毎度お世話になっております。

今回はお客さまがOracleが高価で予算が取れないとの事で、9i+Veritas Cluster Serverで実現していた2台のサーバから共有ディスク上のDBにアクセスする方法を模索しております。

ACT-ACT構成で2台のサーバから共有ディスク上のDB(PostgreSQL)に具体的にアクセスするにはどのようなソフトウェア構成にしたら良いかご教示願います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その後、以下のような文書を見つけました。

参考になれば。
http://www.unisys.co.jp/tec_info/tr94/9405.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。
この文書を提示してみます。

お礼日時:2011/04/25 22:16

「Oracleで言うところのRACの機能をPostgreSQLで実現出来ないものかと調査している次第です。



多分、難しいと思います(Oracleもこれができるから高いというのもありますから)。

個人的にはウォームスタンバイなら実績を聞いたことがあるので、Oracleを諦めた分を他に投資してカバーするほうがいいと思います。
    • good
    • 0

とりあえず、現時点でよく聞くクラスタリングミドルウェアであるpgpool-2のページです。



http://pgpool.projects.postgresql.org/pgpool-II/ …
    • good
    • 0

「ACT-ACT構成で2台のサーバから共有ディスク上のDB」に「アクセスする」。


Oracleで言うRAC構成のようなものでしょうか。

個人的には「ウォームスタンバイ」は聞いたことはありますが、常時「ACT-ACT」で共有DISKにデータを置く構成は寡聞にして聞きません。(サーバー毎にデータを振り分けてしまう構成は聞いたことがありますが)。

そもそも、
・データ量はどれくらいななのか
・トランザクション型またはDWH型?
・トランザクション型ならどれくらいの時間あたりの量を想定しているのか
などをもう一度想定し直してはいかがですか。

この回答への補足

元々のシステムはOracleにサードパーティ製(Veritas Cluster Server)を使用して2台のシステムで動かしていました。
今回の見直しで機能集約をするにあたって2台のACT-ACT構成になると言う事になりました。
Oracleで言うところのRACの機能をPostgreSQLで実現出来ないものかと調査している次第です。

補足日時:2011/04/22 17:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遮断器と電磁接触器(VCB,VCS,VMC)

VCBとVCSの違い、用途・使い分けについて教えてください。真空遮断器、真空電磁接触器のそれぞれの特長、メリット・デメリット等教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遮断器は短絡事故電流を遮断できる能力があります。
たとえば、100kVAのトランスの2次側6kVに設ける遮断器に流れる定格電流は約9Aですが、遮断器の出側(負荷側)で短絡した時には300Aくらいまで流れます。
また短絡電流には直流成分が含まれますからアークを消す能力(消弧能力)が求められます。

真空遮断器は接触子を急速に離し、真空中でのアーク消滅を行います。
SF6ガス遮断器は消弧能力の高いガスをアークに吹き付けて消滅を図ります。

真空接触器はモーターの運転などの突入電流(定格電流の6~8倍)の電流での遮断能力を持ちますが、短絡電流を遮断する能力はありません。

短絡電流は電力用ヒューズを用いる場合も多く、接触器(コンタクタ)と組み合わせたものをコンビネーションスタータといいます。この場合短絡電流はヒューズで遮断し、フューズで遮断されるまでの数サイクル(数10ミリセカンド)の短絡電流にだけ耐えるような接触器の設計を行います。

Q新規作成したPostgresqlデータベースクラスタをWindowsサービスに登録する方法

コマンドラインから initdb -U postges C:\Users\NewDBクラスタ を実行し、元のOldDBクラスタを新規作成したPostgresqlデータベースクラスタ(NewDBクラスタ(Path C:\Users\NewDBクラスタ ) )のフォルダ内にコピーしました。

 次に、NewDBクラスタ内のpostgresql.confのポート番号を5433にし psql -U postgres -p 5433 を実行すると以下の表示が出ました。

psql -U postgres -p 5433
psql (9.4.4)
"help" でヘルプを表示します.

postgres=#

なので、サーバーに接続できているものと思われます。

 そこで、Windowsサービスに登録しようと pg_ctl register -D C:\Users\DBクラスタ\data -N Winサービス -o "-p 5433"を実行する以下のメッセージが出て登録できません。

C:\Users\DBクラスタ>pg_ctl register -D C:\Users\DBクラスタ\data -N Winサービス -
o "-p 5433"
pg_ctl: サービスマネージャのオープンに失敗しました

C:\Users\DBクラスタ>

参照先:http://monakaice88.hatenablog.com/entry/20130525/1369476226

どうやったらWindowsサービスを登録できるのでしょうか?

