人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

塗料にて良く バインダーとプライマーと聞きますが
違いが分かりません
ご存知の方よろしくお願いします

A 回答 (2件)

バインダーは日本語にすると「展色材」で、だから意味的には”つなぎ”でもいいんですけども、それが該当するのは絵の具の方で、塗料においては「塗膜形成要素」で、「主成分」です。



で、顔料や染料は、塗料にとっては「オプション」です。つまり、無くても良いものです。この点で絵の具と塗料は大きく異なります。
すなわち、絵の具は色を付けるのが目的なのに対して、塗料では色を付けるというのは二次的な目的でしかなく、「塗膜で被塗装物を保護する」のが主目的なのですよ。


プライマーは下地改善のために、塗料を用いる前に「前処理」をするものです。
通常は液体で、塗料と同じように扱えるものが多いですが、そういうものだけを指すわけではありません。
時々「食いつきが良くなる」といって塗料を混ぜて使ってしまう人もいますが、プライマーとしての効果は半減(薄めてるのと同じことです)します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に解り易くご説明いただきまして
ありがとうございます

お礼日時:2011/12/19 14:39

バインダーは染料や顔料を結合する不揮発性のものです。


簡単に言うと、染料や顔料を塗料として使いやすくするための「つなぎ」です。
どんな塗料にも何かしらのバインダーが含まれています。

プライマーは「密着剤」です。
塗装面に塗料がしっかり付くようにするための接着剤みたいなものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結晶化温度とガラス転移点て関係あるんでしょうか。

PETは結晶性高分子だけどペットボトルが透明なのは溶かした後、急冷したから~と習ったのはいいのですが、どっかの掲示板に、同じような質問で、その答が「ガラス転移点以下で急冷したから。ポットのお湯につけとくと白濁するよ。」と書いてあり、「あれ、ガラス転移点って非晶が動き出す温度だよな・・・?。何か関係あるのかな・・」と思いました。
なんだか分かるような分からないようなこんがらがっているのですが、ガラス転移点以下で急冷したからと言う答って正しいんでしょうか。それとも結晶化温度というのはガラス転移点の事なんでしょうか。分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方の回答の通り、また、ashlley-kateさんが最初に思った通り、
ガラス転移点は非晶質部分の分子が動けるか否かの境界点です。

分子には分子間力(水素結合・ファンデルワールス力など)があり、
それが最も強くなる状態に配列された状態が「結晶」です。
一方、「ガラス」というのは、この配列化が間に合わないまま熱運動が
小さくなったために、不安定な状態のまま配列が固定された状態です。

従って、結晶とガラスが混ざった高分子を加熱した場合、
 1)まず、充分に安定化されていないガラス部分の固定が解かれ、
 2)次に、さらに温度が上昇することで、安定化されていた結晶部分も
  固定が解かれる
ことになります。
この「1)」の時の温度がガラス転移点、「2)」の温度が融点(=結晶化温度)、
ということです。
高分子では、全ての部分で「最も安定な配列」になることは難しいため、
「ガラス転移点=融点」となることはまずなかったと思います。

前後の文脈がわからないのでなんとも言えませんが、引用された回答は、
好意的に解釈するなら、『ガラス転移点以下「に」急冷したから。』の
つもりだったのかもしれません。
(例えば「水などで」といった言葉を入れていたのを途中でやめたものの、
 そのときに消す助詞を間違えた、とか)


そちらの記述を見られて混乱しただけと思いますので、恐らく不要とは思いますが、
一応参考URLを挙げておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%BB%A2%E7%A7%BB%E7%82%B9
http://www.ecosci.jp/poly/poly_tmtg.html
(特に最後の図で、端的に表現されています)

No.1の方の回答の通り、また、ashlley-kateさんが最初に思った通り、
ガラス転移点は非晶質部分の分子が動けるか否かの境界点です。

分子には分子間力(水素結合・ファンデルワールス力など)があり、
それが最も強くなる状態に配列された状態が「結晶」です。
一方、「ガラス」というのは、この配列化が間に合わないまま熱運動が
小さくなったために、不安定な状態のまま配列が固定された状態です。

従って、結晶とガラスが混ざった高分子を加熱した場合、
 1)まず、充分に安定化されていないガラス部...続きを読む

Qエポキシについて教えてください

化学にたいして全くの素人です。
現在仕事の都合上で接着剤について調べています。そこでエポキシ系接着剤と
いうものも調べているのですが、このエポキシがよくわかりません。

