伊勢物語を読んでいて、小野の雪の小野は、比叡山の裾野だと云ふことですが、大原、山科、大津に小野が有り、木地師の祖伝説によると滋賀だと云ふ。

伝惟喬親王墓が大原にあるので、大原の小野だろうとずっと思っていたのですが、どうなんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • やはりそうですよね。しかし、Wikipediaの
    惟喬親王の項
    貞観14年(872年)病のため出家して素覚と号し、近江国滋賀郡小野に隠棲。
    木地師の項
    9世紀に近江国蛭谷(現:滋賀県東近江市)で隠棲していた惟喬親王が、周辺の杣人に木工技術を伝授したところから始まり、日本各地に伝わったと言う伝説がある。
    で迷った。
    大原から近江に移ったとすれば合点がいくのですが…
    因みにおらが町には小野小町の…という所が多数有り、山科の小野も其の一つとのこと。
    愚詠
    かき分けて行く先知れぬ笹の原小野とはいはじかへす涙は

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/02 22:05
  • 感謝
    貴殿の御回答読む毎に面白き。浅学の小生にとって原典を御提示頂く嬉しさよ。
    今後図書館で確認し,語りあえるにや。
    貴殿の質問は、見つつも小生には答ざらむや。

    愚詠
    小野の雪きえなば探す草の原跡をみつけし友の後追ひ

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/04 23:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

またまたplapotiです。

回答番号3の追記ですが、山城国愛宕郡以外にも、山城国宇治郡や丹後国竹野郡にも「小野」がありました。質問文中で御指摘のとほり、山科も候補です。いづれにしても「比叡の山の麓」といふ表現にいちばんふさはしいのは、大原あたりです。

地名事典や人名事典にあたつてみたのですが、やはり通説にしたがつてゐました。『古代地名大辞典』(角川書店411ページ)の「小野郷 京都府京都市」を引用しておきます。

*** *** *** *** ***

「和名抄」山城国愛宕郡十二郷の1つ。訓は「乎乃」。現在の京都市左京区のうち、比叡山の西北にあたる山間地帯。..........西行に「みやこちかき小野大原を思出るしばのけぶりのあはれなる哉」の歌があるが(山家集)、都に近い山里であるこの地は、貴族の人々の隠棲の場所としても知られる。「保元物語」が「惟喬親王は清和の御門に位をあらそひまけて、御出家ののちは、比叡山の麓小野といふところに引籠給ひしかば」と記すやうに、惟喬親王の隠棲は著名であり、「源氏物語」にも「みやす所、もののけにいたう患ひ給ひて、小野といふわたりに、山里持給へるに」(夕霧巻)」とか尼らが「比叡坂本に、小野といふ所にぞ、住み給ひける」(手習巻)などと見える。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

木地師など近江の問題に関しましては、



〇「史料としての傳説/柳田國男」
『史学 Vol4(No.2)/三田史学会/1925.5』(161-228頁)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoon …
<25/68>(185頁6行目~)
近江に現存する惟喬親王の御異傳に關しては、近江輿地誌略以下の鄕土誌に、
若干の記述を見ないものは無いが、要するに取留めの無い話のみであつた。
特に此問題の研究書として、會津に於ける宮城三平氏の高倉宮御墳墓考に該當するものは、
田中長嶺氏の小野宮偉績考を随一とする。

(※『小野宮御偉績考/田中長嶺/近藤活版所/明33.8』)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780616/6

此書は明治三十三年の八月、本居黑川栗田等當時の史學界の耆宿、或は谷鐵臣、
品川彌次郎、其他の大家の題辭を冠して、堂々として出版せられた立派なる著作で、
其經營辛苦は優に講學者の範とするに足るものであつたが、
缺點を申すならば研究方法の無視であつた。
筒井八幡宮に屬する一切の文書を、無判別に信用したことであつた。

偉績考の斷定に從ふと、親王は貞觀二年、即ち御弟宮御即位の次の年の三月に、
水無瀨の閑栖を立ち出でたまひ、漂然として近江の山村に遊びたまふ。
御供の面々には藤原實秀、後に小椋の姓を下されて、緣起類には小椋太政大臣とある人、
筒井の神主大岩某が家の始祖である。或は阿野大納言と稱する阿野某、堀川中納言と傳へ
らるゝ谷後某などもあつた。秀麗なる山水をめでゝ、土民に命じて假
<26/68>(186頁)
の宮所を結構せしめたまひ、暫く御滯留ある間に、此地は古樹老木に富めり、
之を棄置くは國の寶を空うするもの也と仰せられて、轆轤の挽きやうを教へて日用の食器
を作らしめたまふ。轆轤は卷物の軸の紐に倣ひ、或は又櫧の実の[うてな]を見本となされて、親王自ら之を發明したまふとある點は、奈良に一百萬基の三重小塔などもある以上は、
信じ難いことだと田中氏も謂つて居る。

