女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

4万前後で買える紳士靴でなめられないブランドってなにがいいでしょうか? 紺のスーツに合わせつ靴です。ちなみに靴は電化製品と違ってどこで買っても値段変わらないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

銀座のホステスさんを始め、敷居の高い店の方はお客様の靴をしっかり観察していますよね。



欧米の海外モデルは、現地価格と国内価格が大きく異なる場合があります。
革製品には国内産業保護のために高い関税がかけられています.(約30%)
4万円の靴なら1万円は関税です。
また、国内代理店のブランド構築が成功した商品では、さらに高い価格を設定してある場合もあります。
もし海外へ行かれる機会があるのなら、現地で購入すれば安くて、足にフィットした靴を手に入れることができますよ。
韓国の仁川空港でも、免税でイタリアの靴が買えます。
http://k-plaza.com/seoul/menzei_01.html
海外からの通販という方法もありますが、関税を徴収される場合もあるし、
足にフィットしない危険性が高いです。
(欧米人の足の形は、幅が狭くカカトが広い)

国内メーカーでは、スコッチグレインやリーガルがその価格帯になります。
リーガルの良いところは、耐久性ですね。
ちょうどトヨタの車と同じイメージ、セダンで言えばクラウンかな?
ベンツやBMW、ジャガーのような、濃厚さやエスプリ、歴史は感じられないけど、
耐久性や、品質は欧州の高級車より高い。
REGALなら、直営店で買えば、適切なアドバイスも受けられますし、間違いはないと思いますよ。
お勧めはパターンオーダーシューズ
デザインや素材はもちろん、足の長さや幅も合わせてくれます。
http://www.regalshoes.jp/make/

コスパならジャラン・ スリウァヤ
イタリア製の素材で、人件費や安く手先の器用なインドネシアで生産さる靴
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/JALAN+SR …
http://blackwatch.seesaa.net/article/210421664.h …

日本やヨーロッパで同じものを作ろうとしたら価格は2倍以上になると思いますよ。
(靴は製造工程が多く、人件費の占める割合が高い)
    • good
    • 10

誰に向けてのものか分かりませんけど、


一般的に言えば、4万程度の靴ならパッと見で安物と判断されるようなことは無いはずです。
(あったとすれば余程選ぶセンスが無いのです)
ビジネスシューズはある程度型が決まっていますから、一見してどこのブランドが見分けるのは困難です。
それが出来るほど靴に詳しい人が相手なら4万円じゃどうにもなりません(苦笑)。

取りあえずその辺の価格帯で信頼出来るブランドと云うと…
Grensonなんかがそうですかね。
イギリスの老舗ですが、割と手頃な価格で買う事が出来ます。

クロケットジョーンズなんておしゃれなんですが、少々予算が足りないかな。
日本のブランドでも良ければ三陽山長はコストパフォーマンスが高いですね。
価値を知ってる人なら「お!」と思ってくれるはずです。

>靴は電化製品と違ってどこで買っても値段変わらないですよね?
なぜそう思ったのか知りませんけど、安売りのお店なんていくらでもあるでしょう?
アウトレットに出店してるブランドもあるぐらいですしね。
もちろん今回探されている様な商品はどこにでもある訳ではないので、
ある程度価格帯は揃ってくるはずですが、それでも最終価格はお店によって多少異なります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

>ある程度価格帯は揃ってくるはずですが、それでも最終価格はお店によって多少異なります。

百貨店で買うのってまずいでしょうか?

あと、リーガルはどうなんですか?

