手作りの尿素化粧水、いわゆる美肌水(材料:尿素、グリセリン、水道水)を顔にも使用しています。
乾燥する時期になりつつあるので、保湿効果を高めるためにヒアルロン酸(市販のものを購入しました)も混ぜようかと思いますが、尿素とヒアルロン酸などの組み合わせに問題はないのでしょうか。
また、ヒアルロン酸の量などについてもアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


今話題のいわゆる「美肌水」というもののことはよく知らないのですが、趣味で化粧品作りをしていますので、知っている範囲で書かせていただきます。

まず、尿素とヒアルロン酸の組み合わせですが、これは問題ないと思います。化粧品のレシピでも素材として両方使っているものがありますから。

それから、濃度ですが、尿素は濃すぎると肌荒れの原因になるので、化粧品に配合する尿素の量は3%が上限と薬事法で決められているそうです。尿素1mlが何gになるのかを知らないので、何mlの水に対し尿素何gが3%となるかはわからないのですが、よくレシピで見るのは、水200mlあたり、尿素5gですから、それ以上濃くしないほうがいいと思います。これは薄めない普通の化粧水の話です。atashiさんのおっしゃる「美肌水」は、この10倍の濃さのものを10倍に薄めて顔に使われるとのことですから同じことになりますよね。だから、いいんじゃないでしょうか。

また、ヒアルロン酸の濃度ですが、化粧品に入れる場合、2%程度とか言われます。なので、10倍に薄めるのなら、その10倍ですか。ただし、売っているヒアルロン酸は全部水溶液ですから(だから、「ヒアルロン酸原液」と言って売ってるのは、本当はおかしいんじゃないかと思います)、メーカーによって濃度が違ったりするんじゃないかと思うんですね。なので、正確に測ることは意味ないかもしれないです。また、「ヒアルロン酸原液」と言って売っているものはたいてい直接肌につけられるものですから、尿素と違い、濃すぎてもあまり問題にならないような気がします。

また、以下のHPに手作り化粧水のレシピいろいろ載ってますのでよかったらご参考になさってください。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/pinoa/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。具体的な数字をいただけて助かります。
御紹介いただいたホームページも参考になりました。

お礼日時:2003/10/05 18:26

市販の製品でそのものずばり「尿素とヒアルロンの化粧水」


というのがありますので
組み合わせは問題ないと思います。
(参考URLに商品をご紹介します)

量については分かりません、、

参考URL:http://www.ishizawa-lab.co.jp/ISHIZAWA01/nyouso/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういえば、友人が、上記化粧水を持っているのを見たことがありました。
尿素とヒアルロン酸の相性は問題ないとして、あとは、ヒアルロン酸の量について、です。

お礼日時:2003/09/27 19:16

これはうちのが自作してる物なんですが・・・


美容系のなにかで見た配合分量らしいです。

水・・・200cc
尿素・・50g
ヒアルロン酸・・・5cc
グリセリン・・・5cc

との事です。
ご参考までに・・・。

この回答への補足

ありがとうございます。一つ確認させてください。
私は、水200、尿素50、グリセリン5(ヒアルロン酸以外はsan-jiさんの量と同じ)を原液として作り、ボディにはこの原液を5倍に、顔には10倍に水道水で薄めています。
教えてくださった分量は、原液ですよね。実際、顔に使用するには、これを何倍かに薄めていらっしゃるんですよね。
お手数ですが、教えてください。

補足日時:2003/09/27 19:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手作り化粧水ってそんなにいいものなんですか?

ここの質問を見ていて初めてその名を知りました。

作り方などまで説明されてる方もいて、確かに手作りですよね。

私もできれば、自分の肌にピッタリ合うものを作りたいと思いました。でも、私は、洗顔後何もつけないと、皮が剥けるほどの超・乾燥肌で、今も乾燥しすぎで顔が痒いくらいです。

だから、水のような化粧水では意味がないという感じです。

また、ものすごく敏感肌で、コーセー化粧品以外の基礎化粧品と敏感肌用基礎化粧品以外は合わないという肌です。

だから、手作り化粧水で、しっとり保湿もされるような、でもベタベタもしない化粧水を安く作れるのかな?保湿効果のある特殊な成分などをどうやって入手するのだろう?などと思ってしまいます。

また、そうやって、色々入れて作った化粧水って、結局高くなってしまいますでしょうか? 

肌が丈夫な人だけの楽しみなのかな?とも感じてます。

よかったら、色々教えてもらえますか?

