個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

厚さ0.3mm、直径1cm、高さ1cmのブリキ製のリング状のものが2つあります。
この2つを「○○」←のように繋がる形で接着したいです。
はんだ、ゴム系接着剤、超強力両面テープ、グルーガンが家にありました。
この中で、一番強度が高い接着方法は何ですか?
接着のコツ等も教えて下さい。
詳しい方よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

ブリキなら接着剤よりも半田付けのほうが良いでしょう。


ブリキは錫メッキされた鋼板ですから、簡単に半田付けができますし、綺麗に流れればかなり強度もあります。

ブリキの接合面をサンドペーパーなどで軽く磨き脂分などを綺麗にふき取ります。
付ける物の大きさから考えて60W~80W程度の半田ごてが適当かとおもわれますのでそれらを用意して下さい。

磨いておいた素材の接合面にまず薄く呼び半田を行います。リングを接合せずに単独の状態で、フラックスかペーストを薄くつけ接合面をこてで十分加熱(こてではなく素材に半田を当てて溶ける程度)して接合面に薄くメッキをするようなつもりで半田を流します。このとき多少余計に流れても気にする必要はありません。両方のリングに呼び半田ができたら、呼び半田をした面どうしを付けた状態で針金などで固定してから再度こてで加熱します。十分に加熱したところで接合部に半田を流し込んで冷ませばOKです。周囲に半田が着いてしまった場合はヤスリなどで削れば簡単に落とせます。また、ずれてしまったなどの失敗があっても、再度加熱すればやり直しができます。

金属同士の接合ですから強度は通常の接着剤などより強いかと思われますし、200℃程度(半田の種類による)の耐熱性も有ります。このような用途で使うのであれば、電子工作用の半田よりも高温半田のほうがいいのですが、ホームセンターなどで売っているやや太め(1.6mm~2mm程度)のもので良いでしょう。鉄・ステンレス用のフラックスか一般用のペーストがあれば良いでしょう。

それから、初めて半田ごてを使うときは一寸した儀式があります。これをやっておかないと、上手く半田がこてに乗りませんので必ずやる必要があります。といっても簡単なことですけどね。

まず、半田を用意してからこてに電源を入れてこてを加熱しながらこて先に半田を擦り付け続けます。1~2分すると半田が溶け始めますので、ここでこて先全体に半田を塗りつけて半田でメッキをします。これをやっておかないと全く半田が乗ってくれなくなってしまいますので、必ずやって置きましょう。


最後に、半田付けは素材もこて等の器具も高温になるので火傷をしたり周囲を焦がしたりしないように注意しましょう。コンクリートブロックなどの上でやれば良いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/16 02:10

半田


高ワット半田ゴテで、ブリキ温めてそこに半田流し込む
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/16 02:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブリキのじょうろ修理について

大切に使っているブリキのジョウロが壊れてしまいました。
注ぎ口部分が外れてしまったのですが、元に戻りません。
なんとなくあわせても水漏れがすごいです。
うまくくっつける方法をご存知の方、教えてください。
横浜・東京あたりで、修理をしてくださるお店でも結構です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じような回答になりますが・・・・・。

ブリキ製のじょうろならたぶん、半田付けで組み立ててあるでしょうね。
だから、半田で修理するのが良いとは思います。 

で、半田付けですが、フラックスとして「希塩酸」が紹介されていますが、半田付けのフラックスは「塩化亜鉛の水溶液」を使用します。
大量に使用する場合は薬局で塩化亜鉛を購入する訳ですが、ホームセンターでもちゃんと販売しています。

ホームセンターの半田付けの用具が置いてあるコーナで、液体フラックス「ハロゲン化亜鉛」と表示されているやつと、板金用半田(ヤニ入りではないもの)、それに半田ごて(これも、板金用で、100W程度は必要でしょう)を買ってくれば修理は可能です。
半田ごての代わりにカセットバーナーであぶるという手もありますが。

でも、これだけそろえると、結構な値段になりますから、今回のじょうろの修理しかしないのであれば、No3さんの「接着剤で修理」の方がいいかもしれませんね。

Q薄い鉄板を切断する簡単な方法

0.5[mm]~1[mm]程度の薄い鉄板を、10[mm]×30[mm]程度に切断したいのですが、
簡単な方法は何でしょうか?