お礼日時:2012/03/19 13:09

貴方の言う “なめられない” ってどういう事かな


靴がどうのこうのでなめられるってどういう人間関係なのさ
    • good
    • 20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Q革靴のブランドについて教えてください。

貧乏性なので革靴は、近くのスーツ店や某有名チェーン店で買っていました。

最近、少しお金に余裕がでてきたことや、ビジネスに関する出費は惜しまないほうがいいと友人から言われたこともあり、少し高級?な革靴を買おうかなと思っています。

しかし、ブランドに無知なため、どのあたりのブランドに手をだしていいのかわかりません。

想定しているのは、定価4~6万で、バーゲンで2万~4万程度になっているものです。

漠然としていますが、どのようなブランドがありますでしょうか。

参考までに友人が履いていたのは、ヤンコというブランドでした。(このラインを探しています)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最優先事項は、自分の足にあったサイズを選ぶことです。
メーカーにより、靴の内部形状は異なりますから、実際に履いてみて選んで下さい。
親切な店員さんがいる店が良いです。
友人の紹介等で専門店で選ぶと良いでしょう。
同じメーカーの靴でも、チャーチ等は靴の内部形状がモデルにより異なります。

予算が4万円前後ということでしたら、グッドイヤーかマッケイで靴底を縫いつけた製法をしていると思います。
グッドイヤー方式の特徴は、
靴底を何度でも張り替えることが可能です。ゴムの底から革の底に変更も出来ます。
どっしりとした雰囲気がある。(高級に見える<個人的意見です)
靴底にコルクを敷き詰めているため、履いているうちに自分の足型に馴染んでくる。
(少しサイズが大きくなります。)
一般的に歩きやすいと言われる。
イギリスの靴に多い。
工程が複雑なためにコストが高い。

マッケイ方式の特徴は、
靴底を、靴の上部に直接縫いつけています。
屈曲性にすぐれ、走ったりは楽です。
靴底の張り替えも数回は可能です。
靴底が薄く、シャープなデザインが多い。
イタリアの靴に多い。

どちらのタイプを選ぶかで、お勧めのタイプも変わってくると思います。
シャープな印象を重視すら、マッケイのイタリア的デザイン
重厚な印象を求めるなら、イギリス靴に代表されるグッドイヤー式、

自分の好み、現在お持ちのスーツのデザイン等考慮して下さい。

また、あまり高価な靴を選ぶと、スーツやベルト、時計もある程度見合ったものが欲しくなります。

高級な輸入靴は、ハードな使用には?なものも少なくありません。
納入した製品のクレームや検品で、倉庫に段ボール箱を引っ越し屋さんのように運ぶと、底がはがれたりすることもあります。
(経験済み、)

ヤンコは確かスペインのブランドで、日本向けには専用の足型を使用していたと思います。
底もグッドイヤー方式で張り替えも出来ます。
ヨーロッパでは大きな生産規模だと思いますので、コストパフォーマンスも良いでしょう。

輸入靴は、関税がかかることと、靴屋さんが大量のサイズを在庫するため、非常に割高な感があります。
同じ予算で品質を比較すれば、国産が優れます。
REGAL等、国内の有名ブランドで3万円以上の靴の多くは、ヨーロッパ製の革を使用しています。

私も輸入靴は何点か所有していますが、長期出張の場合はREGALを履くようにしています。

最優先事項は、自分の足にあったサイズを選ぶことです。
メーカーにより、靴の内部形状は異なりますから、実際に履いてみて選んで下さい。
親切な店員さんがいる店が良いです。
友人の紹介等で専門店で選ぶと良いでしょう。
同じメーカーの靴でも、チャーチ等は靴の内部形状がモデルにより異なります。

予算が4万円前後ということでしたら、グッドイヤーかマッケイで靴底を縫いつけた製法をしていると思います。
グッドイヤー方式の特徴は、
靴底を何度でも張り替えることが可能です。ゴムの底から革の底に変更...続きを読む

Q靴の甲は浮いていてもいいか?

革靴ほど自分の体に合ったものを選ぶことが難しいアイテムはないですよね。最近、痛感します。

さて、フルオーダーすれば一応は自分の足にほぼピッタリの靴になりますが、既製品だとそうはいきません。長さ・足の幅・かかとの幅・二の甲の高さ・甲の高さ、どれかが合わないことがほとんどです。

私の足を見、足型を取り採寸した靴職人に言わせると、私の足は幅が細め(DまたはシングルE)でかかとはなおさら細く、二の甲は低いが甲はやや高いそうです。

スコッチグレインというブランド(メーカー)は、珍しくシングルEの製品が充実しています。試し履きすると、足の幅はフィットするし、かかとの幅も従来履いていたものよりはだいぶフィットするようです。しかし、スコッチグレインは全てのシングルE木型で、二の甲が高いんです。二の甲は明らかに浮いています。

二の甲が浮いていても問題は少ない(足の幅やかかとの幅よりは優先順位を下げていい)ですか?対処法はありますか?

