OCN光で最大124,800円おトク!

現在、BF角型3ピンの国に住んでいるのですが、BF丸型3ピンの国へ旅行に行きます。

しかし、変換プラグのコーナーに行っても、BF丸型3ピンが売っていません。
さすがにCタイプ丸型2ピンで代用はできないですよね・・・?

日本で見かけるようなマルチタイプも売っていなくて困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

3ピンの上のピンはアース端子なので2ピンで代用できます(差し込めない場合上の端子に適当な棒を入れると使えるようになります)。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

あれはアースなんですか。
一か八かで空港に期待するかー、と思っていたので、安心しました。2ピンを買ってこようと思います。

お礼日時:2011/12/17 04:57

三本目の足はアースです。

ここは電気は流れません。
コンセントによってはここに何も差し込まないと、他の2本が通電しない構造の場合もあります。

その時は割り箸のような絶縁物の棒を差し込んで置けばよいのです。金属製は万が一のことを考えるとお勧めできません。
できれば抜けない程度の穴の径がちょうど良いものがあればよいのです。

私は以前は三本足のプラグも持っていましたが、二歩足でも接続できないことは無かったので今は使っていません。(現物はどっかに行ってしまいました)

これまで20数カ国の200Vの国に行きましたが、二本足のB、Cの2種類で全部いけましたよ。

多くの国のコンセントは結構規格が適当で、B,CでもA型(日本の形)がそのまま刺さったり、合うはずのプラグがゆるくてすぐ抜けたりといろいろでした。でも結果的にB,Cで殆どOKというのがこれまでの結論です。
    • good
    • 1

丸型3ピンはB3またはBS3と呼ばれるタイプですよね?BFは角形しかないと思いました。


http://www.izutsu-ltd.com/standard.htm
がとても参考になったのですが、太い真ん中の丸ピンはアースです。2ピンのB2で代用できる可能性もありますが、ダメなときはアース部分に棒を差し込むしかなさそうです。一応アースはなくても動作はするとは思いますが、電圧が不安定な国だと器具を痛める可能性も高いです。
利用する航空会社によっては、ユニバーサル変換プラグを機内免税品販売で売ってたりしますので、それを買うというのもひとつの方法ですね。あとは、メンズ系のブランドバッグのTUMIのショップにユニバーサル変換プラグを売っていた記憶もあります。電器店以外でも意外なところで変換プラグを売っていたりします。
参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>丸型3ピンはB3またはBS3と呼ばれるタイプですよね?BFは角形しかないと思いました。

地球の歩き方のネット版では”型の3つ穴のBFタイプ”という表現になってます。ということで、その辺詳しくないので同じものなのか判断できません・・・すいません(私の国のガイドブックにはなぜかそういう情報がないんです。ネットならあるのかもしれないんですが)。

航空会社は飲み物も有料のLCCなので、その手のものはないかと、たぶん、それなら空港の方が可能性はありますが、行ってみたらなかったも怖いので。

TUMIは残念ながら私の住んでいる街にはなく、国内にあるのかも不明です。少なくと検索では出てこないので・・・。

お礼日時:2011/12/17 21:25

中国のホテルでこれをやりました。

結構深く入れないと、駄目でした。
>差し込めない場合上の端子に適当な棒を入れると使えるようになります。
そのへんにあるマッチ棒でやりましたが、熱を持って発火するといけないと
思って取ってしまいました。あそこって熱は持たない構造でしょうかね。
専門家ではないので分かりませんが..
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンガポールのコンセント形状

 シンガポールのコンセント形状について質問します。
 私は16年前までシンガポールに住んでいましたが、今度久しぶりに旅行で立ち寄ることになりました。ビデオカメラとか携帯の充電にアダプターを買おうとしたのですが、家電量販店やドンキホーテではシンガポール適合品として「タイプB」を売っています。
 実際に買ってみて試したのですが、私が持っているシンガポールから日本へのアダプターには太すぎてかつ幅が狭くて入りません。どう見てももう一種類の丸ピンの「タイプC」だと思うのですが、少なくとも2つのメーカーでは「タイプB」とはっきり書かれています。
 シンガポールのコンセント(パワーポイント)形状は変わったのでしょうか?それともメーカーの間違いなのでしょうか。
 どなたがご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

