経営状態が安定し、無理して廃止する必要がなかった。
4.路面電車の廃止が不必要なので、その廃止が前提となる地下鉄の計画をする必要がなかった。

もちろん、路面電車を廃止しない決めた裏には他の回答にあるような「地下鉄を作るにしても地質上の問題で難工事が予測される」と言うような事情もあったかもしれませんが、他の都市の状況を見る限り、地下鉄が難工事だから市電を廃止しないと言うことが単純に認められる様な時代背景ではなかったと考えます。
おそらく、もし広島も電車が市営だぅたら、あっけなく地下鉄になったかもしれません。そして、巨大な工事費により地下鉄は赤字に苦しみ、しかも便利とはいえない状態であったでしょう。あるいは、その難工事ゆえに「地下鉄代替は不可能」という計画に変更され、すべてをバスに頼ると言う今の京都よりひどい状態になってしまったかもしれません。

なお、京都あたり(説によっては仙台あたりも)は全廃計画がもう少し遅かったら、その後の路面電車見直しの風潮に乗って、市電が残り、今のようにわずかな地下鉄と大多数の市バスだけに頼るような不便な状態にならなかったと言われています。
京都の場合、比較的経営状態のよい路線を先に廃止している為、市電最終年度の頃には路面電車見直しの風潮があった(実際、市も廃止反対運動に対して市電存続可能かを検討したようである)にもかかわらず、経営的に問題のある市電の全廃計画を撤廃するわけにいかないという事情があったようです。

この現象を理解するには、なぜ多くの公営路面電車は廃止されたのかを理解する必要があります。
もちろん、1つの現象には種々の要因が複雑に絡み合い、しかも関係者が積極的に理由を明らかにしないことも多いので、1冊の本に書いても正確な事情は説明しきれることはないでしょう。

以下に非常に大雑把に事情を説明します。
昭和30年ごろまで多くの都市には路面電車があり、大活躍していました。路面電車は東日本は公営が多く、西日本は民営が多かったです。多くの路面電車の開業時期である明治や大正時代、西...続きを読む

Q広島と名古屋 どっちが都会ですか?

ひょっとしたら、名古屋から広島に引っ越すかもしれません。

そこで質問したいのですが、
広島っていうところはどういうところでしょうか。
自分は、基本的に都会が好きで
今まで住んだ中では当然のように東京が抜群で一番快適でした。
そこで一番気になるのは「都会度」です。
今名古屋に住んでるのですが、農村に比べれば都会ですが、
東京に比べれば田舎といった感じです。
そこで気になるのは、広島の「都会度」です。

新幹線から見た感じでは、名古屋より広島の方が高いビルが
多く名古屋より都会に見えます。
また知人の話でも名古屋より繁華街がにぎわっているように聞いています。

そこで、「名古屋と広島のどっちが都会か」を
教えてください。根拠などの明確な内容だと良いと思います

Aベストアンサー

社会的インフラ整備で考えれば、一目瞭然だと思います。

名古屋は人口こそ横浜(横浜は人口だけなら大阪より多いんですけどね)に劣りますが、地下鉄、高速道路の整備いずれも横浜をはるかに凌いでいます。実際問題として政令指定都市を順位付けると、東京がぶっちぎりで、大阪、名古屋、札幌(インフラ整備が進んでいます)、横浜、ここで、一旦、線を引いて神戸、福岡、仙台、その他の順でしょう。広島はその他の一員ですね。人口比で言うと、横浜の遅れが目立ちます。

広島と名古屋で言えば、名古屋には繁華街が複数ありますが、広島の繁華街は紙屋町から続く界隈くらいしかありません。この辺の集積度が都市の体力なのです。そういう意味で、名古屋が日本第三の都市であることは揺るぎません。単純な言い方ですが、繁華街が一つしかない都市は政令指定都市であっても、本質的には地方都市です。

Q西日本最大の歓楽街は何処?

西日本最大の歓楽街は福岡市の中洲だとよく聞くのですが本当に中洲なんでしょうか?西日本だと他に大阪や名古屋(名古屋は西日本かな?)がありますがそういう都市の歓楽街よりも実際中洲の方が上なんでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく#1さんの意見が正しいと思いますが、もうひとつ可能性があるとしたら
大阪はキタ/ミナミが大きな歓楽街として言われてますが、厳密に言うと一つの「街」ではありません。
たとえば、キタは
・北新地
・堂島
・曽根崎新地
・阪急東通
等いくつかに分かれてます。
大阪に住んでいて中州は出張の際に数回訪れ街はよく知っていますが、
キタ>>>中州 の規模の差は歴然としています。
ただ、中州は、中州川端からキャナルシティの近くまで、高級クラブから、キャバクラ、風俗、料亭、居酒屋、一杯飲み屋まで全部そろって一つの歓楽街を形成しています。(多少、通り別には分かれてますが)
一方、北新地は高級クラブと料亭だけ、阪急東通はざっくばらんな飲食店と安い風俗店と街ごとに性格の違う歓楽街が大阪梅田の回りに点在しています。
つまり大阪キタの歓楽街の一つ一つとれば、面積or店の数は中州に軍配が上がります。

という異説です。
(基本的には#1の説が正しいような。。。)

Q愛媛松山市と広島市ではどちらが都会でしょうか?

こんにちは。
松山市と広島市ではどちらが都会で、どちらがすみやすいと思われますか?
 仕事、施設、物価、地理、人情? などなど

現在お住まいで、双方に行き来のあるかたにおききしたいです。
漠然としていますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3月まで広島市に住んでいました。(転勤で住んでたので広島出身ではありません)
松山に友達がいるので、何度か行っていましたが、どちらが都会かといえば、これはもう文句なく広島だと思います。

人口も違いますし、他の方も書いてますが政令市です。
デパートも、ブランドも、広島のほうが多いでしょう。仕事も広島のほうが企業数が多いと思います。

地理に関しては、そんなにかわりないような・・・。
というか、市街地から少し離れるとのどかな風景が広がっているので、これは広島も松山もかわらないと思います。

同じく転勤族で広島から松山に引越していった友人はみんな
・広島に比べて田舎
・広島よりのんびりしている
・合う合わない、はあると思うけど住みやすい
・物価は同じ

と言っています。みんな同じようなことを言ってるので、間違いないでしょう。

広島も人はのんびりしています。
やさしいですし、道で困ってる人がいたら誰かがかならず声をかけてくれます。
弱者にやさしいと思います。今、関東に住んでいますが、やっぱり全然違います。

どちらがいいか、といわれたら答えられませんが、総合的にみて、より都会なのは広島だと思います。

3月まで広島市に住んでいました。(転勤で住んでたので広島出身ではありません)
松山に友達がいるので、何度か行っていましたが、どちらが都会かといえば、これはもう文句なく広島だと思います。

人口も違いますし、他の方も書いてますが政令市です。
デパートも、ブランドも、広島のほうが多いでしょう。仕事も広島のほうが企業数が多いと思います。

地理に関しては、そんなにかわりないような・・・。
というか、市街地から少し離れるとのどかな風景が広がっているので、これは広島も松山もかわらな...続きを読む


人気Q&Aランキング