Aベストアンサー

予算的な問題を含め

都内で購入出来る範囲内だったら

宮城興業のパターンオーダーはどうでしょうか?

都内、WFG クィーンクラシコで扱うかと

宮城興業オリジナルラインが、WFGで扱っている話も聞きました

シェットランド・フォックスについては、仰る通りです

私が購入出来る店も限られていますが、その店でカタログ見たり、店員のと語ります

購入前提で取り寄せた事もありますが

Qビジネス用の靴はどこの買えば?

こんばんは
今年から再び社会人一年目の27歳 男性です。

ビジネス用の靴はどこで、どのような物を買えば良いのか困っています。
今現在は、オ○ヒカなどのいわゆるツープライスショップで購入した
今風の靴(先が少しとんがっているもの)を使っているのですが
いかんせん、すぐキズ付いたり色が落ちたりしてしまいます。
ですので、ある程度長持ちし、かつそれなりにオシャレなビジネス用の靴が欲しいです。

事務職なので靴を履きつぶす・・・といったことはないのですが・・・。
履き方が悪いのでしょうか・・?

良かったらおすすめのブランドなども教えてください♪
可能なら 
低価格 1,2万前後 のブランド
中価格 2~4万円 のブランド
高価格 5,6万円 のブランド
など価格によって区切って幅広く教えていただければ喜びます(^-^)

Aベストアンサー

低価格のブランド

ABCマート等の靴の量販店で売られている人気モデルがよろしいかと、
人件費の安い海外で大量生産するのでコスパが良いです。
HAWKINS(ABCマート)HYDORO-TECH(チヨダ)等は定番モデルで,耐久性も高いです。


中価格のブランド

REGALやスコッチグレイン等の老舗ブランド、
スポーツシューズのアシックスの手がけるランウォーク
等があります。

靴としての質感や,デザイン,上品さでは
スコッチグレインが最も良いと思います。
次にわずかの差でREGAL
ランウォークは、値段を考えるともう少しかな?と思います。

歩きやすさでは
ランウォークが最も良いです。
REGALはモデルが多いのでそれぞれです。
靴の耐久性ではREGALが最も長持ちします。
各県庁所在地にはREGALの店があるので,修理も確実、

注意点は革の素材、
2万円戦後の靴はガラスレザー、3万円以上になるとカーフ、キッド等の高級な革が使用されます。
耐久性が高く,手入れが簡単なのはガラスレザー、
革に表面を樹脂でコーティングしている、
水にも強く,汚れ難い。
高級な素材は,素材の持つ高級感はありますが水に濡れると染みになりやすい欠点があります。手入れもコマメに必要です。

この価格帯なら靴底が革のものも視野に入りますが、
革の靴底は,雨の日やホテルやレストランのカーペットで滑ります。
雨の日の横断歩道でダッシュするとムーンウォーク状態になります。
濡れて手入れをしないと腐食するし,耐久性も低いです。

高価格のブランド、

イギリスやイタリアのブランドも視野に入りますが、
海外からの革製品には30%の関税がかかります。
(個人輸入してもかかります)
靴屋はサイズや色の多数の在庫を持つ必要があります。
高級な靴は,バカスカ売れませんから非常に割高になります。
もし海外へ行かれる機会がおありなら,そのときに購入されることをお勧めします。驚くほど安いですよ。

お勧めはREGALのパターンオーダー
自分の足の長さと幅に合った靴を,好みのデザイン,色,素材で作ってくれます。
使用される革も,靴底もイタリヤ,イギリス,フランスのものから選択可能、
60日かかりますが,使用する素材はイギリスやイタリアの高級靴と同じ、
縫製や仕上げはmade in japan,緻密です。
ブランドのこだわりがなければ4割以上は安く,確実にフィッツした靴が手に入ります。

http://www.regalshoes.jp/make/bos/index.html
http://www.regalshoes.jp/make/step/index.html