分かる方おられましたら、教えてください。

コマンドラインから initdb -U postges C:\Users\NewDBクラスタ を実行し、元のOldDBクラスタを新規作成したPostgresqlデータベースクラスタ(NewDBクラスタ(Path C:\Users\NewDBクラスタ ) )のフォルダ内にコピーしました。

 次に、NewDBクラスタ内のpostgresql.confのポート番号を5433にし psql -U postgres -p 5433 を実行すると以下の表示が出ました。

psql -U postgres -p 5433
psql (9.4.4)
"help" でヘルプを表示します.

postgres=#

なので、サーバーに接続できているものと思われます。
...続きを読む

Aベストアンサー

作業前
1)Administratorsグループに属するユーザーアカウントであること確認
2)クラスタソフトにWindowsサービスを登録する際に、Windowsサービスの起動順序を設定するには、順番で起動するように設定必要
作業手順
クラスタソフトへの登録方法は、「ドキュメント」参照

QVCSファイルをCSVファイル に変換したいのですが …

古いカレンダーソフトが書き出せるファイルがVCSファイルだけです。
こいつをYahoo!カレンダーなどで使われているCSVファイル に変換したいのですが …
なにか良い知恵はありませんか?

Aベストアンサー

うまくできてよかったですね。

> これは一個づつ削除しないと行けないのでしょうか?
Outlookは使ったことがないので調べて試してみましたら、
下記の方法で一括して削除できることが判りました。

(1)「ファイル」→「古いアイテムの整理」→「予定表」を選び、
 「以下の日付より古いアイテムを対象とする」欄に、
 削除したい先頭の日付よりも先の日付を入力して「OK」をクリック。

(2)念のため「ツール」→「"削除済みアイテム"フォルダを空にする」

QPostgreSQL データベースクラスタの格納先が変更できません

OSはCentOS5.2を使用しております。

データベースクラスタの格納先を変更したく
PostgreSQLをrpmでインストールした後に
#su postgers
$vi ~/.bash_profile
でPGDATAを編集後、環境変数へ反映。

$/usr/bin/initdb -D /usr/local/pgsql
で初期化処理を実施後

/etc/rc.d/init.d/postgresql start
と起動したところ、イニシャル処理も実施され
デフォルトの/var/lib/pgsql/dataが作成されて
しまいこちらの領域を使用して起動します。

どうすれば、ディレクトリを変更できるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

CentOSの環境が手元にないのであくまで推測になります。

おそらく起動スクリプト内でpostgresユーザの環境変数が参照されていないことが原因だと思います。まず、/etc/rc.d/init.d/postgresqlの内容を確認してPGDATAの値に何が指定されているかを確認してみてください。多分、以下のような行が含まれていると思います。

PGDATA=/var/lib/pgsql/data

ファイルを直接編集してPGDATAを変更してもいいですが、PGDG (PostgreSQL Global Development Group: PostgreSQLの開発元)が配布するパッケージ、もしくはそれをベースにしているパッケージであれば、/etc/sysconfig/pgsql/postgresqlというファイルを作成し、ファイル内に以下のような行を追加するとデータベースクラスタの位置を変更できるはずです。

PGDATA=/usr/local/pgsql

あと、日本語のデータを格納するのであればinitdbの実行時に--no-localeオプションを指定したほうがいいでしょう。

CentOSの環境が手元にないのであくまで推測になります。

おそらく起動スクリプト内でpostgresユーザの環境変数が参照されていないことが原因だと思います。まず、/etc/rc.d/init.d/postgresqlの内容を確認してPGDATAの値に何が指定されているかを確認してみてください。多分、以下のような行が含まれていると思います。

PGDATA=/var/lib/pgsql/data

ファイルを直接編集してPGDATAを変更してもいいですが、PGDG (PostgreSQL Global Development Group: PostgreSQLの開発元)が配布するパッケージ、もしく...続きを読む

Q電磁接触器の構造について教えて下さい。

電磁接触器が投入状態の時、操作回路に電流は流れているのですか?
もし流れているのなら省エネ上もったいないと思いますがどうですか?

Aベストアンサー

通常の電磁接触器ですと閉路(入)状態では連続して励磁電流が
流れています。
開閉頻度が少なくて、閉路状態が続くので、この時の励磁電流を
無くしたい場合は「機械式ラッチ形電磁接触器」が用意されていま
すので、このタイプの電磁接触器を使用すると良いでしょう。

「機械式ラッチ形電磁接触器」には投入コイルと引きはずしコイル
が設けられています。
投入コイルを励磁しますとラッチ機構により機械的に閉路状態が
保持されますので投入コイルの励磁を切ります。

開路したい場合には引きはずしコイルを励磁しますとラッチ機構が
外れて開路(切)状態になり、引きはずしコイルの励磁を切ります。

「機械式ラッチ形電磁接触器」については次のURLをクリックして
参考にして下さい。

[電磁接触器・電磁開閉器/富士電機制御機器(株)]
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/pdf/catalog/CDDC11a_A3.pdf
・33/76頁(A3-33頁)を参照します。

QPostgreSQLとMySQLの同時運用

今現在、PHP・PerlなどによるCGIのテスト用のサーバを稼働させています。
そこではMySQLが稼働しているのですが、その同じサーバでPostgreSQLを同時に動かすことは可能でしょうか?

