人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今年の夏にイギリスにいきます

色々と調べてるんですがSVVというビザ?を
入国する際に取得しなければならならいのですが
その際に滞在費証明をしなければなりません。

その滞在費証明の仕方が全くわかりません(T-T)
ご存じのかたがいましたらぜひ教えてください!!

A 回答 (2件)

翻訳というか・・・、英文の残高証明でOKなはずです。


銀行で1000円くらいですぐ作ってもらえると思います。

「おろせちゃうので証明にならないのではと」心配されて
いますが、おろせなければ滞在費にも使えませんし。

経済力の証明というのはそこまでガチガチのものではありません。
お金のあてがあることを一応確認する程度です。

昔は、銀行に「・・・・程度の費用ならこの人支払えますよ、
大丈夫ですよ。ただし責任はもちませんけどね。」なんて英文
の証明書を求めるところもありました。
先方の所定の書式に銀行で証明の印を押してもらうんだと、個
別の対応になるので時間も1・2週間かかったり、費用も一万
円くらいかかったりしますけど。今回はそういうのはないよう
なので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました(*^^*)
ありがとうございます!

お礼日時:2011/05/03 09:38

誰に対して証明するのかね?その相手に聞けばいいじゃないか。



「滞在費証明」で検索したら一発で出てきたけどな。

この回答への補足

入国審査官です!

通帳を英文にするのはわかってます(^^)

でも銀行で翻訳してもらっても
そのあと普通に預金引き出せるじゃないですか?
そしたらなんの証明にもならないから…

だから翻訳してもらう
期限とかあるのかなぁ(--;)
と思って(>_<)

それが調べてもわかんないんです(T-T)

知ってるかたいたら教えてください!

補足日時:2011/04/29 15:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス入国審査 滞在費用証明について

イギリスに3か月程度の短期留学を計画しています。
イギリスのビザ申請業務を行っているVFS GLOBAL のサイトを見ると
「よくある質問」 No.9の説明で、今回の場合ビザは必要ありませんがイギリス到着時に入国審査官に「銀行口座等の金融機関の証明と現金」の提示を勧められています。
ここで「銀行口座等の金融機関の証明」についてVFSのお問い合せに「具体的にどのような証明が必要ですか、残高証明書でいいでしょうか?」と電話したのですが、「それについてはここでは分かりません。Immigration Adviserに聞いてください」と言われて結局分からず仕舞いになりました。
「銀行口座等の金融機関の証明」として残高証明書は有効でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「銀行口座等の金融機関の証明」として残高証明書は有効でしょうか?

こういった感じで判断に困った時は正規の学生Visa(エントリークリアランス)申請の条件を参考にすると良いです。

6ヶ月未満の滞在は基本的にエントリークリアランスを必要としませんが滞在資金や学校の入学関係書類は出来るだけクリアランスの条件に近ければ安心でしょう。

入国審査は日本ではないので英文で書類を持っていたほうが無難だと思いませんか?
日本語の国ならともかく英語の国での入国審査ですから出来るだけ日本語を避けた方が相手(審査官)に判るでしょう。

Qイギリス 滞在費用証明

この秋1年間イギリスに留学します。
学生ビザ申請の際に滞在費用証明を提出しないといけないようですが、銀行が作成する残高証明でOKと書いてあるサイトや残高証明は不可と書いてあるものもありどれが本当なのかわかりません。又、残高証明が不可の場合、過去6ヶ月間の通帳明細が必要なようですが、留学って6ヶ月くらい前から準備を始め続々と出金も多くなるものですよね?いったい幾ら程あればいいものなのでしょう?又普通預金ではなく定期預金の明細でもいいのでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。10ヶ月前から交換留学生として英国にいます。私がビザを申請したときは、

・銀行からの残高証明(日本語・英語共に)
・通帳のコピー(過去3か月分/最近の日付で)

を持っていきました。通帳は親の物だったのですが、「(日本の)大学が学費を払います」、「両親が生活費を払います」といった署名入りの書類を作成し一緒に提出しました。預金通帳でも大丈夫でしたよ。郵便局と銀行の2つのコピーで合わせて大体200万くらいだったと思います。(お金があることを証明しようと、急に大きな額を入れたりするとビザが下りないことがあるそうです。普段からそれなりのお金があるということを証明しなければならないので気をつけてください。)

申請に行く前に大学の先生から「書類を多く持って行く分には損はしないし、せっかく行ったのに書類が足りなくてビザが下りないなんてことないように!」とアドバイスをいただきました。大使館はものすごく混んでいますし、書類は全て細かくチェックされるので「いらないかな~」と思うものでも一応持って行った方がいいですよ!

