ネットが遅くてイライラしてない!?

質問させて下さい。

①オーダーは既存のモデルに沿ったシェイプでしかオーダーできませんか?
既存のCLIMBではなくJJやJBの形で6弦仕様のベースを作ってくれるか知りたいです。
MOONにメールで質問しましたが返信がないのでこちらで聞くことにしました。

②ベースについてです。
JJとJBの違いは?
JBのみ所持しておりJJの音を知りません
ピックアップの傾きから推測ですが、高音弦にいくほど音が固くなるのでしょうか?
またその他の違いもありましたら教えて下さい。
木材等基本的なマテリアルは一緒とします。
推測ではなく所持している方、弾いたことある方のご回答をお待ちしております。

③ギターについてです
個体差等あるのは承知の上で聞きますが、
生鳴りはどうですか?
以前アッシュボディ・メイプル指板のFender USA製ストラトを所持していましたが、
こちらの生鳴りが凄くこれを超えるギターを現在探しております。
Fenderと違いトラスロッドも簡単に調整できるし、指板のRも310ということで個人的にかなり気になっています。
SuhrやSadowskyも所持していますが生鳴りが薄く(綺麗には鳴るが小さい、またガッツリとした鳴りがない)正直こちらは好みではないです、近々売却予定です。
MOONはどうでしょうか?
材はアッシュ・アルダー、ローズ・メイプル問いません。
こちらも推測ではなく所持している方、弾いたことある方のご回答をお待ちしております。

②、③に関して、実際弾いてみれば等の答えにならない回答はしないで下さい。
多忙でそのような状態にないので質問しています。

回答の内容によっては購入も検討します。
購入後に気づくことも当然あると思いますが、その前に最低限ユーザー様の意見を聞いてみたいです。

ご回答よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • すみませんが見当違いの回答は遠慮して下さい。
    こちらが提示した質問に答えてください。
    また①②③全ての質問に答えられる方のみ回答して下さい。
    わからない方、答えられない方は回答しないでいいです。

      補足日時:2016/06/19 18:58

A 回答 (3件)

こんにちは初めまして。


私はギターもベースも両方弾きます、MOONも複数所持しています。
その上でご質問の3点について回答させていただきます。
よろしくお願いします。

①実は私も以前同じ疑問を持ちMOONに問い合わせたことがあります。
答えはYESでした。
JJやJBシェイプでもいけます、ピックアップもMOONの既成品がありますので問題ありません。
そして実際作ってもらいました笑
オーダーの割には値段もそこまで高くありませんでした。
ピックアップが特注になるとかデタラメ言ってる人がいますが知ったかはやめましょう。

あとMOONはメールの返信が遅いですよね笑
お急ぎでしたら電話にて問い合わせたほうがいいと思います。

あと「〜要求が無茶過ぎて相手にしていられないか」と言ってる人、
MOONのこと本当に何も知らないんですね笑
あそこは日本でオーダーの第一人者ですよ、現に6弦ベースも出てます。
それに6弦ベースが無茶って......今どき大概の所は普通に作ってますよ。
何度も言いますが、知ったかは恥かくからやめましょう笑

②仰る通りです。
ピックアップの配置上、JJのほうが高音が硬いです。
基本的にJJとJBはピックアップが違いますので一概に言えませんが、JJの方が高音が強く感じられるのはこの仕様のためだと思います。
SQUAREの須藤さんも曲によって使い分けてます、聞く分にはわかりませんが実際弾くと違いがわかるかと思われます。
余談ですが最近また新しい須藤モデルが出ましたね、早く弾いてみたいです笑

③ギターの鳴りに関してです。
SuhrやSadowsky等のハイエンドギターと呼ばれるものはアンプに通すといい音がしますが生音ペチペチなのが多いですね。
これだったらその辺のFenderの方がよっぽど鳴ります、ハイエンドと呼ばれるだけあって流石に作りは凄くいいんですけど何故か生鳴りしません、これが気に入らない人は多いようです。
MOONのギターは生鳴りいいですよ、Fender系がお好きでしたらハマると思います、アンプ通しても太い音が出ます。
ハイエンド系同様作りがとてもしっかりしているので、その個体の良さを最大限引き出せると思いますよ。
本当にオススメします!