参考URL:http://www.regalshoes.jp/make/

低価格のブランド

ABCマート等の靴の量販店で売られている人気モデルがよろしいかと、
人件費の安い海外で大量生産するのでコスパが良いです。
HAWKINS(ABCマート)HYDORO-TECH(チヨダ)等は定番モデルで,耐久性も高いです。


中価格のブランド

REGALやスコッチグレイン等の老舗ブランド、
スポーツシューズのアシックスの手がけるランウォーク
等があります。

靴としての質感や,デザイン,上品さでは
スコッチグレインが最も良いと思います。
次にわずかの差でREGAL
ランウォークは、値段を考えるともう少...続きを読む

Q高い服か安物の服(スーツ)か、見て分かるものですか?

仕事で着るビジネススーツ。

紳士服の青山で2着30000円の安物。

また1着5万円のスーツ。

普通の人は1着15000円のスーツと5万円のスーツを見て、分かるものですか?

なぜなら自分が安物スーツを買うことが多いからです。
もし分かるのであれば、どういうところで安物と分かるのでしょうか。

安物とバレバレであれば、今後もう少し高いスーツを買おうかと考えています。


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生地、仕立てなどですぐにわかります。

高いものは値段に見合うかどうかわかりませんが
細かいところのギミックまでちゃんと作ってあります。
本切羽等

基本的に安物の上着を着ているとどこかサイズがあっていないので見る人が見たらバレバレです。
オーダーして採寸したものでないとどこかサイズが
おかしいのが良く見てるとわかります。
あぁ、この人は青山とかなんだなぁ って感じです。
イージーオーダーするだけでもずいぶん違います。
Yシャツの首周りもきっちり測って買うようにする
これだけでずいぶん違います。

なお、デパートなどでは高級スーツというもの
も扱っていますが、基本的に高いスーツはそれだけ
手入れが面倒になります(ドライクリーニング不可とか)要するに、何種類も着まわすもので一着を洗濯して
使いまわすものではないという考えですね。

いいものに見られるコツ
1.シームラインがそろっているかを選ぶ
2.ネームは必ずフルネームで入れてもらう
3.サイズをキチンと合わせる
4.ポケットのベロやボタンにも注意する。(こういう細かいところが甘い製品が多い)
5.切羽、サイドレイシームなど無駄な要素があるか?

ちなみに5~6万の製品と2~3万の製品は大してかわりません。
違いが出てくるのは10万円前後からでしょう


デパートの超高級スーツは一着40万~です
なお、デパートに行く必要はありません
そういう人のために専用の仕立て屋が家までお伺いします。外商を呼びつけれる人専用ですね 笑

どうしても安く良いものが手に入れたいというのでしたら
高級スーツを作っている会社 というのがございます
そういう会社を探し当てれば、高級スーツと同じ生地
同じボタン同じ仕立て方でタグ(アルマーニですとか・・)をつけてくれるところ  もございます。
これはなかなか知り合いがいないと難しいと思いますが・・・

生地、仕立てなどですぐにわかります。

高いものは値段に見合うかどうかわかりませんが
細かいところのギミックまでちゃんと作ってあります。
本切羽等

基本的に安物の上着を着ているとどこかサイズがあっていないので見る人が見たらバレバレです。
オーダーして採寸したものでないとどこかサイズが
おかしいのが良く見てるとわかります。
あぁ、この人は青山とかなんだなぁ って感じです。
イージーオーダーするだけでもずいぶん違います。
Yシャツの首周りもきっちり測って買うようにする
これ...続きを読む