電動の糸鋸、ジグソーは持っていますが、
大掛かりな感じがします。
金きりはさみというので、簡単に切れるのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、No.4さんの示されているタイプの鋏二種類と、さらにBAHCO ( http://item.rakuten.co.jp/partsdirect/ba583d/ )のものも持っていますが、いずれも他の鋏よりはひずみは出ないですが、それでも結構変形します。これらの鋏の目的は、広い板を板を曲げてよけなくても切っていくためです。
 10mm×30mmでは、やはり変形してしまいます。

 私は卓上バンドソー( https://www.google.co.jp/search?num=30&hl=ja&safe=off&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1024&bih=619&q=%E5%8D%93%E4%B8%8A%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%BC&oq=%E5%8D%93%E4%B8%8A%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%BC&gs_l=img.3..0j0i24l3.1782.6861.0.7593.13.11.0.2.0.0.333.1718.1j9j0j1.11.0...0.0...1ac.JDEv9rZI58A )を使用します。糸のこ盤は確かにきり難い--往路は兎も角復路では切れない--ですが、一番きれいに切断する手段になるでしょう。

 また、それだけの材料を切り出すだけでしたらニブラが良いです。ハンドニブラ - Google 検索 ( https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%96%E3%83%A9&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=-pqdUO6EBc6higeLq4D4Cw&biw=1024&bih=619&sei=_5qdUNrLOK2ZiQeI2IGIBg )が良いでしょう。刃の通り道分は捨てることになります。
 エンジニアやエドマのものが良いです。前者は曲がるとき楽です。後者は直線切りが得意です。宝山のものはちょっと難点があります。

私は、No.4さんの示されているタイプの鋏二種類と、さらにBAHCO ( http://item.rakuten.co.jp/partsdirect/ba583d/ )のものも持っていますが、いずれも他の鋏よりはひずみは出ないですが、それでも結構変形します。これらの鋏の目的は、広い板を板を曲げてよけなくても切っていくためです。
 10mm×30mmでは、やはり変形してしまいます。

 私は卓上バンドソー( https://www.google.co.jp/search?num=30&hl=ja&safe=off&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1024&bih=619&q=%E5%8D%93%E4%B8%8A%E3%83%90%E3%83%B3%...続きを読む

Qトタンの曲げ方

このたび、木材で温室を作りました。雨に濡れても
腐らないように柱などにトタンを巻いていこうと思
います。

そこでトタンの曲げ方なのですが、余った木材の角
を利用して直角に曲げようとしても鋭角に曲がって
くれません。

なにかコツみたいなのがあるのでしょうか?

ちなみに、木材の角を利用して、木材で叩いていま
すが、木材の角が弱いのか鋭角にまがらないのです
(>_<)

なにとぞ良いお知恵をお願い致します。

Aベストアンサー

なにかコツみたいなのがあるのでしょうか?
あります。板金屋さん(トタンなど扱う職種です。)
が昔からやっている方法です。いきなりとたんでやらないで、手元にちょと厚い紙でやってみましょう。
無ければ広告紙でも良いです。曲げた時のうちら側、とたんであれば仕上げ面と反対側を上にして、そこへ定規を使って傷をつけるんです(傷という言い方はよくありませんがトタンでやる時にそれは分かります)
紙に爪を押し当てて直線を引くのです・・・そうすると折り目が出来て・・わかります?
トタンでやる場合は、定規と傷をつけるコテみたいなものを用意してください、定規はベニヤでも良いです、コテはマイナスのドライバー無ければ、はさみを閉じた状態で使っても良いです。先ほど言った傷をつけるんです。結構力が要りますよ!
で注意点は曲げたいところに全てキスをつけてからやってください。出ないと一箇所曲げると全てに傷をつけるのが難しくなります。
で、最後は柱に直接巻くのではなく、作業台の上である程度曲げてから、やってください。
トタンは手を切りやすいのでくれぐれもおきをつけて。がんばって!解らないことがありましたら何なりと。