長くなりましたが参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

読ませていただきました。
やはりMOONは素晴らしいメーカーですね!
とりあえず6弦ベースをオーダーしますw
ギターも近々買ってみます、楽しみがまた一つ増えました。
本当にありがとうございました。

あと知ったかの人は放っておきましょうw
特に悪気は無いと思うんでw

お礼日時:2016/06/19 23:39

TUNEと言う国内メーカーが有ります


私はベースに関しては詳しくは無いですが カスタマイズ可能と思います
ボディ形状が希望と違うかな?
カシオペアの鳴瀬喜博氏が使っていると思います

8弦ベースかな?
TUNEのHP
http://www.cc.rim.or.jp/~tune/tune/tune/tune.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

質問の内容を理解した上で回答して下さい。
とりあえず全く回答になっていませんが返信しましょう。
以前知人からTUNEの6弦を貰いましたが、ネックが薄く弾きづらく好みでは無かったためにすぐに返しました。
また見た目も好きではありませんし音も好みではありませんでした。
あくまでMOONで考えてます。

ナルチョは好きです、エンターテイナーとしては。
音に関してはやっぱりTUNEだなと思ってしまいます。

お礼日時:2016/06/19 18:36

① ピックアップも特注に成る。

5弦用でも無理やり感あるのでやりたがらないでしょう。かといって「OXALIS H6 」を載せたので既にJBでもJJでもなくなる。

そもそもお客の問い合わせに返答しない会社は如何なものか? 答は2通り。そういう会社であるか、要求が無茶過ぎて相手にしていられないか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うーん・・・

『そもそもお客の問い合わせに返答しない会社は如何なものか? 答は2通り。そういう会社であるか、要求が無茶過ぎて相手にしていられないか。』
今回の質問には全く関係ない内容ですね。
何が言いたいんでしょうかね?

お礼日時:2016/06/19 18:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッカスとフジゲンのジャズベースについて

10万円程度のジャズベースを探しています。 
現在のベースが少し不安なので(ネックの反りが激しく、チューニングも安定しない)安心して使えるベースを探しています。
 
 ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。

・フジゲン NCJB-10M
http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103

・バッカス WL-JB4
http://bacchusdo.com/product/wljb4bnacpg.htm

この二つのベースの向いているジャンルや音の傾向、楽器としての完成度、その他オススメのポイントなどあったら教えてください。
近くに取り扱っている楽器屋がなく、試奏もできないので困っています。どちらも値段のわりに作りがいいという事だけわかりました。
 
 二つとも値段に差がなくワンランク上のNCJB-20(フジゲン)とWOODLINE(バッカス)も値段の差がほとんどないので、みなさんの意見をお聞かせください。ワンランク上のモデルに関してもご存知の方がおられましたら教えてください。

 演奏ジャンルはロック中心ですがオールジャンルに対応できればいいと思っています。指弾き中心ですが、ピック弾きも練習してます。
 今現在の使用ベースはFender JapanのAJBです。ハズれを引いてしまったらしく数ヶ月に一度、ネック調整等に手間どっています。P.UをダンカンS-PB-2とS-JB-2に変更して配線をやり直しています。音はロック向きに使うときには素人耳ですがそれなりに満足しています。

 10万円以下から10万円以下にしても意味がないものなのかもしれないので、一応ワンランク上のシリーズもうっすら視野に入れようかと思っています。

 好みは人それぞれだと思いますが、皆さんがもし自分が所持するならどちらかなど教えていただけると助かります。

10万円程度のジャズベースを探しています。 
現在のベースが少し不安なので(ネックの反りが激しく、チューニングも安定しない)安心して使えるベースを探しています。
 
 ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。

・フジゲン NCJB-10M
http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103

・バッカス WL-JB4
http://bacchusdo.com/product/wljb4bnacpg.htm

この二つのベースの向いているジャンルや音の傾向、楽器としての...続きを読む

Aベストアンサー

 数多くベースを触った経験から、僭越ながらご回答申し上げます。
 (あくまで私個人の主観として受け取っていただければ幸いです)

 FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。
 上位機種の20については弾いたことがありませんが、木や各部パーツを厳選したよりハズレの少ない機種だと推測できます。ハズレを弾きたくないという思いが強ければ、こちらを選ぶとよいかもしれません。いずれにせよ、改造のベースとしては申し分ありません。

 バッカスのWoodlineについては、アンサンブルへの柔軟性が高い、実戦的な音がしました。PUはFgNよりもパワーが強い感じがします。ただ、セッティングによっては、多少Lowがブーミーになり、ノイズが気になりました。他、作りは若干荒い部分も有ります。

 なお、10万以下から10万以下の持ち替えということですが、お選びの機種はどちらもアッシュボディ・メイプル指板の組み合わせですので、既にご所有のエアロダインとはだいぶキャラクターが違ってきますので、両方所有することに意味はあるでしょう。
 ただし、ネック(及び各部)のメンテナンスはどのベースでも必須ですので、数ヶ月に一度メンテする手間は変わりませんが……。メイプル指板なので、ローズ指板よりは多少(あくまで多少、ですが)剛性は強いと思います。

 10万以上であれば、Fender USAも見えてきますね。作りはあまり問題なく、実戦的なレベルに達していますので、こちらも試奏してご検討されてはいかがでしょうか。

 余談までに、私がもし選ぶのであれば、オールジャンルに対応できるローズ指板+アルダーボディのネオクラを選ぶと思います。

 数多くベースを触った経験から、僭越ながらご回答申し上げます。
 (あくまで私個人の主観として受け取っていただければ幸いです)

 FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。
 上位機種の20については弾いたこと...続きを読む

Q五弦、六弦ベースについて

 私はベース始めて六年くらいになるのですが、四弦ベースではどうしても音域が狭く限界が来てしまうので、今度五弦か六弦のベースを購入しようとおもっています。

ですが今まで四弦しか弾いたことがないので、多弦ベースがどのようなものかわかりません。

多弦ベース初心者は、最初はやはり五弦ベースから弾いていった方がいいのでしょうか?
それとも、いきなり六弦ベースに手を出してもいいのでしょうか?
また、四弦ベースよりどれくらい難しくなるのでしょうか?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:41年、54歳の男性です。
私の経歴(プロフィール)にも書きましたが、5弦は4本、6弦は2本を経験し、現在も
5弦2本、6弦1本を所有しています。 私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<多弦ベースの必要性について>

 私は「Low D」の音が欲しくて多弦ベースに手を出しました。まだ5弦ベースがほとんど
世に出回っていなかた時代です。(今から30年位前です)
 D、あるいはDmの曲で、演奏の最後に「レ」の音で終わる時、3弦5フレットのDですと、
どうも迫力が無くて、モヤモヤしていたのです。
 当時はヒップショットもなく、どうしたものかと考えいたのを思い出します。
 ですから、5弦モデル(Low B仕様)が出た時は、すぐに飛びつきました。
 実際に弾いてみると、Low Dだけではなく、楽曲によりますがLow C や Low Bも使えます。

 その後、5弦でもHigh C仕様が欲しくなり、Low B仕様のナットを交換して、High Cの弦を
張った5弦ベースで弾いていた頃もありました。
 High C仕様の5弦ベースは、高音域が出せるようになるわけですが、どちらかと言うと
リードベース、コード弾き的な演奏になろうかと思います。
 ですから、バンドの形態や、演奏する楽曲によってはHigh C仕様の5弦ベースが合わない
場合もありました。

 そして、自然発生的に6弦ベースが欲しくなったワケです。
 6弦ベースは、Low Bの5弦ベースと、High Cの5弦ベースの合体を意味しますので、とても
嬉しいかったですね。
 6弦はLowもでるしHighもでるし、音域が広いので色々な楽曲にマッチさせることができます。


<演奏性について>

 5弦ベースは、すぐ慣れると思います。
 ネックを握った感覚から言いますと、1~2カ月もあればすぐ慣れると思います。
ただ、見た目の問題があって、5弦ベースの5弦(一番太いLow B)が、最初の頃はどうしても
4弦ベースの4弦「E」に見えてしまって、弦を一本間違えて弾いてしまうのです。
でも、これもすぐ慣れると思います。

 6弦ベースの方は、弾いてみるとわかりますが、ネックがまな板のようです。
僕も、バンドのメンバーから「魚がさばけるなー」と言われていました。(苦笑)
 つまり、それだけ幅が広くなるわけで、左手の運指は少し辛くなると思います。
 その対策としては、ベースをかつぐ時、上の方(胸に近い方)でかつぐようにする
ワケですが、これは2フィンガー奏法の場合は良いんですが、ピック弾きの場合は
弾きにくくなると思います。
ですから、ピック弾きの方で6弦ベースを弾いている方はほとんどいないと思います。

 多弦ベースの利点は、フレット間の移動が少なくて済むことですが、前述の演奏性と
比較して、どちらを取るかはプレーヤーの判断になるでしょう。


<ベース個体とアンプ等>

 私が使った アトリエZのJB 6弦は良いベースでした。セミオーダーでしたので、
パッシブ回路とアクティブ回路の切り替えスイッチを付け、アッシュ材でボディーを
重くしたので、Low Bの音も締まった音で良く鳴っていました。
 ただ、6kg程あって超重かったのと、Fender USA の Custom Shop JB が欲しくて
売ってしまいました。

 YAMAHAのTRB-6櫻井哲夫モデルはとても高額でした(定価60万円!)が、造りと
しては最高ですね。もう20年程経ちますが、弦を緩めなくても6弦のテンションに
負けることなく、ネックのソリは全くありません。今でも、最高の演奏性です。

 5弦ベースはLow B仕様にするかHigh C仕様にするか、良く考えた方が良いでしょう。
途中で交換もできますが、ナットを交換しないとならない、ブリッジにできた溝に上手く
弦が乗るかどうかという問題もでてきます。

 ベースアンプは、良く考えて選ばないと多弦ベースの広い音域を殺してしまうことに
なりかねませんので、再生能力を良く吟味することをお薦めします。
 できれば、ウーハー2発のみ等のタイプではなく、ツイーター(スコーカー)とセット
にしているタイプが良いかと思います。


<4弦からも持ち替えについて>

4弦からいきなり6弦にいっても大丈夫だと思います。
要は「慣れ」の問題なので、何回も何回も弾いていれば、そのうち慣れてきます。
 それよりも、バンドの演奏する楽曲のジャンルやタイプにどう合わせるかだと思います。
 