Q東京都でオールデンを取り扱っている店舗

オールデンに興味があり、実際に見て購入したいと思っています。
セレクトショップでは扱いがあるのは調べて分かりましたが
数が少なそうで二の足を踏んでいます。

そこで、東京都内、特に新宿周辺(新宿駅から電車で20分以内程度)でオールデンの品揃えが豊富な店舗をご存じの方がいらっしゃれば
教えて頂きたいと思い質問しました。
オールデンといえばなかなか高級ですができればカジュアルな服装でも入りやすいお店がいいとおもっています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

青山にある「ラコタハウス」が日本国内のオールデン輸入総代理店になっています。
http://www.lakota.co.jp/
ただフィッティングが独特だという噂もあり、できればいろいろな店舗を回ってみた方が良いかもしれません。
新宿の伊勢丹メンズ館B1の靴売り場にも売ってましたが、種類はそれほど多くなかったです。

Q20代後半の男が避けた方がいいブランド

当方26歳の男です。
最近若くなくなってきたので服を買うときにこのブランドは大学生向けくらいの若いこ用のブランドじゃないかな、
自分の年齢には若すぎるブランドかなと思って買うの躊躇してしまいます。
ネットで調べてもブランドの説明はかかれてても対象年齢がかかれてないので困ってます。
今までは丸井で買うことが多かったのですが丸井のブランドって若いこ向けじゃないんでしょうか?
明らかに客層が若いんですよね。

そこでこの年齢では避けた方がいい若者ブランド(大学生位までの)ってありますか?(主観でもいいので)

また20代後半からのお奨めのメンズブランドがあれば教えてください

Aベストアンサー

29男性です
私は特にブランドに拘りが無いのでマルイ系が駄目とは言いません。
まぁ手頃な価格帯と若者受けするデザインが多いので若い方向けですかね

好きなブランドは5351・アルフレッドバニスター・シェラック・ロエン・パラノイド・アタッチメントです。
雑誌でもお馴染みのブランドでミュージシャンやスタイリストに受けの良いブランドです。
雑誌で言えばセンス辺りに載っているブランドですかね

それ以外でも
コムサデモード・トルネードマート・アローズ・ジュンメン・ユリウス・オベリスク・プレッジ・バッファローボブス等
デザインが気に入れば購入します
なので特に避けるべきブランドはありません
好きな物を自分なりにコーディネイトしてお洒落を楽しむ感じですかね
アパレル関係の仕事をしているので綺麗めな感じからストリート、ワイルド等色々なスタイルを楽しんでいます。
自分のスタイルが決まって無ければ別ですが、
スタイルが決まっているのを無理して変えてまでお洒落をしたいとは思わないですかね・・・

伊勢丹等に入っている海外のブランドも悪くないですが
日本のブランドも捨てた物じゃないですよ

29男性です
私は特にブランドに拘りが無いのでマルイ系が駄目とは言いません。
まぁ手頃な価格帯と若者受けするデザインが多いので若い方向けですかね

好きなブランドは5351・アルフレッドバニスター・シェラック・ロエン・パラノイド・アタッチメントです。
雑誌でもお馴染みのブランドでミュージシャンやスタイリストに受けの良いブランドです。
雑誌で言えばセンス辺りに載っているブランドですかね