いつもシンガポールに持っていくプラグ、またシンガポールで10年以上前に買ったトランスのプラグがBかCかSEかちょっと不明なのですが、丸2ピンタイプで、
ピンサイズを測ったところ、径は4ミリ、幅は17ミリのと19ミリのとがありました。
検索してみたら、私と同じことをやっている人がいたのですが、BFの2つの穴に丸2ピンのプラグでも、上記サイズなら入ります。こんな感じで、このサイトの下のほうです。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/6271/denki/denki01.html
BFの四角いピンの厚みが4ミリですので、5ミリ径のピンだと入らないと思いますが、横幅は余裕があるので大丈夫です。
一度お持ちのプラグのピンの径や幅をお測りになってみるとよいと思います。
ちなみにシンガポールで売っている電気製品はBFだけじゃなく、BかCか不明ですが丸ピン2本のプラグも結構目にしますよね。
ご参考まで。

Q香港ドル(現金)→日本円(現金)に両替。

香港ドルを日本円に両替しようと考えています。

どこで、両替するのがレートや手数料などを考えてお得でしょうか?
2万HK$くらいありますもので…。
ご存知の方、知恵を持ってらっしゃる方、教えて下されば幸いです。

※三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、Citibankに口座を持っています。

Aベストアンサー

 香港ドルの場合は香港に着いてから両替し、日本円への再両替も香港で済ませて帰国するのが一番よいのですが、香港ドルを既に日本に持ち帰っておいでとなると悩むところです。

 日本の銀行での両替は、No. 1のご回答にもあるように非常に低いレートになってしまいます。例えばみずほ銀行の4月6日のレートですと、
日本円→香港ドル 17.63円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→12.77円
に設定されています[1]。中間の値は15.20円なので、片道当たり2.43円(16%)もの手数料が上乗せされていると分かります。ただし銀行側の名誉のために言っておくならば、これはボッタクリ商売をしているからでなく、日本における香港ドルの流通量の少なさから手数料をどうしても割高に設定せざるを得ないためです。
 このほか、日本で外貨両替を手広く扱っている銀行の一つに香港上海銀行があります。香港を拠点の一つとする銀行だけに有利なレートで両替できるかと思ったのですが、調べてみると片道でやはり2円程度の手数料を取っており、特段有利ではなさそうです。

 今後また香港を訪ねる機会があるなら、その時に両替する(あるいはその際の現地費用に充てる)のが一番よいのですが、もし何らかかの事情で早急に日本で両替しなくてはならない場合、次善の策は民間の為替業者を使うことです。このような業者として例えば[2]の「ブルー・トラスト・グループ」などがあります。郵送での買取も受け付けているので、遠隔地にお住まいでも特段の不便はないでしょう。
 ブルー・トラスト・グループの4月7日(土)のレートは以下の通りです。
日本円→香港ドル 16.8円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→13.8円
中間の値はみずほと少し異なりますが15.3円、片道当たりの手数料は1.5円(9.8%)なので銀行よりは有利です。2万香港ドルを両替したとして手取りは27万6千円、銀行より2万円程度多くなります。