<「音」に」ついて>

 多弦ベースはアッシュ材が多いようです。
 私の経験では、Low D C Bの「ド~ン」という低音は、アッシュ材の方が音に輪郭があって
良く鳴るように思います。
 アルダー材の5弦(Low B仕様)のPBも弾いていましたが、アルダー材は中音域が豊かな
反面、低音域は今一つ輪郭のある響きが無いように思います。
 最終的には好みの問題ですが、色々と情報を集めてみると良いと思います。


以上です。お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

はじめまして。 ベース暦:41年、54歳の男性です。
私の経歴(プロフィール)にも書きましたが、5弦は4本、6弦は2本を経験し、現在も
5弦2本、6弦1本を所有しています。 私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<多弦ベースの必要性について>

 私は「Low D」の音が欲しくて多弦ベースに手を出しました。まだ5弦ベースがほとんど
世に出回っていなかた時代です。(今から30年位前です)
 D、あるいはDmの曲で、演奏の最後に「レ」の音で終わる時、3弦5フレットのDですと、
どうも迫力...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qネックの塗装ラッカー・サテンフィニッシュについて

YUIさんの使用しているギターを調べていたら、機材情報でネックをラッカー・サテンフィニッシュに再塗装していることが分ったんですが
(1)サテンフィニッシュとは何か
(2)そうすることで何が変わるのか
(3)お店で頼むと何円位かかるのか 

教えてください!お願いします!!
ちなみに、サテンナチュラルとサテンフィニッシュは同じ事ですか?

Aベストアンサー

サテンフィニッシュというのは、通常の塗装では表面がツルツルとしてつやが出るのに対し、表面のつやを消すような加工を加えた仕上げのことです。マットフィニッシュなどともいいます。軽くサンドペーパーで擦ったような表面に仕上げることで、摩擦を減らし、手触りを軽くする効果があります。演奏上も、手先の負担が軽くなることが期待できます。なお、手触りがサテン地の表面のような感触になることから、サテンフィニッシュなどと呼ばれます。
ネックのリフィニッシュについては、ギターのネックジョイント方式やリペアショップの価格設定によっても異なりますが、おおよそは3万円程度の費用がかかると思います。具体的な金額については、見積もりを出してもらうのが良いでしょう。ギターによっては、下手にリフィニッシュするより、はじめからサテンフィニッシュのギターを買ってしまうほうが良いこともあるかもしれません。
また、思い切った方法としては、自力で塗装の表面をサンドペーパーで擦ってしまうのも一つかもしれません。800番くらいのペーパーから始めて目の細かいペーパーで仕上げていけば、器用な人なら自力で何とかなることもあるでしょう。ただし、自信がない場合には避けた方が無難です。
なお、ネックの塗装の仕上げを変えると、ギターの音質にも影響が出る可能性があります。お気に入りの音が出るギターをリフィニッシュした場合、以前とは音が変わってしまうということもありえますので、音が気に入っているギターにこうした加工を施すことには慎重になることをお勧めします。

サテンナチュラルとサテンフィニッシュの違いですが、サテンフィニッシュは上記のように塗装表面の仕上げの方法のことで、サテンナチュラルは塗装のカラーと仕上げを表現した用語です。同じことといえば同じことですが、内容的には相違があります。
サテンナチュラルというのは、塗装の色がナチュラルフィニッシュと呼ばれる木材の表面の木目などがそのまま見える色で、その塗装表面にサテンフィニッシュを施してあるカラーリングのことです。

参考まで。

サテンフィニッシュというのは、通常の塗装では表面がツルツルとしてつやが出るのに対し、表面のつやを消すような加工を加えた仕上げのことです。マットフィニッシュなどともいいます。軽くサンドペーパーで擦ったような表面に仕上げることで、摩擦を減らし、手触りを軽くする効果があります。演奏上も、手先の負担が軽くなることが期待できます。なお、手触りがサテン地の表面のような感触になることから、サテンフィニッシュなどと呼ばれます。
ネックのリフィニッシュについては、ギターのネックジョイント方...続きを読む

Q五弦ベース

五弦ベースについて

自分は次に買うベースを四弦と五弦どちらにするか悩んでいます。
五弦ベースの事については全くと言っていい程、無知です;

五弦が欲しい理由は
・ダウンチューニングが出来る
・より広い音が出せる
・ベースを弾く上で五弦も弾けるようになりたい

次に買う予定のベースは
長く使いので五弦が良いのかと考えてます。
それに楽器は(値段も含め)何本も買える物では無いのでorz

五弦について色々調べましたが
なかなかサイトが見つかりません…
五弦の教本はあるのでしょうか?
又、四弦から五弦に変わる場合は慣れるまで大変ですかね?