それ以外でも
コムサデモード・トルネードマート・アローズ・ジュンメン・ユリウス・オベリスク...続きを読む

Q英国靴について

英国製の靴について、いくつか質問させてください。
・チャーチの靴ですが、価格は上昇している割に品質が低下しているということを耳にします。CHETWYNDチェットウィンドの購入を検討していますが、10万円近い金額を払う価値のある靴でしょうか?
・トリッカーズのカントリーブーツとチャーチのチェットウィンド、タイプが違うので優劣を決めることはできないと思いますが、どちらがお勧めですか?理由も含めて教えてください。
以上、英国靴(チャーチ)を所有しておられる方、詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ニューヨークから失礼します。質問者さんのためを考えれば
返答すべき質問なのかどうかよくわかりませんが、取り合えず
私の考えをお話しします。
 日本のメディアを見ておりますと、”このブランドはどうですか?
”どこの何々を買ったらいいのですか?”といった質問が目立つ
ように思います。いわゆる”紳士服”や”紳士靴”を身に着けよう
というのであれば、それなりに自分にも覚悟が必要です。
 つまり一人の人間、個としてのstatementを発することになるわけ
ですから。そして日本以外の世界の人からは、たんなる一般大衆で
ない、一家の言を持った人として見られるわけです。
 日本人には自分のことをあまり深く考えずサムライと自称する
人もいますが、実は歴史的に日本人の9割は農民なのです。(今でも)
 サムライは、特に江戸時代のサムライについては、今で言えば
警察、法務、財務の官僚を足したようなものであって、人口の
数パーセントの話です。(幕末の日本の人口はほぼ3,000万人。)
 従って今春行われるWBCの原ジャパンも、サムライジャパンなど
言わず、ノーミンジャパンが正しいのです。
 どうせチームワークや、チーム愛等といったことくらいしか強調
出来ないのでしょうから。お米を作るのも近所同士の協力が必要な
ことは言うまでもありませんし、そもそも”和”の精神こそが、
日本人を代表する考え方でしょう。それに今の日本にサムライと
呼べる資質、克己心のある人がそんなにたくさんいるとも思えません。
つまり自身の人生観、価値観をしっかりと定めた一人の男という
点において紳士とサムライには共通点があるのです。
 欧米とは違い、社会に平等感が満ち過ぎている日本においては
誰もが高級品が買えて真ににけっこうなことなのですが、これを
逆手にとり、つまり順番は逆ですが、いいモノを身に着けること
によって、自分もそのモノを身に着けるにふさわしい人間になる
ように向上していこう、努力をしようということも、これからは
大切なこととなるのではないでしょうか。
 さてChurch's, チャーチについては、この会社によって英国製
紳士靴が世界に広まったといってもいいくらいに貢献度の高い企業
なのです。かつてチャーチの製品については、大塚製靴が戦前
旧帝国海軍の軍靴、そして現在に至るも天皇陛下に献上する靴を
作っていること等によってチャーチ社の信用を得、戦後永い間
日本市場における独占販売権を得ておりました。今でこそエドワード
グリーンだの、ジョン ロブ等といった靴がより高価なこともあって
有名になりましたが、かつてはチャーチが文字通り日本における
高級英国紳士靴の代名詞であったのです。
 仕事で英国に何度も出かけるうちに、シティ(ロンドンの金融街)
等でチャーチを履いている人がけっこう目につき、聞いてみると、
英国内においてもそれなりの階級、立場の人が日常仕事等で履く
靴として、最も認知されているという話でした。(意外に思われる
かもしれませんが、エドワードグリーンやパリのロブ・エルメス傘下
のためこう呼ぶ については、英国人よりも、英国風な装いを好む
英国人以外の世界のアッパークラスの人達に履かれている靴、と
言って過言ではないと思います。)
 このようなチャーチ社の成功は、同社にてNo.73と呼ばれる、過去
においても現在においてもエドワード グリーンのNo.202や、米国
オールデンのBarrie等と並び称される、世界の既製靴業界における
傑作LAST(木型)を開発したことが大きかったと思います。
 1990年代後半、世界の高級ブランド各社の間で21世紀の販売戦略
との兼ね合いで、欧州の老舗メーカーの獲得合戦が勃発、チャーチも
そのあおりを受けプラダの傘下となってしまい、一時日本市場から
姿を消してしまいました。日本人とは不思議なもので、いかにも定番
英国靴といった風情のNo.73を使用したチャーチの靴をいつでも
買えると思っている間は、売り上げはジリ貧だったのですが、いざ
買えなくなるとなるとあわてて急にブームになるといった状況でした。
 昨年7月に日本に出張した際、偶然日本橋丸善の閉店セールに
ぶつかり、数年前に飽きっぽい日本市場からの要請を受け復活した
No.73の木型の靴を思い出にと、久々に一足購入しました。
 ここでようやく本題ですが、昔に比べると革質は若干落ちたか、
とも思いましたが、これは別に同社に限った話ではなく、全ての
靴メーカーに言えることでもあります。狂牛病の影響、そして
クロームなめしについて環境面への配慮から著しく減産されたこと、
そしてその代表格であったカール フロイデンベルグの廃業等、
様々な要因があるのです。
 私はチャーチについては多分まだ40足くらい所持していると
思いますが、全て現役です。(Chetwyndは5足)つまり大変頑健な
作りであるということです。かつて個人的に思ったことは日本の靴に
比べ圧倒的に底材が減りにくく、型崩れがしにくいことでした。
(昨年買った靴についてはあまり履いておらず、まだわかりません。)
 そうした、主に1980年代前半に買った靴には、内側に仕上げの際の
担当者のサインが入っており感動しましたが、1980年代後半のもの
にはサインこそ入っていましたが、工程の途中でサインをしたように
思われ、若干”これはまずいかな”と思ったこともありました。
 現在日本市場に出回っているのは、おそらくNo.173というNo.73を
modernizeしたものと思います。No.73のChetwyndも、もしかしたら
伊勢丹あたりに残っているかもしれませんが。
 価格については、1980年代のチャーチの靴については、49,000円から
55,000円、エドワードグリーンが73,000円から76,000円位の中心価格帯
(当時はビームスでPoulsen Skone名のものが多かった。)といった
状況でした。よって現在の価格については双方ほぼ倍となっている
わけで、チャーチの価格について特に割高ということはあまりないか
とは思います。
 トリッカーズとのブーツとの比較についてですが、これは御自身の
使用頻度がより高くなると思われる方を選ばれれば良いのではない
でしょうか。価格的にはトリッカーズの方が低いとは思いますが。
 いずれにせよ、購入の検討をされるのでしたら、実際に試し履き
をしてみなければ何も前へは進みません。日本においてはあらかじめ
購入を固く決心してからでないと、お店で試し履きをしない人が多い
らしいですが、おかしいです。 やはり靴はフィットが命ですから、
履いてみて買わないと自分に合いそうなのかどうかわかりせん。
そして買って何年か履いてみないと最終的に結論は出せないものです。
こうしたことが理解出来ないと、いつまでたっても”モノ”に支配
され、”モノ”を使いこなせるようになりません。おそらく、試して
買わないとお店の人が気分を害すると思われてのことなのでしょうが
試着や試し履きは、消費者にとって当然の、基本的な権利です。
どんどん試してみましょう。
 というわけで、出来れば今回のような質問は、”試しに履いてみた
のだが自分はこう思った、こう感じた.....”等といった部分があると
もっと答えやすくと思います。

