【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ヒット曲も知名度もあり辞退もしていないのに、NHK「紅白歌合戦」に出場できなかった歌手にはどんな人がいるでしょうか。

私が思いつくのは、フィンガー5、松本伊代、南野陽子、浅香唯、内田有紀、猿岩石、といったところです。

そのほかで思いつく歌手を教えてください。
(石原裕次郎やユーミン、永ちゃんといった、拒否してる人は除きます。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

菊池桃子


観月ありさ
深田恭子
上戸彩
ソニン
知念里奈
篠原ともえ
くず
ミスチル(拒否してるからかも)
B'z(拒否してるからかも)
宇多田ヒカル(拒否してるからかも)
布袋寅泰
徳永英明
ロードオブメジャー(去年出れると思ったんだけど)
D・A・I(去年出れると思ったんだけど)
デイアフタートモロー(去年出れると思ったんだけど)
キンキキッズ、V6、嵐(SMAPとTOKIOばかり毎年出てるのは「ジャニーズ枠」というのがあるからなのかもしれないけど)

もしかしたら、この中に出たことある歌手もあるかもしれないけど…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

菊池桃子や観月ありさは、確かに当時、出てもおかしくなかった面子ですね。
ソニンやロードオブ、DAI、Day afterも現在、売れてるし、出てもおかしくないですね。
くずの二人は、一昨年の大晦日は完全に出るつもりで他の番組のスケジュール入れず明けてたと誰かに暴露されて、恥ずかしそうにしてました。

あとはちょっと・・・・です。

お礼日時:2004/01/12 20:42

今年で言うと、NEWSやタッキー&翼なんかも売れてたのに出なかったですね。


他にも、考えてみると結構いますねー。31日は、年越しライブをやっている歌手も少なくないので、そういう関係もあるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ジャニーズ関係は、出る人たちと出ない人たちの境界がはっきりしていますね。
きっとV6や嵐も、紅白に出たいだろうな、と思います・・・。

お礼日時:2004/01/17 08:56

GLAYやラルクが出てるんだったら、ソフィアやイエモンが出ててもおかしくないと思うけど。


あとスピッツも出たことなかったかな…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

イエモンはNHKのレギュラーを持っていた(はず)のに出られなかったときは、一部で結構話題になった記憶があります。
スピッツも、そろそろ出て欲しいですね。でも彼らは拒否派でしょう。

お礼日時:2004/01/17 08:54

たびたびすいません。


そういえば薬師丸ひろ子も出たことないんじゃないでしょうか。たしか原田知世は出たことあると思うんですが…
それからパフィーは辞退(拒否)したんでしたっけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、知世ちゃんは出てますよね。だとしたら、辞退しかないですね。
桜田淳子が「セーラー服と機関銃」を替わりに(?)歌っていた、おまぬけな年もありましたが・・・。
パフィーはテレビ神奈川の仕事を優先させるため辞退しましたね。
今は出たくても出れないのに、もったいない・・・。

お礼日時:2004/01/17 08:51

たびたびすいません。


おニャン子クラブも社会現象になるぐらいだったのに、出られなかったのが不思議だと思いますね。
ソロでも河合その子・国生さゆり・新田恵利あたり結構ヒットした曲があったと思うんですが…でも工藤静香は出てるし(解散後だったから?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます!

そういえばそうですね!
やはりあの頃のNHKは、おニャン子のような民放色の強いタレントは出演させなかったのでしょうか?
今の時代なら確実に出ると思いますが。

お礼日時:2004/01/14 06:04

おっと、大事なのを一人忘れてた。


本田美奈子
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、確かにそうですね。
ヒット曲も多いし、知名度もあるし。
出なかったのが不思議ですね。

お礼日時:2004/01/13 23:40

ANo.#7です。


「ガタメキラ」がヒットしたときの「太陽とシスコムーン」が出てもおかしくはなかったと思いますね。
あのとき出てたら、メンバーの信田美帆は「オリンピックと紅白の両方出場」という前人未到の快挙を達成してたのに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、そうですね。最初の何曲かはベストテン入りしてますもんね。
でも、紅白となるとインパクト弱いかも・・・。

お礼日時:2004/01/13 23:39

こんにちは。


うーん、確かに松本伊代、南野陽子、浅香唯は代表曲はあっても、という感じはしますね。
また、当時はやはり演歌中心でしたし、アイドルの出演は難しかったでしょう。

フィンガーファイブは出ていてほしかったですが、無理だったんですねえ。
ヒット曲も十分でしょう。(オリコン1位を獲ってる彼らにヒット曲がないなら、他は何なんでしょう)

猿岩石もミリオン突破でヒット曲は十分ですし、話題性もありましたが、当時はまだ民放の企画もの、しかも芸人、というあたりがまずかったんじゃないですかね。
今回なら間違いなかったでしょうに。

他は....思いつかないなあ、というか紅白出場者をよく知らない.....