それから今一つ、是は相應に重要な點に於て、
土地の人が田中氏に讓歩せねばならなかつたのは、十九ヶ年の小椋御在住と、
此山中の御所に於て薨去なされたと云ふ主張であつた。
偉績考では此地の要求を二ヶ年に制限し、其後京に還つて伊勢物語にある御歌どもを
詠じたまひ、やはり洛北の小野宮に於て、御隱れなされたことに改めて居るのである。
斯くして出來る限り中央の記錄と一致させ、此傳説を信じ易からしめたのは、
大なる恩惠のやうに見えるが、しかも内々は其が所謂有難迷惑であつて、
成るべくは此書物の澤山賣れてくれぬやうに、祈らねばならない人もあつたのである。…

※下記は手元の下書き段階では各項目本文抜粋済みですが、
字数制限を超過しそうなので各項目名のみにとどめ、本文は省略しました。
未読でしたら、お時間の許す時にでも御覧いただければ幸いです。※

・『大日本地誌大系.第2冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.1』
「山州名跡志卷之五 愛宕郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879427/95
<95/309>(116頁下段4行目~117頁下段13行目)
○惟喬親王塔
○御所内
○今宮

・『大日本地誌大系.第3冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.4』
「近江輿地志略卷之三十一 志賀郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879431/131
<131/217>(240頁下段10~13行目)
○小野村
※近江国の中では最も比叡山に近い「小野(村)」ですが、
惟喬親王との関連記述は有りません。※

・『大日本地誌大系.第6冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.9』
「近江輿地志略卷之七十三 愛智郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/96
<96/244>(181頁上段15行目~下段16行目)
○蛭谷村
○筒井正八幡神社
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/97
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/98
<97・98/244>(182頁上段1行目~184頁上段16行目)
○君畑村
○大皇大明神
○惟喬親王墓

上記「史料としての傳説/柳田國男」・「近江輿地志略/寒川辰清」
両氏の記述を合わせ見る限りでは、
少なくとも近江の問題は払拭出来るように思いますが、如何でしょうか?

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たくさんの資料を有難うございます。図書館で確認します。

お礼日時:2015/03/15 13:16

回答番号1,2のplapotiです。

きちんと調べたわけではないのですが、京都説の根拠のひとつは、『和名類従抄』なのだと思ひます。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544218?tocOp …

上記サイトの「コマ番号31」愛宕郡(おたぎぐん)のなかに「小野」の地名が記載されてゐます。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544219?tocOp …

他方、こちらの「コマ番号3,4,5」の近江国のデータには「小野」がありません。滋賀郡に「真野」はありますけれど。

『伊勢物語』『古今和歌集』のほかの注釈書を見ても、どれも京都説でした。Wikipediaが滋賀説を採用する根拠が不明です。私としては、一般的な解説のとほり、京都でいいと思ひます。

もう少し調べてみます。何もわからず、泣く泣く来にける、になりさうですけれど。
    • good
    • 1

「補足」拝見いたしました。

滋賀県といふ説は初めて知りました。ネット検索は不得手ですので、少しだけ見てみました。

http://blogs.yahoo.co.jp/hikojuro/24625598.html

上記のサイトに京都説と滋賀説の両方が記載されてゐて、京都説を支持してゐるやうです。文献として『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』『日本紀略』『本朝皇胤紹運録』が示されてゐますが、持つてゐませんので、もう少し調べてみます。

小野小町伝説は、御指摘のとほりあちこちにありますね。それだけ魅力的な話なのでせう。

歌がお得意なのですね。「小野」探しもたいへんです。どこかに掛詞でもあるのですか。Oh, no.ではありませんよね。
    • good
    • 1

『伊勢物語』第83段(『古今和歌集』970)は、先日「忘れては夢かとぞ思ふ」といふタイトルで質問したばかりです。

地名の考証については、私の能力の及ぶところではありません。たちまちは、手持ちの文庫本からパクリ回答をしておきます。

石田穣二訳注『伊勢物語』角川文庫79ページ
「愛宕郡の小野。修学院から大原にかけての地。惟喬親王隠棲の地である。」

久曾神昇訳注『古今和歌集』講談社学術文庫(四)122ページ
「京都市左京区一乗寺付近」

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫225ページ
「京都市左京区八瀬の地」

窪田章一郎校注『古今和歌集』角川文庫219ページ
「京都市左京区。八瀬、大原のあたりで、比叡山の西麓。」
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小野伸二の行き先?