 ニューヨークから失礼します。質問者さんのためを考えれば
返答すべき質問なのかどうかよくわかりませんが、取り合えず
私の考えをお話しします。
 日本のメディアを見ておりますと、”このブランドはどうですか?
”どこの何々を買ったらいいのですか?”といった質問が目立つ
ように思います。いわゆる”紳士服”や”紳士靴”を身に着けよう
というのであれば、それなりに自分にも覚悟が必要です。
 つまり一人の人間、個としてのstatementを発することになるわけ
ですから。そして日本以外の世界の人から...続きを読む

Q夏にスエード靴ってまずいですか?

夏にスエード靴ってまずいですか?

こんにちは。
あまりお金がないので季節ごとに買いわけを…なんてできないのですが、夏にスエードっておかしいでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

嫌々夏でもスウェードいいじゃありませんか?
多少蒸れますが・・・。
私も最近スウェードのブーツを履きましたが、全然気になりませんでしたし、誰かに変だとも言われませんでしたから(陰で誰かに言われていたのかな)
自分が良いと思うなら、自信を持って履いて下さい。
それがオリジナルスタイルです。
下手に夏場のサンダルを履く奴は、アイデンティティーのかけらのない奴です。
お互い、この夏はスウェードを履いて、はやらせましょう。

Qイタリアの靴と日本の靴の違い

こんにちは。

イタリアメイドの靴(ドレスシューズ)と日本メイドの靴(ドレスシューズ)の違いの特徴を教えてください。
(メンズです)

イタリアの靴の特徴は、トゥーが長いものが多く、カジュアル感があまり出ないものが多いのですが
そもそもイタリア人の足の形は、どんなものなのでしょうか?
日本人との違いはどうなのでしょうか?