なにかコツみたいなのがあるのでしょうか?
あります。板金屋さん(トタンなど扱う職種です。)
が昔からやっている方法です。いきなりとたんでやらないで、手元にちょと厚い紙でやってみましょう。
無ければ広告紙でも良いです。曲げた時のうちら側、とたんであれば仕上げ面と反対側を上にして、そこへ定規を使って傷をつけるんです(傷という言い方はよくありませんがトタンでやる時にそれは分かります)
紙に爪を押し当てて直線を引くのです・・・そうすると折り目が出来て・・わかります?
トタンでやる...続きを読む

Qトタン屋根の雨漏りを半田ごてで修理

以前、築100年のトタン屋根の雨漏りについて質問しました。
雨漏り箇所はトタン屋根に釘が貫通したところです。
アドバイスを受けて、屋根裏に入り、地金が出るまでやすりがけ
をして、半田ごてで補修ということでしたが、実際にしてみると、
半田がポタポタと落ちてきてうまくくっつきませんでした。
それでもなんとかくっつけましたが、もっと良い方法はないものでしょうか。
これでも漏るなら、ホットボンドでコーティングしようと思います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6292815.html

Aベストアンサー

以前職人さんがやっているのを見た事が有ります。
家庭用のカセットコンロガスの先にバーナーの
アダブターをつけよくあぶってから半田を当てると
隙間に吸い込まれるように半田が入っていきました。
たぶん?半田鏝では両方が十分に熱せられていないのも
うまくいかない原因だと思われます。

Qブリキの溶接

ブリキの玩具を修理していると、ブリキのツメがよく折れますよね。あれはどうやって溶接するのでしょうか。

Aベストアンサー

薄物の溶接は難しいので、
ハンダ付けで修理するんじゃないでしょうか?
60Wと100Wぐらいの半田コテがあれば、
そこそこの大物まで行けるかと。
それか、スポットフラムという、
極細ガスバーナーを使うのも、
慣れれば便利です。
http://www.tool-kobo.com/product/series.php?series=790

Q鉄(トタン)屋根の修理について教えてください。

鉄(トタン)屋根の修理について教えてください。
画像を添付しましたが、
(1)物干し台との結束部分が腐食して大きな穴があいています
穴からは木部が見えます。

(2)平らな部分に穴があいています。

初めは変成シーラーとウレタン系塗料で補修しようとしてたのですが、屋根に上がって
調べてみたらかなり重症だったのでご質問してみました。
今度の土日天気が良いようなので作業しようと思っています。また明日11月5日の2時半頃
にホームセンターに行く予定です。それまでご回答頂けると助かります。

パテとかで何とかならないでしょうか?

※業者に頼んだほうが良いのは知っているのですが、何とか自分で補修したいと思っています。
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

素人で日曜大工派ですが、回答者なら次のような処置をします。
写真の(1)の場合、穴の周辺の錆を落とすと共に出来るだけ突起部分をやすり等で平らにした後、ステンレスのテープを適当な長さに切り、折り曲げ穴を塞ぎます。テープは裏に接着剤が付いていない方がベターです。接着はウレタン系のコーキング剤でやります。テープが接着できれば、更にその上全体にコーキング剤を塗りつけます。コーキング剤が硬化後塗装をしておけばバッチリでしょう。
写真(2)は簡単で上と同じ要領でやればOK。

Q【半田が付かない?】 半田が結合しない(し難い)金属(非鉄金属)はありますか?

半田って、アルミには付きませんよね_?
その他にも、組み合わせによっては、マッチしない材料(材質)ってありますか?

また、こういう(半田が付かない)場合、材料同士を結合させる方法は何かありますでしょうか?

