ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

不思議な物語の児童文学が読みたいです。

上手く説明出来ませんが、ゲド戦記やクレストマンシーのように
世界設定をキッチリ作ってあるファンタジーではなく、
現実世界に不思議な物がポンと放り込まれるような、
理屈で説明出来ない非現実と現実が入り交じるような物が良いです。
(舞台は現実世界でなくても良いです)

今まで読んだものだと
岡田淳さんの「ようこそ、おまけの時間へ」や「びりっけつの神さま」、
「こそあどの森シリーズ」が好きです。
そういう作品ありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

宮沢賢治の作品が良いのでは?


海外作品で思い付くのは「モモ」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モモを早速読んでみました。
せかせか生きるのを時間泥棒という存在で表現してあるのがとても面白いですね。
こういう作品を読みたかったです。ありがとうございました。

あと……教えて頂いた作品を順次読みながら返信して行きたいので
ベストアンサーを選ぶのに時間がかかると思います。すみません。

お礼日時:2012/06/06 23:08

チャーリー・フレッチャー 『ストーンハート』 『アイアンハンド』 『シルバータン』


チャイナ・ミエヴィル 『アンランダン』 『ジェイクをさがして』
キアラン・カーソン 『シャムロック・ティー』
アレックス・シアラー 『スノードーム』 『青空のむこう』 『海のはてまで連れてって』
デイヴィッド・アーモンド 『肩甲骨は翼の名残り』 『闇の底のシルキー』
ジャン・マーク 『てのひらに毛が生えるとき』 『こわいものなんて何もない』
ジェラルディン・マコックラン 『ホワイトダークネス』 『ジャッコ・グリーンの伝説』
などは いかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

闇の底のシルキー読みました。
ちょっと暗い感じですけど、思春期の闇に惹かれる感じが
上手くファンタジーに溶け込んでて良かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 22:54

質問を拝見して、私が連想したのは



松谷みよ子さんの「ふたりのイーダ」です。

ファンタジーの裏にあるのは厳然たる歴史の事実ですね。

答えになっているでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、こういうファンタジーです。
難しい題材ですが、ミステリー仕立てで読みやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 22:53

No.2です。


質問文をよく読まず、一つ児童書ではないのを挙げてしまいました。というか、カテゴリもちゃんと認識していませんでした。すみません。
『夜市』は児童書ではありません。

その代わりに、追加を。

柏葉幸子『ミラクル・ファミリー』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062766698.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、別に絶対に児童書でなければいけないというわけではないです。
夜市もあらすじが面白そうなのでそのうち読もうと思っています。

ミラクルファミリー読みました。
不思議な事が起きるのが主人公ではなく家族だという点が面白いですね。
短編集なのも読みやすくていいです。ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/18 21:24

谷山浩子 悲しみの時計少女


http://www.amazon.co.jp/dp/4835445619
高楼方子 時計坂の家
http://www.amazon.co.jp/dp/4897843197
星新一 ブランコのむこうで 新潮文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4101098158

フィリパ・ピアス トムは真夜中の庭で
http://www.amazon.co.jp/dp/4001140411
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時計坂の家が良かったです。
ドアの向こうの不思議な世界が、調べるごとに
現実と結びついていくのが好奇心をそそられて面白かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/20 22:43

ディケンズの『ホリデイ・ロマンス』(編集工房ノア)は、4人のこどもたちが語る、そうした現実とも空想ともつかない物語で、お奨めです。


中川李枝子の『いやいやえん』(福音館)も、どこまでが現実かわからない不思議なお話ですね。
マンガでは、手塚治虫の『ジェットキング』は、主人公が超能力を発揮してヒーローになるのですが、それが現実なのか主人公の空想だったのかわからないような奇妙な後味の作品です。

大人ものの幻想小説では、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編『トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス』(岩波文庫『伝奇集』に収載)は、現実世界に架空世界が侵食してくる話で、世界的に有名な作品です。ぜひご一読を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いくつか読んでみましたがちょっとイメージと違いました。
非現実さはぼやけてて良いんですけど現実感は明確であってほしいというか……曖昧ですけど。
でもこれはこれで興味深い内容でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 22:54

上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」はいかがでしょうか?


物語の舞台自体が現実世界ではありませんが、その現実と不思議な世界とが曖昧に混在しています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101302723.h …

恒川光太郎『夜市』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043892012.h …

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜市読みました。
夜市も良かったですが、後半に収録されていた風の古道がさらに良かったです。
日本的なファンタジー感が良いですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/26 01:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不思議な話がいくつか載っている、児童書のタイトルを教えて下さい!

今から15年ほど前、小学生の時に読んだ児童書なのですが、タイトルが思い出せません…。
ソフトカバーの短編集だったのですが、内容は

・男の人が、団地の子供達をみんな鳩に変えてしまう話

・紙飛行機に住所や名前を書いて窓から飛ばすと、何か(クレヨンだったかも…?)が届く話

・ある日猟師が、見知らぬ人から「この世界で一番凶暴な生き物を捕まえて欲しい」と依頼を受ける。結局は「人間がこの世で一番凶暴な生き物だ」と反対に猟師が捕らえられてしまう話

他にもいくつか短編小説が載っていました。
自分でも色々探しましたが、分かりません…
もしピン!ときた方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

おはようございます。

1.団地で自由に遊べない子供たちを気の毒に思い鳩に変えてしまう。
2.タイトルは『クレヨンマジック』。紙飛行機には「オモテサンドウィッチヲヒトツ」と呪文を書く。その飛んでゆく先を見てはいけない。

質問文に少し補足すると、上記の内容ではないでしょうか?それならば書籍名は忘れてしまいましたが、舟崎克彦さんの作品ですね。
アマゾン他で探したのですが、絶版なのか見つかりませんでした。半端な回答で申し訳ありませんが、少しでもお役に立てればと思います。

Q題名の忘れた本の検索サイトを教えてください。

ホームズやルパンの時代背景で双子の兄弟が悪をやつける物語です。小・中学生対象の本です。{暗黒の悪魔}みたいな題名でした。探す方法ってないでしょうか?

Aベストアンサー

下記リンクは、「連想検索」といって
「人間が、ひとつの言葉から無意識のうちにいくつもの関連する単語を思い浮かべるように、検索キーワードから関連性の高い単語を抽出し、それを含む図書をもれなく探し出す検索方法です。」
のサイトです。
お役に立てれば。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/


人気Q&Aランキング