Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

EXCEL超初心者で、数学もめちゃくちゃ苦手な者からの質問です(^^;)

今EXCELで、仕事の関係上商品台帳を作っています。(小売店経営です)
Aのセルには商品番号を、Bには商品名、そしてCに売価、Dに税込み価格、Eに卸値、Fに定価・・・、という具合にデータがあるのですが、商品の利益率を出したい場合はどのようにすればよいでしょうか?

本当に初歩的な質問でお恥ずかしい限りなのですが、どなたかお力添えをお願い致します。

ちなみにEXCELのバージョンは2002です。

A 回答 (5件)

平均はAVERAGE関数を使いますが、1品目1個しか売らない場合の平均を計算する場合はこれでよいのです。


しかし、数量が異なる時は単純に平均すると誤った結果となります。
理由は数量によって商品の平均の重みがちがうためです。
数量を伴う場合は、加重平均で算出しないと正しい結果は出ません。

具体的な例をあげます。
例えば製品A,Bを作って合計の平均の不良率をだす場合、AVERAGE関数を使うと45.5%となります。
A列  B列   C列   D列
製品 完成品 不良数 不良率
A   1000   10    1% ←=C2/B2
B    10    9   90%
      平均不良率  45.5% ←=AVERAGE(D2:D3)

加重平均で算出すると、1.9%となります。
製品 完成品 不良数 不良率
A   1000   10    1% ←=C2/B2
B    10    9   90%
合計  1010   19   1.9% ←=C4/B4

面倒でも完成品の合計と不良品の合計から平均をださないと、正確な結果は出ません。
#3で数量にこだわったのはその理由によるもので、
このような場合には注意が必要です。

エクセルは、複雑な計算でも速く正確にでき、仕事の効率は飛躍的に上がるので、是非覚えるべきですが、計算の組み立ては人間が行います。
考え方の基礎はきちっとしておかないと、エクセルがすばらしいソフトでも、信頼の置けない結果となります。
(私は、いまだにそれで失敗しています!)
    • good
    • 3

利益率全商品の利益率の平均の出し方は、「AVERAGE関数」を使います。

EXCEL2002では、2000と違い簡単に求めることが出来ます。

先ず前提として、「利益率」がG列のG2からG5に表示されているとして「平均」を「G6」(他のセルでも良い)に求めます。平均は、AVERAGE関数を使って算出します。
1. 関数を入力するセル「G6」を選択 
2. メニュバーのオートサム(Σ)右の▼をクリックし関数  「平均(A)」を選択
3. 集計するセル範囲(G2からG5)を選択
4. Enter」を押すと「G6」に集計結果が表示されます。    Okです。
5. 「G6」をクリックすると数式バーに
  「=AVERAGE(G2:G5)」と計算式が表示されてます。
  以上です。
6. 2.の操作をしなくても「G6」のセルに計算式
  「=AVERAGE(G2:G5)」を書き込んでも可能です。

 しかし、G2からG5のセルに文字や空白がある場合は良いのですが、「0」数字の表示あると、これを1件としてカウントするため母数が1ポイント増え正確な平均値が計算されません。別の関数を使うことになりますが、基礎的な平均の操作のアドバイスとします。
    • good
    • 0

>全商品の利益率の平均はどのような式で求めればよいのでしょうか。



全商品の利益率の平均を出すには、販売数量が必要です。
全体の利益は、売価額(売価×数量)と卸額(卸値×数量)の合計で平均利益率を計算します。
販売数をH列、データは100行まで入っているとして以下のような表を作ります。
(6)が平均の利益率となります。

 C  E   H       I      J     K
売価 卸値 販売数量 売価額  卸額 利益率
100  60  10     (1)1000 (2)600 (3)40%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      合計      (4)5000 (5)3000 (6)40%

(1)~(6)には、以下の式が入ります。
(1):=C2*H2
(2):=E2*H2
(3):=1-(I2-J2)/I2
(4):=SUM(I2:I100)
(5):=SUM(J2:J100)
(6):(3)と同じ
    • good
    • 0

#1さんの言っている利益とは、いわゆる粗利益といわれているもので、売った額-仕入れた額が儲け、即ち売ることによって得た利益であり、そこから諸経費などが差し引かれ、最終的に残ったのお金がが経常利益となります。


その意味で、粗利は利益の源泉で重要なものです。
理想的には仕入額に利益をのせて販売価格を決めます。
仕入価格+粗利益=販売価格(実売)
仕入価格を積上げていくのでコストプラス方式と言われていますが、会社(小売店)側から見た考え方で、世の中そんなに甘くなく、競争原理で価格は市場(お客様)がきめます。
すなわち、
販売価格-粗利益=仕入価格
販売価格から利益を売るためにはいくらで仕入れなければならないと言うのが、セールスマイナス方式といわれる考え方で、そのために経費は削られ、安い仕入先を探し、価格交渉し、ほとんどはこの考え方のもと経営がなされています。
質問の回答から外れて申し訳ありませんが、これが利益の基本的な考え方です。
    • good
    • 3

利益率は、「仕入値」に対する「売値」の差が仕入値に対して「何パーセント」かを求めれば良いのですね。


これを式にしますと…「=(「売値」ー「仕入値」)÷「売値」×100」となります。
あなたの、表では、利益率を出すセルに「=(C-E)/E*100]
と入力すれば計算されます。
セル内に「%」表示をする場合は、「=(C-E)/E]と入力すると比率が出ますので、出たセルを選択してメニュバーの「%」アイコンをクリックすれば「25%」のように表示されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切にどうもありがとうございます!

ところで、もう一つお伺いしたいのですが、お答えいただいた方法で一つ一つの商品の利益率は出せたのですが、全商品の利益率の平均はどのような式で求めればよいのでしょうか?
本当に数学(というか算数)が苦手なもので・・・(^^;)
是非こちらもご回答いただけましたら幸いです。

お礼日時:2004/08/20 15:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!