また私は「1年間の交換留学」とイギリスの大学からの書類に書いてあるにも関わらず半年分のビザしかもらえず、こちらで延長手続きをとりました。(4万円かかりました。2ヵ月後から5万に値上がりするそうです!)その際、日本で申請した時と同じような書類が全て必要になり慌てて日本の大学や家族から送ってもらいました。

それから、旅行でドイツに行ってイギリスに再入国する際にビザがちゃんとあるのに、大学からの書類と残高証明を見せろと言われました。(イギリス人は、なんと言うか、情報をシェアしないのか、人によって対応が全く違うんですね。)そんなこともあろうかとその時は書類のコピーを全部持ち歩いていたので見せることができましたが。なので、提出する書類のコピーを2~3部とっておいた方が良いと思います。

また何かあれば補足質問してくださいね。

こんにちは。10ヶ月前から交換留学生として英国にいます。私がビザを申請したときは、

・銀行からの残高証明(日本語・英語共に)
・通帳のコピー(過去3か月分/最近の日付で)

を持っていきました。通帳は親の物だったのですが、「(日本の)大学が学費を払います」、「両親が生活費を払います」といった署名入りの書類を作成し一緒に提出しました。預金通帳でも大丈夫でしたよ。郵便局と銀行の2つのコピーで合わせて大体200万くらいだったと思います。(お金があることを証明しようと、急に大きな額を入...続きを読む

Q短期留学に残高証明は必要?(英国)

短期留学をイギリスにするにあたり(3ヶ月ほど)、残高証明が必要が知りたいです。イギリスの入国が厳しいという事ですが、入学許可証だけでは、入官通過の際に不足でしょうか?また、旅行で行かれた方で、残高証明の提示を求められた方などがいらっしゃれば、体験談を知りたいです。
イギリスの大使館のサイトには6ヶ月以上の留学の際、6ヶ月間の通帳の記録がわかる(出入記録)ものが必要とありますが、旅行の際、また短期留学の際は特に記載がありません。しかし、インターネットで調べていると、意外にも大使館のサイトには書いていないのに、必要に問いつめられたりしたかたがいらっしゃるということで、どうなんだろうと思っています。
ぜひ、残高証明が旅行、または3ヶ月ほどの留学でも必要かどうか、体験談等を教えてください。

Aベストアンサー

以前は英国は観光入国の場合、半年(180日)のスタンプ(ノービザ)をもらえたので、オープンチケットで入国し、短期語学留学する人が多かったと思います。

最近の入国時は期限が必ずしも半年ではないのかもしれませんが、90日はもらえるのではないでしょうか。
100日とか110日とか微妙な期間を滞在したい場合は別ですが、90日以内であれば観光しようが商談しようが語学学校に短期でいこうが、あちらにとっては同じだと思います。
入国カードも他国のように観光と商談などの、目的別チェック項目もないようです。

オープンチケットで英国からの帰国便も数週間先にわざと予約をしておき(オープンチケットなら現地で本当の帰国日に書き換えできます)、ホテルの住所を書いておけば問題なく入国できると思います。

日本にいるとすべて決められた手続き、真実で事を運ばないといけないような気になりますし、きちっとやろうと構えすぎますが、英国も含め海外では、なにがそこで求められているかを見抜き、必要最低限のプロセスや項目をみつける目も必要です。
世の中にはズルや過剰自己申告をどうどうとする人を、海外ではよく目にします。

語学学校にいっても、入学時に自分で英語は「fluent(流暢)」と自己申告している外国人が、実はあなたより全然しゃべれないということもあったりするかもしれませんよ(笑)

ちなみに残高証明書は、日本の銀行でとれます。が、あなたの口座が日本円の口座であるかぎり、日本円の残高証明しか出してくれません。
シティなど、ドル口座があればドルの残高証明ももらえるかもしれませんが、コストと手間がかかるとおもいます。