 通貨によっては「いったん外貨預金に入金し、後で日本円に振り替える(円転)」「外国為替証拠金取引(FX)業者に、銀行から国内外貨送金して円転」といった方法もあるのですが、香港ドルではこれは向かなさそうです。
 外貨現金を銀行で外貨預金に入金したり、外貨送金の資金に充てたりする場合は「外貨現金取扱手数料」がかかります。そして香港ドルでは、両替の項で説明したように流通量が少ないために外貨現金取扱手数料は高めに設定されています。
 みずほ銀行だけは外貨現金取扱手数料を扱い金額によらず1回1,000円に設定しています。高額の外貨現金を入金する場合は有利なのですが、香港ドルの外貨預金は扱っていないので[3]この方法は使えません。三井住友銀行でも香港ドル現金の入金は扱っていないようです。三菱東京UFJでは香港ドルの外貨預金は扱っているのですが、外貨現金取扱手数料については「お問い合わせください」になっていました。両替の際のマージンから類推するとおそらくは高めだと思います。
 シティバンク銀行も香港ドルの外貨預金を扱ってはいますが、香港ドル現金による入出金には対応していません。(シティバンク銀行在日支店での外貨現金の取扱は米ドルだけです)

 ちなみに香港での両替・再両替ですが、最もレートのよい両替商ですと売りレートと買いレートの差は1万円あたりわずか10 HKDです。上乗せされている手数料は片道で5 HKD(0.7%)ということで、売買の中間の値が1 HKD=15.30円なら
日本円→香港ドル 15.41円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→15.19円
という計算になります。香港の両替事情は本題ではないので割愛しますが、もしご興味がお有りでしたら[4-8]などをご覧ください。重慶大厦のベストの両替商は日本円→香港ドルだけでなく、香港ドル→日本円でも好レートを出しています。

【結論】
 香港に行かれる機会が今後もあるならその時に再両替するのがよいのですが、それまで待てず早めに再両替してしまいたいとなると、銀行でなく民間の為替業者を使う方法があります。香港ドル→日本円の片道で10%程度の目減りが発生しますが、銀行(16%程度目減り)よりは有利です。

参考ページ
[1] http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/information/market/cash.html
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/futsu.html
[4] 「香港・重慶マンションへの招待 香港の両替事情」http://www.chungking-mansions.com/ch3.htm
[5] http://www.chungking-mansions.com/ch4.htm
[6] http://www.chungking-mansions.com/ch4-2.htm
[7] http://www5f.biglobe.ne.jp/~hongkong/exchange.html
[8] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2816377.html

 香港ドルの場合は香港に着いてから両替し、日本円への再両替も香港で済ませて帰国するのが一番よいのですが、香港ドルを既に日本に持ち帰っておいでとなると悩むところです。

 日本の銀行での両替は、No. 1のご回答にもあるように非常に低いレートになってしまいます。例えばみずほ銀行の4月6日のレートですと、
日本円→香港ドル 17.63円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→12.77円
に設定されています[1]。中間の値は15.20円なので、片道当たり2.43円(16%)もの手数料が上乗せされていると分かります。ただ...続きを読む

Q変換プラグ必要ですか?【マリーナベイサンズとリッツカールトン】

再来週にシンガポールに行きます。

リッツカールトンミレニアシンガポールとマリーナベイサンズに泊まるのですが、
変換プラグは必要でしょうか?

調べているとあると書いてありますが、
いくつくらいあるか書いておらず…

もし、一つしかないのでしたら、二人で行くので困るなあと。
あと、ベッド付近のコンセントが使えないと不便だなと。

携帯電話とデジカメの充電で使用します。

わかる方いたら、どちらかのホテルだけでも良いので、回答お願いします。

Aベストアンサー

マリーナベイサンズには、各部屋に変換プラグが1つあるようです。
http://ryokoukankou.com/singapore/marinabaysandshotel/main-outlet-socket.html#summary

変換プラグを持って行かなくてもなんとかなるようですが、念のため用意しておいたほうがよろしいかと思います。
プラブBF形式を日本のタイプであるA型に変換する変換プラグを手に入れます。
だいたい、500円~800円程度かと思います。
もしくは、値段が高くなりますが、各国対応のマルチタイプの変換プラグを用意すればよろしいかと思います。

携帯電話とデジカメの充電の充電器は、今どきのACアダプタは100-230V対応になっているので、変圧器は必要はありませんが、念のためACアダプタをチェックしてください。100V専用だと変圧器が必要になってきます。


人気Q&Aランキング