※URLなどを貼って頂く場合は、携帯で観覧出来る物のみでお願いします

長くなりましたが回答お待ちしておりますm(._.)m

Aベストアンサー

はじめまして。 当方、ベース暦:約40年、52歳の男性です。

使ったBASS GUITARは、、
・EB-3モデル(GABAN)▲
・PB57年モデル(FERNANDES)▲
・BB-3000(YAMAHA)▲
・PB78年(FENDER USA VINTAGE)※▲
・MBC-5(MOON 5弦)△
・TB-5(TUNE-5弦) ※△ 途中でフレットレス化
・TWX-8(TUNE 8弦 ナルチョモデル)△
・TRB-6(YAMAHA 6弦 桜井哲夫モデル)※△
・♯286(ATELIER Z JBタイプ 6弦:CUSTOM ORDER △▲切替可)
・PB 5弦(FENDER USA)▲
・JB62(FENDER USA C/S)※▲ 今のメインベース
・JB62(FENDER JAPAN)※▲ フレットレス
と言う者です。(※現在使用中)(△はアクティブ、▲はパッシブ)

8弦は別にして、5弦はMOON、TUNE、FENDER PB、6弦はYAMAHA、ATELIER Z JBを経験しています。
貴殿のお悩み解決の力になれるかと思い回答しました。

ご質問では「次に買う・・・」とありますので、4弦ベースはお持ちかと思います。
簡単に言いますと、4弦ベースを弾いているのなら5弦ベースはすぐに慣れると思います。
もちろんネック(指板)はその分幅が広くなりますが、きちんと運指ができれば大丈夫です。
弦と弦の間隔もほぼ4弦ベースと同等です。若干狭くしているメーカーもあるようですので、
調べた方が良いでしょう。でも、1mm程度狭くても指が直ぐに慣れるものです。
ネックの厚み(4弦と同じ、4弦より薄い)、あるいは形状(かまぼこ型、平ら型)は
メーカーによって色々です。実際に触ってみた方が良いでしょう。

それから、5弦ベースと言っても2通りあります。
1つは、Low-B(ロービー)と言って、4弦ベースの4弦(一番太い弦:E線)よりさらに太い弦を
張ります。開放の音程が「シ(B)」になります。
もう一つは、Hi-C(ハイシー)と言って、4弦ベースの1弦(一番細い弦:G線)よりさらに
細い弦を張ります。開放の音程が「ド(C)」になります。
ベーシストによっては、ギターの延長と捉えて、Hi-Cではなく、Hi-B(ギターの2弦のつもり)
でチューニングする人もいます。

5弦ベースが欲しい理由に「ダウンチューニング」ができるとありますが、4弦ベースの
4弦開放(Eの音)より下の音程が出ると言う意味でよろしいかと思います。
Low-B弦の5フレットがE、4フレットがE♭(D♯)、3フレットがD、2フレットがD♭(C♯)、1フレットがC、
開放音がBとなります。
私が良く使っていたのはLow-Dの音です。4弦ベースで、曲の終わりの音がレ(D)の場合、
4弦ベースの3弦:5フレットの音を出しますが、重低音で終わりたい感じの曲では
今一つ物足りませんが、5弦ベースのLow-Dの「ド~ン」という重低音で終わると、とても
カッコイイんですね。Low-CとLow-Bは、音と言うより「うねり」に近いです。
High-Cの方は、4弦ベースの1弦(G)よりも高い音が出ます。(当然ですね。)
もし5弦ベースをHigh-C仕様にするならば、ベースソロとか、メロディアスなベースライン、
あるいは、5弦ベースによるコード弾きなどで使われると、High-C仕様の意義があると思います。

ただ、気を付けたいことは、High-C仕様とした時、ナットの溝が狭く(細く)なるワケですが、
そのナットのままLow-Bの5弦に張り替えるとナットの溝と弦の太さが合わないために、
ビビリ発生やサスティーンに影響が出る場合がありますので、注意が必要です。

最後に、5弦ベースの教則本ですが、私が初めて5弦(MOON)を使った頃(今から25年程前)は、
5弦ベース自体が珍しい時代でしたので、教則本はありませんでした。
自分であれこれ悩みながらテクニックを磨いたものです。
今は教則本はあるかもしれませんが、基本的には4弦ベースの延長線で捉えられるものですし、
4弦ベースを弾いているのならば、ことさら教則本はいらないと思いますよ。

それから、5弦ベースをLow-Bで使うならば、私はアクティブの方が良いと思います。
Fender PBの5弦も使っていましたが、パッシブの5弦は、Low-B ~ Low-Dの「ドーン」という
地響きのような重低音が出なかったので、5弦の意味がないと思って、1年くらいで手放しました。
それから、Low-Bの重低音をボディーが受け止められるよう、5弦ベースのボディーサイズは
大きい方が重低音が出るようです。
TUNEの5弦よりも、MOONの5弦、MOONの5弦よりも、YAMAHA(6弦)の方が重低音がボディー鳴りで
出ます。加えて言うならば、ボディー材はアルダーよりもアッシュの方が締まった音で
重低音が響くようです。でも、ボディーが大きくなるとアッシュは重いです。
YAMAHAの6弦よりもATELIER Z JB6弦の方が重い材(アッシュ)でしたので、良い重低音でしたが、
なんせATELIER Z JBは重くて(5.5kg!)、ステージをやると左肩が痛いくらいでした。