あ、テツトモ出すならゲッツも出してあげればよかったのに、とは思いますよ。(苦笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり、あの頃の猿岩石は「電波芸人」というイメージで、無理だったのでしょうか。
ポケビやブラビと同じ頃なら良かったのに・・・。

ダンディはヒット曲無いから無理でしょう(苦笑)。

お礼日時:2004/01/12 18:11

フィンガー5は多分児童福祉法の関係ではないでしょうか?(夜9時以降の生出演)、その他最近はあんまり関係ないですが昔は民放の色やCMの色が濃い方は敬遠されていたようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね、あの頃は一夫さんで20歳くらいだったから、下の3人は完全に無理だったのですね・・・。
今のように7時半からなら良かったのに・・・。

お礼日時:2004/01/12 18:08

過去の話ならば


昭和40年ごろの大抵のグループサウンズは全盛時代
には紅白にはでていません。
 紅白以外でもNHKの番組にでられたのは
ブルーシャトーを歌ったグループ(名前を度忘れした)
とあと数組でしょう
 沢田研二さんも、タイガースではなく
一人になってから紅白に出られたはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

あ、そうですね、タイガース、テンプターズ、スパイダース・・・いずれも出ていないですね。

ブルーシャトーを歌ったのは、ブルーコメッツですね。
レコード大賞を取るくらいですから、別格だったのでしょうか・・・。

お礼日時:2004/01/12 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q‘80年代女性アイドルの曲で、こりゃ名曲だ♪って思うのはどれ?

例えば松田聖子なら「青い珊瑚礁」とか「赤いスイトピー」、中森明菜なら「飾りじゃないのよ涙は」とか「DESIRE」とかのメジャーな曲でももちろんOKなんですけど、アルバムなんかに入っててちょっとテレビの歌番組なんかじゃ聴けない様な埋もれた(?)名曲なんかご存知でしたら教えて下さい♪♪♪

あと、もしその曲が収められてるアルバム名が分かればそれもご一緒に(分かんなければようござんす)。

個人的に好きなのはこれです。

☆松田聖子
「レモネードの夏」(アルバム『PINEAPPLE』所収)
「チェリーブラッサム」
「風立ちぬ」
「SWEET MEMORIES」
「渚のバルコニー」
「夏の扉」
「Rock’n Rouge」
「秘密の花園」

☆中森明菜
「セカンド・ラブ」
「北ウイング」
「サザン・ウィンド」
「タンゴ・ノアール」

☆柏原芳恵
「春なのに」

☆薬師丸ひろ子
「夢の途中」

Aベストアンサー

なつかしいので是非、参加させて下さい。
松田聖子
「チェリーブラッサム」”シルエット”→アルバム名です。
「Private School 」”Canary”
「Sleeping Beauty」”Tinker Bell”
「小麦色のマーメイド」” Bible 2 ”
聖子ちゃんはベスト盤がたくさんありますので
けっこうかぶってるかもしれません。

中森明菜 以下、ベストに収録されてました。
「飾りじゃないのよ涙は」
「Desire-情熱-」
「Liar 」 「Fin 」

中山美穂 
「JINGI・愛してもらいます」
「ツイてるねノッてるね」「WAKU WAKUさせて」
「CATCH ME」「クローズ・アップ」
「遠い街のどこかで」「人魚姫」
「You're My Only Shinin'Star」
「Midnight Taxi」名曲ぞろいです。

工藤静香「恋一夜」「FU-JI-TSU」
「禁断のテレパシー」「ワインひとくちの嘘」

薬師丸ひろ子
「Woman」「ステキな恋の忘れ方」

河合奈保子 
「ムーンライト・キッス」「ヤング・ボーイ」
「ストロー・タッチの恋」

小泉今日子
「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」
「水のルージュ」「優しい雨」

石坂智子「デジタル・ナイト・ララバイ」
早見優「夏色のナンシー」
斉藤由貴「卒業」「白い炎」「MAY」
松本伊代「時に愛は」
柏原芳恵「夏模様」
本田美奈子「1986年のマリリン」合掌…。

私は一応、女なんですが、どういうわけか
女性アイドルの曲が好きでした(笑)
一部、90年の歌もかぶってると思います。
長々とすみません。

なつかしいので是非、参加させて下さい。
松田聖子
「チェリーブラッサム」”シルエット”→アルバム名です。
「Private School 」”Canary”
「Sleeping Beauty」”Tinker Bell”
「小麦色のマーメイド」” Bible 2 ”
聖子ちゃんはベスト盤がたくさんありますので
けっこうかぶってるかもしれません。

中森明菜 以下、ベストに収録されてました。
「飾りじゃないのよ涙は」
「Desire-情熱-」
「Liar 」 「Fin 」

中山美穂 
「JINGI・愛してもらいます」
「ツイてるねノッてるね」「WAKU WAKUさ...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


人気Q&Aランキング