直接の回答ではありませんが、参考まで。

以前は英国は観光入国の場合、半年(180日)のスタンプ(ノービザ)をもらえたので、オープンチケットで入国し、短期語学留学する人が多かったと思います。

最近の入国時は期限が必ずしも半年ではないのかもしれませんが、90日はもらえるのではないでしょうか。
100日とか110日とか微妙な期間を滞在したい場合は別ですが、90日以内であれば観光しようが商談しようが語学学校に短期でいこうが、あちらにとっては同じだと思います。
入国カードも他国のように観光と商談などの、目的別チェック項目もないようで...続きを読む

Q滞在費用証明

イギリスに留学をするのですが、入国のときに提示する滞在費用証明は、どうなされましたか?
色々な説明を読んだのですが、何を提示すれば良いかいまいちわかりません。
イギリス入国経験のある方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

入国管理官は、目の前にいる外人が滞在に必要な費用を全額所持しており、かつ、用事が済んだら不法滞在せず、サッサと帰国することを確認したいのです。

滞在費用証明の一例を挙げますと、

銀行の預金残高証明書
クレジットカード
親や職場からのレター(日本語で言う上申書のようなもの)
 ××の目的で貴国を××日滞在することを希望し、
 それに必要な費用は現金××ポンド持たせた。入国
 後は月々一定額を送金する。不足分はクレジットカ
 ードと日本からの送金で全額賄います。
 ・・・みたいな文章
信頼できるイギリス人が身元引き受けをするという誓約書
・・・などです。

Qイギリス 入国の際の残高証明

9月からイギリスへ4ヶ月の留学をする者です。
用意がギリギリになってしまい、入国の際に残高証明が必要だとしりませんでした。
いろいろ調べたのですが、通帳の原本、また英訳されたものが必要だと分かったのですが、英訳のものを銀行で発行してもらう分の時間がありませんでした。また、私はすべてネット上でお金の管理をしていたので手元に有る通帳にはは一切記録がないです。
自分の口座に現地での生活分のお金は入っているのですが、使用している銀行の自分のページの講座の取引記録を英語に翻訳してそれを印刷する、というのでは証明になりませんでしょうか。

また入学する学校の入学許可証などの資料がすべてメールに添付されて送られてきたのですが、その添付ファイルを入国の際に見せるのではいけないでしょうか。印刷して紙として見せるのでも許可されないのでしょうか。

どなたかわかる方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビザの種類は、入国時に空港で取得する6ヶ月以内有効のステューデントビジタービザですよね?

今年の3月に娘がヒースローで取得しました。
その時は、学校の入学許可証と帰りのeチケットのプリントアウトしたものだけで、即ビザスタンプをもらえました。ろくに審査もなかったし、本人名義の銀行口座の残高証明も見せなかったとのこと。
もちろん、形式的には必要とされていますので、審査官によっては見せろと言うかも知れません。

確か、入国時から28日以内の日付の入った残高証明が必要とされていましたよね。
もう時間的に発行が無理だったら、おっしゃるように、口座の取引記録の英訳を用意して後は英語でお金があるということを話すしかないのでは?

日本人は留学に見せかけた違法就労なんぞする人はほとんどいないので、日本人プレミアムというか、信用がありますので、普通の修学年齢(20歳台)だと大丈夫だと思うのですが。

資料等はすべて添付ファイルのプリントアウトでした。
後、学校の寮とかホームステイの受け入れ証のプリントアウトも持って入れば、入国後の居所が明確になって、よりスムーズにstampがもらえると思います。

ビザの種類は、入国時に空港で取得する6ヶ月以内有効のステューデントビジタービザですよね?

今年の3月に娘がヒースローで取得しました。
その時は、学校の入学許可証と帰りのeチケットのプリントアウトしたものだけで、即ビザスタンプをもらえました。ろくに審査もなかったし、本人名義の銀行口座の残高証明も見せなかったとのこと。
もちろん、形式的には必要とされていますので、審査官によっては見せろと言うかも知れません。

確か、入国時から28日以内の日付の入った残高証明が必要とされていましたよね。...続きを読む

Qパスポートの旅券番号

素朴な疑問です。
パスポートの旅券番号は「AB1234567」というように
アルファベットと数字7桁の組み合わせですよね。
記号には何かバーコードのような規則があるのでしょうか?
(例えばAは本籍地を意味する、とか・・・)