今日、浦和とフェイエとの間で小野が浦和に復帰することで合意した、と発表してました。

で、浦和の社長の談話で、これによって小野の所有権は浦和にある。あとは小野の気持ち次第、みたいなことを言ってましたが、こういう場合、小野が拒否したらどうなるのでしょうか?

っていうか、小野はもう拒否はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

サッカーの場合、野球と違うのは
チームが契約を望んでも選手が拒否した場合
規定の移籍金がチームに支払われた以上移籍を拒むことはできません

また移籍先が国内の場合は契約期間終了後も一定の期間、移籍金が必要ですが
海外への移籍の場合には移籍金なしで移籍することが可能です

小野伸二の場合フェイエノールトとの契約が2007年までありますので
浦和としてはこれまでの間に何らかの契約を結ばない限り
海外のクラブに移籍金なしで移籍されますので

拒否され続けたら完全移籍のオプション付きでの
レンタル移籍などの方法をとるものと思われます

Q源氏物語の惟光について

源氏物語について質問です。
今、夕顔の章まで読んだのですが、
惟光という人物と頭の中将(左大臣の息子)は同一人物ですか。
また、もし、違う人物ならば、惟光について、教えてください。

Aベストアンサー

masterPiyoさんも答えておられますが、惟光は光源氏の乳母の息子で、光源氏の従者です。
一方、頭の中将は、光源氏の最初の正妻・葵の上の兄で、光源氏のライバル的存在です。

惟光と頭の中将では、全く身分が違いますが、おそらく光源氏とよく会話を交わしている男性2人を同一人物と勘違いしたのでしょう。

こういう初歩的なミスをしないために、一度、大和和紀さんのマンガ「あさきゆめみし」を通読するのをお勧めします。

Q惟喬親王の小野の雪の「小野」はどこか?

伊勢物語を読んでいて、小野の雪の小野は、比叡山の裾野だと云ふことですが、大原、山科、大津に小野が有り、木地師の祖伝説によると滋賀だと云ふ。

伝惟喬親王墓が大原にあるので、大原の小野だろうとずっと思っていたのですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

またまたplapotiです。回答番号3の追記ですが、山城国愛宕郡以外にも、山城国宇治郡や丹後国竹野郡にも「小野」がありました。質問文中で御指摘のとほり、山科も候補です。いづれにしても「比叡の山の麓」といふ表現にいちばんふさはしいのは、大原あたりです。

地名事典や人名事典にあたつてみたのですが、やはり通説にしたがつてゐました。『古代地名大辞典』(角川書店411ページ)の「小野郷 京都府京都市」を引用しておきます。

*** *** *** *** ***

「和名抄」山城国愛宕郡十二郷の1つ。訓は「乎乃」。現在の京都市左京区のうち、比叡山の西北にあたる山間地帯。..........西行に「みやこちかき小野大原を思出るしばのけぶりのあはれなる哉」の歌があるが(山家集)、都に近い山里であるこの地は、貴族の人々の隠棲の場所としても知られる。「保元物語」が「惟喬親王は清和の御門に位をあらそひまけて、御出家ののちは、比叡山の麓小野といふところに引籠給ひしかば」と記すやうに、惟喬親王の隠棲は著名であり、「源氏物語」にも「みやす所、もののけにいたう患ひ給ひて、小野といふわたりに、山里持給へるに」(夕霧巻)」とか尼らが「比叡坂本に、小野といふ所にぞ、住み給ひける」(手習巻)などと見える。

またまたplapotiです。回答番号3の追記ですが、山城国愛宕郡以外にも、山城国宇治郡や丹後国竹野郡にも「小野」がありました。質問文中で御指摘のとほり、山科も候補です。いづれにしても「比叡の山の麓」といふ表現にいちばんふさはしいのは、大原あたりです。

地名事典や人名事典にあたつてみたのですが、やはり通説にしたがつてゐました。『古代地名大辞典』(角川書店411ページ)の「小野郷 京都府京都市」を引用しておきます。

*** *** *** *** ***

「和名抄」山城国愛宕郡十二郷の1つ。訓は「乎乃...続きを読む

Q伊勢物語の・・・

人知れず我恋ひ死なばあぢきなくいづれの神になき名おほせん
とは誰の歌ですか?教えてください。

Aベストアンサー

この和歌は

 『新続古今和歌集(しんしょくこきんわかしゅう)』巻12・恋2・1157番
    女につかはしける  在原業平朝臣
  人知れず 我恋ひ死なば あぢきなく いづれの神に なき名負はせむ

の形で載っています。
これは、『伊勢物語』から採録したものなので、
初出は『伊勢物語』です。
なので、本当に業平が詠ったかどうかは不明です。

Q小野Dって何て読むのですか?

小野Dって何て読むのですか?



小野でぃー?