エポキシでネットを検索したときに2,3エポキシプロピルフェニルエーテル
という物質がひっかかりC9H10O2と書かれていたのでこれからエポキシ
って何なのかわかるかと思い勉強してみました。(以下は勉強した内容です)
構造式を考えてみると名前がエーテルなのでエーテル基の両側にアルキル基が
ついたものらしい。フェニル基はベンゼンから水素が1個とれたものらしいの
でC6H5と考える。あと残っているのはエポキシプロピルなのでこれを考え
るとプロピル基はC3H7のアルキル基で元の化学式C9H10O2から考え
るとCが3個、Hが5個、Oが1個残っているってことだからH2個が01個
に置換されたもの(構造式上)と考えて良いのでしょうか?
その後調べると今度はビスフェノールAとエピクロロヒドリンから合成した物
がエポキシ樹脂と呼ばれるともわかったのですが、こちらはこれから勉強する
ところです。

高校のときに化学の授業はあまり聞いていませんでした。高校を卒業してもう
12年(そんなにたったのか・・・)の間に全然化学に触れてこなかったので
全然知識がありません。有機物ってなんだ?というところから始めてここ1ヶ
月でやっと上の程度を考えられる頭になりましたが、まだまだわからないこと
だらけなのでエポキシについて説明していただけないでしょうか? またエポ
キシについて勉強できるHPなど御存知でしたら教えてください。

化学にたいして全くの素人です。
現在仕事の都合上で接着剤について調べています。そこでエポキシ系接着剤と
いうものも調べているのですが、このエポキシがよくわかりません。

エポキシでネットを検索したときに2,3エポキシプロピルフェニルエーテル
という物質がひっかかりC9H10O2と書かれていたのでこれからエポキシ
って何なのかわかるかと思い勉強してみました。(以下は勉強した内容です)
構造式を考えてみると名前がエーテルなのでエーテル基の両側にアルキル基が
ついたものらしい。...続きを読む

Aベストアンサー

エポキシ基というのは-C-C
           O
という3員環の官能基のことを言います。
エポキシ基に-CH2-がついた形      -C-C-C
                        O
をグリシジル基といいます。
エポキシ基はグリシジル基の一部なのです。

エポキシ樹脂系の接着剤というのは、分子中に2個以上のエポキシ基を有するオリゴマー(ポリマーといわれる高分子化合物よりは分子量は小さく、低分子よりは分子量の大きい、中分子量体のことです。)とアミン化合物やジシアンジアミドなどの硬化剤からなる接着剤のことを言います。

1液型もありますが通常は2液タイプで、使用する前に主剤(オリゴマー)と硬化剤とを混合します。
硬化剤の種類により、室温硬化型、加熱硬化型などに分かれます。
エポキシ基と硬化剤のアミンが反応して、中分子量から高分子量になるために、液状から固体に変化します。

エポキシ基との反応速度の違いにより、硬化剤の種類を変化させると硬化速度が変化します。

接着剤については、セメダイン株式会社やコニシ株式会社のホームページも参考にされればよいと思います。
接着についての相談コーナーもありますし、接着の基礎知識なども掲載されています。

参考URL:http://www.cemedine.co.jp/index.html

エポキシ基というのは-C-C
           O
という3員環の官能基のことを言います。
エポキシ基に-CH2-がついた形      -C-C-C
                        O
をグリシジル基といいます。
エポキシ基はグリシジル基の一部なのです。

エポキシ樹脂系の接着剤というのは、分子中に2個以上のエポキシ基を有するオリゴマー(ポリマーといわれる高分子化合物よりは分子量は小さく、低分子よりは分子量の大きい、中分子量体のことです。)とアミン化合物やジシア...続きを読む

Q寒冷紗パテ扱きのケイカル板の再塗装について

軒天のケイカル板の塗装がはがれてきたので塗装し直そうと思い、ケイカル板用のシーラーとAEP塗料を買ってきました。
しかし、ケイカル板には、メッシュ状のシート(寒冷紗というらしい)とパテが全面に施された上に塗装された仕様でした。
古い塗膜を全部はがすのは到底無理だし、はがしたところとはがせないところにはかなりの段差ができてしまいます。
しかも、仕様書を確認したところ、もともとの塗装はAEP塗装ではなくVP塗装というものだったようです。
この場合、一体どう塗り直せば良いのでしょうか?
素人ですので、あまり大変でなく、見た目や耐久性にバランスの取れた方法を教えて下さるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補修方法としては
1 汚れてはいけない所を養生(マスキング)する
1 浮いている塗膜を削り落とす
2 全面にシーラーを入れる
3 再度浮いた所を落としてシーラーを入れる
4 段差の部分に段差が消えるまでパテをする
5 盛り上がった所をペーパー掛けで平滑にする
6 パテが乾いたらその部分にシーラーを入れる
7 全面を塗装する