余り長くなるといけないので、この辺にしておきますが、5弦ベースや6弦ベースにした時の
注意点は、まだまだあります。
ネックの反りとねじれ、トラスロッドの確認、保管の仕方(弦の緩め方)、指弾きの場合の親指の
場所、イコライザの調整、チューナー、弦、オクターブ調整などなどです。

お役に立ったでしょうか? もし、再質問があればしてください。
楽しいBASS LIFEを!

はじめまして。 当方、ベース暦:約40年、52歳の男性です。

使ったBASS GUITARは、、
・EB-3モデル(GABAN)▲
・PB57年モデル(FERNANDES)▲
・BB-3000(YAMAHA)▲
・PB78年(FENDER USA VINTAGE)※▲
・MBC-5(MOON 5弦)△
・TB-5(TUNE-5弦) ※△ 途中でフレットレス化
・TWX-8(TUNE 8弦 ナルチョモデル)△
・TRB-6(YAMAHA 6弦 桜井哲夫モデル)※△
・♯286(ATELIER Z JBタイプ 6弦:CUSTOM ORDER △▲切替可)
・PB 5弦(FENDER USA)▲
・JB62(FENDER USA C/S)※▲ 今のメインベース
・JB62(FENDER JAPAN)※▲ フレ...続きを読む

Qエレキベース(アクティブ回路)の、9ボルト乾電池の寿命は?

ウチのバンドのベースマン(=小柄な中年女性)が、
今・使っているエレキベースの買い替え行動中です。
(主因の一つは、今のが・重すぎる・からです)
有力選択肢の一つに、アクティブ(9ボルト乾電池で、
イコライザーを駆動する)サーキットのエレキベースが
有ります。(超軽量だし、大変・弾きやすい)

質問は、、、この9ボルト乾電池は、どれくらいの寿命が
有るのか?です。
メーカー(TUNEチューンの定価128,000円)のヒト
に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。
でも、1日に2時間程度・毎日なら、1年は・持つ。。。
でした。
このへんの落差が、イマイチ・ピンと・きません。

ちなみに、私のエレアコギター(Kヤイリ)(勿論アクティブ)
は、新品購入後、1ヶ月に1回・5時間ぐらいの使用で、もう
3年間、乾電池が・ヘタリません。
また、友人の生フォークギターの、外付け・ピエゾPUの、
9ボルト乾電池も、同様の使用頻度で、なんと5年間、乾電池は
ヘタッテないそうです。

けっこう頻繁に、ラウンジなどに(アマですが)出演して
いますので、「毎回・直前に・念のため・新品の乾電池に交換」
・・は、シンドイですし、かといって、ギリギリまで交換せず
あげくに・演奏中に・電池切れ・も、勿論困るし・・・・・。

実際、どれぐらい、乾電池って持つのか知りたい・・・・・・
けっこう長期間持つのなら、、、、小ぶりで・大変・軽い機種
なので、これに決めよう・という方向とのことです。

何日に1回(何時間)の頻度で使用のとき、何ヶ月ぐらいの寿命
だよ・・・というような、ほんの少し具体的な・ご回答が、
うれしいです。
よろしく、ご教授ください。お願いします。

ウチのバンドのベースマン(=小柄な中年女性)が、
今・使っているエレキベースの買い替え行動中です。
(主因の一つは、今のが・重すぎる・からです)
有力選択肢の一つに、アクティブ(9ボルト乾電池で、
イコライザーを駆動する)サーキットのエレキベースが
有ります。(超軽量だし、大変・弾きやすい)

質問は、、、この9ボルト乾電池は、どれくらいの寿命が
有るのか?です。
メーカー(TUNEチューンの定価128,000円)のヒト
に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。
で...続きを読む

Aベストアンサー

 9Vというのは、市販されている電池でしょうか。
 要は電池の電流の大きさで左右されます。
 エレキの場合は消費電力が少ないので、種別を問わずしてマンガン電池やニッカド電池(充電可能)のほうが持ちがいいと思います。
 マンガンやニッカドは途中で休ませると電圧がある程度復活しますので、ちょくちょく使用するのにはオススメです。
 アルカリ電池は、電圧を一定に保つものの、化学反応が終わると一気に電圧が下がり使用できなくなります。どちらかというとアルカリはアンプとか、電子機器に向いています。