Aベストアンサー

 何通りか作ってます。
 ひとつは、生薬のエキスを自分でつけこんで抽出し、それを配合するもの。
 ひとつは、アロマテラピーに使われるエッセンシャルオイル(精油)
を買って、適量(常に総量2%以下で)を目的に合わせて配合するもの。

 必ず、どちらにもグリセリンとヒアルロン酸を入れてます。だから
完全手作りではない(笑)。なんとかキットを利用するみたいな感じ
かな?あとビタミンC誘導体や、ビタミンE、アラントインやレシチン
といった材料を入れることもあります。レチノールも。
 乳液とかも作りますよ、クリームとか。油と水を、乳化剤で混ぜる
だけです。けっこうしっとりするし、オプションを他から買うと送料
なりなんなりで結局高くなりますが、使い心地もそれなりですね。
よくもあり、効果の感じないときもあり。

 しっとりするけど、べたべたもしない、といった化粧水を作ることは
可能です。美白目的、にきび目的、などなどいろいろできますが、
やっぱり市販のものを買うよりは知識がかなり必要です。
 そのかわり、これこれこういう贅沢な成分を使っているんだ!
っていう満足感があるから、私はやっています。

 面倒ですよ~。確かに、100mlあたりのコストパフォーマンスは安いです。
安い美肌水だと数十円、私の、100mlで2000円のヒアルロン酸を入れた化粧水でも、試算してみたら200円切ってます。
 でも最初に作りはじめのころ、エキスをぱっぱか作っていたので
1、2万あっというまに飛びました(笑)。一度軌道に載って材料が
揃いはじめると高くはないですが、初期導入費はやっぱりかなーり
かかりました。エタノールがとにかく高いですね。精油も一回使う
のは数滴でも、10ml数千円したりしますから。(精油はおおむね、1ml20滴となってます。)

 で、一回作って100ml数十円でできても、それを、普通の化粧水
100mlより早く使い切らないとだめなんですよ。防腐剤入っていない
から。(防腐剤も売ってはいます。天然のものからフェノキシ
エタノールみたいなのまで)

 でも私、なにか作るの好きなんですよ。化学実験みたいに、
シリンダー使って配合を考えて、こっちの成分重視でエタノールの
濃度変えて生薬抽出して、とか、精油でも自分の好みの香りでよさそう
な組み合わせを考えて、みたいなの、大好きなんです。そういう、
趣味の一環としてやっていたので・・。なにか、「化粧水を使う」と
いうことの他に動機がないと、ツライかもです。
 他の人の動機は、
・安くできる
 (主婦だからお金がかけられないという方から、高価な生薬成分が
 安く作れるのがイイという方まで)
・環境にイイのに違いない!
 (エコロジー派?大手資本の製薬会社や化粧品会社に不信感を
 持っていたり、ある種の政治的信念があるとなりがち?)
・作るのが楽しいから
 (私みたいにポリシーぜろでなんにも考えてないのは
 このあたり(^^;;;
・添加物ゼロを自分で確かめられる、安心
 (アトピーだとか、敏感肌だから・・って方が多いですね。
 いずれ石けんづくりにも手を染める方が多いような気がする←楽しいですよ♪

 などなどです。
 ま、それぞれの動機が本当にそれが信じられるものかどうかはまちまち
ですが、これでいいんじゃないでしょうか?

 生薬化粧水について詳しいことは
Self-Care Clinic
http://www.vc-lab.com/

 ヒアルロン酸が買えるところは
トゥヴェール(ビタミンC誘導体各種、レチノールもあります)
http://www.tvert.jp/

ビューティーサンテコスメティック
http://www.bs-cosme.co.jp/seibun/

軟水ネット
http://nansui.net/

などなどです。海外からも買えます。どこから書いたらいいのかわから
なくて、めちゃめちゃ長くなったけど・・興味があるならおいでよ♪って
感じ?(*^^*)。
 上に乗せたビューティサンテコスメティックさんでは、生薬のエキス
をばら売りもしているみたいだから、調べてこれが合いそう、っていうのがあったらどうでしょうか。

 何通りか作ってます。
 ひとつは、生薬のエキスを自分でつけこんで抽出し、それを配合するもの。
 ひとつは、アロマテラピーに使われるエッセンシャルオイル(精油)
を買って、適量(常に総量2%以下で)を目的に合わせて配合するもの。

 必ず、どちらにもグリセリンとヒアルロン酸を入れてます。だから
完全手作りではない(笑)。なんとかキットを利用するみたいな感じ
かな?あとビタミンC誘導体や、ビタミンE、アラントインやレシチン
といった材料を入れることもあります。レチノールも。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報