Aベストアンサー

無理にくっつければ、
たいていの金属は、半田付けや蝋付できたように見えます。

銅、真鍮、鉄、錫、位までが、
半田付け可能と表現できるものではないでしょうか。

メッキをすると、本来困難な金属も、
「綺麗に半田が流れたように見える」
状態にはなります。

アルミと、ステンレスについては、
それぞれ、含有する、鉛分(アルミ)と鉄や銅など(ステン)の量により、
それ専用の半田などを使うと、
強引に半田を流すことが出来ます。
フラックスや塩素(塩素系漂白剤でも良し)を併用すると、
かなりかっちり付きます。
でも、最初に示したものほど、しっかり付きませんし、
そもそも、不純物の多い、言わば「まがい物」の
アルミやステンは、
それそのものの、「本来の目的や性能」に外れることが多いです。
例えば、鉛がたくさんはいったアルミは重いですし、
溶接や蝋付は容易なステンレスは、良く錆びます。

今の世の中ですと、溶接などが不可能な場合は、
接着が基本でしょう。
「リベット」や「鉄板ビス(ドリルビス)」の併用も良策です。

無理にくっつければ、
たいていの金属は、半田付けや蝋付できたように見えます。

銅、真鍮、鉄、錫、位までが、
半田付け可能と表現できるものではないでしょうか。

メッキをすると、本来困難な金属も、
「綺麗に半田が流れたように見える」
状態にはなります。

アルミと、ステンレスについては、
それぞれ、含有する、鉛分(アルミ)と鉄や銅など(ステン)の量により、
それ専用の半田などを使うと、
強引に半田を流すことが出来ます。
フラックスや塩素(塩素系漂白剤でも良し)を併用すると...続きを読む

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Qブリキ板の切断

カラートタン波板を切断したいのですが、ホーマックなどホームセンターではカットサービスをことわられました。北海道札幌市近辺でしてくれるホームセンターは無いですか。
また自分で切るとしたら必要な道具と方法を教えてください。

Aベストアンサー

北海道ではないので、ホームセンターはわかりませんが、波トタン、切るだけでしたら、金きりはさみ、
それが難しい場合は、波トタン専用の刃が波型のはさみで、切ることができます。
それも億劫でしたら、ディスクグラインダーを購入されて、刃を、グラインダーの薄っぺらい、ものに取り替えると簡単に切ることができます。
いずれにしても、目、手などの安全対策はお願いします。

Qはんだによる金属接合について

はんだによる金属接合について
ステンレス用のはんだを買ってきたのですが、ステンレスのナットを試しに2枚くっつけてみようとするとうまくはんだがのらずにくっつきませんでした。
使っているコテは普通の電子工作用ですが、はんだはしっかりと溶けていましたので、温度は低く無いと思います。ヤスリで傷をたくさんつけてみたりもしたのですが、ダメでした。
どうすればいいでしょうか?
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回このご質問をした方ですか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5927216.html

IDだけで判別してるので違っていたらすみません。もし同じ方でしたら前回半田付け
よる結合方法を挙げたのは私ですので責任上回答します。

・表面処理を十分にします。
脱脂(アルコールや洗剤による洗浄)をします。
紙ヤスリ等で接合面と周辺を磨きます。
強度が要るなら双方の部品にヤスリで溝を入れます。
フラックス(No.1の方のおっしゃっているもの、酸性の液体で半田を買われたところ
にあったと思います。)

・母材は十分加熱します。
コテは電気工作用とのことですが、Wはどの位でしょうか。用品の説明書などでは
100W以上が推奨されています。
(私はこの用途にはガス式の半田コテを使っています。)
半田が溶けたからといって十分ではありません。母材に半田が触れても溶ける位
に熱して下さい。この場合、冷えて固まるまで少々時間がかかるので動かさずに
待ちます。

・常温まで冷えたら水洗いします。
酸性のフラックスを洗い流す必要があります。

普通の配線作業でも半田付けは練習や知識が要ることはご存知だと思います。
上記方法で何度か試作品を作って試してみて下さい。コツがつかめると思います。

前回このご質問をした方ですか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5927216.html

IDだけで判別してるので違っていたらすみません。もし同じ方でしたら前回半田付け
よる結合方法を挙げたのは私ですので責任上回答します。

・表面処理を十分にします。
脱脂(アルコールや洗剤による洗浄)をします。
紙ヤスリ等で接合面と周辺を磨きます。
強度が要るなら双方の部品にヤスリで溝を入れます。
フラックス(No.1の方のおっしゃっているもの、酸性の液体で半田を買われたところ
にあったと思います。)

・母材は十...続きを読む


人気Q&Aランキング