たまたま主人と一緒だったので気になって質問してみました。

Aベストアンサー

原則的には5年旅券はアルファベットが「M?」、10年が「T?」です。(国外で作成された場合には例外もあります)
その後の番号については、単純に順番なんですよ。
「0000001」から始まる(と思うのですが)数字を、原則的には申請を受理した順番で使用していきます。
ただ、都道府県にある程度の固まりで数字を与えますので、切れ目に当たった人は飛びます。
例えば大阪府が1~100までを持っていたとして、家族で(連続で)申請した場合、父は98、母が99、兄が100、自分が501というようなことがあります。
また、旅券番号は1つの冊子に1つの番号なので、作成中にミス(印字・印画のミスや記載ミス等や、作成がストップするような事情)が出た場合には欠番になります。
先に例で行くと、父504、母98、兄100~みたいになります。これは父の旅券作成時に何かが起こったと推測されます。

>たまたま主人と一緒だったので気になって質問してみました。

多分連続で申請されたのでしたら、末尾が1つ違うだけでしょう。(上記のような事情が発生していなければ…)

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q外国人が日本に入国する際に必要なパスポート有効期間について

現在、外国人の友人とオーストラリアにいます。
その友人と一緒に日本に帰国したいのですが、
友人のパスポートの期限が残り1ヶ月半しかありません。

オーストラリアから日本に行き、日本で2週間ほど旅行した後、
友人は自国に戻る予定で考えています。

オーストラリアで、日本発自国行きの航空チケットを購入し、
そのチケットを持った状態で日本に行ったとしても、
入国は難しいのでしょうか。

日本入国時にパスポートの期間が3ヶ月未満の場合は
やはり入国できないのでしょうか?

1週間後にチケットが控えていますので、よろしくお願いします。
オーストラリア発日本行きは JETSTAR です。

Aベストアンサー

下記に同じ趣旨の質問とその応答があります。これによると日本の場合は残存期間中に帰国するのであれば問題はないとあります。

参考URL:http://bbs.jpcanada.com/log/6/5352.html

Qイギリス再入国について。教えて下さい。(至急)

初めまして。ご覧頂きありがとうございます。

来週からイギリスに3週間の短期留学をします。(短期学生ビザ利用です。)
入学証明書、銀行残高、往復航空券、旅行計画書などは用意できています。
留学は3週間です。一週間前に渡英し、パリを訪問したいと思っています。
また、コース終了後は東欧をこちらも一週間ほど訪問したいと思い、そのように陸路・空路・宿も予約しました。しかし、イギリスへの往復便を購入したため、日本からイギリス、イギリスから日本とイギリスを拠点とする形になってしまいます。(大きな荷物を預けて旅行したいと思い、このようにしました。)ちなみに、東欧から帰国し、イギリスに入国した翌日には日本へ帰国する便です。また、そのパリ訪問前と東欧訪問後は一泊ずつイギリスに宿を取っています。
一番最初の入国の時点で、自分でたてた計画と、e-ticketを全て提示し、説明するつもりです。しかし、やはり、再入国は厳しいのでしょうか?
自分の調査不足でしたが、学生なりに一生懸命ためたお金なので、無駄にしてしまうかと思うと恐ろしいです。航空券は変更不可のもので、キャンセルすると新しい日程のものを買うのは日程的に厳しいです。心配でなにも手につかないです。

ご覧頂いている皆様に、どのようにすればいいか(どうしようもないですが…)ご教授頂きたいです。よろしくお願い致します。

初めまして。ご覧頂きありがとうございます。

来週からイギリスに3週間の短期留学をします。(短期学生ビザ利用です。)
入学証明書、銀行残高、往復航空券、旅行計画書などは用意できています。
留学は3週間です。一週間前に渡英し、パリを訪問したいと思っています。
また、コース終了後は東欧をこちらも一週間ほど訪問したいと思い、そのように陸路・空路・宿も予約しました。しかし、イギリスへの往復便を購入したため、日本からイギリス、イギリスから日本とイギリスを拠点とする形になってしまいます。(...続きを読む

Aベストアンサー

その日程説明を、英語で難なく言える様に訓練する為の留学でしょうから、是非頑張ってお勉強してきて下さいね。
帰国用のチケットが在るなら、問題はほぼありません。
ひと月程度の留学でしたら、残高証明書すらチェックされないこともあります。
まぁ入国係官の前では、あまり突飛な格好はお避けになった方が宜しいかとは思います。
相手の目を見ての質疑応答と、笑顔を忘れずにどうぞ!


人気Q&Aランキング