 店員さんの話というのは、マンガン電池のことであり、連続使用の場合はすぐなくなりますが、短時間使用している場合は使っていないときにゆっくり復活するので計算が合わなく、理解に苦しんでいたと思います。

 hanboさんのおっしゃるとおり、ステージでは新品を使うことをオススメします。

 また、オリジナルの電圧計をつけるのも1つの手段ですが、作らなくてはないので素人さん向きではないです。

Qオーダーメイドのギターやベースを持っている方

ギター、ベースをやっている者です。GIBSON、FENDERなど一流メーカーのいい楽器はありますが、1度は自分だけのオリジナルな楽器を作って見たいなと思ったことはあるはずです。
 私もいつかオリジナルのギター、もしくはベースを作ってみたいなと思います。(多分大手のESPだと思います。)
 そこで、オリジナルのギター、ベースを持っている方にお聞きします。

1.予算はどのくらいかかりましたか?

2.どんな形のものを作りましたか?(ストラト、レスポール、JB、PBなどの王道タイプか、フライングV、モッキンバード、サンダーバードなどの変形ギターかはたまた全くオリジナルな形なのか)

3.実際使ってみて市販のギターと比べていかがでしょうか?

 どれか1つだけでも良いんで回答出来るかたよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自宅の近くでフルオーダーメイドのギター工房があって
今年の初めにオーダーして出来上がりを待ってる所です
まだ、ピックアップを決めてないのですが(たぶんディマジオにすると思います)

1.25万くらいで出来上がる予定です

2.ダブルカッタウェイが好きですのでSGタイプですただ、SGと違いエッジを強調したシェイプでピックガードも無し
2ボリューム、1トーンで(本当はトーン無しでもよかったのですけど)
普通の並びとは違い、リアのボリュームを前に持ってきてます
ピックアップセレクターはレスポールのようにボディー上部に持ってきてフロイドローズを付けてます

3.まだ出来上がってないので何とも言えませんが
かなり細かな所まで話し合って決めましたので
満足出来るものが出来てくると思っております

参考URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/dailytone/

Qエレキベースのブランドはどこがよいのでしょうか?

初めまして。私は今度新しいエレキベース(2本目)を買おうと思っているのですが良いブランドがイマイチ分かりません。同じ値段であれば良いブランドのほうがうれしいのですが、他のサイトで見る限り「fenderはダメだ」、「ESPの子会社はダメだ」など、どんなブランドも否定されており、どれが本当に良いものなのか分からなくなってきました。そこで自分の中ではっきりとさせたいので「ズバリこのブランドならいいよ」といった、推薦をお聞きしたいです。理由も添えてお答えいただけると嬉しいです。ちなみに予算は6~8万円ぐらいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在お持ちのベースがどのようなものかにもよりますが、ベタな回答になってしまいますがfender japanのジャズベかプレベが良いのではないかと思います

fender japan JB62-110DMC
fender japan PB62-105DMC

少々予算はオーバーしますがネックの状態に気をつけていれば長く使い続けることができると思います ヴィンテージ志向ということでペグやブリッジもヴィンテージタイプのものがついており、塗装もラッカートップで非常にお買い得だと思います しっかりと調整をして好みの弦を張ればPUの交換やその他の改造をしなくとも全然使っていけます しいて言うならばコンデンサーを交換するぐらいの改造で良いと思います。 もし物足りなくなって売却する時もリセールバリューも他の国産と比べると高いような気がします 

予算内でおさめるのであれば
fender japan JB62-83US
fender japan PB62-78US

USAピックアップを搭載したモデルです 最初の二つと比べると2万円ほど安いですが使っているパーツや使用を考えると2万円以上の差があると思われます 最初の2つと比べるとはお得感があまりないようにも思えます こちらもしっかりと調整をして好みの弦を張れば全然使っていけると思います ただこちらの場合使い続けていくと物足りなさが徐々につのってくるようにも思えます ただこれをベースとしていろいろ手を加えていくと面白くなります 自分好みのベースを作るならこちらも良いと思います こちらもリセールバリューがよいのでトータル的に見るとコストパフォーマンスは高いと思います


フェンダージャパンの強みはなんと言っても交換用のパーツが安くて豊富だということです そのためオークションなどでも中古品を安く手に入れることも可能です 弾数が多い割には本体の売却時にもバッカスなど他の同価格帯の個体よりもリセールバリューが良いという点も魅力です フェンダージャパンの名前でかなりぼったくっているイメージはありますがコストパフォーマンスには優れていると思います

あえて弱点があるとするならばネックです ネックだけで見るならば正直、同価格帯ではバッカスのウッドラインあたりが良いのではないかと思います 太めのダダリオのような硬い弦を張り続けた場合、フェンダージャパンはネックが反る可能性が高いように思えます 弦は出音に非常に影響を及ぼすのでなんともいえませんがフェンダージャパンを長く使い続けるようと思うのであれば柔らかめの弦を張った方がネックを延命できるように思えます しかしネックがあまり強くないフェンダージャパンですが日々のメンテナンスや自己診断を怠らなければ全然問題はありません 本人次第だと思います