声優さんですよね…?
最近ネットでよく「小野D」という単語を見かけるので気になりまして…

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

オノディーですね
呼び方は
小野大輔さんのことです
神谷浩史と小野大輔のDear Gril Storiesという番組で使われるニックネームのようなものです
ちなみに神谷さんはヒロCです

Q伊勢物語の「おとこ」について

こんにちは。日本文学で、自分で問題点を探し結論を書くようなものがでました。
そこで私は伊勢物語について、疑問に思ったことがあります。
それは「おとこ」についてです。
伊勢物語の中で様々な立場の「おとこ」が出てきて、その大方は「在原業平」であることは調べて分かったのです。ですが、なぜ実名が推定不可能な「おとこ」が在原業平であると分かったのでしょうか・・・。
少しヒントを頂きたいです。お願いします!!

Aベストアンサー

伊勢物語の中は明らかに業平ではない物語もあるそうですが、明らかにこれは業平が起こしたスキャンダラス?!じゃんという話がとても多く、(物語中に関係者の実名が出てきたりもしますので)歌も業平のものが多いそうです。なのでおとこ=業平とされてます。
実名を伏せて、敢えておとこにした意味は分からないので誰か教えて欲しいです。
だいぶ前に勉強したことなので色々とうろ覚えですみませんが。。。


伊勢物語には「在五中将日記」という別名もありますので、こちらでも検索してみると色々でてくるかと思います。

Q小野不由美さんの十二国記

小野不由美さんの十二国記の続編が待ち遠しく、小野不由美さんの他作品を読んだりしています。

けれどやっぱり十二国記についての話が読みたくなり、小野不由美さん自らが十二国記について語っていらっしゃるようなものはないでしょうか??(インタビュー記事や対談のようなもの)

2001年夏号の活字倶楽部をウェブ上で検索して発見したのですが、小野先生自身のインタビューが載っているかどうか分からなくて;もしご存知の方がおられましたら、小野先生のインタビューが載っているかどうかなども教えて戴けると嬉しいです。

探しているものは、小野先生のインタビューが載っている本・雑誌でお願いします。もしなければ大々的に十二国記の特集が組まれている(読者からのお便りも◎)ものでも構いません。分かりにくい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。
・「悪霊狩り~ゴーストハント」CDシネマ1「ヲリキリ様の鬼火」(VICL-60139~40)のインタビュー……小野不由美さんの口調が「読め」ます。
・「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」(ソフトバンク)……ゲームについてのエッセイ集ですが、小野不由美さんの考え方が十二国記ファンには納得できるものになっていると思います。

十二国記を読み終わったら、「悪霊シリーズ」など、他の作品を読むこともおすすめします。
図書館に行けば、その図書館になくても読めたりすることがままにありますし。
では、楽しい時間がすごされれば幸いです。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~katohide/lists.html

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。...続きを読む

Q伊勢物語 第百三十九段

 いざ桜散らばちりなむひとさかりあり<経ば>人に憂き目みえなむと
書きてなむいにける。男(来て)見ればなし。

失礼ですがこの<経ば>、(来て)の読み方をご存知の方いらっしゃいませんか?できれば何故そうなるのか理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「伊勢物語」は125段までだったと思いますが…。それはさておき
<経ば>=「ふれば」。ハ行下二段の已然形。「経過すれば」の意。
<来て>=「きて」。カ変の連用形。
ではないでしょうか。

Q右大臣だった小野富人って?

奈良県にある霊山寺の縁起によれば

右大臣小野富人(遣隋使・小野妹子の息子と伝わる)は壬申の乱に関与したため、弘文元年(672)官を辞し、登美山に閑居しました。

とあります。

http://www.ryosenji.jp/engienkaku.html

この小野富人という人物について知りたいのですが
ネットで検索しても出てくるのは霊山寺の縁起ばかりです。
(調べたりないのかもしれませんが)

正史などに、小野富人という人物の記述はないのでしょうか?

霊山寺の縁起以外に、小野富人についての情報をご存知の方、
ぜひ教えて下さい!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウィキペディアで「右大臣」で検索すれば、歴代の右大臣の一覧も見ることができます。
それには、「小野富人」という名前はありませんでしたが…。

余談ですが、小野妹子の子で小野毛人という人が、天武天皇の時代に太政官を勤めていました。小野毛人の墓は京都市の崇道神社裏山にあり、墓誌(亡くなった方の名前や死亡年月日・行年が刻まれている石碑)が国宝になっています。

Q伊勢物語の二条后について

こんばんは!伊勢物語の登場人物についての質問です。

3段から6段まで、在原業平と二条后が恋する話なんですけど・・・

二条后の本名はなんというのでしょうか?
教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

藤原高子(ふじわらのたかいこ)です。


人気Q&Aランキング