AEPは外部でも軒天などで水が掛からない所であれば通常使用で大丈夫です

ただ一般のパテと呼ばれるものは、水分や湿気を吸って上の塗料を剥がしてしまいます

その場合はシーラーを吸い込ませて固めるか、外部に使用できる耐水パテを使います

シーラーはケイカル板に使える水性のカチオン系が適しているでしょう

Q打ち合わせ相手に弊社まで来てもらう際の例文

ビジネスメールの例文で質問です。
打ち合わせ(商談)のアポを取り付ける段階で、
相手に弊社まで足を運んでもらって打ち合わせを行う、という場合に、
「ご多忙の中わざわざ足を運んでいただいて大変恐縮です」という旨を述べたくて、
ネットで例文を探していますが、なかなかしっくり来るものがありません。

良い言い回しはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で採用や教育研修など実務を担当してきた者に過ぎません。

ビジネスマナーなどの研修も行ってきましたが、さすがにそこまで事例としてあげたことはありませんでした。

相手方に対する足を運ぶことと、多忙というポイントであれば、さらにシンプルな方が賢明かと思います。
仮に本体はabsolute1780さんが先方の会社に訪問するのが筋だと仮定した場合ですが。

「本来弊い社が訪問させていただくところ、ご多忙にも関わらずご足労いただき、誠に恐縮でございます…」

上記が大正解とは思いませんが、「ご足労」という表現もあります。

参考程度にでもなれば幸いです。

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Q高分子共重合体のTg算出方法について

現在,共重合でポリマーを合成しています。
共重合ということで,モノマー(1),モノマー(2),モノマー(3)を組成X:Y:Zで重合しています。

ここからが問題なのですが,
そのとき1,2,3それぞれのホモポリマーTgの値から上に記した組成比を持つ共重合体のTgを算出することは可能なのでしょうか?
どうやら組成と重量がポイントらしいですが,具体的な計算式がわかりません。
知っている方,あるいは詳しく説明されているサイトを知っている方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FOX式において式中のTは原材料、または共重合体や混合物のガラス転移温度を意味していますが、全てケルビン(K)です。摂氏(℃)ではありません。

左辺は共重合体のTgの逆数、つまり1/Tgになっています。

右辺のWa,Wb,・・は、a成分、b成分、・・・の重量分率ですからWa,Wb,・・の総和は1になります。

具体的にa成分70gとb成分30gとを共重合した場合にはWa=0.7 Wb=0.3となります。
dentouさんがはじめに考えられたようにWa,Wbを重量そのものにしてしまうと70gと30gの共重合体と140gと60gとの共重合体では異なった計算値になってしまいます。当然、同じになるはずですよね。
重量そのものを代入するのであれば、左辺の分子を1ではなく、共重合体の全量にしなければなりません。
また、重量%を代入するのであれば、同じく左辺の分子を100にしなければなりません。

ところで、ガラス転移温度は沸点や融点などの1次転移点ではなく2次転移点なので、測定方法や測定条件によって変動してしまいます。
どの測定法法で、どの条件が真のTgなのか?
ということも本当は考えなければならないかも知れませんが、そのような細かいことを無視すると、感覚的にFOX式で求めたTgは、文献値からの誤差が5~10℃位ではないでしょうか。
この程度の誤差を大きいと見て使えないと考えるのか、十分有効と考えるのかはお任せします。

私としては、Tgそのものがばらつく指標であるし、推定値としては工学的に十分役立つのではないかと感じています。それ故、種々の書物に引用されているのだと思います。また、非常に有名な式でもある訳です。

FOX式において式中のTは原材料、または共重合体や混合物のガラス転移温度を意味していますが、全てケルビン(K)です。摂氏(℃)ではありません。

左辺は共重合体のTgの逆数、つまり1/Tgになっています。

右辺のWa,Wb,・・は、a成分、b成分、・・・の重量分率ですからWa,Wb,・・の総和は1になります。

具体的にa成分70gとb成分30gとを共重合した場合にはWa=0.7 Wb=0.3となります。
dentouさんがはじめに考えられたようにWa,Wbを重量そのものにしてしまうと70gと30gの共重合体と140gと60gとの共重合体...続きを読む

Qアクリレートとは

アクリレートとはどういったものでしょうか?

その意味を『エネルギー電子線照射により硬化させたもの』との表現を見ましたがすべてのアクリレートがそれに当てはまるのでしょうか?

『ポリアクリレート系の繊維』と書かれてた文章を見たときにイメージ出来なかったので。

Aベストアンサー

ポリアクリレートというのは、アクリル酸エステルやメタクリル酸エステルを付加重合させて作ったものです。いわゆる「アクリル」と同等のものと考えて良いでしょう。

>その意味を『エネルギー電子線照射により・・・がそれに当てはまるのでしょうか?
『 』の部分はポリアクリレートに対して行った加工処理のことであり、素材そのものの話ではないと思います。

アクリレートというのは、化学的には、アクリル酸のエステルまたは塩という意味しかありません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82


人気Q&Aランキング