ジャズベとプレベの両方をあげましたが、正直好みの方でよいと思います この2種はどちらが優れているとか劣るとかではないと思います 自分の状況と好みの判断でよいと思います スラップはジャズベの方が良いと言われますがプレベの泥臭いスラップが好きな人もいます プレベはロックやパンクのイメージが強いですがジャズベ同様オールラウンダーです ジャズベであってもロックやパンクのイメージはあまりませんが問題ありません どちらもオールラウンダーだと思います

長々となってしまいましたが以上は私の完全なる主観です 間違っている点は多々あるかと思われますがご参考までに 質問者様が自分好みの良い楽器を手に入れられると願っております

現在お持ちのベースがどのようなものかにもよりますが、ベタな回答になってしまいますがfender japanのジャズベかプレベが良いのではないかと思います

fender japan JB62-110DMC
fender japan PB62-105DMC

少々予算はオーバーしますがネックの状態に気をつけていれば長く使い続けることができると思います ヴィンテージ志向ということでペグやブリッジもヴィンテージタイプのものがついており、塗装もラッカートップで非常にお買い得だと思います しっかりと調整をして好みの弦を張ればPUの交換やその...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む

Qwarwick thum bassはどうですか?

高校生の娘がベースを始めたいと言ってます。
音楽的には「uverworld」、「凛として時雨」みたいな音楽(私にはよくわかりません)をやりたいらしいのです。
本人はギターは多少弾けるのですがベースはど素人です。
warwick thumb bass(ワーウィック サム ベース)の中古(8万円程度)を買いたいと言ってるのですがどんなものでしょうか?
私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。
漠然とした質問で申し訳ありませんが音楽との適性、弾きやすさなどご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3を最初に思い出しますが、何れにしろオヤジ趣味ですねぇ、お互い。
 さてワーウィックですが・・・ベースはギターよりずっと早く大きな進化を遂げました。アレムビック登場以来(40代なら、アレムビックは御存知ですよね?)、それまで楽器にあまり使われなかったエキゾチックウッド(ブビンガとかオバンコールとか)の複合ボディとスルーネックという、まさに『イマ風』ベースのハイエンド機種です。

>音楽との適性、弾きやすさなど・・・

※音楽の適正ということですが。
 確か「uverworld」のベースはワーウィックの5弦(Streamer Stageというモデルだと思います)ではなかったか?と。なるほどそれでワーウィックか・・・
 ワーウィックの具体的な音は、勿論「uverworld」でよいのですが、ワタシらの世代でワーウィックと言うとまずT.M.スティーブンスの『T.M.’S Weapon』を思い出します。T.M.こそ世界最高の『ワーウィック使い』ではないか?と。ワーウィックは彼の超ワイドな音楽ジャンルに適した、守備範囲の広いベースと言えるでしょう。

※弾き易さ、に関して。
 ネックは比較的スリムですが、弦ピッチがフェンダ系よりやや狭く、フェンダ系に慣れていると特殊な感じがします。手が小さい、というか指が細いとか指が短いヒトは、右手は弾き易いと感じるかもしれませんが・・・イモ虫の様な指のワタシには、正直なところ演奏性はイマイチに感じます。(指弾きを常に考慮しなければならないベースで、何故こんなに弦ピッチが狭いんだろ?と不思議に思うほどの違いがあります。)
 スケールは・・・サムベースだと34インチですね。いわゆるフェンダ系のレギュラースケールで、ジャズベやプレベと同じです。
 エレクトリックベースとしてはフレットの間隔が広い方で、手が小さいヒトにはちょっとキツいかも知れませんが、ただベースの場合、スケールはトーンに対してギター以上に寄与度が高いので、弾き易さだけでスケールを選ばない方がよろしいかと。(つまりは『どんなトーンを望んでいるか?』で決めるべき、という話です。)

※ネックが弱い、という話はあちこちで耳にしますが、ワタシが今までに弾いた事があるThumb bass3本は、どれもネックの狂いはありませんでした。
 ネックが弱いというより、ネックの狂いのバラつきが大きいということなのかもしれません。

※さて問題はその価格。
 サムベースで¥8万は安過ぎです。何かあるのは明らかな値段と言えそうです。
 例えば・・・サムベースはスルーネックで、ネックにクラックや折損が発生してもネック交換は出来ず、折損部を接着するしかありません。ちゃんとしたリペアマンがキッチリ修理していれば、トーン上も機能上も折れる前と遜色なく使用出来ますが、そういう事故品は当然価格が下がります。そういうモノなら¥8万も十分有り得ます。
 っというワケで、現物をよく観察してみてください。価格相応の部分が納得出来ればそれまでですが、どうしても納得出来なければ購入されない方がよろしいかと。後々イヤになり、段々ベースに触らなくなってしまいます。

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3...続きを読む


人気Q&Aランキング