可能であれば、同じサーバで稼働させてテスト環境を動かしたいと考えています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

できます!!っていうかやっています。

運用環境だとヤバイ(速度が落ちる等)
と思いますけど、テスト環境ならゼンゼン問題ないです
運用環境と同等にしたいのであれば、交互に立ち上げればいいだけのことです

Q【電気】「電磁開閉器」と「電磁接触器」の違いは何ですか? Googleの画像検索で電磁接触器と打つと

【電気】「電磁開閉器」と「電磁接触器」の違いは何ですか?

Googleの画像検索で電磁接触器と打つと電磁開閉器が上位に表示されるので違いがわかりません。

何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

電動機の過負荷保護をする機器に「サーマルリレー」があります。
「電磁接触器」に「サーマルリレー」を直結接続した機器が
「電磁開閉器」です。
即ち、
電磁開閉器=電磁接触器+サーマルリレー
の形態となります。

QPostgreSQL WALファイルの運用について

PostgreSQL WALファイルの運用について

はじめて投稿させていただきます。
PostgresSQLを使用したシステムの構築に初めて携わることになり、
WALの運用についてわからない点があり、質問させていただきます。

WALはpostgresql.conf > checkpoint_timoutパラメータでの指定間隔で
永遠に蓄積されていくのでしょうか。
自動パージ機能などは存在しますでしょうか。

上記機能がない場合、どのような運用が考えられるでしょうか。
お知恵をお借りしたく思います。
サーバディスク領域の圧迫を回避するための運用を模索しておりますが、
解決策が見つかりません。ご教示ください。


パージ用バッチの運用?
WALの他サーバへの書き出し?

Aベストアンサー

結論から言ってしまうと、不要になった WAL セグメントは再利用されるので、一定以上のディスク容量は消費しません。

WAL セグメントはビルド時に明示的に指定しない限り 1 個あたり 16MB であり、通常、セグメント数は (2 + checkpoint_completion_target) * checkpoint_segments + 1 個以下なので、PostgreSQL 8.4 のデフォルトの設定のままであれば 64MB (((2 + 0.5) * 3 + 1) * 16MB) 以下になります。

あと、checkpoint_timeout パラメータは WAL セグメントを作成する間隔ではなく、チェックポイントを実行する間隔を指定するパラメータです。

まず、WAL やチェックポイントが何なのかを理解したほうがいいと思います。

参考URL:http://www.postgresql.jp/document/8.4/html/wal.html

Qモータに使用される電磁鋼板について

こんにちは、
モータに使用される電磁鋼板について、教えて下さい。
1、埋込永久磁石同期モータの場合、ロータ、ステータも、両方に電磁鋼板が使用されますが、ロータには、方向性電磁鋼板、ステータには、無方向性電磁鋼板が使用されるのでしょうか?
2、アモルファス金属というものが、モータの電磁鋼板として、使用されているそうですが、普通の電磁鋼板と、構造的に、どのような違いがあるのでしょうか?また、アモルファス金属を使用するメリットとデメリットをおしえてください。

Aベストアンサー

>1、
モータにはほとんどの場合無方向性の電磁鋼板が採用されます。
http://www.nssmc.com/tech/report/nsc/pdf/393-18.pdf

ロータやステータを作るためによく使われる方法は板状の鋼板をプレスで打ち抜いて作ります。
ステータであればドーナツ状の板の内側にくしの歯が生えたような形状になりますが、方向性の鋼板を使用すると上下方向と左右方向の特性が異なることになります。
くしの歯の部分だけを方向性の材料で作ることも考えられますが、組み立ての手間を考えるとあまりとくとはいえません。
また、ロータの場合は遠心力に耐える必要があるので組み合わせる部分の強度が問題になります。

>2、
アモルファスは大面積のものを作るのが難しいです。
硬くて脆いのでプレス加工が困難です。
損失が少ないので高効率のモータを作ることが出来ます。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/04/0411.html

Qクラスタリングツールについて

以下の構成でWebアプリケーションを構築しています。

Webサーバー:WindowsServer2003、IIS6.0
DBサーバー:WindowsServer2003、PostgreSQL8.0

このたび、各サーバーについて二重化を行うことになり、DBサーバーのクラスタリングツールを探しています。PostgreSQL用のツールの場合、Linux対応版はいろいろあるようですが、Windows対応版はあまりないように見受けられます。

Windows対応のツールでよいツールがあれば、アドバイスをお願いいたします。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご希望に合うかどうか分かりませんが4つほど
思いつきました。
1.Slony-I
2.SRAが提供しているCLUSTERPRO for Windows
  (共有ディスク方式)
3.NECのftサーバ
4.単純な二重化機能を自分で作る。
3はハードウェアで実現する2重化なのでご希望とは
合わないかもしれませんが。
自分もLinuxですが、2重化システムを構築していて、
予算の関係で4となりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報