たとえば、同じ震度5でもマグニチュードが6 と5 では同じ条件の町があったとしたら被害の大きさや体感震度などは結構ちがいますか?
数字だけではなく言葉でおしえてください
詳しいかたおしえてください

たみにマグニチュードと震度のちがいはわかってます。

A 回答 (5件)

マグニチュードが大きいと、被害が広範囲にわたるだろうし、余震も大きくなるし数多くなるでしょう。

体感する範囲・回数が増えるというか危険です。
    • good
    • 1

よく詳しいことは分からないので違うかもしれませんが


まず ここ1か月で 自分も被災地に住んでいるので 気付いたのですが
同じ震度でも マグニチュードで
地鳴りが違いますね 同じ震度3でも 
「あれ? 今ので震度3」っていうのと
「うあ! 大きいのが来るぞ! これでも震度3なのか  」という2種類あります

本震の時も僕の初期微動が長く そんなに大きくならないと思っていたら
携帯の緊急地震速報がなり 大きな地震になりました 本当に立てなかったです
 
やはりあれだけマグニチュードが大きいと
経験から分かっていることが
常識じゃなくなりますね

マグニチュードが違うと 同じ震度でも 感じ方や  経験とは違うことが同じ震度でも起きますよ
    • good
    • 0

マグニチュードは、ゆれた範囲の広さが広いと、大きくなります。



今回の東日本大震災のマグニチュードも、始めはM7.9でした。しかし、範囲が広い=エネルギーが大きい、ため、後に、変更されました。

以上から、震度が同じでも、マグニチュードが大きいと、被害の範囲は広いです。
    • good
    • 0

マグニチュードと震度のちがいはわかってるとのことなので簡潔に。


マグニチュード9で震度5の町でも、マグニチュード5で震度5の町でも
揺れは震度5なんだから体感震度は同じでしょう。
震度=体感だしね。
被害の大きさは建物の耐震性によって町ごとに違うでしょう、そりゃ。
    • good
    • 0

スピーカーと同じです。

スピーカーの出力がマグニチュード、貴方の耳に届く音の強さが震度です。音ではデシベルで表わしますよね。スピーカーの出力が大きいと遠くでも大きな音が感じられます。ですから震度が同じなら、これは音の大きさが同じということと同じになり、被害の大きさは同じということになります。ただ、低音と高音では感じ方が違うようにゆっくりした揺れと速い揺れでは感じ方は当然異なります。被害は固有振動数にちょうど合った構造物がの被害が大きいので、一般にゆったりした揺れは大きな構造物に被害が出やすく、速い揺れは小さな構造物に被害が出やすいという違いがあります。直下型の地震は速い揺れが多く、プレート型の地震はゆっくり揺れるというのが一般的な傾向です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度が上がると気圧は下がる?気圧の意味

温度が上がると気圧はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=CLvuNAhGX_8
この動画を見て天気のことを勉強させていただいていました。

すると温度が上がると気圧がさがると言っているのですが
これはあっていますか?

僕のイメージでは
空気には目に見えない粒子があり、それが飛び回っていて、
気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?


少しひっかかるのは、袋があるとし、その袋の中から外に押しているのが気圧ですか?
それとも、外から中に教えているのが気圧ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空気は上方に逃げて行く為,気圧が下がって低気圧になっているように見えます。
2.夏の太平洋では,昼夜の平均で見れば,陸地よりも海水の方が温度が高く,その為蒸発量も海域の方が遙かに多くなります。湿った空気と乾いた空気を比べると,湿った空気の方が遙かに軽くなります。このため海域の空気は大きく膨張し対流を起こしますが,上昇できる高さには制限があります。上昇範囲の最高高度を『圏界面』と呼び,圏界面より下の対流可能な範囲を『対流圏』と呼びます。夏の太平洋では,膨張した湿った空気の勢力は四方八方へも広がります。これが太平洋高気圧の正体です。台風は,太平洋高気圧の周辺部の,気流の乱れやすい地域(陸地からの冷気と接触する部分)で発生します。
3.冬の陸地は対流(大気大循環のシステム)によって,偏西風帯が南下してくる為,冷気団を抱え込むことになります。海域では日射が弱まる為,夏ほどには高気圧が発達しません。その関係で日本付近には冷気が強く吹き出してくる訳です。

それから,『気圧』の定義についてですが,1.のような容器内ではなく,自由空間での圧力を考えます。『1平方cmあたりの地表面における空気の重さ』或いは『君の肩に掛かる1平方cmあたりの空気の重さ』と定義します。平均的な地表面付近の気圧=1気圧=1013hp はご存じでしょう。

気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?

密閉容器内ではそう言う考え方も出来ます。別の考え方として,
密閉容器内では温度が高くなると,空気分子の熱運動エネルギーが高まり,分子同士の衝突が激しくなって,その結果として気圧が高くなる。逆に,冷えると運動エネルギーを失って気圧が下がる。・・・と考えます。
夏の太平洋高気圧は,非常に大きな密閉容器内での,大量に水蒸気を含んだ(熱エネルギー量の大きい)空気分子の「振る舞い」と,陸地での冷却・乾燥した大気の「振る舞いの結果」と理解しましょう。
解りにくい部分があったら,補足で質問してね。

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報