私はセレクトショップで働いており、いろいろな国の靴も扱っています。
が、イタリアメイドの靴を日本人がはくことによって、生まれる特徴などが気になります。

Aベストアンサー

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGALはアメリカのアイビーの影響を受けていますが)
これは、明治維新で西洋文化を取り入れたときに、イギリスの文化の影響が大きかったこと、
ビジネスシューズの場合、イギリス紳士的な雰囲気が好まれること、
比較的雨に強いこと、耐久性も高いことなどが影響していると思います。

REGALでもスコッチグレインでも、日本製のドレスシューズは、グッドイヤーウェルト製法を採用していますが、これもイギリスやアメリカの靴に多く見られる製法です。
靴底が厚く、コバの張り出しがあり、安定感と重厚さがあります。
靴底にはコルクの粉末が入れてあり、履いているうちにコルクが変形して個々人の足の形にフィットします。靴底の張替えも何度も可能です。
この製法は手間とコストがかかり、靴自体も重たくなるのですが、日本では一般的に高級靴の必要条件になっています。

対してイタリアの靴は、マッケイ製法と呼ばれる靴が多いです。
靴底を直接アッパーに縫いつけたもので、靴の中をのぞくと内側に縫い目が確認できます。
(高級な靴では、内部も外側も縫い目を隠したりしています)
この製法の靴は、デッキシューズやモカシンに多く採用されるのですが、
曲がりやすく、走ったり飛んだり活動的に動きやすい特徴があります。
靴底を薄くすることも可能で、軽い靴を作ることができます。
高級なイタリア靴は、非常に薄いソールのものが多いですね。
欠点としては、靴底から内側まで縫い目が貫通しているので、雨の日には浸水することです。
しかし、イタリアではワークブーツでもマッケイで作ったりします。
マッケイのワークブーツは、軽いので歩きやすいです。
グッドイヤーウェルトの靴もイタリアにはありますが、フレックスグッドイヤーとかいって、中敷のコルクを省略し、曲がりやすい靴にしていたりします。

デザイン的に、イギリスやアメリカ、日本の靴はオーソドックスで、大量生産が可能なものが多いです。
イタリアの靴は、立体的なデザインが微妙で、微妙な曲線美をもっています。
イギリスの金融街などでは、ビジネスマンはほぼ100%黒いひも付きの革靴を履いていますが、
イタリアでは、個性的な茶色の靴のほうが多いです。

足の形ですが、一般的に西欧人は日本人に比べ幅が狭いといわれています。
カカトの幅と爪先の幅がほとんど変わらない人も多くいます。
日本人の足は一般的に扇形ですが、西欧人には長方形の足の形の方もいます。
したがって、高級輸入靴を履いていても、カカトが全くフィットしないで浮いてしまい、
スリッパのようにペコペコ歩いている人もたまに見かけます。

日本人の足型も最近は幅が狭くなってきているようで、REGALの靴でも、昔からの定番商品(40年以上前のモデル)と最新のモデルでは木型が異なり、狭くなっています。

日本では靴を脱いだり履いたりする機会が多いのですが、外国では一日中履いています。
そのため、脱いだり履いたりしやすいデザインが好まれる傾向があります。
外国の靴では土踏ますとカカトがしっかりサポートされるようにデザインされていますが、このような靴では脱いだり、履いたりが大変です。
しかし、カカトのホールドが悪いと、歩行時の着地が不安定になり歩きにくくなります。
土踏まず部分は着地したあと内側に沈み込むのですが、この部分のサポートが不足すると歩く姿勢が崩れやすくなります。
外国製の靴で、カカトと土踏ますのサポートがしっかりしていて、自分の足にフィットした靴は最高に歩きやすいです。

靴の世界は面白いですよ。
今後、研鑽を積まれて、より良い靴を世界中から国内マーケットに紹介してください。

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGA...続きを読む


人気Q&Aランキング